ロンドンは今、最高潮です。

今年の夏のオリンピック開催。

エリザベス女王の即位60周年を祝う

ジュビリーと言われる祝祭行事が行われています。

 

サッカー、ワールドカップ予選の後は、

テレビで盛大なテムズ河下りを

ご覧になりましたでしょうか?

32)

 

 

チャールズ皇太子の発案で

テムズ河での大ページェントが

13億円をかけて行われました。

 

大英帝国の出発地点、

ここから世界制覇に出発したわけですね。

赤く飾られたロイヤル・バージュ(船)。

海軍の船から、観光船、個人のカヤック。 
1000隻の、多彩な船団に囲まれての 祝賀の河くだりでした。

 

あいにくの、というか、ロンドンらしく

雨でしたが、イギリスだけでなく

世界中から多くの人が集まって

それぞれにベージェントを楽しんでいました。

 

さて、Mama’s Dress

やはり王室の方々のファッションを

楽しませていただきました。

 

ハーディ・エイミスをお召しの

エリザベス女王ですが、

この日は、アンジェラ・ケリーが1年をかけて

用意したコート・ドレスとお揃いのお帽子。

Angela Kelly robe
 

 

生地は、白のブークレ織り。

赤、紫、ゴールドに飾られたバージュの上で

女王のお姿が生えるように、と選ばれた白。

金・銀・アイボリーのスワロスキー・クリスタルが

テムズ河の水の反射で光るようにと、

金・銀・アイボリーのスワロフスキー・クリスタルが

散りばめられています。

シルク・オーガンザのフリルは、

86歳の女王のお顔を優しく縁取っています。

article-2153969-136DE14C000005DC-247_470x778




いっぽう、話題のケイト妃はといえば、

膝丈の赤いドレス。
スレンダーなシェイプが際立ちます。 

お気に入りの、アレクサンダー・マクィーンで、

鮮やかな色は、明るい未来を象徴しているようです。

article-2153969-136DEF68000005DC-651_964x640
 

ママズドレスは、

洋装のフォーマル・ウェアを

日頃から学びたいと思っております。

晴れの日を洋装でお祝いになりたいお客さまの

お手伝いができますように。



 母親ドレスのレンタルショップ 
恵比寿駅から徒歩4分 代官山駅から徒歩3分
http://www.mamasdress.jp
03-5459-1239