こんにちは。

mamekenです。

先週は金曜から体調を崩し、3連休はずっと寝込んでいたため更新できませんでした。KLANの軸馬予想だけしましたが、体調のせいもあってか3日間で単回収率は100%を少し割り込んでしまいました。それでもここ30日間で単回は117.5%なのでまぁまぁ上昇中といったところです。

まずは明日の大知騎手騎乗レースから。
4回中山6日
1R コスモグラトナス
2R ノーモアサイレンス
3R コスモレリア
4R チアフルガール
5R ベリータ
9R マイネルヴンシュ
10R ゼンノスサノヲ
12R ウォーブル
以上となっています。明日デビューのベリータは新潟2歳Sなど重賞3勝を挙げたマイネイサベルの初仔ですね。アイルハヴアナザーとの配合でどんなパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみです。

続いて明日の勝負レースです。阪神から挙げます。
阪神9R ききょうステークス←KLANの予想ページへのリンクです。クリックお願いします!

阪神芝1400m 2歳 オープン 想定ラップ:高速バランス 想定ペース:平均~ややスロー

能力・実績
1.アイアンクロー
2.バーニングペスカ
3.タワーオブロンドン
4.スーサンドン
5.アントルシャ

レースラップ適合度
適合
アイアンクロー
スーサンドン

準適合
イイコトズクシ

騎手コース成績
勝率・単回収率
1.福永
2.デムーロ
3.ルメール
4.松山
5.和田

複勝率・複回収率
1.福永
2.デムーロ
3.武豊
4.岩田
5.ルメール

総合評価
◎タワーオブロンドン
◯アイアンクロー
▲バーニングペスカ
△1イイコトズクシ
△2スーサンドン
△3アントルシャ
阪神芝1400mにおけるこのクラスの前後半差はコンマ3秒となり、やや後傾ラップです。今年は例年と比べて小倉2歳S組が多いので、これは直線の坂と併せて重要なファクターとなります。1200mをスピードで押し切っていたタイプは敬遠したいところです。
本命はタワーオブロンドン。前走は勝ったかと思ったところで勝ち馬に差し返されての2着。札幌1500m特有の一本調子ラップを好走してきているので今回の条件には適応できそうです。ルメールー藤沢和雄厩舎の鉄板コンビに期待します。
対抗はアイアンクロー。今年の小倉2歳Sはハイペースの利もあってか2着に好走。新馬戦のような展開になれば1400mにも対応できるはずです。斤量が他馬より1キロ重くなるのが気になります。
単穴はバーニングペスカ。スピードは他のメンバーと比較してもいいものを持っていそうですが、1400mへの対応が未知数です。
複穴筆頭はイイコトズクシ。阪神1200mを経験しているので小倉だけを使ってきた馬よりは信頼度が上です。2番手はスーサンドン。前走は致命的な出遅れからの大外ブン回しというロスの多い競馬だったので前進はあると思います。1400mへの適性は不明です。3番手はアントルシャ。新馬戦の内容は平凡で、負かした馬も次走以降勝ち上がっている馬がおらず、いきなり通用は考えにくいですが、1400mの経験があることと鞍上で買います。
買い目は◎の単勝、馬連で◎→◯▲△1の3通り、さらに3連単フォーメーションで◎→◯←→▲△1△2△3の8通りの計12点にしたいと思います。

では良い週末を!

こんにちは。

mamekenです。

土曜終了しました。中継映像を見ていると例によって中山では奇声、罵声、怒号のようなものが聞こえてきます。久しぶりの中山開催だというのを実感しますね。

まずは大知騎手の成績と明日の騎乗レースから。
大知騎手は阪神で騎乗し、最終12Rをマイネルアトゥーで制して今年の33勝目を挙げました。4角で手応えは良かったものの、先頭は抜け出していて届かないと思ったのですが差し切りました。メインのマイネルバールマンが残念な結果だっただけに、思わず声が出てしまいました。

明日の大知騎手騎乗レース
4回中山2日
1R ストロングタッグ
2R マイネルアーリー
4R ツクバマカナ
5R コスモレリア
8R マイネルシュバリエ
11R マイネルアウラート
12R シェアード
以上となっています。メインはマイネルアウラートに騎乗です。前走は大敗でしたがOP特別勝ちのある中山に変わるのはプラスだと思います。

続いて勝負レースの回顧と日曜の展望です。
勝負レースは鋸山特別でした。印はこちらです。今回ブログの印とKLANの印が異なってしまいました。失礼しました。結果は本命が7着に敗れ不的中。アンプラグドは4角手前まではまずまずの手応えだったのですが、直線では失速。先行馬より上がりが遅いので内容が悪いです。対抗のカルムパシオンは3着。1400mでハナに立つような逃げ馬がいてハナには立てませんでしたが、大崩れはしませんでした。ですが先頭に立てるならそれに越したことはなさそうな馬なので、今後も一緒に走るメンバーに注目です。単穴のブランシェクールは9着。道中手応えが良くなく、見せ場は特にありませんでした。現級勝ちがあってもここまで負けてしまうと追いかけづらいです。中山以外なら即切りでも構わないかもしれません。勝ったのはパルトネルラーフ。前走の時計が不満だったので軽視していましたが、新潟ダートを後方から差し切った実力を評価するべきでした。2着はブレスアロット。先手が取れたのでしっかり実力を出してくれた感じです。坂も大丈夫そうなので今後中山でも注目です。

明日の勝負レースは阪神から挙げます。
阪神11R セントウルステークス←KLANの予想ページへのリンクです。クリックお願いします!

阪神芝1200m 3歳上 G2 想定ラップ:超高速底力 想定ペース:ややハイ

能力・実績
1.ダンスディレクター
2.メラグラーナ
3.フィドゥーシア
4.ファインニードル
5.ラインミーティア

レースラップ適合度
適合
アルティマブラッド
スノードラゴン
ツィンクルソード
ファインニードル
メラグラーナ

準適合
アドマイヤゴッド
ダンスディレクター
プレイズエターナル
ラインミーティア
ラヴァーズポイント

騎手コース成績
勝率・複回収率
1.デムーロ
2.藤岡康
3.浜中
4.藤岡佑
5.池添

複勝率・複回収率
1.デムーロ
2.藤岡康
3.浜中
4.和田
5.池添

総合評価
◎ファインニードル
◯アルティマブラッド
▲ダンスディレクター
△1フィドゥーシア
△2ラヴァーズポイント
△3プレイズエターナル
△4スノードラゴン
本命はファインニードル。前々走は前後半差コンマ9秒という前傾ラップを前で進め、不向きな展開のなか押し切りました。前走は人気を背負って負けてしまいましたが直線で前が詰まったので今回はスムーズなら前進があると思います。
対抗はアルティマブラッド。この馬もレースラップが向きそうで、前で進められそうなのも好感が持てます。
単穴はダンスディレクター。京都1200mのような前後半で差のない持続ラップの方が向くはずですが、去年の阪神Cでコンマ1秒差の4着になっているように後傾ラップと直線の坂にも対応力はありそうです。鉄砲実績はありますが、短距離馬の休み明けはやはり不安です。
複穴筆頭はフィドゥーシア。近走充実一途ですが、この馬は瞬発力が生かせるコースや展開のほうが合っていると思います。ですがこのところ力をつけているのは明白ですし、展開次第ではあっさり勝つかもしれません。2番手はラヴァーズポイント。阪神は1400mを含めて4回走って2着1回と3着が2回と適性はありそうです。去年と同じパターンに期待します。3番手はプレイズエターナル。スタートが上手くないのか先手は期待できず、後方一気の競馬になりそうなのは割引です。しかし毎回上がりタイムは優秀で、4角から直線を上手くさばければ3着はありそうです。4番手はスノードラゴン。この馬もいつものように後方からになるでしょう。メンバー的にもこの馬の差し込みがあってもおかしくないと思います。
買い目は3連単フォーメーションで◎→◯▲△1△2△3△4→◯▲△1△2△3△4の30通りと◎→◯▲△1△2△3△4の馬連ながし6通りの計36点にしようと思います。

では良い日曜日を!

こんにちは。

mamekenです。

夏競馬が終了し、今週から秋冬開催ですね。夏競馬とは大きく異なるコース形態に変わるのと得意の中山と阪神で開催になるのとで、多少追い風が吹きそうなのでこの1か月は勝負です。ここに掲載した予想も何とか上向かせたいです。

まずは明日の大知騎手騎乗レースから。
4回阪神1日
7R マイネルブロッケン
11R マイネルバールマン
12R マイネルアトゥー
以上となっています。阪神遠征です。関西なので軍団馬のみの騎乗も仕方ないですが、3鞍はかなり久しぶりではないでしょうか。注目は何といってもマイネルバールマンでしょう。他馬のラインナップを見てもこの馬が一番の勝負気配です。前走はやや離されましたが、圧倒的前有利の新潟で休み明けでしたし、ひと叩きした今走はかなり上積みはあると思います。

続いて明日の勝負レースです。中山から挙げます。
中山10R 鋸山特別←KLANの予想ページへのリンクです。クリックお願いします!

中山ダ1800m 3歳上 1000万下 想定ラップ:超低速底力 想定ペース:ややスロー~スロー

能力・実績
1.カルムパシオン
2.アンプラグド
3.ブランシェクール
4.レインオーバー
5.ブレスアロット

レースラップ適合度
適合
ゴールドリーガル
マイネルボルソー

準適合
アンプラグド
カルムパシオン
ドリームリヴァール
パルトネルラーフ
ブランシェクール
ブレスアロット
ポッドクヒオ
レッツゴースター

騎手コース成績
勝率・単回収率
1.田辺
2.大野
3.吉田豊
4.北村宏
5.内田博

複勝率・複回収率
1.田辺
2.田中勝
3.吉田豊
4.内田博
5.北村宏

総合評価
◎アンプラグド
◯カルムパシオン
▲ブレスアロット
△1ブランシェクール
△2ポッドクヒオ
△3ゴールドリーガル
△4ドリームリヴァール
本命はアンプラグド。スローが予想されるので、中山ダ1800mをこなすパワーを持ちながらも上がりも使える馬ということでこの馬を選びました。枠順的に逃げるであろうカルムパシオンを見ながら進められる枠を引いたのもプラスです。
対抗はカルムパシオン。坂がある中京で好走していますが、中山が初出走という点が気になります。ただ大崩れするとも考えにくいのでこの評価にしました。
単穴はブレスアロット。中山では1-0-0-4ですが負けのうち3鞍はコンマ5秒以内です。すんなり先手は獲れそうですが大外はやはり気になります。
複穴筆頭はブランシェクール。現級を快勝していますが降級後はパッとしません。ただ中山適正は高そうです。2番手はポッドクヒオ。前走は後方からでこの馬の戦法がとれなかったようです。タイム的にはブレスアロットと遜色ない実力がありそうなので中山実績はありませんがおさえておきます。3番手はゴールドリーガル。5走前にコンマ6秒差の2着のあと適性外のコースとレースで惨敗続きです。適性のあるここに戻っての激走は期待してもいいと思います。4番手はドリームリヴァール。近走ずっと上がり最速、2番目を繰り出しますが位置的に届かないというレースを続けています。ペースは遅いはずなので位置取りが良ければ直線で届く可能性はあります。
買い目は3連単フォーメーションで◎→◯▲△1△2△3△4→◯▲△1△2△3△4の30通りにしたいと思います。

秋初戦から波に乗りたいです。

では良い週末を!

↑このページのトップヘ