こんにちは。

mamekenです。

土曜終了しました。今日は券種のミスがあったのが悔しかったです。

まずは大知騎手の成績と明日の騎乗レースから。
大知騎手は東京で騎乗し、勝鞍を挙げることはできませんでした。マイネルハニーは6着。道中は勝ち馬とほぼ同じポジションにつけて離されてしまったので、力差を感じました。どこかで重賞をもうひとつ勝ってほしいです。

明日の大知騎手騎乗レース
5回東京8日
1R マイネルアンドゥミ
2R マイネルレヴリー
3R マイネルキラメキ
5R トルマリ
7R ヴィオトポス
8R マイネルユニブラン
10R マイネルラフレシア
以上となっています。マイネルラフレシアは現在3番人気。降級後いまひとつの成績ですが浮上を期待します。

続いて勝負レースの回顧と日曜の展望です。
勝負レースは京都2歳ステークスでした。印はこちらです。結果は本命が2着で馬連は的中でしたがトリガミでした。本命のタイムフライヤーは一時抜け出しましたが差されてしまいました。道中は勝馬にしっかりマークされ、それを跳ね除けるだけの力は出せませんでした。パドックを見る限りもう少し成長の余地はありそうなので重賞に出てきても注目です。対抗のマイハートビートは7着。パドックからやや気の悪いところを見せていて、4角では手応えがあっても直線で止まったことを考えるとロスの多い競馬になってしまったはずです。単穴のクラシックメタルは8着。道中は特にスムーズさを欠くところはなかったのですが見せ場はありませんでした。過剰評価だったかもしれません。次走以降も様子見です。勝ったのは複穴評価のグレイル。タイムフライヤーのみに狙いを絞った感じで抜け出したところを測ったようにきっちり捉えきりました。次走はわかりませんが相手次第です。3着はこちらも複穴評価のケイティクレバー。気分よく逃げて逃げ粘りました。このメンバーと頭数だったので上手くいきましたが今後も上位には取れなそうです。

明日の勝負レースは京都から挙げます。
京都12R 京阪杯←KLANの予想ページへのリンクです。クリックお願いします!

京都芝1200m 3歳上 G3 想定ラップ:超高速バランス 想定ペース:平均

能力・実績
1.セイウンコウセイ
2.メラグラーナ
3.ソルヴェイグ
4.ヒルノデイバロー
5.フィドゥーシア

レースラップ適合度
適合
ソルヴェイグ

準適合
アルマワイオリ
ダイシンサンダー
フィドゥーシア

騎手コース成績
勝率・単回収率
1.川田
2.四位
3.北村友
4.国分優
5.幸

複勝率・複回収率
1.川田
2.和田
3.北村友
4.幸
5.国分優

総合評価
◎ソルヴェイグ
◯ヒルノデイバロー
▲セイウンコウセイ
△1フィドゥーシア
△2ラインスピリット
△3ビップライブリー
△4ダイシンサンダー
京都芝1200mは先行馬が圧倒的有利。その理由は3角以降が平坦から下りになっていて、直線のない内回りコースで行われるからです。したがって内枠の先行馬が強く、外枠の先行馬や外を回す必要のある差し馬などは大きく割り引いても妙味を追えるコースです。スタート直後の坂で先行して良績を残した経験のある馬を評価しました。
本命はソルヴェイグ。出走馬中、京都芝1200mで逃げ・先行の戦法をとったことがある馬で最速のテン3ハロンを記録したのはトップタイでこの馬です(もう1頭はフィドゥーシア)。京都の坂でもポジションが取れるテンのダッシュ力があり、ハナでも番手でも進められるのはこのコースで求められる適性を満たしているといえます。内寄りの中枠を引いたのも好材料。他の逃げ馬が行くなら行かせて、行かないならハナをとって上がりをまとまるという戦法がとれそうです。
対抗はヒルノデイバロー。前走は前半から速く、前につけた馬には厳しい流れの中サングレーザーの2着に粘りました。前々走では外目の枠から先行して4番手から逃げたソルヴェイグに展開不利のなかクビ差に迫っています。本命にするか悩みましたが、ソルヴェイグとの斤量差が前々走から開くのでこちらを対抗としました。
単穴はセイウンコウセイ。この馬も京都で先行できてかつ成績を残しています。敗れたシルクロードSも負けて強しの内容でした。前走は重馬場に斤量を背負わされたのが敗因と思われ、ここは56キロで出走できますし前進はあるとみます。
複穴筆頭はフィドゥーシア。この馬は短距離馬ですがフラットからやや後傾ラップが向くタイプ。中山や阪神など坂のある1200m戦では上級条件になるとどうしても終いが甘くなってしまいますが、新潟の千直で良績があるようにダッシュ力が必要とされて坂のないこの条件なら失速せず粘り込みが効くはずです。2番手はラインスピリット。個人的に一番楽しみな穴馬です。京都ではなぜか好走してしかも全く人気にならないので、好枠を引いて先行するのが濃厚な今回はぜひおさえておきたいです。3番手はビップライブリー。この馬も京都に適性があります。展開に左右されにくい先行・差し馬としておさえておきたいです。4番手はダイシンサンダー。脚質的に上位にはとりにくいですが、今年に入ってからも京都での好走があるので圏内に差し込んでくる可能性はありそうです。
買い目は◎の単勝と◎→◯▲△1△2の馬連4通りにフォーメーションで◎→◯▲△1△2→◯▲△1△2△3△4とした3連単20通りを加えた計25点にします。資金配分は各買い目を均等にして単勝:馬連:3連単を10:5:1でいこうと思います。

では良い日曜日を!