穴あき病とは鯉に多く発症し、文字通り体に穴が開く病気。

最初は鱗の一部が赤く発色するだけだったのに

徐々に広がって行きゼリー状に膨張し・・・
ana0

ana1


エルバージュエースとかの薬で治療を試みたものの効果は無く

温度上昇と共に自然治癒すると言う話もありで

暫くは放置気味でした。

それでも全然良くなる気配は無く

前に調べてたけど実行しなかった乾燥南天での治療をしてみることに。


庭に植えてある南天を採って来て

食用の乾燥機で乾燥させること3時間。
ana2


茶色になって来たので外気に触れさせてパリパリにしてから

微塵に切ってお茶パックに入れそれを

1リットルの水に10gの乾燥南天を煮出した。

そして20リットルの飼育水に煮出した水と乾燥南天を加え薬浴開始。

ana3


加温とフィルターも設置して長期覚悟の療養に。

と思ったものの4日目で中断。

なんか良くなってる???

周りが白っぽくなりところどころに瘡蓋みたいに黒い点も。

色も薄くなってる。
ana4


てことで南天浴は中止し大きい水槽に戻した。

乾燥南天が余ってたのでそれをネットに入れて。

それから直ぐになんと赤く膨張してた鱗がいつの間にかぼそっと取れて

地肌が露出。

これは良い兆候なのか

穴が開く悪い予兆なのか・・・

それでもコロー丸は元気そのものだったので様子を見ることに。

皮膚が露出した部分は弱いので鱗が再生するまで乾燥南天で除菌してやります。

もう悪くなる気がしないので完治したのでしょう。

これ何もしなくても治ったのか

乾燥南天浴をしたから治ったのかそれは不明。

発病から約3週間でした。
ana5


巷の話では2〜3か月で鱗が再生するとも。


いつもありがとうございます!
貴方様の1クリックで私が救われます。。。
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村


人気ブログランキング