2006年02月05日

ショーシャンクの空に

監督 F・ダラボン  出演 T・ロビンス

 

希望を持ち続ける事がいかに大事かそれを荒療治的に

教えてくれる映画だ。

原作はS・キングの「刑務所のリタヘイワース」で実は短編物。

キングほど原作が片っ端から映像化される作家もいないと思う。

ホラー作家だが、「スタンドバイミー」等の作風も巧みに書く。

映画化された中には駄作もあったりするが、秀作の方が断然多い。

監督のダラボンは「フランケンシュタイン」等のシナリオを書いていた。

ホラーつながりだったのだろうか?次回作もキング原作の

「グリーンマイル」を撮っている。

この作品に出演しているM・フリーマンが相変わらず存在感のある

渋い演技を見せてくれる。

「ミリオンダラーベイビ」ーでH・スワンクと来日した時に見かけた事が

あったが、人の良さそうな紳士という感じだった。

オスカーを受賞して、大統領役もやったし今度は国連事務総長役

あたりかな?

オスカーと言えば主演のT・ロビンスも「ミスティックリバー」で助演賞

を取った。

彼も下積みが長い方なので努力した甲斐があったというものだ。

「人の心には誰にも奪えない何かがある、希望さ」

この作品の主役のように希望を持ち続けていたのかな?



mamboo4 at 10:30│TrackBack(0)燃えよ活動写真 

トラックバックURL