まめぞうの朗読CD・ラジオドラマ感想

朗読CDやラジオドラマ(青春アドベンチャー、FMシアター)を聴いた感想。作品自体もしくは出演者の演技について書いています。少し辛口です。質問などはメールフォームからお気軽にどうぞ。リンクフリーです。

目次

見やすいようにリストへのリンクをトップに表示することにしました。

[リスト] 朗読の感想リスト
[リスト] ドラマCDの感想リスト
[リスト] FMシアター感想
Audible(オーディブル)のラインナップ[文学作品] 感想記事へのリンクあり
オーディブルラインナップ更新履歴の記事目次

*FMシアター以外のラジオドラマの感想リストは現在作成中です。


広告(FeBe)

今月聴いたもの [2018年1月]

2018年1月に聴いたオーディオブックを紹介します。
自分の満足度は5段階で表してあります(例:星3つ★★★☆☆)
*オーディブルで聴いた作品はAmazonのサイトにリンクしてあります。

合計15時間14分聴きました。
(朗読2作品)

朗読作品

(1)ジェイムズ・P・ホーガン 「星を継ぐもの」 (朗読:森田順平) 9時間55分
234601
星を継ぐもの

audiobook.jpで詳細を見る

★★★★★
FeBeで聴きました。
有名なSF作品です。読もうと思って文庫本を買っていたものの、読まずじまいだったので思い切ってオーディオブクを購入しました。
宇宙服を着た死体を月面調査隊が見つけ、その死体はいったい何なのか、科学者たちがあーでもないこーでもないと話し合うという内容です。それぞれの人物を掘り下げるような人間ドマラはなく、全体的に非常に地味な印象です。しかし、森田順平さんの朗読がとても素晴らしかったです!上手いし耳に心地よいです。この朗読で小説1冊分聴けるというのはほんと贅沢です。洋画の吹替えも多く担当されている方なので、こういう翻訳ものに合っている感じがしました。
FeBeではこの続編の「ガニメデの優しい巨人」「巨人たちの星」がオーディオブック化されています。原作は4作目の「内なる宇宙」はあるのですが、5作目の「Mission to Minerva」は翻訳されてないようです。こんなに有名な作品のシリーズで翻訳されていないものがあるとは驚きました。


(2)ヴィクトール・E・フランクル 「夜と霧 新版」 (朗読:辻親八) 5時間19分
237681
夜と霧

audiobook.jpで詳細を見る


★★★★☆
FeBeで聴きました。
タイトルは聞いたことがあったのですが、どういう内容かいっさい知りませんでした。
ナチスの強制収容所での著者の経験に基づく話で、淡々とした口調で語られます。
Audiobook.jp(旧FeBe)はこういう名作を質の高い朗読で提供してくれるのでありがたいです。しかし、ビジネス書やその他の実用書の方が人気があるのか、文学作品の新作が出る頻度が低いのが残念です。


この月はオーディオブックをあまり聴けてないです。何があったか覚えていませんが、またお笑い芸人のラジオを中心に聞いていたのかもしれません。
上記の2作は、主に早朝ウォーキング時に「寒いよ〜」と思いながら聴いていたのですが、よく考えると内容的にぴったりの環境で聴けたかなと思います。

今月聴いたもの [2017年12月]

2017年12月に聴いたオーディオブックを紹介します(半年以上前の記録です。ためすぎ)
自分の満足度は5段階で表してあります(例:星3つ★★★☆☆)
*オーディブルで聴いた作品はAmazonのサイトにリンクしてあります。

合計29時間4分聴きました。
(朗読4作品、ボイスドラマ7作品)

朗読作品

(1)C・S・ルイス 「ナルニア国物語3 馬と少年」 (朗読:合田友) 7時間33分
★★★★☆
オーディブルで聴きました。
「馬と少年」というタイトルがなかなかすごいですよね(笑)原題は「The Horse and His Boy」となっており、馬が主体であるようなタイトルです。
今日本で本を出すとしたらなかなかこういうタイトルは付けれない気がします。もっと内容が分かり易いように長いタイトルにしたり、少なくとも副題は付きそうです。
この作品はシリーズ中5番目に出版されましたが、時系列では3番目です(この光文社の新訳は時系列順に刊行されています)。私は小学生の頃に読んだのですが、ほとんど話を忘れてしまっていました。当時はあまり内容を理解していなかったような気もします。今回聴いてみて、展開が気になる面白さを感じました。合田友さんの朗読も可愛らしくて良かったです。


(2)高田崇史 (シリーズ6) 「QED 河童伝説」 (朗読:大森ゆき) 9時間8分
★★★★☆
オーディブルで聴きました。
オーディブルではシリーズ6作目ですが、原作では13作目です。
今回の舞台は福島県相馬。一行が相馬野馬追祭を見に行った先で事件が起こります。個人的に河童がとても好きなのですが、このシリーズでは「○○は実は××の人間のことで」という解釈なのでこの点は気に入らないのですが面白かったです。事件自体は犯人がほんと人でなしで、言い訳シーンはぞっとしました。
いつものことですが、このシリーズは薀蓄の内容がちょっと難しかったです。それと今作は登場人物が多いのでそこもごちゃごちゃしました。


(3)柳広司 「漱石先生の事件簿 猫の巻」 (朗読:白川周作) 7時間47分
★★★★☆
オーディブルで聴きました。
夏目漱石の「吾輩は猫である」を猫から見た話です。「吾輩は猫である」のエピソードの解釈がそれっぽくて面白かったです。


(4)萩原朔太郎 「猫町(ねこまち)―散文詩風の小説― (朗読:茗荷谷かぼす) 39分
★★★★☆
YouTubeで聴きました。
何度も書いていますが、茗荷谷かぼすさんの落ち着いた朗読は就寝前にぴったりです。
近所を散歩していたときに迷い込んだ不思議な街が描かれています。作者の妄想というか幻覚が見えているんじゃないかとも思えるのですが、どちらにしても、とても魅力的な作品だと思います。
怪談風朗読 萩原朔太郎「猫町(ねこまち)―散文詩風の小説―」  (YouTube)


ボイスドラマ

(1)ピエタ (朗読:中山エミリ) 48分
★★★★☆
DOCOMO SOUNDS OF STORY ASADA JIRO LIBRARY 2012年11月10日放送
J-WAVEで放送された番組で、浅田次郎の短編小説をドラマ化したものです。字の文と一部の登場人物を有名な俳優が演じ、他に数名の役者が出演しています。 
「ピエタ」は幼い頃に自分を捨てた母に会いに行く女性の物語です。主人公の想い、母の想い、主人公の婚約者の想いが温かくて泣いてしまいました。さすが浅田次郎。
中山エミリさんの演技も良かったです。番組の最後に、自分の中にはないいろんなものを背負った女性を演じることに苦労したと言っていましたが、演じ切れていたと思います。


(2)立花新兵衛只今罷越候 (朗読:萩原流行) 48分
★★★★☆
DOCOMO SOUNDS OF STORY ASADA JIRO LIBRARY 2012年11月17日放送
映画撮影所で起こる不思議な話です。朗読を担当された萩原さんがおっしゃっていましたが、撮影所という場所は不思議なことが起こってもおかしくない場所だそうです。物語自体も面白かったです。このような撮影所で起こった不思議な話は実話として存在しているのならいろいろ聞いてみたいと思いました。


(3)冬の星座 (朗読:神野三鈴) 48分
★★★★☆
DOCOMO SOUNDS OF STORY ASADA JIRO LIBRARY 2012年12月1日放送
この作品は以前新日曜名作座でも聴いたことがあり、そのときも泣きましたが今回も泣きました。
祖母の通夜にかけつけた主人公が、家族が知らなかった祖母の姿を知る話です。少し大げさに感じる箇所もありましたが、それくらい大げさな方が良いのだと思います。おすすめです。


(4)越年歩哨 (朗読:金子昇) 48分
★★★★☆
DOCOMO SOUNDS OF STORY ASADA JIRO LIBRARY 2012年12月8日放送
自衛隊の駐屯地で武器庫の番を年越しで任される青年自衛官の話です。階級差などの縦社会の中でそれだけではない人間のつながりが描かれています。個人的に軍隊の話は好きなので、より楽しめました。
俳優の金子昇さんの朗読はとても聴きやすかったです。


(5)こたえはひとつだけ (朗読:広瀬修子アナウンサー) 15分
★★★★☆
おはなしの旅(小学校低学年向け) 2009年放送
「おはなしの旅」はNHK第二で放送されていた番組です。
原作:立原えりか
妹ができた姉が主人公の話です。家族の物語なんですが、ファンタジー部分に少し怖い要素があってとても魅力的な作品でした。私自身は妹で姉に可愛がられて育ったので、感情移入してしましました。
↓原作本

(6)夏をとってくる話 (朗読:中村メイコ) 15分
★★★☆☆
おはなしの旅(小学校低学年向け) 2009年放送
北アメリカ民話です。神話っぽい壮大な話でした。


(7)貝になった子ども (朗読:奈良岡朋子) 15分
★★★☆☆
原作:松谷みよ子、
おはなしの旅(小学校高学年向け) 2009年放送
子供がいなくなってしまった女性が体験する不思議な話です。日本の昔話にあってもおかしくない内容で、もしかしたら松谷みよ子さんの完全な創作ではなくて昔話からインスピレーションを得て作った話なのかもしれません。
広告
記事検索
メールフォーム

質問などありましたら気軽にどうぞ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード