宴の痕

テキトーとミーハーがモットーな悠さんの趣味バナシブログ。 手広くやってます。

気が付いたら2019年も終わろうとしていますがどうしたんですか私、突然のブログ更新なんですけれども。
色々と衝撃なことがあったんですよね。
まず、増田誓志さん引退ですよ。
ついにきてしまったのか、という感じはあるよね。
彼が私を鹿島に引きずり込んだ張本人なんですよ。
彼自身もデビュー戦でゴール決めてるんですけど、私が初めてカシマ行った試合でゴール決めてくれてるんですよね。それが凄く印象的で。
あとはやはり2008年ホーム最終戦ジュビロ戦でのアシスト、そして何より2011年の鹿島を支えてくれたこと、忘れられないです。鹿島に戻ってきてくれないかなぁ。愛された選手だよね。
本当にお疲れさまでした。

ところで鹿島は残すところ天皇杯のみ。
リーグ戦も最終戦を待たずして終戦、ACLも獲れず監督は退任が決まっております。
しかし今年は本当に人が揃わない年だったことは確かですね。
怪我人に次ぐ怪我人、移籍に次ぐ移籍。
よくこれで3位になったなとは思います。
天皇杯、新しい国立でのチケットは確保しました。
天皇杯獲ろう、何が何でも。

そしてキンキは今日からコンサート!!
2年ぶりのコンサート!!当然ながら京セラは全滅でしたけど!!
東京ドームは引っかかってくれたので行ってきます、戻ってきてくれて本当にありがたい。
新曲『光の気配』も聴いてますけどとにかくまずクリアファイルのさージャニーコスプレに笑ったよね…あとシングルは勿論だけど、カップリングの『杪夏』がめちゃくちゃどストライクすぎてヤバイ。
色々やばい。これたぶんライブで歌ってくれるよね?もう期待しかない…。続きを読む

鹿島2-1横浜
(鹿:セルジーニョ,上田)


まーた1か月空いてますがその間に安部ちゃんだけじゃなくて安西、優磨が海外へ旅立ち平戸、金森も国内別クラブへ移籍、挙句鹿島自体がまさかのメルカリ傘下入りと爆弾ニュースばっかりしかも嫌な話ばっかり出てきてもうなんていうか、テンションが下がってるしまだ上がり切れてないですよ!?
しかも7月末の浦和戦から次の湘南戦までの日程のクソさがまた拍車をかける。
なんでこのクソ暑い真夏の時期に中2日でアウェー連戦なのか。意味がわからん。
6月〜7月頭くらいまでの梅雨真っただ中の時期じゃあるめーしこの暑さなんて予想できただろうに、なんでまた鹿島だけこんなバカみたいな日程なのか、1年トータルで見れば各クラブフラットになるとかいうけどそしてそれも一理あるだろうけどそれでも、中2日のアウェーなんかやらして平然としている偉い人はさっさと辞めてほしいですね。馬鹿じゃないの?
という文句だけ書きたくて久しぶりに更新しているんですけど昨日の試合もまた荒れちゃって荒れちゃって大変でしたね?正直あのオフサイドの山は、もう現地で観ててわかるはずがないので審判がそう判断したのなら従うしかないんですよ。まぁどんな状況でも従うしかないんですけど。でもどうしても、マリノスの選手が抗議に行ったから覆ったみたいには見える。こっちの都合だけどね。
まぁでも、個人的にいつも思ってるけど、ああいうゴールに直結するジャッジよりも流れの中での接触プレーへの判断や試合のコントロールのほうが気になって仕方がない。昨日もありましたよね?後半も終了に近づいた頃に、なんか何でもありみたいな雰囲気になった時間帯が。選手交代のグダグダ時間と併せて、ああいうシーンのほうに腹が立つんですよ。
まぁそういうわけで久しぶりにボルテージが上がってしまった試合だった。
でも良いところも勿論あって、新加入、それも本当に加入して間もない3人が良かったというのがまず一つ。上田綺世は途中から出てきた割に全然動かねぇな走れよと最初の数分思ってたんですけど、聖真の落としをもらったあとのゴールまでが圧巻でした。本拠地デビュー戦で決勝ゴール、すげぇもん観たなという気はする。あとその後とにかくめちゃくちゃ笑顔でピースサインまでしてて可愛かったな…まぁ聖真の落としも良かったけど。
それから移籍してきてまだ1か月にも満たない小泉、なんなら合流が試合前日だったという相馬、どちらもまさに「即戦力」という言葉に即してたのかなという感じ。試合が非常に立て込んでいるので、入ってすぐに使える選手じゃないとキツイというのもあるけど、そういう意味では適格だったのかなという気がする。
あとブエノの守備かな。派手に一発防ぐシーンがかなりあって、見栄え的にとても目立ってた。
あんな感じだっけ?調子が良いのかもしれないね。
とにかく勝って良かった。暑くて疲れた!!3万弱入ってアウェーゴール裏が全席開放だったので潮来のほうは混んでただろうなー。こちらもヘロヘロです。

2019kashima

鹿島2-0磐田
(鹿:オウンゴール,小池)


また1か月ぶりくらいになってますけど、また同じような感想しかないよ…。
もうちょっと全体で押し上げないと守備がしんどいよっていう話。
勝ったよ。勝ってナンボなのはわかってるんだけど、しかしいつも変わらなさすぎてねぇ。
オウンゴールのクロスは綺麗だったしわりと年イチレベルのスーパーゴールも観られたし、編集したら良い試合になりそうな感じだなという印象ですが、まぁそりゃもう酷かったですよね…。
永木は壊されるし。なんなんだよあれふざけんなよって感じですよ。永木いないと超きついよね今。
しかし久しぶりに脩斗くんが観られたのが一番の収穫でした。勝っている状態で後半からの出場でしたのでそんな派手な攻撃参加はなかったけれどもいやーもうなんでもよい、かっこよかった…。
それにしても、試合の中身ではなく移籍関係の話が盛りだくさんで色々と面倒です。
あべちゃんはもう、決まりなんだろうな。最後の感じからして。
今年ほとんど何もやってないんだけど大丈夫だろうかね?
レンタル先で結果が出なかったらヴィッセル出向コースがあるという噂を聞いて寒気がしているんだけども。あと今現在戦力的には出ていかれたら痛いのは安西ですよ…SBどうすんじゃって話ですよ…あんだけSB獲ったのに。というか内田と伊東はどうしたよ?まだ時間かかるんか?
もうどうせ獲られるんだったら、どんどん金ふんだくってやれ。

ファブルと呼ばれる伝説の殺し屋。
あまりにも人を殺しすぎて、ボスから「1年間、一般人として普通に暮らせ」と指令を受ける。
ファブルは「佐藤アキラ」として、相棒のヨウコと共に大阪のヤクザに住居を提供してもらい、一般人として暮らし始める。しかしそこで、ひょんなことから知り合いになったミサキが拉致された。
ミサキにお世話になったアキラはミサキ奪還を試みる。
殺し屋ファブルは果たして誰も殺さずにミサキを奪還できるのか!?


岡田くんハマり役です!!!
わりと、私が観たかった岡田くんがそこにいた。
めちゃくちゃアクションが凄い。だけどそれ以外はおバカ。
殺し屋という特殊な鍛錬を積んだ普通ではない人間が一般人に溶け込もうとするも、隠し切れないその肉体の非日常感というか(笑)。
正直ストーリーに唸るみたいなところはないですしストーリーに惹かれるところは実はまったくなかったのですが、見栄えがあっておもしろかったです。
岡田くん以外のキャストも良かったよ〜!
以下ネタバレ続きを読む



内縁の夫が死んだ。
驚いたことに、彼は偽名を使っていた。
考えてみれば彼のことを何も知らない。義手だったことすら気づかなかった。
秋月雅代は彼が一体何者なのかを探るため、夫が遺した小説を手に取る。
それは、連続少年誘拐事件の物語であった。



折原一!!
懐かしい、懐かしすぎる。
篠田真由美もそうだったけれど、折原一も学生の頃読み漁った作家さんであります。
ここへ来て新刊出てたんだよ、懐かしすぎて手に取ったら変わらずの作風って感じであった。
もうとにかく懐かしい、の一言。
以下ネタバレ続きを読む

夏休み初日、琉花は部活動でいきなりチームメイトと問題を起こし、居場所をなくしてしまう。
母親とも距離を置いている琉花は居場所を求め、父親の職場である水族館へ。
そこで、水槽の中で泳ぐ不思議な少年・海、そしてその兄・空と出会う。


米津玄師の「海の幽霊」という曲がとてつもなくストライクすぎて、あとその関連で観たこの映画の予告の映像が凄くて、中身なんて全然知らず観に行ったんですけど、まぁ一言でいうと「映像と音楽にぶん殴られてくる映画」だった。
以下ネタバレ続きを読む

鹿島2-0C大阪
(鹿:セルジーニョ,白崎)


なんか久しぶりの試合の感じですが前半あんまり間に合わずですね、まぁ外から聞いててスンテのコールが多かったので、まぁ御察しって感じなんでしょうけど実際酷かったみたいで、勝ったからいいもののなんで毎度毎度前半こういうサッカーしかできないのかという問題がまったく改善されておらず本当に大丈夫ですかと、言ってること全然変わんないですね。
それにしてもセレッソのキーパーはなんだか鹿島戦になるとポカやらかしてくれるなぁ。
思い出される田代の忍者ゴール…懐かしい…。
ところでゴル裏に石井さんがいました…あれ、都市伝説じゃなくて本当だったんだな。
普通のお父さんって感じでびっくりしました(笑)。

次なるオサカナである女帝、ラン・リウを求めて香港に渡ったダー子たち。
そこで天才詐欺師ジェシーと出会う。
かつてダー子と組んで仕事をしていたジェシーと、今度はランを獲り合うことに。
さらにダー子に騙された恨みを募らせる赤星がダー子たちを狙い…?
ここに、三つ巴のコンゲームが始まった!!


まさみが最高すぎた月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」の劇場版ですね。
相変わらずダー子が飛ばしてて最高です。
劇場版ということで舞台が香港になっておりまして、さらに狙う獲物はラン・リウの持つ「パープルダイヤ」。なんだこれ、怪盗キッドが出てきそうだな!?というストーリーなんだがとにかくキャラクターが相変わらず生き生きとしていて、それを観るだけで楽しい。
ゲスト俳優陣のハマり具合がまた凄すぎて感動します。
以下ネタバレ続きを読む

20XX年、沖ノ鳥島西方の日本の国土が占領された。
近隣にいた海上自衛隊第5護衛隊群が沖ノ鳥島付近へ向かう。
その中で自衛隊初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」艦長秋津と副艦長新波は、専守防衛を貫くか否かで対立していた。結論は出ないまま、日本は想像を超えた戦闘体制へ突入していく。


『亡国のイージス』を思い出しますよね!!!
なんつーか、金はかかってそうな、良くも悪くもこういう大作映画の主役が西島さんというのがなんともしみじみしますね!
中身はまぁいろいろアレですが、終始ニヒルな笑みを浮かべ続けるツンデレ西島さんと、愛と正義の塊である蔵之介さん同期でありライバルでもあり、意見が対立しつつも実は根っこはつながっているっていう大好きなアレなのでそこは大変良いです。
僕とスターのなんちゃらっていうドラマで共演したときに「もっと別の作品でこの2人の共演が観たい」と強く思っていたので、そういう意味ではありがたいよね。
しかし中井貴一の起用の仕方が贅沢っつーか呆れるっつーか、あれがめちゃくちゃにマイナスなところがある。
以下ネタバレ続きを読む

紀元前245年、春秋時代の中華・西方の国「秦」で戦災孤児の信と漂はいつか見た王騎のような天下の大将軍になることを夢見て鍛錬を続けていた。
しかしあるとき、漂が王都の大臣・昌文君に召し上げられ王宮に上がることになる。
信と漂は目標は同じなれど違う道を歩むことになった。
ところが漂は王宮内の紛争に巻き込まれ、命を落とす。
こと切れる前にある地図を渡された信は、怒りと悔しさと共に走り出した。
その先にいたのは、漂と瓜二つの若き王・嬴政。
嬴政は弟に玉座を奪われ王都を追われ、漂は、そんな嬴政の身代わりとなり殺されたのだった。
怒り狂う信だったが、国を背負う覚悟の嬴政と漂の覚悟を思い、嬴政と共に王座を奪還するために立ち上がる。


ハイ早くも3本目ー!!はキングダム!!
友人に、観るの意外と言われたんだがむしろ中身的には歴史ものなので好きなジャンルではある。
しかーし今回はまぁなんですか、吉沢亮くんとまさみ目当てみたいなところがありまして、それで、まんまとその通り、吉沢亮くんに完オチして帰ってきましたね!!!
いやまぁ傍から見りゃすでに十分オチてるだろという話はあるんですけど、もうダメだね、ガラガラと崩れ落ちたね、吉沢くんめちゃくちゃにかっこよかったです…というか、吉沢くんと本郷奏多くんが兄弟って麗しすぎでしょ…。
以下ネタバレ続きを読む

かつてポケモンが大好きだった少年ティム。
しかし彼はポケモンに関する捜査をするため家を出て戻らなかった父親ハリーとポケモンを避けるようになっていた。
ある日、大人になったティムは警察から連絡を受ける。
父が亡くなったという連絡であった。
荷物の整理のため父の部屋を訪れたティムはそこでピカチュウと出会う。
ティムはピカチュウの声が聞こえた。父の相棒だったピカチュウは、記憶を失っていたが「ハリーは生きている」と言う。
半信半疑ながらもティムは父の消息を探すためピカチュウと共に行動を始める。


ピカチュウの日本語吹き替えが西島さんということで!!
観に行ってきたら!!!!
まんまとハマった(笑)。
まぁ自分が初期ポケモン世代に引っかかってるっていうのもあってもともと気にはなっていたけど、それはもう西島さんのピカチュウが最高すぎたね…。
以下ネタバレ続きを読む

19世紀末にシンガポール近海に沈んだとされる世界最大のブルーサファイヤ「紺青の拳(こんじょうのフィスト)」。
この宝石が再度その姿を現したとき、殺人事件が起きた。その傍らには血塗られた怪盗キッドからの予告状―
一方でその頃蘭と園子はシンガポールで開かれる空手の国際大会に出場する京極真の応援に来ていた。
海外渡航ができないコナンだったが、殺人の濡れ衣を着せられたキッドが彼を利用しようと、強制的にシンガポールにコナンを連れてくる。
蘭に名前を聞かれ、「アーサー・ヒライ」と名乗ったコナンは姿かたちを二重に隠したまま、新一に変装し蘭と行動を共にしているキッドと協力しながら殺人の謎を解くことになる。


劇場版第23弾。
もうGWも終わっちゃいましたが今年も初日に観てきたんですよコナン!
なのでもう1か月近く前になるので詳細を覚えていない(笑)。
本当はあと2回くらい観ている予定だったんだが暇だった昨年とは違ってGWも何日か出勤してたし、あとこのあとも映画の記事が続くんですけど他の映画も観てたのでまだ2回目行ってないのです。困った。
観たい。早く観なければ、と思うんだけどありがたいことに今作もヒット驀進中らしいのでしばらくは上映回数そんな減らないかな。

さて今回のメインはキッドと京極真。
そして初の海外を舞台にした殺人事件。
キッドがメインということもあってかオープニングとメインテーマのアレンジがお洒落で華やかでした〜!今年のも結構好きだわ〜!!
話の進め方としてはまたちょっと特殊な感じと思いつつ、でも総合的にみると昨年よりは観る人を選ばない作品になっているんじゃないかな、という感じです。
以下ネタバレ続きを読む

2019kashima
鹿島3-0清水
(鹿:土居,安部,安西)


観客3万人越えの試合で勝ちましたよ奥さん!
GWの晴れの日でホームゲームがこの試合だけとくりゃ、そら人が入る。
凄い混雑でした。この日も席取りジジババに真っ向から対決している私たち、健気ですことよ。
汚い手も使わず朝早くから並び、階段を駆け上がり、なんて偉いんだろうと自画自賛ですよ。
試合は完勝でしたが中村のFKのノーゴール判定が影響あったのは間違いない。
あれは入っていたのか入っていなかったのか、正直言ってどうこう言える第三者というのはゴールライン上が真正面の席だった人間だけだと思うので両ゴール裏とも見えるはずないんですよね。
ただ、私が清水サポだったらふざけんじゃねぇクソ審判とブチ切れてるだろうなというのも確かです。
しかしまぁよく3点も獲ったな。私はアウェーのえふとー戦以来の観戦なのでちょっとびっくり。
この試合のようなプレーを続けてほしいと切に願っているのが先制点の聖真と追加点の安部。
2人とも、どちらかというとチームの中の歯車になろうとすることを徹底しすぎている感じがずっとあって、自分で撃ってほしかったり前へもう少し向かってほしかったりするプレーが多かった選手。
特に安部ちゃんは今シーズンずっと酷い出来でしたし、今回もラストは自分で撃ってほしかったけど、あのゴールで少しでも吹っ切れてほしいと切に願います。
まぁでも何となく守備も攻撃も行き当たりばったりなのは相変わらずだし、今年もこの感じでずっと勝ったり負けたりするんだろうなって感じだった。
永木はこの試合右SBで出場していて、だけど縦横無尽に走りまくってて頭が下がるんだがCKのキックの精度はもっと上げてほしい。もったいない。
そして三竿がようやく調子が上がってきたのか、良いときの昌子のようなボールの獲り方守り方をしていて、あれは目を見張るものがありました。
まぁなんだ、結果的にブラジル人選手を好き勝手やらせて気持ち良く乗せるサッカーにしないと勝てないだろうな。
それにしても試合より渋滞ですよ渋滞。3万人越えてりゃ当然なんだろうけど、こんなんじゃやる気なくすわ。車使っても電車使っても結局混みまくって収集つかないのは変わらないからね。
何とかする気ないんかね。まぁこんだけ入るのは稀だから我慢しろって感じかね。
最近はああいう交通面含めた運営面に腹が立ってしょうがないことばかりで、意外とこっちのほうが行く気なくすから、何とかしたほうがいいと思いますけど。


2019ajinomoto

東京3-1鹿島
(鹿:レオシルバ)


完敗!完敗!!ボロ負け!
今シーズン初アウェー観戦なんですけど、すげぇ負け!
前半様子見サッカーはこちらが相手を見極め攻略する前に、力で押し切られたらそのまま押し返せない、という試合。
名古屋戦そしてACLの慶南戦と、逆転勝ちが続いたがためにその延長戦上で試合をしてしまったなというのもある。
前半様子見サッカー、やめるつもりがなさそうなので、そしたらもう前半は絶対に1失点で抑えるべき。2失点でもキツイし、3失点なんて言語道断ですね。全員で身体張って、絶対に耐えなきゃいけない。
勝ってる試合の終了間際みたいに、押し込まれてもライン上で跳ね返して、そういうことを試合の頭からする覚悟がいると思うんですよね。
それって、もっと楽な方法あるんじゃないの?と私は思う。
もっと楽に試合に入って、最後まで戦えないと意味なくない?
そこんとこどうなんですかねって、どうしても思いますね。
若いDFライン、若い選手を使うのにはあまりにリスクが大きい戦い方でしょうに。
若手をフォローできる選手も少ないしね…出来そうなのって、まぁ、永木か聖真くらい…?
内田は稼働率低すぎていつも試合に出てるとは限らないしなぁ。
この戦い方でずっといくのはかなりしんどいと思いますよ。
この試合、雰囲気はイケイケで選手もサポも気合いが入っていてとても良かったけど、それだけじゃ駄目なんだよ。

2019kashima


鹿島2-1名古屋
(鹿:土居,レオシルバ)


前半の限りでは到底勝てるとは思えなかったな。
それほどまでに攻め手がなかった。
まぁ鹿島はずーっと、前半相手を見てるサッカーをしてる感はあるけど、それにしてもやられすぎ。
まぁDFラインが若いとか平戸がスタメンとか色々あるんでしょうけど、あんまり前半相手見すぎるのも正直どうかと思うんですよねぇ。だってそのまま力負けというか勢い負けみたいなの結構あるでしょうに。
この試合は名古屋が勝手に崩れてくれたお陰もかなりありますね。
なんでだか知らんが先制したあと落ち着いてくれたし土居のゴールのあと明らかに浮足立ってきて勝手にイラついて自滅してくれた。
聖真ゴールは町田のインタセプトからの永木のアシストと、あれ全部綺麗だったなぁ。
あのゴールはなんというか、1点以上の傷を相手に与えたような気がする。あと今回も言うが永木良き。
レオシルバの追加点は、凄いとしか言いようがない。
あれ、レオシルバの悪癖と表裏一体ドリブルなので危ない危ない、また引っかけられるんだろ、獲られるんだろって思って観てると何故か相手があまり寄せに来ずヌルヌルっと持ち上がってそのままゴール決めちゃう。なんか魔法使ってんだろって思うくらい。
この試合も前に出てはボールを獲られたりというシーンも見受けられたけど、そしてそれっていつものことだけど、あんなゴール見せられては「そりゃーレオ使いたくなるよな!!使うのやめらんねぇな!!」と思わざるを得ない。つーかもっと前目で使いたいわ…。
失点は珍しくスンテのミス。ほんと珍しい。これまで散々、本当に散っっっ々スンテさんに助けてもらってきたんだから責められないなぁ。本当に本当に、スンテさんの存在は大きい。だから、それを取り返せたという意味でも本当に勝てて良かった。

そしてこの日は満男の特別功労賞受賞イベントがあるということで、むしろこのために仕事終わりでスタジアム行った感がなきにしもあらずなんだけど、やっぱりまだなんとなく寂しいものがありますね。
あの満男が、試合の日に、ピッチにスーツで足を踏み入れるなんて、なんかまだ不思議な感じがする。
でも、生の声を聴けたことはやっぱり行って良かったですね。
これからはなかなか、観る機会が減るだろうしね。

このページのトップヘ