2005年05月13日

心で売る

営業するということを、物を売ることとして捉えるか、
自分を売る、と思って行動するかでは
仕上がりが絶対違う。

例えば居酒屋さんで、
お金が歩いて来た。と思ってする接客と
美味しい物を食べて愉しんで帰ってもらいたい
と思ってする接客では
同じ「いらっしゃいませ」
でも違う。

人は、物を買うときの意識の中で
損得を考えるパーセンテージよりも
気持ちで買うパーセンテージの方が
断然高いそうだ。

要するに、売る側も
心で売れ。と言うわけである。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mamiamurax/21817362