トップページ » 僕に届いた声《熊本の声》15

僕に届いた声《熊本の声》15

※※※※※

ブログ;やまとゆう  http://ameblo.jp/yamato--you/
からの転載になります。
(注)管理者;やまとゆう サンより転載許可を頂いております

※※※※※

↓ここから転載になります↓↓↓↓↓

僕に届いた声《熊本の声》15
http://ameblo.jp/yamato--you/entry-12162680935.html


2016-05-21 19:43:42

テーマ: 熊本地震
市内で被災して、今は避難所からは出ています
家は無事でした

避難所にいた時の話ですが本当にプライバシーがないです

ダンボールの仕切りも私が避難所にいた時は無く、畳一畳ほどのスペースで知らない人と隣り合わせ

続く余震にやはり苛々するので、小さな争いはよくありました

そっちのパンが良かったとかそういう些細な事もありましたが、全体的には皆思いやりを持っていたと思います

小さな子や妊婦さんを気遣ったりしていました

ただ、中心人物がどうしても男性になりやすいからか、女性の気持ちは特に伝わりにくかったです

着替える場所がない、生理用品が足りない、もらいにくい

あとは私が聞いた話では痴漢やセクハラもあったみたいですけど、それを止めるように言ってくれた男性もちゃんといたとの事です

ただやはり感じたのは避難所格差や被害者格差です

友達との電話で「こっちには食べ物がない、あっちにはある」なんて言うのがよく話題になっていました

被害者の中でも、着の身着のままなままで逃げ出し、家が危険で荷物が取りに行けない人と、すぐに友達が色々持って駆け付けてくれた人とでは生活がまったく違います

スマホの人とガラケーでも違いましたが、スマホの若い人が沢山の情報をお年寄りにも教えて助けていました

しかし今、避難所にはお年寄りが目立ちます

若い人が少なくなると、ちゃんとやっていけるのか心配です

市の情報より、Twitterの情報の方が私にはためになる事が多かったです

やまとゆうさんのように情報を拡散してくださった方々に助けられた一人としてお礼申し上げます

↑ここまで転載になります↑↑↑↑↑


#熊本地震
#熊本の声
#熊本
#熊本の本音
#熊本の真実
#もっと伝えたい熊本地震
#もっともっと伝えたい熊本地震



トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星