2005年06月22日

不審者の正体

もう先月の事。
お隣さんが、「最近変な人が、毎日あなたの家の前にいるわよ。」
と忠告してくれた。
物騒な世の中である。
たまには。と早めに帰ってみた。
変といっても、初老のご老人。
が、杖を突いたまま立っていらっしゃった。
声をかけようかと思うが早いか
【やっとお会いできました】
と言われた。
【な、何?】と困惑していると
その方はこうおっしゃいました。

【私が足を悪くして、もう3年になります。
でも、こうして杖を突きながらも
ココまで歩いてこれるのは、
あなたの家の、このバラの花見たさなのです。
3年前、綺麗だなと感激してから
年々数も増え、綺麗になって・・・。
私は、このバラを見る為に頑張って
歩いていられるような気がします。
有難うと。ずっと言いたかった。
本当に、有難う御座います。】

驚きました。
日当たりがいいというだけで成長している
このバラは、確かに綺麗で自慢だったりするけれど、
そんな風に感じている人がいようとは。

幸せなんて、人それぞれ。
最近結構麻痺してきて、
ちょっとやソットでは幸せを体感できなくなっている自分を恥じた。

こんな優しいセリフを語る事のできるこの方は
きっと幸せなんだろうなと思う。

自分のことが一番。
そう思っている人だらけの世の中だと思う。
でもそうじゃなくて、
人のことが一番だと思える人は、誰も悪いようにはしない。
そう思っている人間が悪いようにしても
きっと神様が放って置かない。


ちょっとズレましたが。
とにかく、急に思い出したので。

朝からの雨で、
しっかり散ってしまったバラを想い。
来年も、絶対彼女の為に
綺麗に咲かせようと心に誓ったのでした。

今日はホットペッパー7月号の納本日。
この本で、一人でも多くの人が
心に花を咲かせますように。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mamiamurax/26003626
この記事へのコメント
素敵なお話しですね。
私も綺麗なバラを見たくなりました!
趣味でも一生懸命に取り組んでいることって
どこかで応援してくれる人がいるんですね。
Posted by bob36 at 2005年06月24日 20:02
『久ぶりで〜す。ちょっといい話じゃな〜い!』

久しぶりのコメントです。
ちょっといい話じゃないですか!
やりますね!久しぶりに”ビビッ”ときちゃいました。
(この話はGOO!です)

マミさんの心は、このバラの花のように
きれいで・・・でも・・・そんな・・・ばかな?
だから?
なにが?
ええっと・・・
ごめんなさい!またやってしまった!
いつもの焦らし戦法!その1!

プンプンだ!

改めて、
>こうして杖を突きながらも
>ココまで歩いてこれるのは、
>あなたの家の、このバラの花見たさなのです。

この台詞は、胸にずし〜んときました。
いい話をありがとうございます。
また、ぜひ教えてね!

kimochanは最近、涙腺が弱くなってきたため
ちょっとしたことで、”うるうる”きてしまいます。
(今回はけっこうヤバイ!ですね)

また近いうちお話しましょうね!
【kimochan】でした。
Posted by kimochanで〜す。 at 2005年06月25日 17:53