mamataroおでかけ日記

在住の浅草から近い都内、主人(旦)の実家がある京都周辺、あるいは鎌倉など。イベントや寺社・史跡巡りが記事の中心です.

2017年04月

闇夜に浮かぶ姥ヶ池の花筏 170425

浅草・花川戸公園の姥ヶ池一面に綺麗な花筏ができました。

写真をクリックすると大きな画像を見ることができます。

2017年4月25日(火)

2年前、同じ姥ヶ池の花筏をアップしました。➡姥ヶ池の花筏 150421
夜通りかかったら、今年はおととしより4日遅れで花筏ができていました。
明日の朝にはお掃除で片づけられてしまうかもしれないので、夜ですが撮影してきました。
こちらの八重桜が咲くのを毎年楽しみにしていますが、この花筏は第二の楽しみです。
s-P1090409s-P1090410s-P1090411







こちらが花筏です。
s-P1090413s-P1090420s-P1090423






池一面に桜の花びらが。
公園を横切る人々も思わず足を止めてスマホのカメラに収めていました。
来年も楽しみです♪

【おまけ】
翌朝の姥ヶ池を撮影しました。
s-P1090551s-P1090549








ランキングに参加しています。クリック応援お願いします。

上野・浅草・日暮里 ブログランキングへ


「GINZA SIX」「築地バル WITH 魚力」 170421

4月20日(木)241のブランドを集めて銀座6丁目にオープンした「GINZA SIX」。オープン2日目の夜に行って来ました。

写真をクリックすると大きな画像を見ることができます。

2017年4月21日(金)

銀座松坂屋の跡に4月20日(木)241のブランドを集めて銀座6丁目にオープンした「GINZA SIX」
オープン2日目の金曜の夜、仕事帰りにちょっと行って来ました。

メトロ銀座線「銀座」駅です。
A1・A2出口じゃなく、ちょっと混雑しているA3出口へ。ごめんなさいね🙇
s-P1090262s-P1090264s-P1090265






地上にはかつて流行った「花金」という言葉を思い出すような、なんか華やいだ雰囲気が。
ああ、バブルよ、ふたたび☆彡
「GINZA SIX」に向かう人並みに紛れて。
正面エントランスは混雑するので、こちらに誘導されました。
s-P1090266s-P1090269






#0107プラザを目指して、エスカレーターでとりあえず4Fへ。
施設中央の大きな吹き抜けに期間限定で展示されている草間彌生さんの『南瓜』のインパクト。
s-P1090273s-P1090281s-P1090279






カッコイイ♡
s-P1090274s-P1090275s-P1090276






草間さんのショップ。
s-P1090283






#0107プラザ。ホント大人だった。お花もお洒落。
s-P1090289s-P1090285






いろんなショップを見ながら歩き回っているうちに、
働いてむくんだ足が悲鳴をあげ始めたので、6Fでちょっと休むことにします♡
「GINZA GRAND 銀座大食堂」ですね。
時間は19時を回っていて、とても賑わい活気がありました。
s-P1090289s-P1090307s-P1090308






メニューが魅力的だったので、センターの海鮮タパス「築地バル WITH 魚力」のカウンターで一杯🍸
s-P1090309s-P1090292







ドリンクは佐藤健(たける)くんのCMでおなじみ「知多ハイボール」を。
アテは「セビーチェ クラシック」のハーフサイズを。
s-P1090293s-P1090291







念願の「知多ハイボール」…辛口爽やか♪
s-P1090296s-P1090299






いっただきまーす(^^♪
s-P1090301s-P1090302






魚力って東京ソラマチにも入っていて、なんか親しみを感じる。
このバルで待ち合わせをして、周囲のお食事処でディナーするのもいいかも!


ほろ酔い気分で上から見た南瓜と下から見た南瓜。
s-P1090317s-P1090324






滝〜!
s-P1090321






あー、楽しかった。
めくるめく、洗練された服・モノ・グッズ…
こりゃ、凄いもの銀座にできたなぁ〜!
また仕事帰りに寄ろう。きっと好きになる。というかもう好きになっちゃった「GINZA SIX」




ランキングに参加しています。クリック応援お願いします。

上野・浅草・日暮里 ブログランキングへ

【京都・奈良桜めぐり旅2017】 INDEX

2017年4月5日(水)〜11日(火)6泊7日で所用かたがた「京都・奈良桜めぐり旅2017」に出かけました。
今年は全国的にソメイヨシノの開花が遅れていましたが、京都も到着時は見頃には少し早い状態。
各所で次第に満開を迎えていくソメイヨシノを求め、名所と呼ばれるスポットを訪ねました。
お天気にはあまり恵まれませんでしたが、さまざまな名所で美しい桜を愛でることができました。

【京都・奈良桜めぐり旅2017】 INDEX
☟タイトルをクリックすると該当のページにジャンプします。

 京都&奈良 桜めぐり旅2017  往路と京都イントロ
8f851bdcd41a0569b99c2e92





祇園白川・辰巳大明神の桜…残念 170405 
15e23105a98f716b9b728f8f





 円山公園の枝垂桜と八坂神社 170405
bb921b83f8fe3e219ba20032





石清水八幡宮・安居橋付近の桜 170406
2acefeec9e6e391a94fa3d13





京都・嵐山の桜風景 170406
31be388c49be42296c2134b4





Α大覚寺・大沢の池の桜は…!? 170406
0b7f841749524d804e2e2b1f





А清凉寺(嵯峨釈迦堂)の桜と春の特別拝観 170406
0eccebdfd6dd13e9548ffd26





淀川河川公園「背割堤」の桜並木 170407
4dafae40f3f8fb010aaa1363





 桜雨の平安神宮と神苑 170408
766224eb5623c908750bc2c9





 平野神社の夜桜 170408
c83fabfb37ee79a1181a671d





 醍醐寺・三宝院「土牛の桜」と庭園 170409
d0804680d1ab14927b29c85e





 醍醐寺「豊太閤花見行列」 170409
33e171ce3da190b4da0ea2cb





 醍醐寺・上醍醐「槍山」に登る 170419 
0f553e814fc46f12cea9c822





 大阪・阿部野橋から奈良・吉野へ 170410
1350642c797648f73f429a21





 金峯山寺 秘仏本尊「金剛蔵王権現」特別ご開帳 170410
532153104d091523d661850d





南朝皇居「吉水神社」そして義経と静 170410
s-P1080474s-P1080532s-P1080548





金峯山寺「花供千本搗き」「女人護摩」 170410
s-P1080413s-P1080635s-P1080680





吉野・南朝妙法殿の枝垂桜 170410
s-P1080398s-P1080771s-P1080773





吉野・金峯山寺から近鉄吉野駅へ 170410
s-P1080789s-P1080797s-P1080810





淀川河川公園「背割堤」の桜並木◆170411
s-P1080896s-P1080902s-P1080926





↓ 春雨にしっぽり「つぼみふくらむ」仁和寺おむろ桜 170411
s-P1080965s-P1090018s-P1090008





↓◆本家「第一旭」たかばし本店  170411
s-P1090166s-P1090181s-P1090182





本家「第一旭」たかばし本店  170411

京都ラーメンの老舗 本家「第一旭」たかばし本店でラーメンを食べてきました。

写真をクリックすると大きな画像を見ることができます。

2017年4月11日(火)のち

夕方になって1日中降り続いた雨が止んだ京都。
京都駅から徒歩5分ほどのところにある、
京都ラーメンの老舗 本家「第一旭」 たかばし本店 へ。
よかった!今日はやってますね(^^♪
s-P1090160s-P1090162






17時23分。
いま行列は10人くらいです。最後尾につきましたが、前も後ろも外国人。
しかも前はヨーロッパ系、後ろはアジア系とインターナショナルなのです(脱帽)。
s-P1090164s-P1090166







回転を速くするため、事前にメニューを見せてもらって食べるものを決め、
外に注文を聞きに来た店員さんに、先にオーダーしておくシステムのようです。
s-P1090168s-P1090169






特製ラーメン 850円は「大盛」とのことで、普通盛りの「ラーメン 700円」を注文しました。

少しずつ前進していく〜早く食べたいな。
s-P1090174s-P1090179s-P1090180







いま16時44分。16時23分から待っていたので、待つこと11分で順番到来。いよいよ店内へ。
お店の中は思ったより狭く、テーブル席とカウンターがあり、一人なのでカウンター席に誘導されました。
床はツルツルです。2分と待たずに「ラーメン」到着(^^♪ 速っ!
s-P1090181s-P1090182s-P1090184







厳選された小麦粉を複数ブレンドして練り合わせて熟成乾燥させた麺には、小麦粉、少量の塩、かん水のみ使用。
いつもは豚骨ラーメンばかりなのですが、この醤油ラーメンは時々食べたくなりそう。
九条ネギやチャーシューのこだわり◎
正統派ラーメンというか、長年愛されている理由がよくわかりました。

食べログ「本家 第一旭 たかばし本店」


繁盛する店内から外に出て、あー満腹満腹。
京都駅前地下街「ポルタ」でお土産を買って、新幹線の発車時間までブラブラ。
帰京の途についたのでした。

春雨にしっぽり「つぼみふくらむ」仁和寺おむろ桜 170411

京都・御室仁和寺の御室桜が「つぼみふくらむ」。雨の中観に行って来ました。

写真をクリックすると大きな画像を見ることができます。

2017年4月11日(火)
6泊7日の京都・奈良桜めぐり旅2017。
今回の旅はあまり天候に恵まれませんでしたが、最終日の今日も朝から雨になりました。
事前に開花していないことは知っていましたが、今回の旅の楽しみのひとつ、
有名な御室仁和寺の「おむろ桜」を観に行って旅を締めくくろうと思います。

お昼過ぎ、京都駅から地下鉄烏丸線で今出川駅下車、バスに乗り換えて仁和寺を目指します。
最寄りのバス停「烏丸今出川」(59系統)から門前のバス停「御室仁和寺」まで。
予想より時間がかかってしまい、15時20分に二王門の前に到着しました。
s-P1080960s-P1080961







「おむろ桜 つぼみふくらむ」 …蕾でもかまいません、これから観に行きますね。
s-P1080965s-P1080974







京の三大門ともいわれる二王門(重要文化財)。「仁」王門ではなく「二」王門なんですね。
s-P1090137s-P1090138







(写真左)こちらの御殿拝観受付ではなく…
s-P1090136s-P1090134






繊細で美しい勅使門の前を通り過ぎ…
s-P1080982s-P1080984







御室桜開花期 入山料納入場所まで進み「伽藍」拝観券を納めました。
通常伽藍は無料で拝観できるのですが、御室桜開花期は有料(500円)になるのです。
注)観音堂と御影堂は、来年3月(予定)まで工事中
s-P1090125s-P1080986










中門脇のソメイヨシノが満開です。
s-P1080987s-P1080993







あ。
s-P1080994s-P1090096







うん。やっぱり、こんな感じ、ね。
s-P1090097s-P1090093s-P1090092






「御室桜」とは!?
s-P1080997s-P1090014s-P1090016







御室桜は、確かに背丈の低い樹木でした。
もうひとつの特徴は開花時期。
ソメイヨシノより1週間から10日前後遅く、京都の春の終わりを彩る桜といわれています。
s-P1090018s-P1090024s-P1090002







ソメイヨシノが満開の今日現在、まさに「つぼみふくらむ」状態の御室桜。
しかしどうでしょう…並々ならぬ期待を抱かせるふくふくとしたこの蕾たちは。
いましも春雨の滴が零れ落ちそうな、しっぽりとした蕾がなんともいえない色香を醸しています。
s-P1090004s-P1090001s-P1090008







早咲きの花を見つけ、鼻を近づけると、ごくほのかに上品な花の香りがしました。
s-P1090086







ソメイヨシノの開花から1週間〜10日前後遅い開花とすれば、
4月18日(水)〜21日(金)あたりに見頃を迎えることになるでしょうか。
今回の「京都・奈良桜めぐり旅2017」は、この「御室桜」の見頃を見られたらと期待しましたが、
その目論見は外れ、ソメイヨシノの開花が全国的に例年よりだいぶ遅くなったので、
必然的に御室桜の見頃には間に合いませんでした。


均整のとれた五重塔。
s-P1090035s-P1090036







受付時間間際に御朱印をいただいて、金堂(国宝)にお参りしました。
s-P1090383s-P1090381










s-P1090041s-P1090050







こちらは経蔵(重要文化財)。
塗り直された花頭窓のエメラルドグリーン、綺麗ですね。
s-P1090046s-P1090043







こちらは鐘楼(重要文化財)です。
s-P1090057s-P1090060







(写真左)水掛不動尊と、(写真右)御影堂(工事中)の入口
s-P1090076s-P1090074






(写真左)大黒堂と、(写真右)井戸家形
s-P1090066s-P1090075






御室八十八ケ所霊場へ…いつか巡ってみたいです♡
s-P1090068s-P1090070







名残惜しいですが、帰りの新幹線の時間が気になってきました。
仁和寺を後にします。写真は御室桜の蕾と中門です。
s-P1090083






背の低いソメイヨシノがありました。満開です。
s-P1090115s-P1090116s-P1090118







謡曲「経正と仁和寺」の立て札。
s-P1090123







江戸時代に最初に仁和寺で栽培された桜「御衣黄(ぎょいこう)」もまだ蕾です。
s-P1090103s-P1090108







こちらは「有明(ありあけ)」という名前の桜の蕾と、仁王門。
仁和寺の境内には200本あまりの桜が植えられていますが、
その大半がこの「有明」という里桜の一種の桜なのだそうです。
s-P1090130






(写真左)門前で出会ったわんこさん。(写真右)門前のバス停から京都駅行きに乗り込みましょう。
s-P1090142s-P1090143






あー、素敵素敵♡
s-P1090150s-P1090153s-P1090145







次は、いえ、いつか、御室桜の満開に立ち会いたいものです。

26系統の京都駅行き、16時20分発のバスに乗って、終点の京都駅に着いたのは17時10分ごろ。
約50分間バスに乗っていたことになります。
初めから座れたので楽♪でしたが、仁和寺へはどのように行くのが最も効率的なのか、
今後研究してみる余地がありそうです。

新幹線は19時08分発。残りあと2時間弱ある。
夕飯を食べに行く先は、もう、あそこしかありません(笑)

淀川河川公園「背割堤」の桜並木◆170411

関西の人気お花見スポット、淀川河川公園「背割堤」地区。本日4月11日(火)満開の情報を得て、4月7日(金)に続いて2回目の訪問です。

写真をクリックすると大きな画像を見ることができます。

2017年4月11日(火)

6泊7日の京都・奈良桜めぐり旅もいよいよ今日が最終日です。
雨の中、関西の人気お花見スポット、淀川河川公園「背割堤」地区へ。
4月7日(金)に続いて2回目になりますが、今回は義父が運転する車に乗って2人で出かけました。
★前回訪問時のブログはコチラです➡・淀川河川公園「背割堤」の桜並木 170407
s-P1080884s-P1080885s-P1080889







今日4月11日(火)ここ淀川河川公園「背割堤」地区の桜は満開です。
s-P1080894s-P1080896s-P1080897






さくらであい館にも再び登ってみます。
s-P1080899






いま、まさに満開の桜並木は圧巻です。どこまでも続く淡いピンクの桜のトンネルは全長2辧
s-P1080902







ひさしぶりの外出に義父も生き生きとしていました。
s-P1080915Inkeds-P1080909_LIInkeds-P1080910_LI






s-P1080918s-P1080919







雨に煙る男山。
s-P1080906







いざ、2度目のさくらであい館へ。
s-P1080921






例年に比べソメイヨシノの開花が遅れているため、
有料期間を過ぎていて通常通り無料で登れました。満開状態の背割堤を無料で観れる贅沢!

まさに「背割」堤という言葉がぴったりのロケーション。
綺麗以外の言葉が見つからない。
s-P1080926s-P1080927s-P1080948






義父思い出の野球場(運動場?)
s-P1080923s-P1080924






男山に登るケーブル。
s-P1080943s-P1080941s-P1080942






見知らぬ人に問いかけられ、ご案内をする義父。
Inkeds-P1080938_LI






これで晴天だったら、と想像しただけでテンションが上がります。
でも雨だからこそ、平日だからこそ空いていてゆっくり楽しめるというのも事実。

名残り惜しいけれど背割堤を後にします。
s-P1080954s-P1080956






最寄りの京阪「八幡市」駅まで送ってもらい、私は京都駅を目指します。
6泊7日の桜めぐり旅から帰京の途につくのです。
s-P1080957s-P1080958







義父が運転する「もみじマーク(高齢者マーク)」がついた車が見えなくなるまで見送りました。



吉野・金峯山寺から近鉄吉野駅へ 170410

吉野・金峯山寺から近鉄吉野駅まで徒歩で下山しました。

写真をクリックすると大きな画像を見ることができます。

2017年4月10日(月)

日中はあまり気にならなかった寒さも、15時を回ってだいぶ肌寒くなってきました。
吉野・金峯山寺から近鉄吉野駅まで徒歩で下山することにします。

谷の向こうに吉水神社が見えました。
s-P1080787s-P1080786






ソメイヨシノは綺麗で本当に見頃なんだけどなぁ…
s-P1080789s-P1080793







展望台からの眺め。
s-P1080797s-P1080798s-P1080801







分岐点。近鉄吉野駅方面へ七曲坂を下っていきます。
s-P1080805s-P1080806






あ。
s-P1080809s-P1080810






あー。
s-P1080812s-P1080816






小さくて可愛らしい花をつけた野草たち。
s-P1080824s-P1080825






s-P1080828






ひたすら下って
s-P1080830s-P1080835






お義父さんやお義母さんみたいなご夫婦
s-P1080838






s-P1080843s-P1080845






s-P1080847s-P1080849






s-P1080850s-P1080852





s-P1080853s-P1080856





降ってきたケーブル
s-P1080857s-P1080859






近鉄吉野駅に到着
s-P1080860s-P1080863s-P1080864







ああ、初めての吉野、本当に良かった♡
また必ず来ます。泊まらないと無理かな(笑)

次はこの電車に乗ってみたいなぁ〜♡
s-P1080861s-P1080865s-P1080868






帰りは急行で橿原神宮前で京都行きに乗り換え丹波橋で下車。
丹波橋で京阪に乗り換えて帰りました。
s-P1080869s-P1080872






なんか、だんだん関西に慣れてきたよなぁ〜。
4月5日(水)から旦の実家に滞在していて今日は6日目。
観光というよりも暮らしている感出てきた。もっと土地勘つけたいわ。

吉野・南朝妙法殿の枝垂桜 170410

奈良・吉野 金峯山寺最寄りの南朝妙法殿の枝垂桜です。

写真をクリックすると大きな画像を見ることができます。

2017年4月10日(月)

金峯山寺の「女人護摩」終了後、石段を下りて南朝妙法殿に向かいました。
枝垂桜が見頃でとても美しかったです。
s-P1080757s-P1080762









まずは参詣します。
s-P1080763s-P1080764







やはり気になる枝垂桜。
s-P1080771s-P1080773s-P1080775







後醍醐天皇の南朝があった場所はこの妙法殿の西側のようです。



金峯山寺「花供千本搗き」「女人護摩」 170410

奈良・吉野の金峯山寺の「花供千本搗き」「女人護摩」を見てきました。

写真をクリックすると大きな画像を見ることができます。

2017年4月10日(日)

奈良・吉野、金峯山寺の三大行事のひとつ、花供懺法会(はなくせんぽうえ)・花供会式(はなくえしき)。
蔵王権現のご神木・山桜の満開を御本尊に報告する行事で、
毎年吉野の桜が満開となる4月10日〜12日の3日間行われていますが、
その初日10日の「花供千本搗き」「女人護摩」を見物しました。
s-P1080356






13時〜の「花供千本搗き」は、お歌を録画したかったので、ムービーで撮影しました。
写真は以下の3枚のみです。
s-P1080382s-P1080412s-P1080413







途中で中座して吉水神社の拝観に行き、5分前には急いで戻らないと…

比較的短い距離ですが、町中に人が多くて移動がたいへん
s-P1080595







14時〜「女人護摩」は女性の山伏(行者)が中心となって、導師や諸作法を行なう採灯大護摩供で、
修験道広しといえど女性による採灯大護摩供は金峯山寺だけになっており、金峯山寺独特の法会です。

行われる場所にはぐるりとロープが張られて、周囲に何重もの人垣ができていました。
s-P1080598s-P1080604s-P1080606






初めてのことなので、とにかく一生懸命見学します。
s-P1080607s-P1080622





s-P1080634s-P1080635





s-P1080641s-P1080642





s-P1080645s-P1080652s-P1080653





s-P1080655s-P1080656s-P1080659





s-P1080672s-P1080676s-P1080677





s-P1080679s-P1080680





s-P1080682s-P1080684






般若心経は聞き取れました。
皆さんの読経や法螺貝の音が今でもはっきり耳に残っています。


金峯山寺管領の五條良知(ごじょう・りょうち)様のお話。
s-P1080689s-P1080692s-P1080693







今年は開花の時期が遅く、桜を楽しむことはできませんでしたが、
ここに「女人護摩」の一部始終を拝見させていただくという、
たいへん貴重なご縁をいただきましたこと、心からありがたく思っています。

s-P1080697s-P1080698






退場される行者の皆さん。
s-P1080704s-P1080716






…お疲れ様でした。

南朝皇居「吉水神社」そして義経と静 170410

南朝皇居「吉水神社」に参詣、後醍醐天皇および義経と静ゆかりの品々などを拝観してきました。

写真をクリックすると大きな画像を見ることができます。

2017年4月10日(月)

金峯山寺から石段を下りて、吉野の町中を散策しながら吉水神社へ向かいました。
吉水神社公式HP

s-P1080415s-P1080419






食堂やお土産物店が軒を連ねた吉野の町は、たくさんの観光客が往来し、とても賑わっていました。

ここ、吉水神社の鳥居。見逃すところだった。
参道にある金峯山寺が望めるスポットは、席料をお支払いすればゆっくり眺めを満喫できます。
s-P1080433s-P1080457







してして、その眺めはこのように絶景です!
s-P1080447
s-P1080445
s-P1080453







ここが吉水神社かぁ〜。
s-P1080459s-P1080460s-P1080464










有名な「一目千本」。
s-P1080474s-P1080481







見頃の時期は本当に素晴らしい眺めなんでしょうね。
s-P1080478s-P1080476







拉致被害者家族の横田滋さん・早紀江さん寄贈の石碑。
恵さんが早く早く早く…ご両親のもとに戻れますように。
s-P1080484s-P1080486








乾坤通寳って!!
s-P1080467








s-P1080487
s-P1080489
s-P1080499





お参りの長蛇の列。
s-P1080493s-P1080500s-P1080501










ソメイヨシノが綺麗です。
s-P1080495








御朱印をいただきました。吉水神社と勝手神社、二社分600円です。
s-P1080502
静の御守。
s-P1080503







拝観料400円を納めて中を拝観させていただきます。所要時間は10〜15分とのこと。

頼朝の追捕を逃れた義経と静が潜伏した間。
s-P1080506s-P1080511s-P1080516







こちらは後醍醐天皇の御座所。玉座。このお座布団に!?
s-P1080517s-P1080520s-P1080536






義経や静、弁慶ゆかりの品々。
s-P1080547s-P1080548s-P1080549







s-P1080551s-P1080555s-P1080556







豊臣秀長(秀吉の実弟)や筒井順慶の文書。
s-P1080562s-P1080563







後醍醐天皇や皇子・大塔宮ゆかりの品々。
s-P1080568s-P1080570s-P1080571







縁側から金峯山寺を望めます。
s-P1080575s-P1080577







静も拝んだ役行者像。
s-P1080579s-P1080580






秀吉ゆかりの金屏風。
s-P1080586s-P1080584s-P1080582







そう。吉水神社は秀吉の「吉野の花見」の本陣でもありました。
s-P1080587






石に打ちつけられた釘…謎です〜。
s-P1080589s-P1080590s-P1080591







時間がないので駆け足で観ることしかできなかった吉水神社。
再訪した際にはもっとじっくり拝観させていただきたいと思います。

金峯山寺 秘仏本尊「金剛蔵王権現」特別ご開帳 170410

奈良の吉野・金峯山寺に初めてお参りし、秘仏の本尊・金剛蔵王権現を拝観させていただきました。

写真をクリックすると大きな画像を見ることができます。

2017年4月10日(月)

近鉄・吉野駅からケーブルで吉野山駅で下車。
金峯山寺の参道、門前町を歩いていると総門である黒門が出てきました。
s-P1080268s-P1080269s-P1080270






本当に吉野山に来たんだなぁ。初めて訪れる憧れの地です。
s-P1080273







弘願寺。
s-P1080277







こちらは青銅の鳥居。いわれを知ってびっくり。
s-P1080278s-P1080282s-P1080283







s-P1080286s-P1080287







あー。見えてきました、金峯山寺
s-P1080293s-P1080295s-P1080297







わぁ。これが世界文化遺産の重み。金峯山修験本宗 総本山金峯山寺。公式HP
現在、国宝仁王門大修理勧進で日本最大の秘仏本尊・金剛蔵王大権現3体(重要文化財)の特別ご開帳が行われています。
s-P1080298s-P1080299s-P1080301







桜はポツリポツリと。
s-P1080303s-P1080304s-P1080306







工事中の仁王門の中。
s-P1080311s-P1080309s-P1080310







いざ、蔵王堂へ。
s-P1080314s-P1080315







なんか、空気が清々しい(^^♪
s-P1080317s-P1080320






ははぁ〜。
s-P1080356s-P1080340






こちらも御朱印は行列ですね〜。
s-P1080324s-P1080368








拝観料1000円を納めて堂内へ。
拝観料に付属のミニ木札と特製エコバッグをいただきました。エコバッグに下足を入れます。
s-P1090348s-P1090350s-P1090351











まず、少し離れた御前で正座してお参りさせていただきました。
さらに15分ほど列に並んで、懺悔をするための「発露の間」で間近に拝ませていただいた中尊(釈迦如来)。
像高約7m。日本最大の秘仏本尊・金剛蔵王権現様にはただただ圧巻。
素直な心で日頃の懺悔をして、気持も新たに誓いを立てました。本当に来て良かったなぁ。


奥で写真展もやっていました。
s-P1080327s-P1080330







山伏さん達の姿、ひたすら素敵です。
s-P1080331s-P1080333











参詣後、御朱印いただきました。御朱印帳が1000円、御朱印が300円です。
s-P1080345s-P1080346s-P1080347







御朱印帳の裏表紙です。
s-P1090385s-P1090367s-P1090366










そして「くまぶしくん」1000円と錫杖の交通安全守護(御守)800円もね。
s-P1080335s-P1090407








「くまぶしくん」と錫杖の交通安全守護(御守)をこのようにセットすると可愛さ倍増ですね。
この組み合わせはネットで知りました。
s-P1090386s-P1090387s-P1090390







それから…邪気を吹き飛ばす「魔除け 法螺(ほら)」3000円。
美しいフォルムの法螺貝の御守です。ちょっとお高いですが、一生モノにしたいと買いました。
s-P1090400s-P1090401s-P1090402







桜の様子。
s-P1080343s-P1080344







(写真左)愛染堂にもお参りをして御朱印をいただきました。
(写真右)金峯山寺の御朱印が2つになりました。
s-P1090369s-P1090370










恋愛成就の神様、愛染明王は金の矢を携えています。
s-P1080379s-P1080358s-P1080359







境内を散策してみよう。

遺徳天満宮。
s-P1080372s-P1080371
鐘楼。
s-P1080374









桜に彩られた南朝妙法殿を眼下に望む。
s-P1080396s-P1080398






お。準備が進められているみたい!?
s-P1080348







行事が始まるまで少し時間があるので、町の方に降りて散策しながら、
後醍醐天皇所縁の史跡、吉水神社(義経・静ゆかりでもある)と南朝妙法殿の拝観に出かけます。

大阪・阿部野橋から奈良・吉野へ 170410

大阪・阿部野橋から近鉄特急で奈良・吉野へ。

写真をクリックすると大きな画像を見ることができます。

2017年4月10日(月)

大阪・阿部野橋駅のホーム。
これから近鉄特急で奈良・吉野を目指します。
s-P1080166s-P1080167






沿線のソメイヨシノは満開。飛鳥ですれ違った列車です。
s-P1080172s-P1080180






終点・吉野のひとつ前、吉野神宮駅。
s-P1080184s-P1080185s-P1080191






ソメイヨシノが綺麗です。そして吉野駅に到着。
s-P1080192s-P1080195s-P1080196







吉野の桜(ヤマザクラ)はやはり見頃にはほど遠く…
s-P1080197






けれど私の目的はほかにあり。
s-P1080198s-P1080200







吉野駅前です。天武天皇の歌碑。
s-P1080208s-P1080209






天気は曇天。
s-P1080212s-P1080215





ケーブルのりばへ。
s-P1080220s-P1080222






行列ですが乗客24人でピストン輸送。
s-P1080231s-P1080234s-P1080237






20分ぐらい待って番が来ました。発車。
s-P1080241s-P1080246s-P1080250






桜はこんな感じ。
s-P1080252






ぐんぐん登っていきます。(写真右)下山するケーブルとすれ違いました。
s-P1080253s-P1080256s-P1080257







まもなく「吉野山」駅に到着。
s-P1080260s-P1080261s-P1080262






門前の賑わい。
s-P1080263s-P1080265s-P1080267






「吉野神宮」はここから歩いて行けるけど、ちょっと遠いかな。
s-P1080266






黒門。金峯山寺の総門です。
s-P1080268s-P1080269s-P1080270






ここから次ページで金峯山寺レポ♡

醍醐寺・上醍醐「槍山」に登る 170419 

京都・醍醐寺の上醍醐の途中、秀吉の醍醐の花見跡がある「槍山」まで登りました。

写真をクリックすると大きな画像を見ることができます。

2017年4月9日(日)

京都・醍醐寺豊太閤花見行列の余韻も冷めやらで、下醍醐の伽藍を見物しながら、
上醍醐の方へ行ってみようと思います。

下醍醐から上醍醐の開山堂までは片道1時間と聞いていますので、
歩くのが遅い私のこと、往復2時間以上かかることは容易に予想されます。
上醍醐の伽藍をゆっくり巡るとすれば、3時間程度は時間に余裕をみないといけません…
ここはひとつ、上醍醐の入口に近い、秀吉の花見跡がある「槍山(やりやま)」までを目標に。
秀吉は「醍醐の花見」という一大イベントの前に8回醍醐寺に下見に訪れ、
槍山には5回登っているといいますので。
そんな「槍山」とはいったいどんな場所なのか…

さて、下醍醐の金堂と五重塔から散策をスタートします。いま13時30分です。
写真では見にくいですが、観音堂はまたしても御朱印の長蛇の列ができていました。今回は諦める。
s-P1080024s-P1080027s-P1080053








弁天堂とお休みどころ。そして分岐点のゲート。
s-P1080057s-P1080059s-P1080061







女人堂です。
s-P1080065s-P1080067s-P1080072






ここから上醍醐に入るのですが…
「本日の上醍醐入山は終了しました」の札が下がっていました。
なんと。リサーチ不足…時間制限があったのですね。
そして管理時間内は別料金(600円)を納めねばならないことも。
s-P1080069s-P1080070s-P1080071






時計を見ると時刻は14時55分、まもなく午後3時です。
上醍醐の伽藍はどだい無理でも、自己責任で「槍山」までは行こう。
基本的にほとんど人の気配はありませんが、ぽつり、ぽつり、登る人や下る人に出会います。
s-P1080073s-P1080080s-P1080086







この山道をあの天下人秀吉も下見で5回登った。
そして慶長3年3月15日(1598年4月20日)「醍醐の花見」の当日、三宝院を出立した一行も。
この山道の道々に、茶会や歌会が催されたほか、湯殿など8つのアトラクション的な茶屋が設けられ、
秀吉と北政所、淀殿、秀頼、ほか側室とその従者の女性たちが茶屋に立ち寄りながら
1日かけて「槍山」まで登って行ったのですね。
s-P1080096s-P1080100s-P1080102






招待客約1300人。秀吉ゆかりの女性ばかりを集めたこの大花見。
一人あたり3着の豪華な着物が与えられ、2回は着替えの命令が。
衣装代の総額だけではいまの金額に換算して4億円という豪華絢爛さ。


この石碑が見えたらもうすぐ到着。
s-P1080103s-P1080105







日没近く、ここから皆で見下ろした下醍醐の眺めはいかがなものだったのでしょうか。
この日のために700本もの桜を移植した桜の園の風景は。
鬱蒼とした木々に覆われた今は知る由もありません。
s-P1080107s-P1080108s-P1080110







その頃の秀吉は63歳と当時にしてみれば高齢の域。病気がちで体調もあまり良くなかったとか。
幼い秀頼を遺して逝かねばならない不安をしばし忘れ、秀吉最晩年、最後の大舞台に思いを馳せました。


疲れたので、以前行ったことがある宝物館の入館は取りやめ、醍醐寺を後にします。
また改めて訪れたい醍醐寺。いつか上醍醐に行きたいです。
s-P1080150







【おまけ】
日中は暖かだった陽気も夕方になると一転ひんやり。
どうやらお天気も緩やかに下り坂です。がんこで「もつ豚しゃぶ鍋」をいただいて帰りました。
s-P1080153








おいしかった♡


明日は遠出、奈良の吉野、金峯山寺の行事を見物します。


醍醐寺「豊太閤花見行列」 170409

京都・醍醐寺で豊臣秀吉が行った歴史上有名な「豊太閤花見行列」を見物しました。

写真をクリックすると大きな画像を見ることができます。

2017年4月9日(日)

京都・醍醐寺で毎年4月の第2日曜日に催される「豊太閤花見行列(ほうたいこう・はなみぎょうれつ)」。
★詳しくは醍醐寺公式HP「豊太閤花見行列」をご覧ください。
平安時代から「花の醍醐」といわれる桜の名所。
ここ数日(そして10日以降)曇天や雨など、桜は満開なのにあいにくのお天気に見舞われた京都。
なのにこの日は暖かい春の陽射しに恵まれ、傘の心配もまったくなかった。
豊臣秀吉という天下人の類まれなる強運に、やっぱり「持ってる」男だったのだろうなぁと感じ入りました。

「桜の馬場」の桜は今まさに満開です。
今年のソメイヨシノは例年に比べて開花が遅かったので、
4月の第2週のこのイベントにちょうど見頃となりました。
s-P1070684s-P1070688







さて、行列の出発地点、三宝院の唐門(国宝)前は、まぁ〜芋洗い状態の混雑です
ある程度予想はしていましたが、御朱印をもらっていたので出遅れてしまいました。
(写真左)土手に上がって撮影していると、危険ということで注意を受け、
(写真右)下に降りると人人人で全然見えない 
     13時になり、お、わずかに門扉が開いたか!
s-P1070690s-P1070701








さぁ、唐門の扉が開いて、いよいよ行列が出立しました。
豊臣家の家紋や馬印に導かれるように…
s-P1070703s-P1070714s-P1070730







輿に乗った太閤様が登場。素敵な笑顔ですね〜
s-P1070748s-P1070758






後に続く、醍醐の花見を担当した秀吉の重臣、義演僧正、秀頼、北政所、淀殿ほか側室の皆さん、
参加者の皆さんは徒歩なので全然見えません…太閤様の輿を追いかけて仁王門まで移動しました。
行列が仁王門を通り過ぎると、仁王門の中へ入ることが許され、
ここで係りの方に、拝観券の1枚「伽藍」を切ってもらいます。
s-P1070787s-P1070796






あ〜、なんか安土桃山時代みたい。
s-P1070802s-P1070803






ここも桜が満開で美しい。
s-P1070804s-P1070807






花見行列のクライマックス。金堂前で芸能鑑賞します。
s-P1070811s-P1070815s-P1070813







太閤様の御成り。
s-P1070823s-P1070836s-P1070837







うーん♡豪華絢爛。美人さんぞろいですね☆彡
s-P1070859s-P1070879







s-P1070863s-P1070868






五重塔や満開の桜をバックに。
s-P1070878s-P1070883s-P1070885







ちょっと疲れたので、金堂の裏手の方で休憩しました。
控えの間ともいうべき、堂裏でしばしご歓談の出演者の皆さん。
独眼竜政宗がいますね〜。一目瞭然だわ。
s-P1070888s-P1070891s-P1070893







散り始めの枝垂桜も美しい。
s-P1070895s-P1070897






戻りました。
s-P1070901






続いてアクション時代劇。
太閤様の命を狙う者に対峙する淀殿が勇ましい。淀殿は武家の娘ですもんね。
助太刀の政宗にバトンタッチして大立ち回り。
s-P1070913s-P1070926s-P1070930







舞台の下で控える淀殿。心配そうに見守る?太閤様と義演僧正。勝負あった。
s-P1070931s-P1070932s-P1070935






続いてラストステージ、踊りのお時間。淀殿お戻り。
s-P1070948s-P1070950






ご退場。
s-P1070975s-P1070981s-P1070985






s-P1070987s-P1070995s-P1070997






側室の皆さん。
s-P1080016s-P1080019s-P1080020





あー、良かった!
s-P1080024s-P1080027









さーて、これから伽藍めぐりをして上醍醐を目指そうか。


醍醐寺・三宝院「土牛の桜」と庭園 170409

春爛漫の醍醐寺・三宝院「土牛の桜」と庭園を拝観してきました。

写真をクリックすると大きな画像を見ることができます。

2017年4月9日(日)

ソメイヨシノが見頃を迎えた京都・醍醐寺。
京都市伏見区醍醐にある真言宗醍醐寺派の総本山です。
13時〜の豊太閤花見行列を見物するために訪れましたが、
その前に塔頭・三宝院の「土牛の桜」と庭園を拝観しようと思います。

「六地蔵」駅前からノンストップの直通バスで醍醐寺に乗りつけました。
観光バスも多数、まさに京都のお花見の人気スポット第1位の大寺です〜
たぶん、というか、確実に凄く人が多いんでしょうなぁ
s-P1070544s-P1070548







境内「雨月茶屋」の近くの露店も軒並み行列。。。
老いも若きも醍醐寺の桜。古い切り株、いつ頃のものなんでしょう
s-P1070551s-P1070552s-P1070553








(写真左)「桜の馬場」のソメイヨシノもちょうど満開。グッドタイミングでした
s-P1070561
こっちも
s-P1070565s-P1070554







さて、拝観券(三宝院・伽藍・宝物館)1500円を宝物館入口付近で購入して、
まずは三宝院に「土牛の桜」を観に行きます。
s-P1070558
s-P1070674







枝垂桜の通称「土牛の桜」。
s-P1070677s-P1070678






…散り始めでした。
s-P1070575s-P1070578s-P1070579






来られて良かった♡
s-P1070583s-P1070679







(写真左)続いて三宝院殿堂と庭園へ。どちらも重要文化財です。
★詳しくは醍醐寺の公式HPの「三宝院のご案内」をご覧ください。
(写真中)伏見城から移築した唐門(国宝)
(写真右)庭園越しに先ほどの枝垂桜の一部が見えました。
s-P1070586s-P1070588s-P1070599







秀吉自らが基本設計した醍醐寺三宝院庭園は、醍醐の花見が終わった4ヶ月後から作庭が始まりました。
当時一流の庭師を作庭に参画させ、庭師の中には「天下一の石組の名手」と称された賢庭も。
(写真中)木の橋と石の橋、両方そなえたところが、欲張りというか、贅沢を好む秀吉っぽい、と。
     左手前は「賀茂の三石」。
(写真右)「賀茂の三石」の左、鴨川の速い流れを表す石がとても気になりました。
s-P1070604s-P1070596s-P1070623







三宝院庭園は、安土桃山時代の華やかな雰囲気を今日に伝える日本庭園として貴重なものであり、
1952年(昭和27年)に国の特別史跡および特別名勝に指定されました。


(写真左)名石だらけの中にあって…
(写真右)ひときわ存在感を放つ、天下の名石「藤戸石」は聚楽第から運ばれたもの。
s-P1070597s-P1070633







(写真左)どこから鑑賞しても絵になるお庭。
(写真右)ふわふわに苔が生えた橋♡
s-P1070635s-P1070627







お…豊太閤花見行列にご参加される方ですね
残念ながらシャッターチャンスを逃してしまったのですが、
太閤秀吉さんもこの前に廊下をスタスタスタ…と歩いて行かれました。
s-P1070641s-P1070644s-P1070649






表書院(国宝)の撮影は禁止されていたので、写真はありません。

最後に玄関の近くで御朱印帳(1700円)と御朱印(300円)をいただきましたが、
たいへんな混雑で30分以上行列に並びました。
13時〜の太閤花見行列の時間に間に合うかヒヤヒヤしていましたが、
「間に合え!間に合え!」念を送り続けて(笑)大丈夫でした
s-P1090375s-P1090374









s-P1090379s-P1090377










行列は三宝院の唐門(内)からスタートします。
一般参詣者は中に入れないので、ちょっとのぞき見させてもらっちゃった。
s-P1070673







12時55分。さて「桜の馬場」で豊太閤花見行列を見物するといたそうか。


平野神社の夜桜 170408

江戸時代から「平野の夜桜」と言われる京都の桜の名所、平野神社へ。

写真をクリックすると大きな画像を見ることができます。

2017年4月8日(土)

北野天神前でバスを降り、天神さまの向かって左横の小道を直進、
やがて右折して緩やかな坂を上ったところに平野神社はありました。
雨で見通しが悪く、初めて行くこともあり、ちょっと遠く感じられ、道を間違えているのでは?なんて
この頃は京都の移動に地図を持たず、不安になり道行く人に聞いたりして…
結果としてこちらは裏参道?にあたる道だったのですが。

とにもかくにも教えていただいた通りに歩を進め…

美しく咲いているソメイヨシノが坂の上であたかも目印のように、
あそこを目指せばよいのだ!と元気を与えてくれたのです。
s-P1070401






かくして平野神社に到着。そこはまさに桜の園でした。
s-P1070403s-P1070402






「さくら通学路」🌸…❝逢魔が時❞に、ほんのり浮かぶ雪洞の灯り。
もしかして、とてもイイ時間に到着したのではないかと思いました。
s-P1070405s-P1070404s-P1070406






なんなんだ、ここのソメイヨシノの妖しい色気は。


とにかく正面の鳥居に行ってみます。
s-P1070408s-P1070409s-P1070410







かの有名な、枝垂桜の「魁」はのちほど。
まず、御朱印をいただきました。
暗闇の中でいただく御朱印はこちらが初めてです。
s-P1070414s-P1090361









s-P1070415
s-P1070417s-P1070419







雨の中、参詣者が絶えません。社紋はやはり「桜」ですね。
s-P1070441s-P1070433






社殿前の桜は四月中旬以降に開花期を迎える桜が多いかな。


s-P1070442






s-P1070444s-P1070445






s-P1070448s-P1070449






s-P1070451s-P1070452






s-P1070468s-P1070471







それではソメイヨシノが見頃の桜茶屋の方へ行ってみます。
s-P1070489






雨でもこんなに多くの人が夜桜を楽しんで桜酒(^^♪
🌸桜茶屋の出店期間は3月25日〜4月20日※詳しくは各店舗にお問い合わせウィ。
s-P1070491s-P1070492






羨ましい〜♡♡
s-P1070493s-P1070494






イヤ、ホント、ガチでうらやましい〜
s-P1070495s-P1070497







おっと、ここまでか。引き返そう。
s-P1070498s-P1070499






いやはや、まさしく「平野の夜桜」だ。
雨が降らなければもっと良かったかもしれないが、雨もまた良し。


最後に闇夜に浮かぶ「魁」を撮影して帰りましょう。
s-P1070504s-P1070505s-P1070508






s-P1070509s-P1070511s-P1070512






美しい…
s-P1070516





「魁」に別れを告げ
s-P1070517s-P1070518







帰りは表参道から帰ろう。
s-P1070521







冷たい桜雨から解放された暖かい家。遅く帰り(21時すぎ)心配される温かさ。
帰りに薬局で買った栄養ドリンクを1本飲もう。
京都での日々はあと3日。1本ずつ飲んで頑張ろう。
s-P1070528






濡れたバッグを乾かそうとして、底に一片(ひとひら)の桜の花びらを見つける。
いつどこで入ったのかはわからないが、たぶん平野神社だろう。
思いがけなず小さなお土産に心が和むひととき♡
s-P1070533s-P1070534






平野神社、本当に行って良かった。
来年も行きたい。次は4月中旬以降いろいろな桜を愛でに。
いや、「魁」やソメイヨシノの見頃、日中行ってもみたい。

桜雨の平安神宮と神苑 170408

桜雨の中、平安神宮と神苑を散策してきました。

写真をクリックすると大きな画像を見ることができます。

2017年4月8日(土)

京阪三条駅前からバスで平安神宮に向かいます。
バス停は川端三条の高山彦九郎皇居望拝の像(および歌碑)が印象的なこの像の斜向かい。
高山彦九郎は、上州出身の江戸後期の勤王思想家。
s-P1070157s-P1070161s-P1070163






平安神宮の大きな鳥居
s-P1070168s-P1070169






琵琶湖疎水の桜がとても綺麗です
s-P1070173s-P1070174






大きな鳥居は傍で見るほど圧巻の大きさ。
参道には多くの露店が出ていました。
s-P1070176s-P1070182s-P1070184






平安神宮に到着するとほどなく雨が降り始めました。
京都4日目にして冷たい春の雨、桜雨。

応天門
s-P1070186s-P1070189s-P1070197






雨の手水舎はごくみずみずしい
s-P1070192






雨でも多くの参詣者が
s-P1070201s-P1070231







御朱印もこの行列…これは後回しだなぁ💦
s-P1070208s-P1070211






こんな桜も咲いています
s-P1070217s-P1070393s-P1070218






s-P1070221s-P1070238s-P1070240






左近の桜
s-P1070222s-P1070228s-P1070224






右近の橘
s-P1070234s-P1070236s-P1070235







お参りの後、神苑に行ってみました
s-P1070204s-P1070242






s-P1070244s-P1070248






雨に濡れる八重紅枝垂桜
s-P1070243s-P1070250






庭園内の植物には古典の引用が…
s-P1070256s-P1070261






日本最古の電車
s-P1070269s-P1070268






s-P1070308s-P1070310






s-P1070316





s-P1070322s-P1070325s-P1070328








泰平閣
s-P1070341s-P1070345






s-P1070337s-P1070349





s-P1070353






s-P1070355s-P1070360s-P1070372







s-P1070377s-P1070379







s-P1070387






雨降って地固まる…どうぞお幸せに!
s-P1070395s-P1070397






御朱印の列が短〜くなっていました。頂いてきます!
s-P1070394






これから次は平野神社へ。

淀川河川公園「背割堤」の桜並木 170407

関西の人気お花見スポット、淀川河川公園「背割堤」地区に行って来ました。

写真をクリックすると大きな画像を見ることができます。

2017年4月7日(金)

時々小雨が降る中、関西の人気お花見スポット、淀川河川公園「背割堤」地区に出かけました。
最寄りの京阪「八幡市」駅で下車。駅前でお弁当を買って人の流れについて行きます〜。
s-P1060940s-P1060941s-P1060944






場所はココです〜
s-P1060980







ん〜、ここかぁ。
s-P1060948s-P1060951






御幸橋の袂から。綺麗だなぁ。
s-P1060954s-P1060958






これが3月25日にオープンしたばかりの「さくらであい館」かぁ
s-P1060961s-P1060964s-P1060971







さて、着いたよ〜。
s-P1060973s-P1060979






ん〜。素敵素敵。この桜のトンネルを通り抜けたい。誰にも邪魔されずに。
s-P1060987s-P1060984s-P1060985






うん、ここにしよう!
s-P1060993s-P1060998s-P1070020






八幡さん(石清水八幡宮)を望むこの場所で、萩の家の竹籠弁当をいただきます
s-P1070005s-P1070007s-P1070013






はい。松茸が入ってた〜(笑)(^^♪
s-P1070014s-P1070016






時々男山を上り下りするケーブルを眺めながら
s-P1070021s-P1070028






雨に濡れてしっとりした桜に包まれて、幸せなひとときを過ごしました。
最高だけど、これで満開でお天気が良かったら…もう絶頂ですね。
s-P1070039







駐車場側に降りてみましょう。クルーズ船の乗り場や
s-P1060991s-P1070045







屋台も出ていていいなぁ
s-P1070046s-P1070047






さてさて「さくらであい館」に登ってみますか
s-P1070051s-P1070055s-P1070063







わぁ!こんな感じなのね。上から見ると。
s-P1070066s-P1070067







男山
s-P1070077s-P1070078







降りは階段を使ってみよう。
s-P1070093s-P1070095s-P1070117






山崎の戦いのこと
s-P1070125s-P1070124









※背割堤には11日(火)満開時に再訪します。



【おまけ】
京都3日目にしてかなりお疲れモードでヤバい…
枚方市内の銭湯「極楽湯」に行っちゃった。440円でいろんなお風呂に入れていい感じ(^^♪
s-P1070147s-P1070144s-P1070145






また来たいなぁ、ここ。

清凉寺(嵯峨釈迦堂)の桜と春の特別拝観 170406

京都・嵯峨野、通称・嵯峨釈迦堂=清凉寺に行って来ました。

写真をクリックすると大きな画像を見ることができます。

2017年4月6日(水)
大覚寺の帰り、清凉寺(嵯峨釈迦堂)東側より、経蔵から流れる声明を聞きながら境内に入りました。
古木に生えるという潜伏芽(せんぷくが)がたくさんありますね…
s-P1060736s-P1060743








仁王門とソメイヨシノ。見頃です。
s-P1060751s-P1060750






境内図と本堂。
s-P1060752s-P1060755







声明(テープ)が響く一切経蔵。
s-P1060757s-P1060759






s-P1060762s-P1060764s-P1060767







こちらから入れます(今回は入らず)。
s-P1060768







源昇公墓碑
s-P1060761











いよいよ本堂にお参りです。現在、毎年4月1日〜5月31日の春の特別公開中
念願のご本尊(写真右)を拝観させていただきました。
s-P1060782s-P1060773s-P1060780






阿弥陀堂。
s-P1060776s-P1060784
手水舎と背後の
s-P1060790






霊宝館へ。
s-P1060787s-P1060789






本堂寄りから仁王門方向に向かって、境内の史跡を見学。

(写真左)薬師寺で憩う子供たち。(写真中)だからか〜(笑)!
s-P1060823s-P1060769







s-P1060834s-P1060836







秀頼公首塚と大坂の陣諸霊供養碑。なぜここに?
s-P1060825







s-P1060837s-P1060839






鐘楼
s-P1060824





枝垂桜
s-P1060813






源融塔・檀林皇后塔・嵯峨天皇塔
s-P1060819s-P1060815s-P1060814






多宝塔
s-P1060793s-P1060795








s-P1060796s-P1060797









s-P1060798





児童遊園に生えているクローバー。🍀🍀ふたつ見つけた♬
s-P1060799s-P1060800s-P1060804






ここもソメイヨシノが綺麗。
s-P1060808s-P1060807





法然上人像
s-P1060809s-P1060841






愛宕権現社
s-P1060849






清凉寺を後にします
s-P1060850s-P1060857






気になる〜
s-P1060860s-P1060865






s-P1060522s-P1060521






愛宕野々宮両御旅所
s-P1060866






なんか可愛い山、あそこに行ってみた〜い!
s-P1060867s-P1060870






法然寺と天龍寺
s-P1060872s-P1060874







嵐電の嵐山駅に着きました。このお寺も気になってる。
s-P1060875






このオブジェを見ると「嵐山」にいるって感じする
s-P1060876s-P1060877s-P1060881






いつか泊りがけで来たい嵐山。どんな感じなんだろう、年間の混み具合!?
s-P1060880s-P1060879

大覚寺・大沢の池の桜は…!? 170406

大覚寺の拝観と境内の「大沢の池」の桜の様子を観に行きました。

写真をクリックすると大きな画像を見ることができます。

2017年4月6日(木)

嵯峨野の大覚寺に徒歩で向かっています。
後ほど訪れる清凉寺を右折し、お豆腐の森嘉、甘春堂…
s-P1060520s-P1060524s-P1060525






枝垂桜、一休、六道の辻…
s-P1060527s-P1060530s-P1060532







見えてきた参道を一直線に進んで門前へ
特別拝観も催されています(時間および勉強不足のため拝観せず)
s-P1060531s-P1060545s-P1060548







桜が綺麗です
s-P1060549s-P1060550s-P1060552







低い位置を這うような松、生け花
s-P1060554s-P1060558








拝観料をお支払いして中へ
s-P1060703s-P1060701s-P1060704







お寺カフェか〜 開けたお寺なのですね…
そして、キャラにはまたチュートリアルが 好感度高いんだなぁ
s-P1060560






s-P1060563s-P1060564







あー、これが有名な障壁画
s-P1060565s-P1060567s-P1060569







s-P1060570s-P1060576s-P1060585







s-P1060601








s-P1060625s-P1060602







嵯峨天皇と空海
s-P1060604s-P1060607







s-P1060615s-P1060618








御影堂、後水之尾天皇
s-P1060634s-P1060635






s-P1060628s-P1060633s-P1060645







五大堂
s-P1060652s-P1060653






大沢の池
s-P1060658s-P1060659s-P1060664






こちらの桜は見頃でした
s-P1060666s-P1060667s-P1060672









s-P1060680s-P1060684








s-P1060683s-P1060681s-P1060686





来年来れたらいいなぁ〜♡

s-P1060688






玄関で靴を履いて「大沢の池」に行ってみます
s-P1060708s-P1060710







s-P1060711s-P1060712s-P1060713






この曇天で桜も残念な感じです
s-P1060714s-P1060716s-P1060717







s-P1060723







元来た道を戻ってみます
s-P1060725s-P1060730s-P1060732






次は清凉寺です このまま直進で

京都・嵐山の桜風景 170406

京都・嵐山に桜を観に行きました。

写真をクリックすると大きな画像を見ることができます。

2017年4月6日(木)

前ページからのつづき。
京阪「八幡市」から「祇園四条」で下車。
徒歩で阪急「河原町」に行く途中、四条通の沿道に綺麗な桜が咲いていました。
こうして思いがけず、何気に見かける桜にふと足をとめる
s-P1060461







わざわざ名所に行って人ごみにもまれるよりも、
名所などと言われなくてもひっそり静かに咲いている木の下で、
のんびり桜を愛でることができたら…と思いながらも、
せっかく京都にいるのだから、一度ぐらい名所と呼ばれる場所に行ってみねば、と向かうは「嵐山」

「桂」で知らずに改札を出てしまい、発行してもらった💦
同じ阪急線の乗り換えだから、「桂」ではホームを変えるだけでいいんやね
s-P1060463






そして無事「嵐山」に到着。
s-P1060464s-P1060466







残念なことにこの曇天。いや雨が降らないだけましか。
s-P1060467s-P1060471






本当に綺麗な桜の公園でお花見を楽しむ人々
s-P1060472s-P1060473s-P1060477







温泉いいなぁ〜♡ しかし、ここにも外国人の団体さんの予約が目白押しなのだね💦
s-P1060474s-P1060478







桜、桜、桜…
s-P1060480s-P1060484







渡月橋遠景
s-P1060487
s-P1060491







渡月橋からの眺め、桜をズームアップ
s-P1060489s-P1060492








ボート遊びする人たちを、山並みを眺めながら渡月橋を渡る
s-P1060495s-P1060501







s-P1060503s-P1060508







沿道の桜が綺麗です
s-P1060510








これから嵯峨野に向かって進みます

沿道でちょっと一休み☕ けずりいちご 初めて食べるスイーツ
s-P1060511s-P1060514s-P1060519







けずりいちご、自宅でも作ってみようかなぁ…おいしかった♡ グルちゃんも気になる〜

さぁ、行こう!

石清水八幡宮・安居橋付近の桜 170406

京都2日目。石清水八幡宮の安居橋付近の桜を観に行きました。

写真をクリックすると大きな画像を見ることができます。

2017年4月6日(木)のち

最寄りの石清水八幡宮に桜を観に行こうと誘う義父と一緒に車で出かけました。
一の鳥居の袂、安居橋の近くの桜が…
s-P1060449s-P1060450s-P1060451






ああ、綺麗
s-P1060452s-P1060453s-P1060454






s-P1060455s-P1060456






ここ、八幡市のソメイヨシノは、いままさに見頃を迎えていました。

京阪「八幡市」駅まで送ってもらいました。
s-P1060457s-P1060458







駅前にはここから歩いて10分ほどの桜の名所「背割堤」に向かう人たちでごった返していました。
私も明日行っちゃうぞ〜!
s-P1060459s-P1060460






楽しみ〜♪

円山公園の枝垂桜と八坂神社 170405

有名な円山公園の枝垂桜を観に行き、八坂神社で御朱印をいただきました。

写真をクリックすると大きな画像を見ることができます。

2017年4月5日(水)

これから円山公園に向かうところです
s-P1060339s-P1060341







有名な「いもぼう」平野屋
s-P1060343s-P1060344






屋台に人並み。まさにお花見の人気スポットへのアプローチ
s-P1060345






は?これがあの、有名な円山公園の枝垂桜??
初代は凄かったそうだけど…
s-P1060350s-P1060352







こちらは二代目なんだそうです…かなり残念な感じ
s-P1060354s-P1060355







ソメイヨシノが見頃な公園内には屋台がたくさん。お花見を楽しんでいるお客さんたちが…羨ましい♡
円山公園から八坂神社へ下ってゆきます
s-P1060359s-P1060361s-P1060362







ここのソメイヨシノはいままさに満開です!
s-P1060364







あ〜、これが忠盛の灯籠か…
s-P1060365s-P1060366







s-P1060367s-P1060368s-P1060370







s-P1060371s-P1060373






もっと若かったら、きっとやってたかな
s-P1060375s-P1060378










さて、お参りいたしましょう。
s-P1060379s-P1060385







こちらの桜も見頃です〜🌸
御朱印の長い行列。今日こそはいただきます!
s-P1060382s-P1060383







こちらが八坂神社の御朱印。「祇園社」とあります。
s-P1090352s-P1090354s-P1090365










さすがに京都の人気スポット、凄い人でした!
これから義父母の大好きな丹波屋の和のスイーツをお土産に買って帰ります
s-P1060388s-P1060390







日々の疲れ、人疲れ、まだ初日なのに6泊7日なんて大丈夫かなぁ(笑)?

祇園白川・辰巳大明神の桜…残念 170405 

祇園白川・辰巳大明神界隈の桜を観に行きましたが、かなり残念な咲き具合。

写真をクリックすると大きな画像を見ることができます。

2017年4月5日(水)

町屋が連なり、白川の流れに石畳の道が続く、祇園白川。
舞妓さんの姿が見えることもあり、京都の情緒を楽しむ一番のスポットといわれますが、
外国人が席巻し自撮り棒、自撮り棒、自撮り棒…。
在住の浅草とはさして変わらぬシチュエーションに辟易でした。

桜の本数は40本ぐらいとのことですが、
白川、料亭の灯り、辰巳大明神、巽橋という舞台設定が桜の美しさを際立たせます。

しかしながら…
s-P1060310s-P1060311s-P1060312







桜は五分咲きといったところでしょうか、かなり残念な咲き具合なのでした
s-P1060313s-P1060314s-P1060315








もともとは辰巳の方角を守る神社であったと考えられる辰巳大明神は、
今では祇園の芸舞妓さんからの信仰を集める伎芸上達にご利益のある小社。
春には、神社をすっぽり覆うように桜が咲き乱れ多くの人で賑わいます。
特に夜ライトアップされた桜は必見です。 という風景をいつかまた観てみたいものです。
s-P1060316s-P1060317






第一旭でラーメンを食べるつもりでいたので、ラーメンが頭から離れません…
「天一」こと天下一品でラーメンをいただくことにしました
s-P1060333






店内は外国人でいっぱいです〜待つこと20分ぐらいで空きが
ひとりでテーブル席を使わせてもらいました♪
徳井くんの定番「こってり」に、私は煮卵をトッピングするか
s-P1060323s-P1060324s-P1060330







こってりのスープはめちゃめちゃ、どろどろ。麺はやや太めかな。
s-P1060327s-P1060329s-P1060331







ぺろっと食べて円山公園を目指します
今日は水曜日なんですが、桜の季節ということもあって非常に混んでいますね
s-P1060337s-P1060337






ここから円山公園へ枝垂桜を観に行きます
s-P1060336s-P1060338






有名だけど、どんな感じなの?

京都&奈良 桜めぐり旅2017  往路と京都イントロ

京都&奈良 桜めぐり旅2017 新幹線からの風景と京都に到着してから目的地に到るまで。

写真をクリックすると大きな画像を見ることができます。

2017年4月5日(水)

東京駅を朝7時56分のこだまで出発。
s-P1060227







毎回京都府内在住の義父から頼まれる富士山を撮影。
s-P1060189s-P1060201







少し雲がかかっているものの、まぁまぁよく観れました。
s-P1060218s-P1060220







いつも思う、この山の名は?と。
s-P1060232s-P1060231







そして安土城跡。
s-P1060237s-P1060238







ほどなく京都に到着です。
s-P1060246







京都駅から祇園を目指してぶらり散歩。
駅近くの「第一旭」でランチしようと行ってみました。
s-P1060252s-P1060247







が、なんだか様子がおかしい。お昼時なのに人気がないなんてありえない。
s-P1060248s-P1060251







それもそのはず、臨時休業日なのでした。
すぐ後に来た女性とふたりでがっかり…幸先わろし。
s-P1060249s-P1060250









気を取り直して歩いていきます。
これが京都で初めて見る桜(ソメイヨシノ)。
s-P1060254s-P1060256







鴨川に架かる塩小路橋を渡る。
s-P1060260s-P1060262s-P1060264







レンタサイクルにそそられましたが
s-P1060265s-P1060266






今回はパスして徒歩で行きましょう。
s-P1060267s-P1060268






徒歩でのんびり京都にいることをかみしめながら
s-P1060269s-P1060270s-P1060271







五条駅近くの路地を入って、大黒湯を観に行きました。宮川町の芸鼓さんも訪れるという銭湯。
s-P1060273s-P1060276







隣接するあじき小路
s-P1060277s-P1060279






あまりにも静かな
s-P1060282s-P1060283s-P1060284






そんななかに人の気配を感じながら
s-P1060288s-P1060293






煙突がある風景
s-P1060294







少し歩いたら建仁寺を巡る壁
s-P1060298s-P1060300






都七福神の一、ゑびす神社
s-P1060301s-P1060302







萬屋でうどんを食べようと思った
s-P1060304s-P1060305s-P1060307






ら、定休日 またフラれたか
ったく、下調べして来いよ!と自分に突っ込みを入れるのだった
s-P1060306








お腹も空いているが、どうしてもいま食べなければ、というほどでもない
普段無駄に食べ過ぎていて少し太りすぎが気になるから、この際ダイエットを兼ねて散策を続けよう

PLAZA銀座店、本日開店 170414

今日4月14日(金)銀座5丁目の中央通りにある「EXITMELSA(イグジットメルサ)」2Fに『PLAZA 銀座店』がオープン。仕事帰りにさっそく行って来ました。

写真をクリックすると大きな画像を見ることができます。

2017年4月14日(金)

3月31日(金)に50年の歴史に幕を閉じたPLAZA GINZA。
装いも新たに今日4月14日(金)銀座5丁目の中央通りにある
「EXITMELSA(イグジットメルサ)」2Fに『PLAZA 銀座店』がオープン。
仕事帰りにさっそく行って来ました。

あ。
s-P1090210
見つけた。
s-P1090211s-P1090212







1Fフロアエスカレーター前。
s-P1090215s-P1090216







正直なところ、PLAZA GINZAが懐かしくなった…
もう少しフロアが広いと思っていた。
斜向かい、4月20日(木)開業の商業施設「GINZA SIX(ギンザ シックス)」内にオープンする
「#0107 PLAZA(オトナプラザ)」に期待。

さて、PLAZA GINZAのシャッターを撮影してレジでお見せするとプレゼントがもらえます。
提示していただきました♡ 何かはヒミツの方がいいかな。
s-P1060106s-P1060109







ランキングに参加しています。クリック応援お願いします。

上野・浅草・日暮里 ブログランキングへ


隅田公園の桜2017 170404

隅田公園に今年の桜をちょこっと観に行って来ました。

写真をクリックすると大きな画像を見ることができます。

2017年4月4日(火)

春らしい暖かな晴天。
出勤前に隅田公園を少し散策しました。
朝から観光客多数、外国人のツアーと思われる人たちも。
s-P1060141s-P1060146








3月21日(火)に靖国神社のソメイヨシノの標準木で開花宣言。
気温が低い日が続き、例年に比べて開花が大幅に遅れていました。
おととい4月2日(日)に東京は「満開」と報じられましたが、隅田公園の桜はどうでしょう…
個々の樹によって咲き具合はまちまちですが、多くは五分咲きといったところでしょうか。
s-P1060142s-P1060143s-P1060149






タリーズコーヒーの脇の桜は、見頃で綺麗に咲いていました。
s-P1060150s-P1060151s-P1060153






隅田川の向こう岸、墨田区側の隅田公園の桜もまだまだこれからのようです。
s-P1060157






助六夢通り。まだまだつぼみが多いですね。
s-P1060159s-P1060167s-P1060168






道行く人から「まだこんな咲き方だよ」という声も。
今日の暖かさで明日あたりから見頃を迎えるでしょうか。
s-P1060171






浅草駅に到着です。
これから働きに行かねばならならないのが残念…。
明日からしばらく所用もかねて遠出の予定なので、2017年の隅田公園の桜のアップはここまでになります。
皆さま、隅田公園でどうぞ素敵なお花見の思い出を♡

ランキングに参加しています。クリック応援お願いします。

上野・浅草・日暮里 ブログランキングへ
ブログランキング
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

mamataro

メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ