ブログネタ
大河ドラマ篤姫 に参加中!
来年だ再来年だと騒いでいる大河ドラマですが、今年の『篤姫』、視聴率が凄いですね。
個人的にはやっぱりあおいちゃんが幼く見えるなぁと今でも思ってしまう瞬間があるのだけど、家定な堺さんが凄いことになっとる。
再放送を観ているので、篤姫と家定の「賢いもの同士」としてのぶつかり合いを今観たところです。
いやー凄かった。
まず家定が幕府の行く末をあまりに冷静にスラスラと予測する姿。
ほら、山南さんがまだ頭にあるんですよね、私。
それもあるから、何だか不思議な気分になる。
そしてもうすぐ自分死んじゃう宣言。
それに加えて諦めやら失望やら何やらと様々な感情が入り乱れているっぽい眼で「誰も信じぬ」という言葉を吐く。
あの眼は怖い。笑っているときはあまり見えないから余計にオソロシヤ。
それに対抗する篤姫もまぁ、凄いっちゃ凄いんですけど、やっぱりそれまでのギャップがあるので家定のインパクトといったら。
見応えがありまして、よかったです。
だけどとてもじゃないけど「夫婦」にはまだ見えない。
堺さんもあおいちゃんも、『篤姫』のことを家定と篤姫の愛の物語みたいなことを言ってましたけど、このぶつかり合いでようやくスタートラインに立ったという感じ。
たぶん愛情が頂点に達する前に家定は死んじゃうんだろうなぁ。
次回(ていうかもう明日)からは後の家茂である慶福くんな松田翔太くんが出てくるし。
考えてみればもう6月で折り返し地点な感じですしね。
家茂もすぐに出番終了だろうしなぁ、うーん。
とにかく今のところはまず、堺さんの凄いことになっとるっぷりを楽しみに観ています。