こんにちは。

mamekenです。

土曜終了しました。今日は選抜高校野球も気になって忙しい1日でした。

まずは大知騎手の成績と明日の騎乗レースから。
大知騎手は中山で騎乗し、2Rをブランシュで勝利し、今年の8勝目としました。マイネルサージュはやはり相手が強すぎました。適距離のオープン特別やメンバーが薄いG3で考え直したいです。

明日の大知騎手騎乗レース
3回中山2日
1R メガミノキセキ
2R ハルスケッテ
3R コスモアルメナーラ
4R マイネルエフォート
8R コスモコレクション
9R フジマサエンペラー
10R マイネオーラム
11R コスモカナディアン
12R マイネルラック
以上となっています。コスモカナディアンは前走の内容の割に人気がないです。マイネオーラムは前走展開が向かないなか頑張ってくれました。今走は前走よりも展開に恵まれるはずなのでここも期待です。

続いて勝負レースの回顧です。
勝負レースは日経賞でした。最終の印はこちらです。結果は本命が見事1着に来たものの、3着にノーマークのアドマイヤデウスが入り不的中。本命のシャケトラは4角手前から仕掛け、直線も力強く伸びて勝ってくれました。持続力勝負のG2を勝ったので春の天皇賞に向かうのならば次走も期待できそうです。対抗のゴールドアクターは5着。去年までの実績を考えれば3着を外すことは許されないメンバーだったことを考えると下降線に入ってしまった可能性があります。次走は人気を落としそうですが軽視でも構わないでしょう。単穴のジュンヴァルカンは9着。先行脚質のこの馬にとって出遅れが全てです。次走も出遅れのリスクはあるものの、底は見せなかったので今回は度外視でいいかもしれません。2着は複穴のミライヘノツバサ。ホントに中山は相手なりに走ってくれますねぇ。鞍上に実績がないなかここまでやってくれたことを考えると相当強いです。次走は中山のレースでなくてもラップが好走条件に合致すれば狙ってみるのもアリです。3着にはアドマイヤデウス。得意条件のG2レベルならまだまだやれるようです。次走以降は取り扱いが難しいですがG2、G1では上位人気になることは考えにくいので穴に一考といったところでしょうか。複穴をもう少し正確に予想できていれば3連複は獲れたかもしれません。軸が来ているだけに悔しいです。

明日の勝負レースは中京から挙げます。
中京11R 高松宮記念←KLANの予想ページへのリンクです。クリックお願いします!

中京芝1200m ラップタイプ:超高速持続 想定ペース:ややスロー~スロー

能力・実績
1.レッドファルクス
2.シュウジ
3.レッツゴードンキ
4.メラグラーナ
5.ソルヴェイグ

レースラップ適合度
適合
1.セイウンコウセイ
2.ワンスインナムーン

準適合
1.レッドファルクス
2.メラグラーナ
3.ソルヴェイグ
4.スノードラゴン
5.トウショウピスト

騎手コース成績
(勝率・単回収率)
1.戸崎
2.デムーロ
3.川田
4.藤岡康
5.幸

(複勝率・複回収率)
1.藤岡康
2.川田
3.デムーロ
4.戸崎
5.幸

総合評価
◎メラグラーナ
◯セイウンコウセイ
▲レッドファルクス
△ソルヴェイグ
△シュウジ
△レッツゴードンキ
△ワンスインナムーン
混戦模様のこのレースですが敢えて勝負レースに挙げたいと思います。まず高松宮記念のラップですが、やや底力勝負になる年もあるので底力タイプは軽視せず扱います。
本命はメラグラーナ。連勝中の準適合馬です。中山に良績が集中しているようにやや底力タイプですが、前走は中団からレースの上がりをコンマ8秒上回る上がり33秒台の脚を中山で使っているので瞬発力もないわけではありません。南半球産の5歳ということを考えれば成長途上ですし、上積みも4歳馬に劣らないとみています。やや外の偶数枠を引いたのもプラスです。当日は雨の予報も出ていますが、中京は多少の降水があっても重くなりにくいようですし、渋ったとしても稍重までなら対応できると思います。
対抗はセイウンコウセイ。前走好走した適合馬です。前走はクビ差の2着でしたが、ラップは前半3ハロンと後半3ハロンが全く同じ持続ラップを踏んでいました。ハナに立つことも番手に控えることもできるのでレースを作ることができるのではないでしょうか。直線の坂が不安ですが中山ダートで2戦して1勝と2着1回とこなせそうな気もします。
単穴はレッドファルクス。出走馬のなかで実績最上位であり、このコースで成績がいいデムーロ騎手騎乗です。中京では負けなしですし、そのなかでもCBC賞でのラップが大変優秀でした。従って持続力勝負は歓迎で、スプリンターズSを勝利したように底力勝負にも対応できると思います。香港スプリントからなら日程的に前哨戦を使えるはずですが、それを使わずにここが復帰初戦というのが気になります。
複穴は4頭。ソルヴェイグの前走は不本意なレースでした。シュウジ、レッツゴードンキを破った函館SSは底力勝負でしたし、この人気なら買いです。シュウジは前走はかかってしまいレースにならず。1200mが最も合うはずですが、3回同じレースを使って負けているソルヴェイグより上の評価にはできませんし、またかかってしまう懸念があるのでこの評価になりました。レッツゴードンキも1200mはプラスのはずですし、前走は快勝でしたが、負かした相手がそれほど強くないのにこの人気ではあまり重い印は打ちたくないです。ワンスインナムーンは実力は1枚劣る感が否めないもののラップタイプ適合馬。おさえておきたいです。
買い目は3連単フォーメーションで◎→◯←→▲△△△△の10通りと3連複を◎から複穴3番手までにながした10通りのあわせて20通りとしたいと思います。

3月最終週なので若干マイナスになっている今月の収支を何とかプラスにもっていきたいです。

では良い日曜日を!