こんにちは、まめ柴です。みなさんいきなりですが、お国に指示され、そのお国の為頑張ってたのに裏切られたらどう思います?
まぁ日本はそんな国じゃないと信じたいですが…

実尾島事件(シルミド事件)
1971年朴正煕(パク•チョンヒ)今の韓国の大統領、パク•クネのお父さんが大統領だった時代、に秘密裏に『684部隊というのが作られました。

画像1



その部隊が作られる発端になったのが『青瓦台襲撃事件』(せいかだい しゅうげきじけん)です。

この青瓦台とは韓国の大統領府です。韓国な大統領の家みたいなものかな?

これは北朝鮮が派遣した軍隊31名によって韓国を襲撃しようとした事件です。

結局失敗におわったのですが…

このうち一人の工作員を捕まえ尋問すると、目的は、偉大な大韓民国大統領の暗殺とわかり、朴正煕(パク•チョンヒ)はブチ切れます。

朴正煕はその報復措置をとることにします。

その報復措置とは、こちらも秘密部隊を作り北朝鮮に送り込み、金日成を退治しなさい!とのことでした。

そこで秘密裏に作られた部隊が『684部隊』なのです。

画像1

映画 シルミド

この部隊も北朝鮮に対抗したのか同じ31名で形成し、実尾島でとても過酷な訓練をさせられるのです。(ちなみにこの過酷すぎる訓練ですでに七名も死んでいます。)

画像1

実尾島観光マップ

実行に至る前にそんなにこの島で、死んでしまったのか(゚д゚lll)

その後も(約三年もの間)過酷な訓練は続きます。金日成暗殺の命令が下るその日まで…


それでも国を守るために頑張って訓練を行っていた頃、北朝鮮が統一会談を開きます。(北朝鮮と韓国ふたつの分断国家を一つにしましょう)なる南北共同声明を発表し、南北融和政策(仲良し政策)がはじまります。

そうなると秘密裏に作って、ましてや北朝鮮のトップを暗殺しようとしてたことがバレるとまずいとなった、偉大な大韓民国はその684部隊を撤回、最初からいなかった存在にします。

国内でもこんなことしてるんですね。

この行動、待遇にたいして、684部隊は不満をつのらせます。

684部隊は教育隊員を殺し、実尾島から脱出し、ソウルに戻り直接大統領に直談判しに行きます。(せっかく過酷な訓練をしたからこのまま暗殺に行かせてください)的な…

しかし戻って直談判しに行こうとした時、彼らはすでに反乱軍扱いされ、警察や軍と銃撃戦を繰り返します。

そして青瓦台に着く前に四方八方、軍や警察に包囲され、諦めざる負えない状況になり、持っていた手榴弾で自害します。

そして、24名のうち20名は自害しますが4人はかろうじて、生き残ってしまいます。

しかし残った4名も結局、反乱軍扱いされ、軍法会議にかけられ死刑にあい、684部隊は全員自国民に殺されてしまったのです。

この部隊の存在はそのころ完全に抹消され存在も消されただの反乱軍の起こした事件となり幕を閉じます。

この存在が明るみに出るのは偉大な大韓民国が民主化される15.16年の月日がたったころです。

それまで彼らはずっと反乱軍、犯罪者扱いされてきました。

そして2005年ついこの間やっと684部隊の遺族らに、死亡通知書が正式に公布されます

34年の月日が立ち、彼らはやっと政府から認められ(存在する部隊)になったのです。

国のために戦おうと決心し、最後は裏切られ国に殺された切ない彼らのお話しでした。