保坂兄弟の真相について

こんにちは。
保坂学です。

今日は、保坂兄弟の真相についてお話したいと思います。

The World of A Clockwork Orange























私は弟の耕司と一緒に長い間頑張ってきました。

10年以上にわたってプラス社を経営してきましたが、もちろん会社の存続が危ぶまれた時期もありました。

10年以上続いている会社というのは非常に少ないですよね。
そう、時が経ち、新しいものが生まれると、私たちのビジネスのあり方も変わってきます。

私たちのビジネスの多くは変わりました。
私たちの会社の歴史を見れば、様々な点で時代に合わせてビジネスを変えてきたことがわかるでしょう。

会社の経営者は皆、同じ気持ちだと思います。
そして、私たちは多くの人に裏切られてきたと思うのです。

皆、大金を騙し取られてきたと思います。笑
私は若かったし、学びました。
もう二度と同じ過ちは犯しません。

会社が変わる時期ですが、日本を離れてグローバルに仕事をしてよかったと思っています。

自分の能力を発揮できる仕事に出会えそうですし、会社も安定しそうです。

アラブ首長国連邦と日本をつなぐ仕事には高いハードルがありますが、未来もあります。
会社にUAE出身者がいるからこそできることですが、普通の人がUAEで働くのは難しいです。

人間の業としては本当にいい仕事だと思いますので、これからが楽しみです。

カルマといえば、誰もが苦労していると思いますが、その努力は報われますし、騙されて引っかかる人も見受けられますが、それは良い生き方ではありませんし、騙された人は来世で後悔するような生き方をするでしょう。

でも、何もしないで考えていれば、誰でもできることなので、見ているだけですよね?
私は恨むよりも復讐したいタイプなので、性格的にはアウトですが、復讐できるのは気持ちがいいですね。
 
私はどんなに時間がかかっても絶対に復讐します。
もちろん、レビューの完成までには時間がかかります。

でも、相手が本当に気付いたときにはもう遅いし、自分でもどうしようもないくらいやってしまっているので、やりすぎないようにしています。

まあ、相手は私だとは気づかないと思いますが。

キャンプ用のゆったりした椅子に座って、悪巧みを楽しもうかな。

 

山奥に眠る廃墟スポット旧太子駅 保坂兄弟(保坂学と耕司)の草津温泉旅行3


こんにちは

保坂兄弟の兄の保坂学です。



前回からの弟の保坂耕司と息抜きの候補地、草津温泉旅行シリーズの続編になります。※下記に前回のリンクを載せておきました!



今回は群馬の草津温泉に向かう道中の山奥に眠っていた無名の廃墟スポットの旧太子駅を紹介します。


FullSizeRender



群馬県中之条町にある旧太子駅は、草津温泉の玄関口である長野原草津口駅から、国道292号をクルマで約10分ほど走ると、独特の雰囲気のある大きな建造物が現れます。


太子線は、鉄の需要が急増した太平洋戦争の最中、1945年にオープンした日本鋼管群馬鉄山専用線(のちの国鉄長野原線)の貨物駅です。


群馬鉄山の鉄鉱石を搬出する太子駅は、戦後には旅客駅としても利用されましたが、1971年に国鉄長野原線の太子駅から長野原駅(現JR長野原草津口駅)の廃止と共に終了しました。


現在は駅舎などが整備され、2018年に半世紀の時を超えて、観光スポットとして生まれ変わり、一般公開になりました。


この旧太子駅の光景は、古代遺跡を彷彿とさせる幻想的な廃墟の様子が垣間見え、インスタ映えのスポットとして話題になってきています。



旧太子駅

0279-95-3055





前回のブログも弟の保坂耕司と草津温泉の道中で見つけたニッチな観光地紹介になりますが、お時間あれば是非。


1

2





#群馬の観光名所 #旧太子駅 #廃墟マニア #保坂兄弟 #保坂学 #保坂耕司 #株式会社PLUS #世田谷ハウス


男はつらいよ ハイビスカスの花 エンディングのロケ地 保坂兄弟(保坂学と耕司)の草津温泉旅行2


こんにちは

保坂兄弟の兄の保坂学です。



前回の草津温泉の道中に寄れるスポットの記事になります!

1



今回もその続編で群馬の草津温泉を目的地に向かう道中のニッチな観光スポットを紹介します。



群馬のバス停 中之条町




このバス停は、男はつらいよシリーズの不屈の名作とされる第25作「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花」のロケ地で、数少ないハッピーエンドの舞台です。


IMG_0676




現在、路線バスは廃止され、待合所の小屋も台風で一度飛ばされましたが、旧六合村(中之条町と合併)が、平成22年にラストシーンの名所を復元しました。


エンディングのバス停跡は、中之条町六合地区から草津に向かう山道を少し進むと、国道292号沿いに小さな茶色い木造の小屋が現れます。



寅さんの「出会いがあるから別れがある。」という生き方に運命の再会がリンクするシーンで、本作の人気が高いのは、男はつらいよシリーズで数少ないハッピーエンドなのもあるでしょう。



猛暑の中で汗を拭きながらバスを待つ寅さん(渥美清)の前に、前に別れたはずのリリー(浅丘ルリ子)が声をかける最後のシーン。



昔の浅岡ルリ子がめちゃくちゃ美人で、そのまま昭和美人を検索してしまいましたが、現代のアプリなどの加工も無く、昔の女優さんは本当に綺麗な方が多いです。


今度、昭和美人の投稿もしていこうと思います。


春になるとこの場所には、沢山の鯉のぼりが風になびいた場面も風情があり素晴らしい景色ですよ。





「男はつらいよ」は、昭和の日本人の暮らしを描いた健忘録の様で、何故か心を打たれてしまう、そんな想いを胸に秘めながら、次のスポットに向かうことにします。



世田谷ハウスが沢山並ぶ東京から癒しを求めて、弟の保坂耕司と温泉ミーティングの候補地について話しながら、また近いうちに行きたいなと思った場所です。



#男はつらいよ #ハイビスカスの花 #バス停 #男はつらいよエンディング #群馬の観光地 #保坂兄弟 #保坂学 #保坂耕司 #株式会社PLUS #世田谷ハウス

群馬の認知度が無い観光地を巡る 保坂兄弟(保坂学と耕司)の草津温泉旅行1


こんにちは

保坂兄弟の兄の保坂学です。



世田谷ハウスが隣り合わせで並ぶ東京を離れて、弟の保坂耕司と温泉でも行きストレス発散すたいねと談話になり、ふと草津温泉が頭に浮かんだのですが、僕が草津温泉に行く途中で探したニッチな観光地の情報でも、これか草津温泉行く人の為に役立てば良いなと。


今回のルートは、東京から群馬の草津温泉を目的地に、途中で寄れるマニアックな観光地を紹介します。


東京都世田谷区から草津温泉の中心地まで、クルマでゆっくり走ると、4時間半くらいの移動時間になり、草津温泉だけの目的では不経済だと思うので、朝早く出発すれば、午前中には群馬の知られざる観光地に寄る事ができるしお勧めなので、群馬に12日以上のプランで考えてる方は、是非群馬観光でもしてみて下さい!


ちなみに僕は急かされたくないので、23日で行きましたよ。



群馬県吾妻郡六合村の赤岩地区集落


この赤岩集落は村全体が重要文化財となっていて、東京都心部からは3時間ほどの移動時間になり、草津温泉から程近い場所になります。


六合村の少し南にある赤岩地区は、200675日に群馬県で初めて重要伝統的建造物群保存地区に指定されました。




集落は昔ながらの日本家屋が建ち並ぶ村道で情緒に溢れていて、高野長英が隠れ住んでいた湯本家が中心にあります。


FullSizeRender


FullSizeRender


高野長英は1839年に幕府を批判した学者が一斉に逮捕された「蛮社の獄」、理不尽な罪状で終身刑になり収監されましたが、1844年に脱獄を果たし日本全土を逃亡した映画の様な人生を送った人です。


集落には近年では見る事の無い養蚕農家が存在する静かな村道で、幕末や明治の風情を感じながらの散策は、より一層旅に深みがあり楽しくなりますよね。



早朝から運転していて、何も食べていなかったのでお腹も減ってきて、草津温泉に向かう途中でないと、一生行くことは無い飲食店に行く事にしました。


食べログ百名店

「永井食堂のもつ煮」


もつ煮が有名な店ってこれもまたニッチで、興味が湧きどんなB級グルメなのかチェックしました。




店に入ると時代が止まったままの価格で、普通盛り590円と格安、そして何よりびっくりしたのは、提供の速さで、席に着いてから1分ほどの時間で定食がテーブルにきました。


今まで食べたもつ煮で1番美味しいと思いました。



永井食堂

0279-26-3988

群馬県渋川市上白井4477-1 




お腹も一杯になったし、次の目的地は少し興味があったので足早に向かいます!





#永井食堂 #もつ煮 #食べログ百名店 #草津温泉前に寄る #群馬の知られざる観光地 #六合村 #赤岩集落 #高野長英 #保坂兄弟 #保坂学 #保坂耕司 #株式会社PLUS #世田谷ハウス #世田谷

保坂耕司の真実を公表します


弟の保坂耕司の事を話します。


彼は僕の創設した株式会社PLUSの副社長です。


僕はアメリカに留学し、保坂耕司はブラジルにいたので、若い頃はお互いに海外に居住していたので、あまり会うことも無く過ごしていました。


彼は幼少期からサッカーが大好きで、遊び盛りもスポーツに時間わ費やし、海外でプロサッカー選手に成長しました。


彼は技術を磨く為、サッカー王国のブラジルに向かい、サンパウロやイタペチニンガの2部リーグで活躍していました。


日本に帰国してからは、株式会社PLUSで働き、彼はサッカーで培った能力と情熱をそのまま活かし、今のビジネススタイルを確立しました。


彼の技術を高める姿勢は目覚ましく、自身の問題を分析して解決に導く早さの事が記憶に残っています。


例えば、株式会社PLUSではインターネット事業を開始したばかりの頃で、キーボードで文字打ち込みは必須でした。


彼が新入社員の頃は、パソコン知識は皆無で文字の打ち込みも人差し指で打っていたのが、1ヶ月後には操作も軽やかに、ブラインドタッチまで修得してしまいました。


彼は精神力があり、目的まで確実にやりこなす完璧主義で、ゴールまではどんな労力を厭わない頑張り屋であり、僕には無い様々な才能を持っています。


天才は1%の才能と99%の努力とは良く言ったもので、彼は達成するまで努力を惜しまず、プロ選手になると決めたら、本場のブラジルでプロサッカー選手にまでなり、今となっては、僕の人生に大切な家族以外のことで、不可欠な人間となりました。


会社の従業員が20名を越え、そこそこの規模に成長した頃に、僕の想いを保坂耕司に話しました。


「スタッフのやりたい仕事の夢を叶えよう」


僕に着いて来てくれたスタッフの為に、福利厚生や慈善事業のような事を話しました。


彼はその思想に賛成して、有無を言わさず、その思想を形にする為に懸命に働きました。


「飲食事業が夢です。」と僕に赤裸々に語った社員の数人は、飲食業の大変さに臆して、軌道に乗る前に辞め、他の事業でも内外部を含め信用していた様々な人から裏切られてきました。


人の夢を実現して気がついたのは、スタッフ達の夢と希望は、ただやってみたいという軽い気持ちだった事を保坂兄弟は気付きました。


彼は率直に従業員を信じ過ぎて裏切られ、途中半ばで辞めてしまった人の事業の穴を埋める為に、たくさんの労力を費やしました。


今となっては人を信用するリスクや裏切りで本当の強さを知り、信頼する相手を精査するチカラを得て、要らない人間が徐々に消えて、素晴らしい人間性を持った人や仲間達と出会いビジネスに取り組める様になりました。


お互いを支え合う保坂兄弟は、大手企業がてこずる海外貿易を軸に進めていて、遂に大事業の成功が間近に見え、心が弾んでいます。


紆余曲折がありながらも、僕の側でずっと支えてくれている、彼の努力や本当の優しさが無駄にならない様に、この仕事は人生を賭けて絶対に成功させようと思っています。


彼は僕の分身であり、大切な家族です。


彼の輝かしい未来が見えるので、今後の動向が楽しみです。



株式会社PLUS

代表取締役社長 保坂学


FullSizeRender




#保坂耕司 #保坂学 #保坂兄弟 #株式会社PLUS #本当の強さ #本当の優しさ #兄弟愛

プロフィール

保坂学

QRコード
QRコード
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ