こんにちは。

mamekenです。

久しぶりの更新です。先週は水沢競馬場に行ってきました。
IMG_2538
IMG_2540
正面入り口からレトロな感じでした。二枚目の写真はパドックです。いまだに手書きの掲示板なんですよね。
IMG_2547
ダート1300m戦はゴール板手前からのスタートなので間近でゲートの開く音を聞くことができました。
IMG_2557
有名なジャンボ焼き鳥をお昼にいただきました。場内の水沢食堂で買ったのですが、そこで働いているおばちゃんたちはなかなか強烈なキャラクターでしたよ。
IMG_2558
一番の目的はメイセイオペラの記念碑をこの目で見ることでした。いいものになってよかったです。ちなみに私も建立のために寄付しました。
IMG_2562
馬券はやや振るわなかったです。地方の下級条件は難しいですね…メインは一応3連単で獲れましたがガチガチの決着でした。

めちゃめちゃ寒かったです。今週は暖房のきいた部屋で中央競馬を楽しみます。

まずは明日の大知騎手騎乗レースから。
5回中山5日
1R マイネルレヴリー
6R ムーンサルト
9R マイネルキャドー
10R エネスク
12R ラスイエットロス
以上となっています。乗鞍は比較的少なめです。エネスクは夏の福島でかなり発汗していてツラそうでした。冬馬だとするとさらに前進があってもいいのではないでしょうか。

続いて明日の勝負レースです。中山から挙げます。
中山11R ターコイズステークス←KLANの予想ページへのリンクです。クリックお願いします!

中山芝1600m 3歳上 G3 想定ラップ:高速持続 想定ペース:平均~ややスロー

能力・実績
1.ラビットラン
2.デンコウアンジュ
3.リエノテソーロ
4.フロンテアクイーン
5.ミスパンテール

レースラップ適合度
適合
ラビットラン

準適合
該当馬なし

騎手コース成績
勝率・単回収率
1.戸崎
2.横山典
3.内田博
4.北村宏
5.柴田善

複勝率・複回収率
1.戸崎
2.横山典
3.北村宏
4.蛯名
5.内田博

総合評価
◎フロンテアクイーン
◯ワンブレスアウェイ
▲ラビットラン
△1デンコウアンジュ
△2エテルナミノル
△3バンゴール
△4サザナミ
オープン特別時代も含む過去5年平均のラップをみると、2ハロン目から一貫して11秒台が刻まれています。コース形状の関係でこのようなラップを刻むわけですが、やはりこの特徴的な息の入りにくいラップに適応できるかがポイントです。
本命はフロンテアクイーン。今年の牝馬限定戦で持続ラップが出現したレース、かつ今回のメンバーにおいて参考になるレースといえば福島牝馬Sになると思います。本馬はこのレースで好走しているのでここで本命を打ちました。またこの馬は前走で上がり勝負の展開で32秒9の上がりを繰り出しているように、瞬発ラップにも対応できているようです。明らかな逃げ馬がおらず、スローも考えられるメンバーの中ではこの自在性も武器になるはずです。
対抗はワンブレスアウェイ。このコースのもう一つの特徴はスタート直後の角度のついたコーナーです。コーナーまでの距離が短く、外の馬はロスが大きくなりがちなので内枠の先行馬を狙うのがポイントになります。今回はスローも考えられるので、先団につけられて上がりもまとめられそうなこの馬を対抗としました。
単穴はラビットラン。ペースが速くなって前が厳しくなると外からこの馬が延びてくると思います。前走のG1で掲示板、前々走でG2を勝っているように能力はかなり高いですが、先行力に疑問があるのと展開が向かなそうなのでここまでの評価とします。
複穴筆頭はデンコウアンジュ。この馬も福島牝馬Sに出走しています。4着に敗れましたが、12秒台前後のラップを後方からマクっていったのでやむを得ないと思います。適性はありそうなので相手が楽になるここは買いでしょう。2番手はエテルナミノル。やや力は足りない印象ですが先行力はありそうなのでスローのなだれ込みに期待します。3番手はバンゴール。前々走のような後続の追撃をかわすような競馬を期待します。4番手はサザナミ。1600mに対応できるかは未知数ですがペースが緩めば自然とポジションは前になりそうですし、折り合えれば粘り込めそうです。
買い目は馬連で◎→◯▲△1△2△3△4の6通りにフォーメーションで◎→◯▲△1△2→◯▲△1△2△3△4とした3連単20通りを加えた計26点にします。資金配分は各買い目を均等にして馬連:3連単を5:1でいこうと思います。

では良い週末を!

こんにちは。

mamekenです。

土曜終了しました。今日は券種のミスがあったのが悔しかったです。

まずは大知騎手の成績と明日の騎乗レースから。
大知騎手は東京で騎乗し、勝鞍を挙げることはできませんでした。マイネルハニーは6着。道中は勝ち馬とほぼ同じポジションにつけて離されてしまったので、力差を感じました。どこかで重賞をもうひとつ勝ってほしいです。

明日の大知騎手騎乗レース
5回東京8日
1R マイネルアンドゥミ
2R マイネルレヴリー
3R マイネルキラメキ
5R トルマリ
7R ヴィオトポス
8R マイネルユニブラン
10R マイネルラフレシア
以上となっています。マイネルラフレシアは現在3番人気。降級後いまひとつの成績ですが浮上を期待します。

続いて勝負レースの回顧と日曜の展望です。
勝負レースは京都2歳ステークスでした。印はこちらです。結果は本命が2着で馬連は的中でしたがトリガミでした。本命のタイムフライヤーは一時抜け出しましたが差されてしまいました。道中は勝馬にしっかりマークされ、それを跳ね除けるだけの力は出せませんでした。パドックを見る限りもう少し成長の余地はありそうなので重賞に出てきても注目です。対抗のマイハートビートは7着。パドックからやや気の悪いところを見せていて、4角では手応えがあっても直線で止まったことを考えるとロスの多い競馬になってしまったはずです。単穴のクラシックメタルは8着。道中は特にスムーズさを欠くところはなかったのですが見せ場はありませんでした。過剰評価だったかもしれません。次走以降も様子見です。勝ったのは複穴評価のグレイル。タイムフライヤーのみに狙いを絞った感じで抜け出したところを測ったようにきっちり捉えきりました。次走はわかりませんが相手次第です。3着はこちらも複穴評価のケイティクレバー。気分よく逃げて逃げ粘りました。このメンバーと頭数だったので上手くいきましたが今後も上位には取れなそうです。

明日の勝負レースは京都から挙げます。
京都12R 京阪杯←KLANの予想ページへのリンクです。クリックお願いします!

京都芝1200m 3歳上 G3 想定ラップ:超高速バランス 想定ペース:平均

能力・実績
1.セイウンコウセイ
2.メラグラーナ
3.ソルヴェイグ
4.ヒルノデイバロー
5.フィドゥーシア

レースラップ適合度
適合
ソルヴェイグ

準適合
アルマワイオリ
ダイシンサンダー
フィドゥーシア

騎手コース成績
勝率・単回収率
1.川田
2.四位
3.北村友
4.国分優
5.幸

複勝率・複回収率
1.川田
2.和田
3.北村友
4.幸
5.国分優

総合評価
◎ソルヴェイグ
◯ヒルノデイバロー
▲セイウンコウセイ
△1フィドゥーシア
△2ラインスピリット
△3ビップライブリー
△4ダイシンサンダー
京都芝1200mは先行馬が圧倒的有利。その理由は3角以降が平坦から下りになっていて、直線のない内回りコースで行われるからです。したがって内枠の先行馬が強く、外枠の先行馬や外を回す必要のある差し馬などは大きく割り引いても妙味を追えるコースです。スタート直後の坂で先行して良績を残した経験のある馬を評価しました。
本命はソルヴェイグ。出走馬中、京都芝1200mで逃げ・先行の戦法をとったことがある馬で最速のテン3ハロンを記録したのはトップタイでこの馬です(もう1頭はフィドゥーシア)。京都の坂でもポジションが取れるテンのダッシュ力があり、ハナでも番手でも進められるのはこのコースで求められる適性を満たしているといえます。内寄りの中枠を引いたのも好材料。他の逃げ馬が行くなら行かせて、行かないならハナをとって上がりをまとまるという戦法がとれそうです。
対抗はヒルノデイバロー。前走は前半から速く、前につけた馬には厳しい流れの中サングレーザーの2着に粘りました。前々走では外目の枠から先行して4番手から逃げたソルヴェイグに展開不利のなかクビ差に迫っています。本命にするか悩みましたが、ソルヴェイグとの斤量差が前々走から開くのでこちらを対抗としました。
単穴はセイウンコウセイ。この馬も京都で先行できてかつ成績を残しています。敗れたシルクロードSも負けて強しの内容でした。前走は重馬場に斤量を背負わされたのが敗因と思われ、ここは56キロで出走できますし前進はあるとみます。
複穴筆頭はフィドゥーシア。この馬は短距離馬ですがフラットからやや後傾ラップが向くタイプ。中山や阪神など坂のある1200m戦では上級条件になるとどうしても終いが甘くなってしまいますが、新潟の千直で良績があるようにダッシュ力が必要とされて坂のないこの条件なら失速せず粘り込みが効くはずです。2番手はラインスピリット。個人的に一番楽しみな穴馬です。京都ではなぜか好走してしかも全く人気にならないので、好枠を引いて先行するのが濃厚な今回はぜひおさえておきたいです。3番手はビップライブリー。この馬も京都に適性があります。展開に左右されにくい先行・差し馬としておさえておきたいです。4番手はダイシンサンダー。脚質的に上位にはとりにくいですが、今年に入ってからも京都での好走があるので圏内に差し込んでくる可能性はありそうです。
買い目は◎の単勝と◎→◯▲△1△2の馬連4通りにフォーメーションで◎→◯▲△1△2→◯▲△1△2△3△4とした3連単20通りを加えた計25点にします。資金配分は各買い目を均等にして単勝:馬連:3連単を10:5:1でいこうと思います。

では良い日曜日を!

こんにちは。

mamekenです。

11月ももう終わりですね。秋の東京、京都開催も今週で終了です。北海道、東北では平野でも雪が降っています。秋も終わって冬本番です。

まずは明日の大知騎手騎乗レースから。
5回東京7日
1R アサヒキリ
2R コスモジラソウ
3R コスモグラトナス
5R ボンナキュイ
6R アヴァランチ
7R マイネルクラフト
8R アッキー
9R マイネルユキツバキ
11R マイネルハニー
12R ペルソナリテ
以上となっています。オープン特別に重賞馬多数で混戦模様となりそうなメインのキャピタルSにはマイネルハニーで挑みます。府中は複勝率7割で安定しているので上位が期待できます。ちなみに5Rでデビューするボンナキュイの馬名の由来はフランス語の「おもてなし」からきているそうです。

続いて明日の勝負レースです。京都から挙げます。
京都11R 京都2歳ステークス←KLANの予想ページへのリンクです。クリックお願いします!

京都芝2000m 2歳 G3 想定ラップ:中速瞬発 想定ペース:スロー

能力・実績
1.タイムフライヤー
2.マイハートビート
3.スラッシュメタル
4.グレイル
5.ケイティクレバー

レースラップ適合度
適合
アイトーン

準適合
スラッシュメタル
マイハートビート
ランリーナ

騎手コース成績
勝率・単回収率
1.武豊
2.Mデムーロ
3.Cデムーロ
4.岩田
5.幸

複勝率・複回収率
1.Cデムーロ
2.Mデムーロ
3.武豊
4.岩田
5.幸

総合評価
◎タイムフライヤー
◯マイハートビート
▲スラッシュメタル
△1グレイル
△2ケイティクレバー
金曜正午時点で京都の芝コースは稍重の発表。回復しても稍重よりの良馬場になる想定で予想します。過去のレースを見るとわかるように重賞に格上げになってからもスローの上がり勝負という傾向が強く、今年もメンバーから考えるとスロー濃厚です。したがって重馬場適性と上がり勝負への対応力を重視しました。
本命はタイムフライヤー。前走は重馬場にもかかわらずテンから中盤が速く、終盤は消耗戦の様相となりましたが、4馬身差をつけての楽勝。2戦前では稍重の阪神1800mのラスト3ハロンを33秒3でまとめているので瞬発力にも一定程度裏付けはあります。
対抗はマイハートビート。未勝利勝ちは札幌2000mで時計がかかる馬場での実績があります。前走は前中盤がクラス平均より1秒5速い展開で後方から差し切り。瞬発力勝負への対応力は未知数ですが、キャリア1戦の馬よりは内容のある上級条件を経験してきた馬を評価したいです。
単穴はスラッシュメタル。新馬勝ちからここに臨みますが、その新馬戦は加速ラップの区間を中団からゆっくりと先頭集団に取り付いて直線ではスッと抜け出しての楽勝でした。まだ余力のありそうな勝ち方だったのでここでも好勝負になると思います。
複穴筆頭はグレイル。新馬戦はかなりの不良馬場で勝ち時計が2分12秒9という京都芝2000mとは思えないタイムで正直評価できません。しかし残り400mから急加速していたので瞬発力はあるとみてもいいかも。2番手はケイティクレバー。最内を引いたのでハナもあり得ますし、ある程度前につけると思います。人気どころは後ろからになるはずなのでマークが薄ければ案外前残りはあるはずです。
買い目は◎→◯▲△1の馬連3通りとフォーメーションで◎→◯←→▲△1△2とした3連単6通りの計9通りにします。資金配分は各買い目を均等にして馬連:3連単を3:5でいこうと思います。

では良い週末を!

↑このページのトップヘ