Mamoruのブログ

こんにちは、ハードロック・ジェントルマンとはボクのことです! 神奈川在住のGt兼Key! 某セッションサークルのギタースタッフ。アフリカ人シンガーのバックバンドなど。
最近はYAMAHA BOLTで、主に関東甲信越をいったりきたりしております~
私の楽曲置場
私のtwitter

Gtとしてのバンド加入のお誘いやコラボレーション等の連絡はコチラまで→sabazushi0928@gmail.com

自分でいうのもなんだけど、楽曲を作る上でけっこう、歌詞書くことに力入れてる方だと思います。
基本的に歌詞先作曲をしていた人なので。

でも、最近筆が進まない。というかそういう気力も沸かない。
たぶん、それは歌詞を書くことに飽きているからだと。

「じゃあ、なんで飽きてるのかな。」
て、考えてみると、いろいろ理由はあるけど、
僕の場合だと、歌詞の公開の仕方に力を入れてないから、ていうことが一番大きいかな、て感じてます。

歌詞をじっくり見てもらうとしても売り物につけた味気ないメモ帳の添付ファイルつけるだけだし。


配信メインで歌詞に目が行く機会が少ないというのもあり、「どうせ歌詞気にしてる人いないだろう」という思考につながってるように思います(; ・`д・´)

これはアカン!!

でも、歌詞にゴタゴタ説明みたいなものを書くのも野暮だし、
聴き手の想像力を削いじゃうからね。

というわけで、半ば強引ですが、この場を歌詞の公開場所と位置付けて
Drastic」の歌詞をぶち込ませていただきます(笑、
※Crueさんとやった歌詞についての雑談付き


「Drastic」
Drastic...Drastic...Drastic...

tick tick tick ti ti ti
ガゼルの脚をした
女豹のあのコ
鬣(たてがみ)はムチを振り回すように


手に持ったダミエの財布は
印籠?紋章? 
わたしがもてば
市松模様のクッキー


ああ、手にもったところで
ああ、染められていく
私じゃなくなる感覚
このまま消えるんだわ
熱収縮 縮こまる
プラスティックなマインド


変えたいの
wake me up
臆病な心を殺して
醒めない闇を拭って
キラリ光るの


ブラブラブラ ブラついて
ビルが着飾るブランド通り
BもCもVも全部
ガラスの檻で踊るマネキン


ああ、身につけたところで
ああ、タグ付けられるんだわ
斜めに身構える感覚
眩しさに目を塞いで
自我意識 見失う
ぐらついてるマインド

変えたいの
wake me up
頑な心を開いて 
病んだ影をはらって
きらり輝くの


「あああ、キラキラなゲートをくぐって
彩の世界へともう一歩だけでいいの 近づきたいの」


変えたいの
wake me up
プレーンな日々を変えて 
変えたいの
wake me up
取りつく影を拭って
想いをバネにいきたいの
Drastic...Drastic...Drastic...


---------
以下、Drを叩いてくれたCrueさんと、歌詞のやり取りについての雑談を載せておきます↓
crue 歌詞


crue 歌詞②


ということでした。
とりあえず、なんとか創作も頑張ります(◎_◎;)

その他の楽曲(動画)
https://www.youtube.com/watch?v=NZ9f03ajw90&list=PLdlbQ5-EIKJ3H_Kc8m7bhXbx_rxnavLlZ
・ご購入
https://mokuseisan.bandcamp.com/








最近も、素晴らしいプレイヤーの皆さんとMokuseisan(モクセイサン)でDrasticを発表したり、

結構、順風満帆にやってたようで、個人的に大きな葛藤がありました。

「どうしてオリジナル曲やってるの?」

コピーしたり、カバーしたり、音楽の楽しみ方はいろいろある中で、「創作に拘る理由って何??」なんて、思うようになってしまいました。

まあ、これまでもそういうことはたびたびあったんですが、
「そういう馬鹿馬鹿しいことを考えてるのは自分が暇な証拠」と黙殺してました。

ですが、この2、3か月くらいまともに曲が書けなくて、
「あー、これは自分自身を振り返らないとだめだなあ」
と、思いました。

この数日間ノートに書いたり、自問自答したりしていろいろ自分を振り返ってみていました。
やはり、書くという作業は大切ですね。それだけで考えもまとまる。

だんだん、自分的にはつかめてきましたね。

僕がやってるバンドでDSTというバンドがあります。

これが、本当に楽しくて。もちろんコピーやってた時もそれなりに楽しくはあったんですが、
オリジナルをやるようになり

例えば、J.K.Hunterという僕らの曲では、サビで「J.K.Hunter」を連呼するんですが、これをライブでは大の大人が数十人で叫ぶんです。
これを学園祭でやったら即出入り禁止ですが(笑

他にも、ライブで盛り上がる為に、わざと曲を崩してコール&レスポンスしやすいパートをいれたり(鬱の宮という曲では、イントロにQueenのwe will rock youのリズムをオマージュしたり(Drのsatoshi案・・クールに見えて、けっこうクレイジーなアイディアをされる兄さんです(笑)))、

木魚を買ってきて曲のアレンジにいれたり、これが楽しくないはずがない(;'∀')

オリジナル曲をやる喜びとともに楽しみも増している実感があります。

もう一つ僕がやっているモクセイサンというプロジェクトがあります。

女性Voでヘヴィで耳当たりが良くて、透明感があるという音楽やってるアーティストって僕は知らない(いろいろ勧められてもどれもシックリこなかった)。

きっと、創作してる人の多くが思ってるであろう、自分が聴きたい、これがカッコイイ、という音楽を作りたい、ていうのはあります。

また、僕はいろんなプレイヤーをお誘いしてRECしているのですが、そのやり取りでも楽曲に化学反応が生まれてとても楽しい。みんなが持ち込んできたアイディアを昇華することを通して僕自身の成長も凄く感じます。
歌RECもミホコさんのあの瑞々しくも凛とした歌声でRECしてるわけで、ほんと嬉しいよね。

そうやって、忙しい合間を縫って、創作する過程も楽しいし、みんなの力を借りて完成した曲を何十回リピート再生するのは、やっぱ嬉しい!

で、完成した曲をライブでやったり、ネットで販売して、あの曲がよかった、と言ってもらえたり、この曲がこうだったら・・・という意見をもらったり、僕らの曲をリミックスして楽しんでくれてたり、ていうのは嬉しいよね。

こうやって振り返ると、これじゃないと体感できない楽しいことをやるために、オリジナル曲を作ってるんだな、て思ってきた。

で、一つだけネガティブなことをいうとね、

やはり配信はつまらないな、て思ってきた。
なんというか曲のウェイトが軽いな、と思います。

僕自身、好きなアーティストの曲でもポンポン飛ばすし(まあ、それはCDも同じか(;'∀'))。
CD買って聴いてた時は、それこそ値段も高かったし、何度も何度もリピートして聴いてたし、
今より断然深く聴いていたな、て思う。

とはいえ配信の便利さもまた魅力ではあるし、ライブという生の空間で楽しんでもらうための、テキストとしてなら配信は大いにありかな、と思います。これを聞いて予習してきてね、これを聞いてライブを思い出してね、的な感じですね。

音楽配信の自分のなかでの付き合い方や意味にはこだわっていきたいなあ、と思います。

長文読んでいただきありがとうございました。


















目黒鹿鳴館のライブに来ていただきありがとうございました!
とりあえず、全曲オリジナル曲ができた点、松葉づえを外して、10日程度ではありましたが(最後のjumpは控えめにしながらもダメージありつつ)
、そういったなかでも演奏出来て、一定の収穫はあったと思います🎸

昨日のライブのことについては、後日あらためて触れられれば、と思います!

そのライブですが、膝のケガもあってリハの段階から荷物の運搬が難しい面があったため、2週間ちょいまえにゲットした、FLY RIG 5 PL1という新しいエフェクターを使ってみました 🎸
20190609_120803

ステージで使ったところ、オールインワンの優れた機材である一方で、LEDが赤色で統一されて、何の音色を選んでるかわかりづらい(ステージの上でサングラスをつけていたからという説も・・・(; ・`д・´)


また、フットペダルと音色を切り替えるボタンが隣接してて、同時に踏む事故が起きやすい
などがありました。

ちなみにFLY RIGの他のシリーズは音色ごとにLEDの色分けがされて、ライブで音色を間違えないような工夫がされてるけど、このPL1はそういったことはなく、LED変更もなぜかメーカーでは受け付けてない模様(゚Д゚;)


というわけで、今後のライブ等でリスクを減らすよう、個人で簡単にできる工夫をしてみました。

僕が愛してやまないダイソーにGOGO!
20190624_145817
80個入りのハトメ。
20190624_133703
これをペンチで曲げて

20190624_133324
100円で売ってるプニュグリップ切って、ハトメにはめて

20190624_145726
エフェクタ―に接着剤でつけてみましたー。
ちなみに、LEDの部分にはハトメも接着剤もなしで、そのままプニュクリップが嵌められます👍


これで、DelayをONにしたときにVirato(緑のキャップ)に切り替わっちゃたり、クリーン(右のWASSER)をONにした時に、キンキンする高音のエンハンス(青いキャップのとこ)を同時にONしちゃうことはなくなるか、と(((uдu*)ゥンゥン















手術が終わって、その数時間前までは歩けてた足が、ほんと笑っちゃうくらい動かなくなって👣
真っすぐ伸びて、そこから動かすのはおろか、寝返り打つのもカチカチで動かなかったんだよねー。

左足の筋肉も一気に落ちたし、内視鏡手術とはいえ手術の侵襲による足へのダメージも感じたかな。
まあ、ぜんぜん悲壮感とかなかったけど、まるで、足だけ死亡直前のあの世とこの世のボーダーラインのスレスレまでいった感じで、不思議な感覚でした💀。
「おーい、左足くん、生きてるか??大丈夫か??」て声かけたくなるような感じ👣
20190521_162728~2
(※画像はグレーアウトして、生々しさを消したつもりがかえって生気が失われて余計不気味になった気がしないでもない)

そこから毎日リハビリをして、少しずつ可動域が伸びて、今日は105度まで曲がるようになりました👍
リハビリは、ちょっと痛いメニューもありますが、徐々によくなっていく足の感覚を楽しんでます!
だんだんよくなっていく足から、なんだか人間の生命力の凄さを感じます。

明日は、いよいよ退院!不安はありますが何とか帰宅します🏠











入院生活もそろそろ1週間。

お見舞も忙しい中きてくれて嬉しい。
しかも、入院前に出した新曲「Purist」について「聴いたよ~よかったよ!」て生で言われるとやはり嬉しい🎸

「Purist」

Purist-jacket2

◆フル試聴・購入
mokuseisan.bandcamp.com/track/purist
xxxmamoruxxx.booth.pm/items/1362425

◆PV動画
youtu.be/YY7wVPE4HkU


さて、退院日が決まりました!今週の水曜日ということが一つのめどになりそうです。

しかしここからが、本当の闘いだ(笑
なにせ3大ヤバいが待ち受けてるのだから。



①移動がヤバい
東邦●学大橋病● (松葉杖)→ 池尻大橋(激混みの田園都市線)→中央林間(小田急)→大和駅
→エレベーターなしの3Fの我が家。


松葉杖は、傍から見るとなんでもなさそうだけど、軽い腕立て伏せしながら歩いてるようなものだから、かなり疲労感が(;'∀')あれ、わきは杖を挟むだけでわきから体重かけてないんだよね。


②階段がヤバい
3Fでの生活ということでどうしようかね。しかもうちのベッド、ロフトベッドだから寝るのも修行になりそう(;'∀')


③荷物の運搬がヤバい
買い物で、たとえば1.5Kのペットボトルでもバランスが変わってくるしね。
そもそも持ち物もちにくいし(;'∀')雨の日に傘をさすこともできない。
鞄に背負えるものにかぎるかなあ。


歩行も体重の全荷重は来月半ば以降になりそうだしね~まだまだ、それなりに生活にふべんはつきまといそうです。

が、毎日少しずつ良くなってきてるので、それもまた楽しむ余裕があるというか、明日はコンビニ行くぞーとかそういう小さな目標の実現を楽しみつつ、また両足歩行できることを楽しみにしてます👍







このページのトップヘ