2005年08月03日

最悪の事態について。

ストレスか、ただの夏風邪か。
このところ、食べてはいるのに
体重が減っていた。
どうでもいいけれど、
158センチ、39キロ。
って、結構しんどい。
41キロ位はないと、夏の暑さに勝てない。

で、超が10個位付くほどの忙しい中
私は最近、『何も手につかない』
を、していた。

でもね、リアルタイムでの日々は
そんな事関係ないんだよね〜。
世の中は。

どんどん進んでるみたいで
宇宙に行って帰ってきた人がいれば
自殺しちゃった人がいて。


今回は全く個人的なことなんですが、
自分的に最悪の事態にぶつかって、
このところとても不幸に思えたりしてたんです。

でも、少しは元気になってきたし
後で、人生を形づくってきた貴重な一日として振り返れば、
こんな事もひとつの断片であり
少なくとも、自殺するほどではないんではないだろうか。
と思えるだろう、と。


寂しさを知っているから
人は優しくなれるし
好きだから
一生懸命になれる。

外から見ると
能天気な明るい人。
の私ですが、
あらヤダ。
スッゴイ、ナイーブなんじゃん。

と気付いたこのところ。

具体的に何も書けない所が
訳わかんない!
なんですが。
書き留めたくて。

この気持ちも
例えば、死にたいくらい
辛かった瞬間の気持ちも
乗り越えて、
後でみると
大事な瞬間・・・
かも知れない。

結びの言葉が見つからない。



ただ、女って
つくづく損だな。
ってちょっと思っちゃいました。




  

Posted by mamiamurax at 23:56Comments(2)TrackBack(0)