mamataroおでかけ日記

在住の浅草から近い都内、主人(旦)の実家がある京都周辺、あるいは鎌倉など。イベントや寺社・史跡巡りが記事の中心です.

2011年04月

「ことのは」にてSさん壮行会 1104205

写真をクリックすると大きな画像を見ることができます。

2011年4月20日(水)

午後1時。「ことのは」さんにて。
半年ほどお仕事で海外に行かれるSさんの壮行会〔お食事会〕に参加させていただきました。
s-P1340673s-P1340675







お席。ちょっとピンボケしてしまいました
s-P1340676s-P1340681








主賓のSさん。そしてAさん、Aさん、Hさん、わたくし。
のちにSさんもお見えになりました。

記念写真、どなたもたいへんいいお顔でしたので、
目張りをしてでも掲載させていただきたいところですが、
すぐに誰かわかってしまいますので念のため控えさせていただきました。

「ことのは」さんのちまき定食、とってもおいしかったです
また食べた〜いちまきと長芋の和え物が特に好みでした。
s-P1340691s-P1340694







皆さん鎌倉で活躍なさっている経験豊富な方々ですので、
各方面の貴重なお話をうかがうことができました。

実はテーブルの下でスリッパを履いていなかったわたくし
「ことのは」さんのアットホームな雰囲気ならではですね。

2時間余りの和やかな歓談後、Sさんの海外でのご健闘を祈りつつお開きになりました。
きっとお元気でご活躍なさることと思います。どうぞお気をつけていってらっしゃいませ



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 中世史(鎌倉・室町)へ
にほんブログ村


新緑の妙本寺、カイドウ終盤とシャガ 1104204

写真をクリックすると大きな画像を見ることができます。

2011年4月20日(水)

妙本寺のカイドウは先週末あたりが満開だったようです。
見頃は終わっていると思われますが、今だにカイドウの花を見たことがないので、行ってみることにしました。

これまで妙本寺を訪ねる時は曇りや雨が多かったのですが…
今日の比企ヶ谷は明るい。新緑が眩しいです
工事中の二天門前はすでに重たげな木陰をつくっています。
s-P1340593s-P1340609








例のカイドウは遠目にもかなり散っているのがよくわかりました。
地面を見るとたくさんの花びらが落ちています…
s-P1340610s-P1340653








評論家小林秀雄と詩人中原中也は、同じ女性をめぐって…
祖師堂前のカイドウの下で語り合ったといいます。

どういう経緯だったのかはわかりませんが…
MMK長谷川泰子タンも思いあぐねていたのではないのかと思います。

Layra」。聞きたくなっちゃった人はコチラをどうぞ
http://www.youtube.com/watch?v=gEFyf6mmCh4

カイドウって可愛い花なのですね。満開時は綺麗だったでしょうね。
s-P1340630s-P1340614s-P1340620











現在のカイドウはそれから数えて三代目の木になっているそうです
できれば来年は満開時に訪ねたいものです。

お隣の八重桜は見頃でとても美しかったです。
s-P1340634s-P1340638








それからシャガが群生していました。綺麗ですね。
s-P1340662s-P1340607














妙本寺って花の寺なんだよなぁ…と今さら実感しました

余談。何年か前に受けた研修で自己紹介をすることになったのですが、
突然「自分を花に喩えると…」も含めるように指示されました。
マァさんは二番目に順番が回ってきてしまい…全然思いつかず
しょうがないのでたまたまウチに飾っていた「トルコキキョウ」と言ったら「(意味不明)」だったみたいです。
自分を花に喩えるなんてまずしないので難しいです。
よくありがちな「ヒマワリ」ではないし、いまだにわからん…

鶯ホーホケキョ。今日も佳き日です

この後、鶴岡八幡宮の参道と流鏑馬道の十字路でHさんとお会いし
お食事会が行われる「ことのは」さんに向かったのでした。


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 中世史(鎌倉・室町)へ
にほんブログ村



十二所・満開の御衣黄と大江広元の墓 1104205

写真をクリックすると大きな画像を見ることができます。

2011年4月20日(水)

暖かくてよいお天気です
午後からのお食事会の前に日頃の運動不足解消のため3時間ほど散策。
まずはバスで十二所にやって来ました。

あの日に教えていただいた御衣黄がそろそろ満開になっているのでは…と。
…というわけで、明王院近くの二ツ橋公園です。
s-P1340476s-P1340467








御衣黄(ぎょいこう)
京の仁和寺が発祥といわれ、「緑の桜」として全国的にも珍しい緑の八重桜です。
貴人の衣服然として風合いから「御衣」の名を冠しています。

蕾はほんのりピンク色をしているのに花開くと淡い黄緑色になる不思議。
いわれを知っているせいもあってか、どこか高貴な雰囲気がします。
s-P1340564s-P1340482












明王院右手から天園ハイキングコースへ。これから大江広元の墓を見に行きます。散る桜…
s-P1340552s-P1340500s-P1340547












重量オーバーゆえに山道がキツいですゼェハァ

ここ。密かに「魔界入口」と呼んでいる竹のトンネル。冬枯れの夜ほどの怖さはない。
初弁天(はじめべんてん)左手を進みます。
s-P1340503s-P1340508













青い目印を左へ10mほど上がると、絡み合う木の根に守られるかのように「大江広元の墓」がありました。
明王院からのんびり15分ほどで到着です。
いつか行こうと思いつつノビノビになっていたので、心の痞えが下りたような。
s-P1340525s-P1340517







大江広元(おおえのひろもと)は頼朝から招かれ京から下向し、
鎌倉幕府草創期に活躍した文官で政所別当。
頼朝の政務全般を補佐して信頼を得ました。
頼朝の死後も北条氏に協力して鎌倉幕府の基礎を固めました。
同じ十二所には大江広元邸址の碑があります。

s-P1340514s-P1340511













新緑の香りや木々で囀る小鳥の鳴き声に癒されつつ下界へ。
短時間でしたが、都会の喧騒を忘れるひとときでした
下りの山道のぬかるみで足をぐねってあた。ウェイトダウンなんとかせねば。

無事帰還。明王院の本堂が見えるとホッとします
s-P1340550







帰りもバスに乗って「岐れ道」バス停下車。
勝長寿院跡に立ち寄った後、徒歩で妙本寺に向かいました


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 中世史(鎌倉・室町)へ
にほんブログ村

美しき心霊スポット!?姥ヶ池と花川戸公園の八重桜 1104194

写真をクリックすると大きな画像を見ることができます。

2011年4月19日(火)のちのち

寒の戻り
先日姥ヶ池(うばがいけ)の石碑リニューアルされ、池の掃除も終了。
隣接する花川戸公園は八重桜が見頃。
とても美しいので、毎年楽しみにしています。

s-P1340462s-P1340445








姥ヶ池(うばがいけ)は、昔、隅田川に通じていた大池で、明治24年に埋立てられた。
浅草寺の子院妙音院所蔵の石枕にまつわる伝説に次のようなものがある。
昔、浅茅ヶ原の一軒家で娘が連れ込む旅人の頭を石枕で叩き殺す老婆がおり、
ある夜、娘が旅人の身代わりになって、天井から吊るした大石の下敷きになって死ぬ。
それを悲しんで悪業を悔やみ、老婆は池に身を投げて果てたので、里人はこれを姥ヶ池と呼んだ。

八重桜に彩られた小さな姥ヶ池ですが…実は心霊スポットのようです

s-P1340447s-P1340454







スカイツリーのてっぺんも今日はガスっております。
今日は池のカメやコイの姿は見えませんでした。
s-P1340451s-P1340457







石碑には「福壽稲荷大明神」と彫ってあります。
s-P1340458s-P1340459













にほんブログ村 旅行ブログ 東京旅行へ
にほんブログ村

上野動物園パンダ詣 1104165

写真をクリックすると大きな画像を見ることができます。

2011年4月16日(土)

夏日。上野動物園です。
14:00過ぎなら空いているという
噂のパンダさん見物にやって来ました。
s-P1340111







んが…
人・人・人…長い行列の最後尾について1時間待ちでした〜
s-P1260593s-P1260594s-P1340128













パンダペアは発情期になると、しばらく非公開になるとのこと。
シンシン♀が発情し始めたらしいので、その前に1度パンダ詣です

いよいよ順番が回って来ました
初めてパンダが日本にやって来た時に見に行ったことは忘れてしまいましたが、
きっとこんな感じだったのかな…と思いつつパンダ舎へ。
s-P1340136s-P1340143








s-P1340144s-P1340150







いたシンシン♀。バッチリ起きていてくれました。それも真正面。
かぁいい〜。…想像を上回る可愛さだっ
あまり立ち止まらずに進むよう、警備員さんの指示が出ます。バイバイ。
s-正P1340158s-正P1340168s-正P1340173







シンシンの中国名は仙女(シィエンニュ)。
ウチの苗字と発音が似ているので、来日前からちょっと親近感を抱いていました

(写真左)続いてリーリー♂。リーリーもしっかり起きていてくれました。同じく真正面
(写真右)天下無敵の可愛さ。ムシャムシャ竹を食べる様子がとても元気そう
s-正P1340177s-正P1340183








元気の証。リーリーの貴重な脱糞シーンを押さえましたのでご覧ください
                      フン            1本出産 
s-P1340185s-P1340186s-P1340187








   2本目も無事      実に健康そうな双子のウ○○です
s-正P1340188s-P1340189








パンダのウ○○さんは森林の香りがするそうです


(写真左)バキッ       (写真右)ガツガツ
s-正P1340214s-正P1340219








(写真左)体勢変わった。パンダっぽい。←パンダだし
(写真右)いつになく夢中のマァさんです。
s-哲P1260712s-哲P1260722







1時間待ちのタルさも吹き飛ぶくらい超可愛いかったです
また来よう。

(写真左)外はまだまだ長い行列。16:30までです。
(写真右)朝はここまで長蛇の列。想像を絶する人気でした。
s-哲P1260738s-哲P1260735









パンダはチベットの動物だよ。s-P1340227s-P1340249s-P1340250








写真は撮らなかったのですが、パンダグッズやパンダフーズのお店が盛況。
パンダ商戦で盛り上がる上野動物園でした。

パンダそうめん
s-正P1340251







【おまけ】
むかし三社祭の屋台で買った白ウズラを拡大したようなスバールバルライチョウ。
海外のライチョウさんから卵をもらい日本で孵化したのがこのコです。
まだ冬毛。衣替えはいつするのかな
思わず手を差し出すけれどガラスのケージの中にいるから触れないの
s-P1340243








にほんブログ村 旅行ブログ 東京旅行へ
にほんブログ村




段葛と鶴岡八幡宮、満開の夕桜 1104125

写真をクリックすると大きな画像を見ることができます。

2011年4月12日(火)

江の島の帰りに鎌倉に立ち寄り。時刻はすでに17:00を回っています。
段葛と鶴岡八幡宮で満開になっている桜の夕景を撮影してきました。

(写真左)段葛。桜のトンネル。
(写真右)「あっちの桜も綺麗ですよ」「はい〜
s-17:02P1330958s-17:03P1330962








ここでさようなら。お世話になりました…春はお別れの季節でもありますね。
なれどご縁のある人とは必ず再会するようになっているmeのシステム

夕日に照らされ、しっとりとした雰囲気の桜並木は芳い香りがします。
s-17:06P1330966s-P1330972














ねかはくは花のしたにて春しなん そのきさらきのもちつきのころ 〔山家集〕
西行は美しいものとお釈迦様の入滅した日への憧れを詠み、
この歌のように陰暦2月16日、釈尊涅槃の日に入寂したといわれています。
I want to be born at the season of the next world cherry blossoms or young leaves.


鶴岡八幡宮に到着。源氏池の水面に映る桜が美しいです
s-P1330984s-P1330988








旗上弁財天から沈む夕日を眺める。今日もたいへん佳き1日でした
s-P1340013s-P1340022s-P1340041













水鏡。
s-P1340028s-P1340032








花が咲いて初めて桜の木であることを知る。
s-P1340058s-P1340064









本宮前から段葛の桜並木を望む
s-P1340070
 段葛復路。
s-P1340092







コマッタ。ひさしぶりに帰りたくないわ
足が痛くなければもう少し長居になったかも…
帰宅後、万歩計の表示は10.19km&26,833歩。朝からフル活動の1日でした。


【ぷらす】
扉のフルーツパフェおいしかったです。ごちそうさまでした
s-P1330956s-P1330957










にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 中世史(鎌倉・室町)へ
にほんブログ村





兒玉神社の狛犬さん 1104125

写真をクリックすると大きな画像を見ることができます。

2011年4月12日(火)

所用で出かけた江の島で兒玉神社の狛犬さんを見学に行きました。

江島神社(えのしまじんじゃ)入口の左手に石柱が建っています。2分ほど石段を上って到着。
s-P1330950s-P1330947















明治時代の軍人で日露戦争で満州軍総参謀長を務め、
日本の勝利に貢献した名将・児玉源太郎を祀る兒玉神社

いたぉ

児玉が台湾総督時代に台湾の近代化に努力したご縁で台湾の有志から贈られた狛犬さん。
口の中の玉が回る名品として知られているそうです。

阿形。たしかに大きな玉が入っています
s-P1330941s-P1330942s-P1330943








吽形。たしかに
s-P1330938s-P1330939s-P1330940








兒玉神社の口の中の玉が回る狛犬さんのことを教えていただいたことから、
先日の台湾旅行で訪ねた淡水(タンュエ)の「晋徳宮」でも狛犬さんにも愛が芽生えたのです

こちらは「晋徳宮」の狛犬さん阿形。
s-P1320282s-P1320283












同じく吽形です。
s-P1320280s-P1320281












詳しくはコチラ「台湾旅行(5)狛犬さんを探して…福佑宮から晋徳宮へ 110326」

福佑宮の狛犬さん、晋徳宮の狛犬さんよりも…兒玉神社の狛犬さんのなんと立派なことか
寄贈者の児玉に対する感謝の気持がヒシヒシと伝わってきます

日本が台湾を統治していた期間は…
1895(明治28)年4月17日〜1945(昭和20)年10月25日の約50年間です。
児玉は1898(明治31)〜8年2ヶ月間、第4代台湾総督を務めました。
(第5代佐久間佐馬太の9年1ヶ月に次いで2番目に長い在任期間)

余談ですが…台湾の龍山寺(ロンシャンスー)で出会ったお爺さんが、
「ワタシ ニッポンジン ヨ」と親近感を持って話しかけてきたことを思い出しました。
1922(大正11)年生まれと仰っていたので、日本の台湾統治時代真っ只中に生まれた人でした。

九州ほどの面積しかない台湾の人口は約2,300万人でサラリーマンの平均月収は13万円前後。
にもかかわらず、このたびの震災に官民合わせて100億円を突破する義援金を集めた台湾のこと…
もっと知りたい今日この頃です。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村








逆さツリーと隅田公園庭園の桜 1104113

写真をクリックすると大きな画像を見ることができます。

2011年4月11日(月)のちのち

午後、昨日沿道を通った牛嶋神社近くの隅田公園に桜を見に行きました。

言問橋西詰めから台東区側の隅田公園の桜を望む。
s-P1330133s-P1330134







言問橋上から。人力車がやって来る。
s-P1330139
 言問橋東詰め袂、牛嶋神社着。お参り。
 この頃、また野望がムクムクと
s-P1330141












(写真左)墨田区側の隅田公園。庭園になっています。
(写真中)桜、美しいのですが…だいぶ散り始めていました。
(写真右)「明治天皇行幸所 水戸徳川邸旧阯」碑と明治天皇の「花ぐわし」歌碑。
s-P1330177s-P1330145s-P1330164








隅田公園 散策解説板より
明治遷都後初の宮中花見 江戸から東京へ、桜の継承
 江戸時代、花見の名所として地位を確立していった墨堤は、
明治時代になってもその魅力を増していきました。
 明治時代になり、明治天皇がそれまでの都を京都から江戸に移しました。
天皇家では、平安時代から宮中の花宴を代々開催していましたが、
明治維新の混乱期や東京遷都で中断していました。
1875(明治8)年花宴の再開において、明治天皇は東京で初めて行う花宴の会場に、
この墨堤の水戸徳川家小梅邸を選びました。
 その際に詠んだ歌がここに残されています。

花ぐわし 桜もあれど 此やどの 世々のこころを 我はとひけり  明治天皇謹製

いかにも王政復古の気負いに満ちた若い帝の歌で、新都の歴史を訪ねたという歌です。

池に映った逆さ東京スカイツリー。桜が彩りを添えて。
s-P1330162s-P1330155






s-P1330161s-P1330150







隅田川を越えただけで、ガラリと趣きが変わって長閑な雰囲気。
また来年も訪ねたい桜の名所でした。
s-P1330173









【おまけ】
キティちゃんのはとバス。まだ開業前のスカイツリーも
s-P1330175







にほんブログ村 旅行ブログ 東京旅行へ
にほんブログ村

ヘリで東京スカイツリー&隅田公園のお花見 1104104

写真をクリックすると大きな画像を見ることができます。

2011年4月10日(日)

暖かくてよいお天気。
少し早く到着した浦安で、路面の溜まった砂や段差など3.11東日本大震災の爪跡を見た後、
浦安ヘリポートからヘリコプターで東京スカイツリー見物とお花見へ。
s-P1260471s-P1260470s-P1260026








売店で見つけたガイドブック。コンパクトなのに内容充実。2冊とも購入。
カフェで待ち時間。窓の外には東京ディズニーシー〔震災の影響で休園中〕が見えます。
s-P1330104s-P1330112








事前にロッカーにカメラ以外の荷物を預けて、シートベルトの着用法や諸注意の説明を受けます。
15:45。定刻通りにフライト開始。わずか15分あまりの空中散歩です。

(写真左)お台場。(写真中)フジテレビの社屋。(写真右)さんふらわあ。
P1080083P1080082P1080079







(写真左)東京ドーム。(写真中)東京タワー。(写真右)上野公園〔不忍池〕。各所、満開の桜が
P1080085P1080087P1080100














そしていよいよ…3月18日(金)に634mに到達した東京スカイツリーです。
P1080119P1080133








(写真左)接近。(写真右)これが634mのてっぺん。
P1080109P1080101














隅田川を縁取る淡いピンク。
隅田公園の桜並木が綺麗です。自宅も可愛く見えました
P1080130P1080144













「センター・オブ・ジ・アース」のプロメテウス火山が…もう終了
16:04ヘリポート着。あっという間でしたが、楽しかったです
P1080169








【おまけ】
帰りに墨田区役所に立ち寄り、(写真左)アトリウムの壁画『おひさまのめぐみ“平和”』
(写真右)最近できたモニュメントを見学。中には十二支がいます。ウサギは双眼鏡を持ってます
s-P1330117s-P1330118s-P1330123












帰り道、桜はどこも満開でお花見の人達で賑わっていました。
牛嶋神社にほど近い隅田公園庭園の桜は格別麗しかったです
※翌日見に行きました→「逆さツリーと隅田公園庭園の桜 110411

にほんブログ村 旅行ブログ 東京旅行へ
にほんブログ村

2011桜・戻ってきた隅田公園の華やぎ 1104074

写真をクリックすると大きな画像を見ることができます。

2011年4月7日(木)

午後。上着の要らない春らしい暖かさ。
隅田公園に桜の様子を見に行ってみました。
八分咲きのものもあれば五分咲き、まだまだ蕾がたくさんという樹もありますが、
いまが見頃、今週末がちょうど盛りでしょうか。

隅田公園には桜を愛でる人がたくさん集まり、明るく和やかな雰囲気に満ちていて、
それが何よりも嬉しく感じられました。
s-P1320949s-P1320952







(写真左)桜橋に向かう途中の広場へ。
(写真中)ハトさんも
s-P1320962s-P1320973s-P1320979







桜橋に向かう途中の広場。
s-P1320975s-P1320983







はぁ〜るの うらぁらぁの〜すぅみぃだぁがぁわ〜 なのです。
s-P1320986s-P1320988













桜を楽しみながらも、みんな震災のことを忘れているわけではないのです。

にほんブログ村 旅行ブログ 東京旅行へ
にほんブログ村
ブログランキング
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

mamataro

メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ