2005年08月03日

最悪の事態について。

ストレスか、ただの夏風邪か。
このところ、食べてはいるのに
体重が減っていた。
どうでもいいけれど、
158センチ、39キロ。
って、結構しんどい。
41キロ位はないと、夏の暑さに勝てない。

で、超が10個位付くほどの忙しい中
私は最近、『何も手につかない』
を、していた。

でもね、リアルタイムでの日々は
そんな事関係ないんだよね〜。
世の中は。

どんどん進んでるみたいで
宇宙に行って帰ってきた人がいれば
自殺しちゃった人がいて。


今回は全く個人的なことなんですが、
自分的に最悪の事態にぶつかって、
このところとても不幸に思えたりしてたんです。

でも、少しは元気になってきたし
後で、人生を形づくってきた貴重な一日として振り返れば、
こんな事もひとつの断片であり
少なくとも、自殺するほどではないんではないだろうか。
と思えるだろう、と。


寂しさを知っているから
人は優しくなれるし
好きだから
一生懸命になれる。

外から見ると
能天気な明るい人。
の私ですが、
あらヤダ。
スッゴイ、ナイーブなんじゃん。

と気付いたこのところ。

具体的に何も書けない所が
訳わかんない!
なんですが。
書き留めたくて。

この気持ちも
例えば、死にたいくらい
辛かった瞬間の気持ちも
乗り越えて、
後でみると
大事な瞬間・・・
かも知れない。

結びの言葉が見つからない。



ただ、女って
つくづく損だな。
ってちょっと思っちゃいました。




  
Posted by mamiamurax at 23:56Comments(2)TrackBack(0)人生

2005年07月04日

ホットペッパーjp始動。

都内では5月より始まったjp。
ネット版ホットペッパーが
首都圏近県でもいよいよ10月から始まる。
説明会に出席した。
スッゴイ仕事量!!
だって単純にウィンドウが10個くらい
つくんだもの。
恐ろしい・・・。
流石の私も恐ろしい。
でもまあ、勉強だと思って
乗り切るかな??

そんな時に、以前アシスタントについて
くれていた子からメールがあった。
今、カナダの語学学校に通っている。
色々あって、結構大変との事。
「おいおい、マジかよ」と
ツッコミを入れたい感じの事も少々。

そのメールのおしまいに
こう書かれていた。
◆その時になってみないと分からない事
だらけですが、とりあえず、
今の生活を楽しもうと思っています◆

そうだよね。
たとえ瞬間で挫けそうであっても
「今という瞬間は愉しまなくちゃ」

例えば50件のjpを立ち上げるとしたら
50件のホムペを作るって事と似てるし
例えば100件のjpを作るとしたら
100件のお客さまと
今より絶対深くなれる!
すごいすごい!!

って事で。
手を打つかな。

続きは、10月号の締め切りくらいに。  
Posted by mamiamurax at 21:50Comments(0)TrackBack(2)情報企業

2005年06月30日

ライバル

ホットペッパーという媒体に関わっている。
でも、その顧客にとってベストでない場合は
例えば他社の媒体や、折込チラシや、
ほかの色んな広告を提案するようにしている。

昨日今日で、3社の同じような媒体の方と
鉢合わせた。

「ライバルが来てるよ」
「断ったからね」

いろいろ言われたが、
別に、戦うつもりはないし
もし、そっちの方がよかったら
私が店主だったとして
そっち。と判断すると思ったら
ぜ〜ったいそっちを勧めるな〜。

だって、当たり前じゃないですか?


ま、大概ホットペッパーなんですけどね。
  
Posted by mamiamurax at 20:20Comments(2)TrackBack(2)居酒屋

2005年06月23日

日本一のお好み焼屋

浦和に、日本一のお好み焼屋がある。
まあ、私がそう思っているわけで
何の根拠も、何の保障(?)もないけれど。

例えば焼きそばを極めたいと思う。
麺を食べ歩く。
コレという麺を見つけ出したら、
その店に通う。
教えてくれるまで、
何日も通う。

そして、その麺を最大に生かす為の
ソースを考案する。
来る日も来る日も、
作り続ける。



そうしてまた、一つの商品が完成し、

マジで美味しい!

のに、まだまだ
この先があると言う。

人間、ココまでと思ったら
   そこまでしかいけない。
でも、まだまだと思ったら
きっと何処まででもいけるんだろうな。

実は、ココの社長には
色々勉強させて頂いている。
飲食店は、いかにお客様に喜んでいただくか。
と、本気で思っていらっしゃる方。

この店に入る時は、
私は姿勢を正す。

詳しくは、HP大宮浦和版デ。  
Posted by mamiamurax at 17:15Comments(0)TrackBack(0)飲食店

2005年06月22日

不審者の正体

もう先月の事。
お隣さんが、「最近変な人が、毎日あなたの家の前にいるわよ。」
と忠告してくれた。
物騒な世の中である。
たまには。と早めに帰ってみた。
変といっても、初老のご老人。
が、杖を突いたまま立っていらっしゃった。
声をかけようかと思うが早いか
【やっとお会いできました】
と言われた。
【な、何?】と困惑していると
その方はこうおっしゃいました。

【私が足を悪くして、もう3年になります。
でも、こうして杖を突きながらも
ココまで歩いてこれるのは、
あなたの家の、このバラの花見たさなのです。
3年前、綺麗だなと感激してから
年々数も増え、綺麗になって・・・。
私は、このバラを見る為に頑張って
歩いていられるような気がします。
有難うと。ずっと言いたかった。
本当に、有難う御座います。】

驚きました。
日当たりがいいというだけで成長している
このバラは、確かに綺麗で自慢だったりするけれど、
そんな風に感じている人がいようとは。

幸せなんて、人それぞれ。
最近結構麻痺してきて、
ちょっとやソットでは幸せを体感できなくなっている自分を恥じた。

こんな優しいセリフを語る事のできるこの方は
きっと幸せなんだろうなと思う。

自分のことが一番。
そう思っている人だらけの世の中だと思う。
でもそうじゃなくて、
人のことが一番だと思える人は、誰も悪いようにはしない。
そう思っている人間が悪いようにしても
きっと神様が放って置かない。


ちょっとズレましたが。
とにかく、急に思い出したので。

朝からの雨で、
しっかり散ってしまったバラを想い。
来年も、絶対彼女の為に
綺麗に咲かせようと心に誓ったのでした。

今日はホットペッパー7月号の納本日。
この本で、一人でも多くの人が
心に花を咲かせますように。
  
Posted by mamiamurax at 09:11Comments(2)TrackBack(0)情報企業

2005年06月18日

雨の日の接客について。

先日の雨の日。
お客さんは、雨が降ってしまうと根本的にココまで
来てくれないんだよね。
だから接客も何も、まず「顧客を呼ぶ」
事をしなくちゃね。
と、ある居酒屋の店長に言われた。
店頭に立っているところを、
私が通りかかった時だった。

少しくらいならいいカナと思って
カサを差していない私を見つけて
これ持っていっていいよ。
とカサを差し出された。

あら、コレっていいんじゃない?
と思った。

急に雨が降ってきたときに
お店に100円傘を何本か用意して
「そうぞ」って差し出したら
絶対ウレシイ。
問題は、それをどうやって
まだ来店する前の人に向けて活用するか。
寄ってくならあげる。じゃ変だし。
駅前で、チラシと一緒に傘を配るわけには行かないしね。

いつでも、問題になるのは
いかに、本気で相手を考えられるか。
慈善事業じゃないんだから
ただで傘を配る必要はないけれど
目の前に困っている人がいたら
やはり差し出すくらいの余裕は欲しいと思う。

来てくれたお客様に差し出すのは
容易いけれど、
潜在ニーズに向けて差し出すのは
難しいかな。
何かいい案、ないかしら?


つづきは、また今度。
  
Posted by mamiamurax at 09:41Comments(4)TrackBack(0)情報企業

2005年05月28日

ウェイティングについて。

大手チェーン店で打ち合わせをした時のこと。
私「そういえば、先日知人がコチラで宴会をした時、配っていたチラシを持って上に上がったらウェイティングをしていた。あれ、待っている人間がいるのにチラシ?と疑問に思った。でもすぐに通されて、その後も普通に接客があり、フードも美味しく満足しましたが・・・。といわれたんですが。」
店長「空き席がなくなるまでは、手の空いているバイトに店前で販促活動をさせている。モチロン空席がなくなった時点でストップしてますよ。」
私「チラシを配る人間がいるなら、席に通す方が先では?お客様がウェイティングがあるのに、という気持ちになるのはどうなんでしょうか。」
店長「すぐ席に通せる時は、モチロンそうします。通すのは簡単。でも、うちではファーストオーダーの時間にこだわっている。席で待たされるのと、待つための“待合”という場所で待つのとでは、流れる時間が違う。だから、オーダーがすぐに通されるタイミングまでは、ほんの少し“待つ場所”でお待ちいただいているんです。」

他にも極意を少しお聞きしました。
流行っているお店は、細かいところまで考えている。と
改めて思った。という出来事でした。

  
Posted by mamiamurax at 09:32Comments(2)TrackBack(0)飲食店

2005年05月13日

心で売る

営業するということを、物を売ることとして捉えるか、
自分を売る、と思って行動するかでは
仕上がりが絶対違う。

例えば居酒屋さんで、
お金が歩いて来た。と思ってする接客と
美味しい物を食べて愉しんで帰ってもらいたい
と思ってする接客では
同じ「いらっしゃいませ」
でも違う。

人は、物を買うときの意識の中で
損得を考えるパーセンテージよりも
気持ちで買うパーセンテージの方が
断然高いそうだ。

要するに、売る側も
心で売れ。と言うわけである。  
Posted by mamiamurax at 08:03Comments(0)TrackBack(0)飲食店

2005年05月03日

人生とはシリーズ、3

人生とは、非常に複雑なモノである。  
Posted by mamiamurax at 20:44Comments(0)TrackBack(0)居酒屋

2005年05月02日

タラの芽の天ぷら

3連休に長野に行った。
この季節に長野といえば“山菜”である。
今頃満開の桜の下で、タラの芽や蕨、
こごみ等を採った。
モチロン、その夜は天ぷらである。
旨い。
ビールがいくらでも飲める。
ま、私の場合はいつでも呑めるけれど。

4月、5月の旬を使った料理というと
実はコレといって、凄く食べたいという
説得力があるものが少ない。
若い人に、鰆、筍って言ったってね。
第一、ビジュアルもインパクトがない。

だから、この時期の広告に
【旬の○○○をふんだんに使用した
 目にも美味しいお料理を・・・】
とは書きにくい。
効果も程ほどにしかならない。

たらの芽の天ぷらを、
空気の澄み渡った長野の空の下で
満喫しながら、
あ〜、こんな物は
本当はこういう場所で食べるからこそイイのだ。
そもそも、人間は
もっと土踏んで生きてくべきモンなんだ。
と思った。

コレを都会で再現するとしたら、
生半可な企画と、気持ちじゃ
伝わらないし、
それなりにしかならないんだろうな。


要は、トータルで何処まで
満足させることができるか。

カッコイイ箱の中で
最高の器と酒。
最高の接客と共に供される
としたら、素晴らしく美味しい
筈の山菜の天ぷらも
自然の中で食すものには
決して適わないよな。

頑張れ、都会の飲食店。
  
Posted by mamiamurax at 10:22Comments(0)TrackBack(0)情報企業

2005年04月16日

決断するということ。

周囲で20代後半から30代前半の
方の独立が多い。
今日も1本、顧客から電話を頂いた。
連休明けに今勤めている飲食店を辞めて
小さなバーを開くとのこと。
以前から、いい物件ないかな〜、
といわれ、案内はしていた。
物件はまだ決まってはいないものの
とにかく動くのだそうだ。
ものすごく明るい声で、
羨ましくもなった。

私の出来ることは何でもしようと思う。
頑張っている人って好きだから
今回も応援しますよ!


『私たちは思考しているつもりでいて
 実は迷っているに過ぎないことが
 極めて多いのである。
 あるいは、自分の欲求を満たそう
 とのみ思い、そのいいわけを
 探しているに過ぎないのである。』
会田雄次氏の本の中の
この言葉に、グサッときた私ですが
やっぱ、成功への秘訣とは
,茲考え∩瓩決め
E按譴靴討笋蠅未
    です!!
まず目の前のことに一生懸命になる。
つべこべ考えてる間に、動く。
 つまり大事なことは、
そういうことなんだろうと思います。  
Posted by mamiamurax at 13:27Comments(0)TrackBack(0)情報企業

2005年04月08日

桜舞い散る中で。

桜がきれい。
本当にキレイ。

明日がピークかな。

すぐに散っちゃうから、
すっごくキレイなのかな。


桜がきれい。
本当にキレイ。

じんとくる位、綺麗です。  
Posted by mamiamurax at 23:36Comments(2)TrackBack(0)人生

2005年04月03日

老舗

浦和にワインのお店、武蔵浦和にレストランを経営しているオーナーに会った。
「老舗」を目指すという。

小さい頃特別な日には、両親と美味しくてステキなレストランで会食した。
そしてそのステキなレストランはそのままの姿で、大人になった彼を向いいれる。
彼の子供も、そこでステキな思いをしながら育ち・・・。
そんな風なお店を目指しているという。

2店舗の経営だが、社員は15名。9割が社員の飲食店なんて、今この辺にはないだろうな。みんなオーナーの気持ちを形にしようと動いているのだという。

ちょっとステキなお話。  
Posted by mamiamurax at 14:20Comments(0)TrackBack(0)飲食店

2005年03月30日

調子のいい店

『最近調子のいい店ってどこ?』
毎日誰かに聞かれる。
モチロン、そのたびに御社です!
とボケる。

でも、本当の意味で【調子がいい】って?
やっぱ、純利の高いところだろうな。

『また来たい』
そう思えるお店が一番な事は確かで、
そう思われるにはどうすればいいか
を考えて、きちんと実行すればいい。

なんか、簡単。

  
Posted by mamiamurax at 20:17Comments(0)TrackBack(0)居酒屋

2005年03月29日

人生とはシリーズ、2

人生で大切なのは、愛である。  
Posted by mamiamurax at 19:29Comments(0)TrackBack(0)情報企業

2005年03月27日

人生とはシリーズ、1

人生とは、いかに感動するかである。  
Posted by mamiamurax at 16:35Comments(0)TrackBack(0)情報企業

2005年03月26日

いいお天気

いいお天気である。
なのに、パッとしない気分なのは、
今朝方まで呑んでいたからだろう。
最近全く覗いていなかったので寄ってみた。

一昨日の日付で、3人の友人からメールが来ていた。
物凄いことに、全く繋がりのない友人達の
そのメールの内容は、全く同じだった。

独立するのだという。
素晴らしい。
そのうちの1人は、
結構尊敬している方で、
20年も勤めた飲食系の会社を退社するとの事。

100%思い通りに生きようと思ったら、
どこかに所属したままでは無理だ。
分っているものの、
かといってそんなに困ったこともない
この日常から
抜けだせずにいる自分が
ちょっと情けなくなる。
そんな昼下がりである。
なんてね。  
Posted by mamiamurax at 15:14Comments(0)TrackBack(0)情報企業

2005年02月22日

一等賞!

ホットペッパーの3月度【MVP】を戴いてしまった。
チョッとウレシイ。  
Posted by mamiamurax at 19:35Comments(0)TrackBack(0)ホットペッパー

2005年02月16日

3月号、終りました。

ホットペッパー3月号が終りました。
マジ疲れました。
1件1件のお店が、売れるお店になるようにとか、
コノ時間帯に空きがないようにするとか、
色んな課題をクリアするように
一つ一つ作る原稿。
その数、今月は140本。
ひょっとしたら、1冊小説書くほうが
マジで楽かも。

書こうかしら。
  
Posted by mamiamurax at 20:06Comments(2)TrackBack(0)情報企業

2005年02月02日

スター研修

スター研修というのを受けました。
人のタイプを自己主張度&感情表現度において
アナリティカル・エミアブル・ドライビング・
エクスプレッシブの4つに分けます。
感情表現が強く且つ自己主張度もMAXの
所にいるのがエク。
私は、どうもそこらしい。

面白かったです。
色々な人がいるんだなと。
タイプによって、好まれる接し方が全く違う
ということが論理的に分かりました。

話し始めると長くなるので、
なんかあたらアクセスしてくださいませ♪  
Posted by mamiamurax at 19:41Comments(3)TrackBack(0)情報企業