ブログネタ
トリノ冬季オリンピック に参加中!
昨夜は微妙に『小早川伸木の恋』を観たあと『五条霊戦記』を観て寝てしまったので、フィギュアスケートは録画されたものを観ました。
小早川はちょっとウケますね。竹林先生が愛に目覚めていたので驚きました(笑)。
なんか、これでもか!と言うほどクサ〜いセリフを吐きまくっていたけど、妙にマッチしていた。頑張れ竹林!

さてフィギュアです。
きちんと観たのは日本の3選手とスルツカヤ、コーエンの演技くらいだけなのですが、金メダル取りましたねー荒川選手。
いやはや、本当に綺麗だった。おめでとうございます。
アナウンサーの「女神は荒川にキスをしました」とか言うフレーズが気に入りました(笑)。「微笑む」じゃないところがちょっといい。
荒川選手のあの醸し出す「品格」「風格」が抜群に好きです。
誇り高く、堂々と滑るその姿に惚れまくり。
金メダルの「感動の」演技、というよりも金メダルの「誇り高き」演技、という言葉のほうが合っている気さえします。
本当にかっこよくて素敵だなあと思いました。
村主選手はそれこそ本当に「感動の」演技という感じ。情感たっぷりだよねー。
表彰台に上がった3人よりさらに柔らかい感じで感情が高ぶる。
みきてぃーは4回転失敗でしたけど、いやほんと、やるだけ凄いなと思いますよ。
失敗すればあとにも響きそうだし。みきてぃーは頑張ってほしいんですよね。
騒がれて煽られて大変そうだったけど。トリノに行ってからの強気発言が好きでした。
それで個人的には、コーエンよりスルツカヤのほうが上だと思ったんですけどねー。
その前に2人ともしりもちついちゃったのに表彰台いけるのが凄い。

なーんて、エセ解説者気取りで記事書きましたけど(爆)、要は皆綺麗でしたということです。
華があって、よかったほんと。