こんにちは。

mamekenです。

土曜終了しました。回顧と展望をしっかりしていきます。

まずは大知騎手の成績と明日の騎乗レースの紹介から。
大知騎手は中山で騎乗し、勝鞍を挙げることはできませんでした。勝てませんでしたが、個人的に7Rは好騎乗だと思います。ペースが遅いとみると、中団から先頭に押し上げ、9番人気の馬を3着に持ってきました。

明日の大知騎手騎乗レース
2回中山2日
1R ソードヴァルキリー
5R ウインクバック
6R コスモエアターン
7R ソレイユフルール
10R ゲマインシャフト
11R マイネルミラノ
12R マイネルバサラ
以上となっています。ウインクバックはそろそろ勝ってくれるでしょう。「そろそろ」がこのところ続いているので今度こそ勝ち上がってほしいです。

続いて勝負レースの回顧です。
勝負レースはアーリントンカップでした。最終の印はこちらです。結果は本命が1着に来たものの、対抗のミラアイトーンが8着となり不的中。ペルシアンナイトは直線突き抜けました。ちょっと実力が抜けていた感じです。2000mまでなら何とかなりそうな気がするので次走も相手次第では上位の評価となりそうです。ミラアイトーンはスタート直後からかかってしまいました。あれだけかかってしまうと直線で余力が無くなってしまうのも仕方がありません。ためて直線で末脚を生かす競馬は前走でモノにしたと思っていたのですが…単穴のディバインコードは3着。初遠征でも落ち着いていました。前走の内容を踏まえれば、この着順は妥当だと思います。2着のレッドアンシェルはパドックでイライラしているようだったので、直前で無印にしてしまいました。それでもあれだけ走れるのですから、能力があるのかあるいはあのチャカつきが普通ということでしょう。

明日の勝負レースは中山から1レースです。
中山11R 中山記念←KLANの予想ページへのリンクです。クリックお願いします!
◎アンビシャス
◯ツクバアズマオー
▲リアルスティール
△ネオリアリズム
△ロゴタイプ
本命はアンビシャス。前走は秋の天皇賞での4着で、同じく出走予定のリアルスティールに先着されていますが、斤量の利に加えて去年の中山記念では逆に先着しているので今回はこちらがより上のパフォーマンスを出せるとみて本命としました。
対抗はツクバアズマオー。中山では5-2-2-4と複勝率64.2%です。G2は2回目の出走であり、この複勝率がそのまま引用できるわけではないですが、中山コースが得意ということは間違いないです。前走はペースが流れたなかで、3角付近から徐々に押し上げ直線で捉えきりました。今回もペースが流れるとみているので持続力が要求される展開になれば上位の可能性があります。コンビを組むと12戦中10回3着以内の複勝率83.3%と手が合う吉田豊騎手の継続騎乗で馬券内の可能性が高いとみています。
単穴はリアルスティール。前述したようにアンビシャスに先着していますし、ドバイターフを勝っているように実績も疑いようがありません。ただ、戸崎騎手のテン乗りと斤量をみてこの評価としました。
複穴は2頭。ネオリアリズムは近2走マイルを使っていますが札幌記念でモーリスを破っていますし、距離は適応できると思います。このコースが得意なデムーロ騎手を鞍上に迎えたのもプラスです。中山開催になって早速3勝した田辺騎手のロゴタイプは無視できません。中山はやたら走りますしね。
買い目は3連単フォーメーションで◎→◯←→▲△△の6通りをいつもより厚く買おうと思います。ですがヴィブロスとヌーヴォレコルトも気になるので、当日複穴を2頭増やして10通りで買うことも考えています。

今日は買い散らかさず見も成功してダメージは最小限にとどめることができました。明日も慎重にプラスを伸ばしにいきます。

では良い日曜日を!