こんにちは。

mamekenです。

土曜終了しました。今日は軸馬は単回収率がやや不調だったものの、複勝率100%でした。明日もこの調子でいきたいです。

まずは大知騎手の成績と明日の騎乗レースから。
大知騎手は東京で騎乗し、12Rをオニノシタブルで勝利して今年の13勝目を挙げました。前走は直線でいい上がりを使っていて、今走も大外一気でブチ抜きました。注目していたウインユニファイドは2着。最後の最後で先頭を捉えましたが、さらに外から来た馬に差されてしまいました。惜しかったです。次走も同じコースか京都1900mあたりを使ってきそうなので引き続き注目です。

明日の大知騎手騎乗レース
2回東京4日
2R リパーカッション
4R プーカローズ
5R マイネルクラース
6R クイントゥープル
7R アニマルインミー
8R マイネルネッツ
9R マイネルクラフト
11R アンネリース
12R ピアシングステア
以上となっています。マイネルクラフトに注目します。前走は見せ場なく7着に敗れましたが、前々走のパフォーマンスは光るものがあったので見限らずここでも中心視したいです。願わくばまずまずペースが流れてほしいです。

続いて勝負レースの回顧と日曜の展望です。
勝負レースは青葉賞でした。印はこちらです。結果は本命が1着に来たものの、対抗が7着に沈み不的中。トリコロールブルーはもうパドックでイレ込みまくっていてスタート前に終了という感じでした。あのテンションならこの着順は妥当でしょう。単穴のダノンキングダムは6着。先団につけていましたが徐々にポジションを落として直線は後退してしまいました。前走のレベルも考えてみれば低かったので力負けでしょう。アドミラブルは道中最後方から進め、3角手前で仕掛けて楽々と先頭集団を捕まえると直線で後続を引き離しました。レースラップを見るとまずまず流れていて、あの位置から動いて上がり最速、さらに中間の調教が緩かったことを加味すると本当に強い勝ち方でした。ダービーの本命筆頭です。2着、3着は複穴評価の2頭でした。ベストアプローチはしっかり溜められて実力は発揮できていたと思います。アドマイヤウイナーは道中流れたのがプラスに働いたようです。トリコロールブルーがあそこまでイレ込んでしまうとは…

明日の勝負レースは京都から挙げます。
京都11R 天皇賞(春)←KLANの予想ページへのリンクです。クリックお願いします!

京都芝3200m 4歳上 G1 ラップタイプ:中速バランス 想定ペース:平均

能力・実績
1.キタサンブラック
2.サトノダイヤモンド
3.ゴールドアクター
4. シャケトラ
5.レインボーライン

レースラップ適合度
適合
サトノダイヤモンド
ゴールドアクター
ディーマジェスティ
ワンアンドオンリー

準適合
アドマイヤデウス
キタサンブラック
シャケトラ
スピリッツミノル
プロレタリアト
ヤマカツライデン
レインボーライン

騎手コース成績
(開催条件が少ないため省略)

総合評価
◎キタサンブラック
◯サトノダイヤモンド
▲シュヴァルグラン
△シャケトラ
△レインボーライン
△ラブラドライト
△タマモベストプレイ
構図的にもオッズ的にも2強対決になった今年の天皇賞。馬券を抜きにしてもとても楽しみです。
本命はキタサンブラック。悩みましたがこちらでいきます。前走は持続タイプを、昨年の秋は瞬発タイプのJCを勝ち、敗れはしましたがバランスタイプの有馬記念でクビ差の2着と脚質の幅は素晴らしいものがあります。名馬の証ですね。敗れた有馬記念も他馬につつかれるようなところがあっての2着でしたし、サトノダイヤモンドとの斤量差もありました。今回は番手以下だと思いますが自在性も持ち合わせていますし、実力、鞍上、安定感の点でこちらを上にとりました。
対抗はサトノダイヤモンド。前走の阪神大賞典は中速バランスタイプ。道中引っかかるようなところを見せつつも横綱相撲で他馬を子ども扱いしました。キタサンブラックをピタリとマークしたいのですがやや離れた枠に入ってしまいました。ですがこの馬も操縦性が高いのでさほど問題にはならないでしょう。
単穴はシュヴァルグラン。前走はサトノダイヤモンドに何とか食らいつき2着は確保。位置取り次第では2強に割って入れるかもしれません。
複穴は4頭。馬券内に本命・対抗が入ることはかなり濃厚なので3番手以下は穴を入れてみました。シャケトラはここで必要とされるロングスパートに対応できそうな内容の日経賞を勝ってきました。この馬も位置取りがカギになりそうです。レインボーラインは前走のような競馬では届かないはずなので、菊花賞のようなレースを期待しています。ラブラドライトは実績でかなり劣りますが内枠から先行できそうなので一発期待です。タマモベストプレイの前走は先行勢が全滅するような展開でずっと2番手を進んであの結果なら大穴として考えてもいいかもしれません。
買い目は◎→◯の馬単、3連単フォーメーションで◎←→◯→▲△△△△の10通りを買いたいと思います。

4月最後の週末でしっかり的中させて5月に臨みたいです。

では良い日曜日を! 

こんにちは。

mamekenです。

今週で4月も終わり、5月になろうとしています。速いですね。過ごしやすい陽気なので競馬場に行きたいなぁと思う今日この頃です。

まずは明日の大知騎手騎乗レースから。
2回東京3日
1R オーシャンケリー
3R ジャンティーユ
4R マイネルハドソン
5R タックボーイ
6R コスモピクシス
8R アキノバレリーナ
10R ウインユニファイド
11R マイネルスフェーン
12R オニノシタブル
以上となっています。ウインユニファイドは東京ダ2100mの成績が良いだけでなく、ここと相関の高い京都ダ1900mや阪神ダ2000mでも好走しているので期待です。陣営がここに狙いを定めてきたのが伺えます。

続いて土曜の勝負レースです。東京から挙げます。
東京11R 青葉賞←KLANの予想ページへのリンクです。クリックお願いします!

東京芝2400m 3歳 G2 ラップタイプ:中速バランス 想定ペース:ややスロー~スロー

能力・実績
1.アドミラブル
2.マイネルスフェーン
3.トリコロールブルー
4.ポポカテペトル
5.タガノアシュラ

レースラップ適合度
適合
タガノアシュラ
ダノンキングダム
ベストアプローチ

準適合
アグネスウイン
アドマイヤウイナー
トリコロールブルー

騎手コース成績
(勝率・単回収率)
1.戸崎
2.岩田
3.蛯名
4.内田博
5.ルメール

(複勝率・複回収率)
1.戸崎
2.デムーロ
3.ルメール
4.蛯名
5.内田博

総合評価
◎アドミラブル
◯トリコロールブルー
▲ダノンキングダム
△ポポカテペトル
△マイネルスフェーン
△ベストアプローチ
△アドマイヤウイナー
本命はアドミラブル。前走は極度のスローで直線だけの競馬でしたが、中団から進出して4角では2番手まで押し上げ、悠々と先頭に抜け出し、後続に3馬身差をつけました。非凡な瞬発力を持っていることは言うまでもありません。このレースは低速瞬発タイプではありますが、前々走の中速バランスタイプの未勝利戦でもかなり高いパフォーマンスを見せていて、脚質と資質に幅がありそうなので信頼できます。したがって逃げると想定されるタガノアシュラがどう出ても対応できそうです。
対抗はトリコロールブルー。前走は上がり最速でしたがあの位置からでは差すのは不可能でした。広いコースで瞬発力が必要とされるような展開が望ましいので今回は浮上すると思います。
単穴はダノンキングダム。前走は辛勝だったものの同じ舞台の中速バランスタイプのレースを勝ちました。今回も前目につけて上がりをしっかりまとめてくれれば上位でしょう。
複穴は4頭。ポポカテペトルは適合しませんでしたが前走の内容が良く、適応できそうなので。マイネルスフェーンは能力はメンバーのなかでも上位ですが前走後から脚部不安がありました。乗込みはしっかりされているようですが様子を見たいと思います。ベストアプローチはまだ1勝馬ですが前走で上位の決め手を繰り出しているので、ペースが遅くなってポジションが取れれば可能性はあります。アドマイヤウイナーは前々走まではあまりパッとしませんでしたが、前走で4角3番手から上がり最速で差しきって2勝目を挙げてきました。おさえておきたいです。
買い目は3連単フォーメーションで◎→◯←→▲△△△△の10通りにしようと思います。本命が連を外すことはさすがになさそうなので保険は掛けずにいきます。大丈夫ですよね…

あれよあれよという間に今月も終わってしまいます。噛み合わない状況から何とか浮上したいです。

では良い週末を! 

こんにちは。

mamekenです。

日曜終了しました。今週は軸馬の単回収率が143%だったのですが、馬券は負けてしまいました。年明け調子が良かった3連系の馬券がかなりの不調なので馬連・馬単で手広くいくことも考えています。このスランプを抜けなければなりません。

まずは大知騎手の成績から。
大知騎手は東京で騎乗し、勝鞍を挙げることはできませんでした。ウインカートゥーンは3着。スローで前目につけて直線に向き、これならいけるかと思ったのですが勝った馬の終いの脚との差が出てしまいました。最高着順はコスモペリドットの2着。10番人気の低評価を覆し、一瞬勝ちが見えたものの、最後に外から勝馬に差されてしまいました。

続いて勝負レースの回顧です。
勝負レースはフローラステークスでした。印はこちらです。結果は本命が8着に沈み不的中。ホウオウパフュームは直線での不利もあったようですが、それを考慮しても足りなかった感じです。本格化はまだ先ということでしょう。寒竹賞でみせたポテンシャルに非凡なものがあるのは間違いないので順調にいければ引き続き秋に狙いたいです。対抗のレッドミラベルは15着。前走のタイムから考えれば不可解な着順です。体重を減らしてきてパドックではカリカリするところがあったのでそれらが影響したのだと思います。単穴のアドマイヤローザは7着。直線で追われても反応が悪かったです。こちらも能力の絶対値が足りないような馬ではない気はするのですが。次走の取捨は難しそうです。勝ったのは複穴評価のモズカッチャン。中団から上がり33.9という鋭い末脚で差しきって勝ちました。ゴール手前の伸びは素晴らしかったです。瞬発力はあると思っていましたがここまでやるとは思いませんでした。2着はヤマカツグレース。距離は伸びていいタイプだろうとは思っていましたが、前走は展開が向いただけだと軽視していました。今回も番手につけて粘り込んでの2着。もう少し流れが速くなってどうかという感はありますが、ヤマカツエースの下という血統背景ともっと距離があっても対応できそうな点を考えると軽視はできません。3着は複穴評価のフローレスマジック。前走から一転して先団につけ、上がりをまとめて勝馬以外に差されることなく3着を確保しました。前残りになった結果からすると鞍上の好騎乗だったと思います。

今週も勝負レースの的中はならず…冒頭にも書きましたが軸がかすりもしないわけではないんです。勝負レースの選択を誤っているだけで…言い訳は良くないですね。全体的に馬券の収支が悪化し続けているのは事実なので試行錯誤です。いやホントにツラい。

ではまた。 

↑このページのトップヘ