女に「エッチしてもいいかな?」と思わせる技術

いい女を口説きたい・・・とはいうものの、 デートはできるけれど、エッチまで持ち込めないというあなたに、 誰でも使える口説きのテクニックを公開します。

カテゴリ:恋愛術

こんにちは、mamohoです。



   
出会い系サイトなんかで、よく
30代既婚女性の書き込みを見かけます。


  「ヒマしてます」
  「既婚ですが、彼氏欲しい」
  「私を連れ出してください」
  「寂しい」
  「浮気されてるから登録した」


いろいろ興味をそそられますが、
これがもし「サクラ」じゃないなら、
当然、会ってみたいですよね。


そんでもって、30代、既婚なのに出会いたい女性は、
そのたいていが即エッチOKだったりするんです。


彼女たちは決して、尻軽いアバズレ女というわけではありません。
どこにでもいるごく普通の既婚女性です。


彼女たちは20代で結婚し、新婚当初は仲の良い夫婦だったのに、
いつしか夫婦すれ違いの生活になり、

  「一緒にいるだけ」 
  「恋愛感情なんてこれっぽっちもない」
  「女を感じさせてもらえない」

さらにひどくなると、


  「家にいないほうがなんだか落ち着く」
  「休みの日に家にいるとなんだかムカツク」
  「このおっさんとこれからも一生暮らすの?」

   
なんて気持ちになっていたりするんです。
そんな彼女たちに共通点は、「長年のセックスレス」

だから、女性として扱ってくれる場所を求めて、
出会い系で彼氏を捜しているのです。


あなたがもし、彼女たちの心の隙に上手に寄り添うことができれば、
30代既婚女性をゲットすることは簡単なんです。

そのテクニック、あなたも知りたいですか?

http://www.hpgraffiti.com/cs12/c/00734.html





こんにちは、mamohoです。



好きになった女性には彼氏がいた・・・


そんな時あなたならどうしますか?



  「あきらめるっ!?!?」

  「本当にそれでいいんですか?」

  「後悔しませんか?」

  「・・・・・・・・」



もしあなたが本気で悩んでいるのなら・・・
たとえその彼女に長期間付き合っている彼氏がいたとしても、


   
自然にあなたへと心変わりさせてしまう
 「スマートに略奪を行う方法」と
略奪してまで手に入れた「彼女を奪われないようにする方法」があります。




“女性のことは、同じ女性にしか理解できません”


   
と・・・・いうわけで、

   
まず恋愛の専門家として・・・、
そして、一人の女性としての立場からビシッと伝授してもらいましょう。



   
もしあなたが、本気でその彼女のことを好きになってしまったのなら・・・
遠慮なんか必要ありません!
元彼から彼女を奪ってしまえばいいだけのことです。



   
ちょっと過激な言葉になってしまいましたが、
僕は本気でそう思っています。

   
ただ、勘違いして欲しくないのは、
   
   
好きになってしまったからといって、
その彼女を強引に奪い取ることを薦めているわけではありません。


   
そんなことをしても、彼女と付き合えるようになる確率は低いですし、
たとえ上手くいったとしても、彼女の心に大きな傷を残してしまったり、
元彼や周囲の人間とトラブルになってしまう可能性だってあります。



では、どうすればいいのか?
   

   
実は、そんなに大きなリスクを取らなくても、
彼女やその彼氏を騙すようなことをしなくても、
もっと洗練された方法で彼氏持ちの女性をあなただけのモノにする方法が
ちゃんとあるんです。

   
そして、

   
略奪してまで手にした彼女を、他の男性から略奪されることを
防ぐ方法だって、きっちり理解しておきたいですよね。


   
その答えは、ここにありますよ。


【男性向け】略奪愛!恋愛サバイバル講座
~彼氏持ち女を奪い取るテクニック~

http://www.hpgraffiti.com/cs12/c/00509.html




こんにちは、mamohoです。



男なら誰しも、大なり小なり、女の子にモテたいと思っているはず。

モテたい! と具体的に感じていなくても、
あの女性と仲良くなりたいとか、
あの女性に気に入られたいという願望はあるのではないでしょうか?


そこで、モテる男が実践している、「当たり前」について、
ちょっとお話してみたいと思います。



女性に不自由していない男というのは、
昔も今も、女性にモテるコツというのを知っています。

ルックスでモテるというのも、あるかもしれませんが、
それ以上に、女性が喜ぶツボというのを心得ているわけですね。


まずは、トークが上手で面白いということ。


ほら、お笑い芸人なんかは、それほどイケメンではないけれど、
トークのおもしろさでモテたりしてますよね。

これは、恋愛を制する上で、最も重要なポイントと
言っていいかもしれません。


トークが上手・・・ということは、やはり頭の回転も速く、
いろんな知識も豊富で、雑学もよく知っていて、
聞いている人を退屈させないのです。

また、話し上手な人は、その場の空気を読むのも上手で、
聞いている人の気持ちを察して、上手に話しをもっていく技術をもっています。
だから、恋愛でもこの効果が発揮されるわけなんですね。


次に、とにかくマメであること。


「マメな男」というのは、間違いなくモテます。

男と女が、関係を深めていく中で、こまめに連絡をとったり、
大切な記念日は必ずプレゼントするなど、必ず必要になることです。

しかも、最初は、2人の関係がそんなに親しくない場合、
こまめにアタックしたり、マメにアプローチする必要がありますが、
こういったやりとりも、駆け引きも、上手にこなす術を心得ているのです。

そうやって、自分のテリトリーに上手に女性を誘い込んで、
女性をものにしているのです。



そして、人当たりがいいこと、


思いやりがあって、優しい人は、それだけで好感が持てますよね。

丁寧な言葉遣いで、いつでも、誰にでも親切で、
何に対してもやさしい人。

そばにいるだけで、こちらもやさしい気持ちになれる人は、
それだけで癒されます。


そんでもって、自分に自信をもっていること、


自分に自信をもって生きている人は、傍目からみても、
とても魅力的にみえますよね。

自分がこれまで積み重ねてきた経験や、ノウハウがあれば、
その言動も、行動も、説得力が増すものです。

そんな人を見た女性は、きっとたくましく、頼もしい人に感じることでしょう。


もちろん、自信過剰な勘違い男ではダメですよ。


自信を持つことはいいことですが、過信はダメです。
単なる空気の読めないだけの嫌われ者にならないよう、
客観的なところも大切です。



女の子にモテるのに、「こうすればいい」なんて公式はありません。

モテる男の真似をしても、あなたがその人になれる訳ではありませんし、
どの女性にも、その方法が通用するというものでもないのですよね。

女の子は、そんなに単純じゃありませんし、
恋愛は、そんなに簡単にうまくいくものでもありません。


ですから、セオリーはしっかり押さえておいて、
あとは、あなたなりの自己アピール力で勝負しましょう。


あなただけができる、モテるテクニックを見つけることが、
ホントのモテるテクニックになると思いますよ。


モテない習慣【いい人卒業3ファイナルバージョン】

http://www.hpgraffiti.com/cs12/c/00707.html

こんにちは、mamohoです。



普段は、気の合うただの仲間、
ただの仕事上のパートナー、
さばさばしたお付き合いのできる相手、


そんなふうに思っていたはずの女性が、
あるとき、突然に気になる存在になった・・・・・。

なんて経験はないでしょうか?


そこで、ただの女友達なのに好きになってしまう瞬間について、
ちょっと一緒に考えてみましょう。





実を言うと、僕ら夫婦はこのパターンなんですよね。

嫁さんとは高校時代の同級生で、
席がいつも隣だったり、前後ろだったりしてました。

授業中なんか、居眠りしている僕を 鉛筆でつっついて起こしてくれたり、
ノートをこっそり見せっこしたり・・・。

部活や、役員、何かの係をするときも、
いつも一緒に行動してました。

そのうち、まわりから、いつの間にやら「お似合いのカップル」にされて、
そのまま付き合うようになったんですね。


とまぁ、僕の話はおいといて・・・・、



普段はお友達の間柄でも、ふいに優しくされたり、
相談に乗ってくれたり、失恋の傷を癒してくれたりすると、
男は、その女性を、異性として意識するようになります。

他にも、

病気の看病をしてくれた・・・とか、
本気で心配してくれた・・・とか、

一緒にいてくれることが、いつしか当たり前になっていて、
その女性のありがたさに、はじめて気づいた時なども
同じように、意識しているはずです。


また、自分が知らなかった、彼女の新しい一面を知ったときとか、
髪を切った、浴衣姿の彼女を見たとか、彼女が普段とは違う格好をしたとき、
キュンとくるものがあるようです。



以前から、お友達だったなら、
お互いの事だってちゃんと理解しているはず。

だから二人はきっと、より深く相手を理解し合い、尊重し合い、
素敵なカップルでいられると思います。


うっかりハメちゃう、性欲トラップ~オンナ友達と、とりあえず一発ヤる技術
http://www.hpgraffiti.com/cs12/c/00557.html


こんにちは、mamohoです。




街中で、手をつないでるカップルを見て、
あなたは、どんなふうに思うでしょうか?



仲がよさそうで微笑ましいと思う人もいれば、


人前ではしたない・・・・とか、
イチャイチャしやがって!・・・・とか、
不快に思えてしまう人もいるでしょうね。


では、あなた自身は、大好きな人と、
手をつないだりしていますか?

普段の生活の中で、自然に手をつないだり、
手に触れたりしていますか?



知り合ったばかりの頃の二人にとっては、
手をつなぐ・・・なんて、ちょっと恥ずかしくて、
敷居の高い行為かもしれません。


逆に、付き合いが長くなってしまうと、
いまさら、手をつなぐなんて・・・・って照れくさくなって、
なかなか手をつなぐなんてしなくなるものです。


でも時々、

手をつないでるカップルや、老夫婦を見かけると、
仲がいいんだなぁ・・・なんて思ったりしませんか?


手をつなぐなんて、小さな頃ならやった経験があっても、
大人になると、なぜかできなくなるものです。


だからこそ、大好きな人の手って、
ちゃんとつないで欲しいと思うんです。



手のパワーって、すごいんですよ。


ほら、


小さな頃、熱を出したとき、
お母さんがおでこに手をあててくれて、
なんだか気持ちが落ち着いた・・・・なんて経験、
誰しもあると思います。




ほかにも、

マッサージを受けに行ったとき、
マッサージの先生の手が、とてもやさしく気持ちいいのは、
技術云々じゃなくて、患者さんに気持ちよくなってもらおうという
やさしい気持ちが、手を通じて、患者さんに伝わるからなんですね。




これは、愛し合うもの同士でも、同じ事が言えると思います。

例えば、二人横になって眠るとき、
手をつないでみてください。

大好きな人の手を握っているから、安心できる。
その手のぬくもりが、お互いの愛情を感じられるものなんです。


いつまでも、仲のいいふたりでいるために、
もっとお互い、積極的になって、
手をつなぐ習慣、はじめてみませんか?


http://www.hpgraffiti.com/cs12/c/00657.html


このページのトップヘ