2005年06月18日

雨の日の接客について。

先日の雨の日。
お客さんは、雨が降ってしまうと根本的にココまで
来てくれないんだよね。
だから接客も何も、まず「顧客を呼ぶ」
事をしなくちゃね。
と、ある居酒屋の店長に言われた。
店頭に立っているところを、
私が通りかかった時だった。

少しくらいならいいカナと思って
カサを差していない私を見つけて
これ持っていっていいよ。
とカサを差し出された。

あら、コレっていいんじゃない?
と思った。

急に雨が降ってきたときに
お店に100円傘を何本か用意して
「そうぞ」って差し出したら
絶対ウレシイ。
問題は、それをどうやって
まだ来店する前の人に向けて活用するか。
寄ってくならあげる。じゃ変だし。
駅前で、チラシと一緒に傘を配るわけには行かないしね。

いつでも、問題になるのは
いかに、本気で相手を考えられるか。
慈善事業じゃないんだから
ただで傘を配る必要はないけれど
目の前に困っている人がいたら
やはり差し出すくらいの余裕は欲しいと思う。

来てくれたお客様に差し出すのは
容易いけれど、
潜在ニーズに向けて差し出すのは
難しいかな。
何かいい案、ないかしら?


つづきは、また今度。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mamiamurax/25592395
この記事へのコメント
こんにちは。
はじめて見させてもらいました。
どんなお店の接客について
考えているのかわかりませんが、
この間、通りかかったファミリーレストランでは
雨の日限定で、ドリンクバイキング無料をやってました。

雨の日は、できるなら長く外にはいたくないものだし、
急な雨で、ドリンク無料なら、ちょっとくらいおしゃべりや
本など読んで雨宿りしてもいいかなと思う可能性は大。

そんな雨の日の客の心理をついた施策がありました。
参考になれば幸いです。
Posted by car_master at 2005年06月18日 10:21
コメント有難う御座います♪

「雨だから早く帰る」
⇒「雨だし、寄ってく?」
への発想の転換。
それを顧客にさせればいいんだ!

【雨宿り】って
ステキな言葉ですよね。

今日は、何件かの顧客に
話してみます。
Posted by mami murata at 2005年06月21日 10:08
こんにちは。

車売る人買う人の現場交差点を主催している
”現場フィールドカウンセラー”です。
(今からそう名乗ることにしました)

ブログ見に来てくれてありがとうございます。

売り方、集客の仕方まで考えなきゃならないのは
大変ですね。

私は現在、マーケティングプロダクションで
働いています。
ブログでは車をメインにしてますが
通常業務は、車以外にも、食品や化粧品、トイレタリー、
家電、外食系など様々な業界の売り方や
ターゲットの捕まえ方を考えています。

また覗いたときに、思い付いたらコメントします。
では。
Posted by car_master at 2005年06月21日 20:35
【現場フィールドカウンセラー】
って、何か分らないけどカッコよいカモ。

また、新しいブログ書いてください!
有難う御座いました♪
Posted by mami murata at 2005年06月22日 09:17