DSCN0341いよいよ始まりました、京都個展「朝の光に想うとき」。
今回は久々に絵がメインの個展です。(と言いつつ、販売Tシャツワンピも結構ありますよ)

初日、日曜と在廊してきました。
おなじみのお客さんや、HPを見てきてくれた方や、友達もたくさん来てくれました。いつもの個展ほどバタバタせず、みなさんゆっくりご飯やお茶を楽しんでくださってる合間に、少しお話しして、とてもいい在廊時間を過ごせました。

『Tシャツ着るとほんとにウキウキするんですよ』などなど、お褒めの言葉もゆっくりいただいて。作家冥利につきます。ほんとにうれしい。生きててよかったなぁ。

そしてなんといっても、会場となるカフェアイタルガボンの拓哉さんとアコちゃんの作り出す空気の居心地よさといったら!!そこに自分の作品があって、ほんとに幸せです。

このカフェとの出会いをくれた豆ずきん作家のテルヨちゃんが、入院中のところ外出許可をもらって見にきてくれて、声をかけてあつまった仲間ととっても楽しい時間をすごすことができて、アイタルガボンの2人と絵に見守られて、とっっっってもいい時間すぎて、ここで個展ができてよかったって、思いすぎるくらいっっ。ありがとう。


一番奥の緑の壁。久々に大きな絵を描きました。ここに飾りたかったのです。
いつもの蓮を描きました。ずっと見つめてきたからこそ描ける蓮を描こうと。
『何が描きたいのか』。描かれている対象のその奥にあるもの。それは描く人の人生そのものだったり、悲しみであったり、喜びであったり。

今の私には何が描けるだろうかと、いろんなことを思いながら描きました。
蓮は祈りの花。
愛する人や、大切に思う人や、今の私を導いてくれた人への感謝と。すべてがやさしい、明るいほうへ向かっていきますように。

うーーん。まだまだ。もっともっと。足りないけど、今はこれで精一杯。
Tシャツとはまた違う気持で絵と向き合える時間大切だ。
これからも蓮を描いていこうとおもいます。



個展は19日までです。私も時々顔だしてます。
Tシャツやノースリワンピも結構置けました。夏柄の新作販売してます♪
アイタルガボンさんのご好意で、飲食なしで見に入るだけでも大丈夫だそうですので、お気軽におこしください。
珈琲とパスタ、パニーニもケーキもおいしくって、いろんな人にお勧めしすぎて、土日はカフェのお客さんだけでも忙しい所に眞水のお客さんもみんなパスタ注文してくれてたので、すっごく忙しくて、拓哉さんの腱鞘炎が〜。。。お薦めの接骨院紹介しときました。

絵と、ステキなカフェ、満喫しにきてくださ〜〜い。

DSCN0334DSCN0350DSCN0349DSCN0346DSCN0340DSCN0331