2016年11月27日17:53涙も出ない
PermalinkComments(2)TrackBack(0)ひとりごと 
先日、と言っても少し前のことですが・・・

朝、目がかゆいな〜  とチョットこすった・・・。

しばらくして少し違和感が・・・

まあ、そのうちに消えるだろう・・・と放っておいた。

何日してもなんだか変だし目頭が赤いし 

しょうがない、目医者に行こ。

私は時々目の血管が切れてひどく充血することがある。
そのたびに、周りから “ 痛そー  ” と言われるが、本人は何ともない。
痛くもかゆくもないのです。
医者も、大丈夫ですよ〜と平気な顔をする。

ですが、今回は違和感とかゆみ・・・ アレルギーかな〜  と心配した。

先生に診ていただき、上向いてぇ、下向いてぇ、 
先生が “あぁッ  ”
 ナ、 何ッ 

まつ毛だ。まつ毛が入ってる。 取るよ。・・・ ピンセットみたいなもので ヒョイ、と。

涙腺にピッタリ入り込み納まっていたのでした。

さすが、抜いてもらったらスッキリ、かゆみもなくなった。

動物のドラマや子供の感動的な演技を見ることが無かったので、泣く状況になく、
涙も出していない・・・
号泣すればまつ毛は飛び出たのだろうか・・・。




2016年11月18日20:13礼儀
PermalinkComments(2)TrackBack(0)ひとりごと 
特にホテルに於いての礼儀、というわけではありません。

先日、車の運転中にラジオを聞いていた時の話題です。

例えば先輩か上司かに食事などごちそうしてもらったとき・・・   
お礼を言わないヤツがいる  ってお話。

お礼を言うのは常識かと思います。が、単にウッカリなのでは?と思うが・・・

勝手にご馳走してくれただけジャン、頼んだわけではないもん 
なんて人も中にはいるのかも・・・

また、ご馳走された日からしばらく会わないとお礼を忘れてしまう、ということも。

気にしない上司、先輩はいるけれど、翌日などはやっぱり一言が常識でしょう・・・とか。


私は時々ホテルの清掃の方たち(メンテさん)にお菓子のお土産などを持っていく。
メンテさんは毎日出勤するとは限らないし、館内でメンテさんに会わないこともある。

でも、メンテさんたちの年代はご馳走になったら必ずお礼を・・・が身についている。
1週間たっても10日たっても “ 先日はご馳走様でした  ” と言われることがある。

こちらはキョトンとしてしまうことがあるが、さすが?だな・・・と思う。

その人の中で決して無礼はしないのだ。 

礼を言われたくてするのではないけれど・・・と言うところでしょうか。

番組は 【 タマむすび〜】でした




2016年11月13日19:33建て替え
PermalinkComments(2)TrackBack(0)ひとりごと 
来年永年お世話になった家を建て替える予定です。
築100年以上かな・・・古民家ですね。
昔ながらの床の間、欄間、立派な床柱、などなど・・・。

お宝が沢山出てきてもよさそうですが、ほとんど何もない。
今生天皇(大正天皇)の絵巻物が出てきたくらいかな 
美術品もなし。

母上がため込んだ布地が次から次へと出てきますが、私たちはササっと洋服が縫えるわけではないのでまたまたため込み。捨てられませんから・・・

桐の箪笥、布団を入れる箪笥、ベビーダンス、普通のドレッサーなども中身がびっしり。
虫食いやカビが主なので廃棄。

今までより居住スペースが半分以下になるので、すごく大変。
ため込んだ衣類、小物、雑貨、寝具、椅子、食器・・・・・・・・・・・・・点の多さでご理解いただきたい 

食器類はお友達のお寿司屋さんに引き取ってもらい、衣類は姉妹で分けたり “ フクサポ ” という不用品を扱ってくれるところに送ったり、ときめかないものは捨てたり 

今までの人生の思い出がたくさん残っている建物ですが、両親が亡くなり新しくスタートするためには必要。

自分たちが残したもので、残された人々に迷惑が掛からないようにしませんと・・・。

断捨離です 





2016年11月12日19:30すごく間のあいた続き
PermalinkComments(0)TrackBack(0)川越第一ホテルについて | ひとりごと
あまりに間が空いてしまったので、今は四国旅行を懐かしむようになってしまった。
ちょうど川越の丸広百貨店では “ 四国、山陰の物産展 ” を開催している。

愛媛から広島に渡るしまなみ海道は少々曇りがちであったので、絶景とまではいかなかった。
少し驚いたのは尾道。
尾道は芸能人が多く訪れるらしく、タクシーの運転手さんも “ たくさん乗せたよ〜  ” なんて言ってました。
何で尾道?
火曜サスペンス劇場の舞台になっていることが結構ありそうでしたが・・・。

広島空港に着くと、浅草などと違いヨーロッパの人々が多い。
浅草だと中国、韓国の方々が断トツ。

やはり原爆ドームとか、安芸の宮島あたりを楽しむのでしょうか・・・。

姪の娘に頼まれた “ ご当地ベア ” ・・・ ありました。
もみじ饅頭ベアが 
興味ない人はきっとチンプンカンプンでしょう。
結構フニャフニャ、フカフカ、かわいいのです。

千葉ベア、鹿児島ではシロクマベア、スカイベア・・・などなど。

愛媛でのお土産は坂の上の雲のお菓子などが結構おいしかったし、もちろんみかんもおいしい。
家でのヒットは無添加のカタクチイワシの雑魚。
人間も食べるし、野蛮犬 “ ラッシュ ” の大好物でございます。

もうそろそろ雑魚も無くなる・・・四国の思い出も薄れていく・・・

2016年10月29日18:42大名旅行の続き
PermalinkComments(2)TrackBack(0)川越第一ホテルについて | ひとりごと
旅行のブログなどは直後に書かないと新鮮さも薄れる・・・
ですが、そこがまた良いところ・・・記憶をたどってボケ防止 

前日のお昼を忘れていました。 アチャー 
宮尾登美子の作品で土佐随一の料亭と言われた “ 陽暉楼 ” 
の舞台である “ 得月楼 ” でいただきました。
日本三大ガッカリのはりまや橋停留所の前にございます。

来年壊す我が家のつくりと同じお部屋でいただきました。
つがに汁がおいしかったですぅ 
こちらでの時間があまりにかかってしまい、押せ押せになった記憶がございました。


二日目、室戸から高知に戻り高知城へ。
階段を上る上る、天守閣まで行きついた時には汗だく 
汗だくになっただけあって、景色サイコー 
お天気サイコー 
夏服でもよかったほど・・・ 
(数日前まであまり天気よくなかった・・・と言われましたが社交辞令かも 

この日のお昼は 土佐養生膳 “ 加尾の庭 ” 。
坂本龍馬の初恋の人といわれる平井 加尾が愛した庭、そちらでのお食事でした。
お上品に、さっぱりと・・・。
おなか一杯。

おなか一杯のまま愛媛県、道後温泉にむかいます。
温泉、温泉・・・                       つづく

2016年10月27日18:57大名旅行
PermalinkComments(2)TrackBack(0)川越第一ホテルについて | ひとりごと
年に一度の大名旅行に行ってきました。
川越の代表的な百貨店主催の旅行・・・今年は南国高知と愛媛の道後温泉と尾道。
すごい強行スケジュールでありました。

高知では代表的名所、台風の時に実況中継される “ 桂浜 ”  浜で結婚式の写真など撮っていた。
坂本龍馬の像の前で記念撮影・・・ パシャ 
とさいぬパークで土佐犬の赤ちゃんを抱っこ ❤ 
10か月の土佐犬は私の身長など軽く超えている 
子犬は超かわいいけど、行く末を見ると飼いたいとは思わない・・・ごめんね 

その日の宿は室戸。 高知県の右端、台風がかすめたりして波の荒いところ。
宿は今評判の “ 星野リゾート ” でございます。
夕食はイタリアンのフルコース、おなか一杯。 
朝食もバイキングでは無く、おなか一杯。 

ガラス張りの部屋からは波の荒い海だけが見える。
台風の時、怖いんだろうな〜なんて思ってしまった。 (予約があればお泊りがあるのだそうです)
でも、ゆったり過ごす人々には快適かもしれない。
プールもあるし、読書コーナーもあるし(お茶は自由)  

スタッフの出身地はさまざまで、東京から、埼玉から、地元から、また各地の星野リゾートに移動している様子。
とても感じがよく、スタッフ同士の距離感が心地良かった。

部屋を出るとそこは外なので、台風の時なんかに隣の部屋に行くのも大変かも、と心配してしまった。
リゾートホテルはそんなものでしょうけど、ね。
晴れならサイコー 

こういった機会が無ければほとんど利用しないだろうと思うので、別世界を味わわせていただきました。

さて、翌日は高知に戻って “ 高知城 ” にのぼります。                 つづく・・・

※写真が無いのはアップロードの仕方がやりにくくなってしまったから。
 想像してくださいませ。