トップページ » 僕に届いた声《熊本の声》12

僕に届いた声《熊本の声》12

※※※※※

ブログ;やまとゆう  http://ameblo.jp/yamato--you/
からの転載になります。
(注)管理者;やまとゆう サンより転載許可を頂いております

※※※※※

↓ここから転載になります↓↓↓↓↓

僕に届いた声《熊本の声》12
http://ameblo.jp/yamato--you/entry-12162169451.html


2016-05-20 09:07:53

テーマ: 熊本地震
避難所より。

熊本市は物資もいいでしょ、店も開いて大丈夫でしょって言われる。
熊本市でも避難所にいるしかない人は大丈夫じゃないんです。若くても、年寄りでも、避難所の方の多くは我慢強くて黙って耐えてるんです。
仕事もなくし家もなくし着替える事もお風呂に入る事もお腹を満たす事も諦めて…。

避難所を集約したいなら、集約避難所でこそ生活の基盤がないといけないと思う。
着替えを諦め、入浴を諦め、栄養のある物が欲しいという気持ちを諦めたら、衛生環境が悪くなって体力や免疫力も落ちてちょっとした事で病気が蔓延する危険が高くなる。

そんな所に行きたくないのは普通の事。

現在ペーパータオルがトイレに置かれています。助かります。すごく嬉しいです。ありがとうございます!



僕の追記

この方は避難所でまだ生活をされている方で、僕がこの方のツイートを載せる許可をいただきました。

また、この方とは違う他の避難所ですが、まだ1食のパンを貰うのに2時間並ぶ避難所があります。

でもね、熊本市は支援物資の受け入れをもう止めています。

実際に支援物資があるから止めているのか、配る人が少ないから止めているのか、僕にはわかりません。

ただ、もう地震から1ヶ月以上たつのに、まだ食べ物に困る人がいる状況。

トイレのペーパータオルに喜ぶ人がいる状況。

僕はこれが腹立たしくて腹立たしくて仕方がありません...。

↑ここまで転載になります↑↑↑↑↑


#熊本地震
#熊本の声
#熊本
#熊本の本音
#熊本の真実
#もっと伝えたい熊本地震
#もっともっと伝えたい熊本地震



トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星