米国ナースプラクティショナー(NP)になるために

アメリカの看護大学院に通っていました。Board certified ナースプラクティショナー になれるように勉強中。日々のこと、勉強のこと、アメリカの看護大学院に入るまでの過程、アメリカの医療職や日常について、研究や、将来の仕事のことなど、順序は関係なく、気ままに書いていきます。

留学を考えている人もいろんな背景があり、

どのようなことが将来、海外でやってみたいのかも

もちろん多種多様だと思います。

英語力を付けたいのか、

海外生活をしてみたいのか、

何か学びたいものがあり、海外でないとないものがあるから渡航するのか、

それともいずれは海外で就職をしたいから行くのか、

誰か良い人がいないかな?と思って気軽にくるのか、

日本での生活に疲れたから、楽しむために海外に来てみるのか、

などなど。

いろんな想いと希望があると思います。

別にどんなきっかけでも自分の意思であるなら、

それでいいのだと思います。

私は日本の病院で看護師として働いていた時、

英語を勉強することはありませんでした。

それにも関わず

最終的な留学目的は

アメリカの大学院で勉強したい、と思い

働いている間、貯金を続けて

勢い任せで渡米しました。

日本では限られた情報と英語力だったため、

自分でも予測が全くできず

期待もあれば不安もある中での単身渡米でした。

当時、留学歴は全くありませでした。

小学校から看護大学まで日本語でずっと教育を受けてきました。

帰国子女に憧れていたり、交換留学生に興味をもったりしたものの

両親はパスポートすら持っていないような家庭だったため

家庭環境は海外向きでもなんでもなかったと思います。

ただただ好奇心で自分で考えて自分で計画して

やっと人生初の留学を決意したのは日本で社会人になってからです。

仕事はやりがいはあったため

そのまま続けるのに不満はありませんでした。

しかし、あえて辞めて、何もわからないまま

一人で計画をして行動して、

いろんなものをかなり失いましたが

それでも 渡米しようと決めて、諦めないで行動したことは

今でも一切 後悔はなく、良かったと思ってます。


私の場合、渡米してから最初に行った学校は 語学学校 でした。

一番しやすい留学形態の一つかといえるでしょう。

この語学学校の時期は何も知らない土地勘な上に

英語もおぼつかない私にとっては

逆に留学生同士でワイワイするのは良かったのかと思います。

しかし、それでも、

もし過去の留学を考えていた頃の自分の会えたなら

今までの経験を踏まえた上で、

過去の自分に、

アドバイスとしてできることは

将来の大学院への進学を考えているなら、

たぶん

「語学学校には行かないで、すぐにCommunity Collegeに入った方が良いよ」

だと思います。

もちろん英語力があれば

すぐにTOEFLとGREそしてNCLEX-RNを受けて高得点を取れたならば

お金も節約できてすぐに大学院に入れて良かったのでしょうけど

全く持ってそのレベルには達していなかった上に

環境的に追い込まれないとやらない方なため、

基本的に怠け者タイプだった私では、

たぶんいい点数が出ないで 終わっていたかもしれません。

ナースプラクティショナーの大学院では

自国でしっかり英語の高得点をTOEFLで取り、

アメリカでの留学はナースプラクティショナーの大学院が初めてなんだぁ

という人たちもいました。

本当に尊敬の一言です。

話をきいてみたら、自国にいた時から英語を使いながら働いていたとか、

もともとアメリカに留学するつもりで早くから準備をしていたとか、

看護大学の教育も自国では英語で行ったなど、

英語に浸かる環境があったことも伺えました。

人それぞれ、いろんな経路で目標に到達することを

やはり誰もが何等かの形で努力をしているんだなぁと感じました。


さて、私はといえば

アメリカに来てからは、いろんな人たちと出会い、

経験をきいたり、実際 学校に足を運んで聴きに行ったり、

在米歴の長い方たちの話などをきいているうちに

日本で大学を出ていたけれど

Community Collegeに行くのもありかなと思うようになりました。

留学生だと働けないため、勉強を選ぶ以外の道はありませんでした。

やはり自分の英語力がものすごく壁であり、

その国にはその国なりのやり方があるんだろうと思うようになりました。


上記でも書いた通り、誰もが違った目標や

別にそんな目標なんて別に立てなくても

留学はできるものだと思います。

遊び感覚で来る留学でも、それを求めている場合にはありだと思います。

自分の決めたことなのであれば、他人がどうこういう問題でもないので。

アメリカに来てみて、そういった状況の方たちにも結構出くわしました。

アメリカに踏み込んだ瞬間からは、

ずっと勉強ばかり始めてきているため

なぜ自分はこんなに勉強を日が暮れてもしているんだろう、

海外生活を満喫したいと思ってきている人たちは楽しそうだな~

なんて横目で羨ましい想いもありました。

しかし、達成するまでどのような道のりを歩いたらいいかわからないけれど

どうしてもという強い想いのある目標があったため、

この目標があったから、どんなことが起こっても

ブレないで、その信念に沿ってここまで来れたのだと思います。



どんな形であろうとも、ある一定期間海外に留学するのは

物質的な高級ブランドを買う以上の、

誰にも奪われることのない人生経験であり(私の個人的な意見です)

一度だけでもいいから、勇気を出して、日本から出てみると、

自分自身が外国人という立場になるため、

たとえ日本に帰ったとしても

いろんなことが違って見えるといいチャンスだと感じます。

もちろん中には、その土地にご縁があって、移住なさる方もいるかと思います。

それゆえに 「何がいいかなんて本当のところ 誰にも わかない」気がします。

どんな始まりだっていい。

とにかく行動することが次なる道を開いていくと言えそうです。


でも、もし私のように進学をしたいという思いが強い場合

また機会があるなら合法的に少しでも働いてみたいと思うのであれば

(OPTという学生ビザの下に発行される労働許可証が1~3年間取れます)

語学学校を選ぶメリットは少ない かと感じます。

それも個人差があるから、私の書いていることは単なる一人の意見ですので

そう思わない人も多々いるとは思います。(責任は取りかねません)

また、このOPTとは自分がCommunity CollegeやUniversity,

もしくはGrad School(大学院)で専攻していたものと

関連性がある仕事に就くことになります。

OPTを取得する手続きは難しくないため、

別にエージェントに頼まなくても自力でやることができると思います。

単に、CollegeやUniversityにある留学課(International Student Center)に行って

そこには必ず係りとなっているスタッフがいるため、

その方と面接をしてアメリカ政府に提出する書類を揃えるだけです。

スタッフとの話し合いなどでお金を要求されることは一切ありません。

学校のスタッフですから、当然かと思います。

唯一、アメリカ政府に払う OPTの許可を申請する費用はかかりますが、

経験に勝るものはないかと思います。

そのため、例として、もしアメリカの歴史学を専攻していた人が、

NCLEX-RNに受かって看護師の資格をActivateできたとしても

看護師としてアメリカで働けるわけではないので、お間違えなく。

学校で取得した専攻と、仕事に関連性がないからです。

サイエンス専攻、そしてもちろん看護学専攻であれば

看護師として働けると思います。


では、この語学学校とアメリカのCommunity Collegeの大きな違いは何か

語学学校の場合クラスメイトは留学生のみですが、

Community Collegeは留学生もいますが、アメリカ人も多く

彼と対等に同じ授業を受けることになる、

といった点です。

また、Community Collegeといっても、

一度、大学を卒業してから改めてキャリアチェンジのために来る人もいるため

本当にいろんなタイプの学生がいて、彼らからも学ぶことがあり、とても有意義でした。

もちろんクラブ活動などもあり、アメリカ人の学生とも交流ができ、

もしリーダーシップを発揮したければ

Honor Society(名誉ある部活?学生が運営する組織のようなもの)もあり、

いずれ4年制の大学に編入したい人や、

大学に編入はしないで、必要な授業だけ受けて、

そのまま大学院に出願する人たちもいるため

こうした学業はもちろん簡単ではないのですが、

それ以外の進学の際にとてもプラスとなります。

でも語学学校ではないことです。


更には、今になってこちらのCommunity Collegeに

行きなおして良かったと思ったのは

Community Collegeで取得してきた授業、

解剖学や生理学、栄養学、化学、生物、微生物、数学、英語、スピーチなどの授業は

4年制の大学への進学や大学院進学への、可能性をグッと上げてくれました。

Community Collegeにも授業の一環として

ESL(英語を第二か国語とする人たちの)クラスがあり、

それらは全てアメリカの正規の学校の成績表に載ります。

結構、宿題も多く、真面目にやらないと落第する人もいたくらいでしたが

そこまで難しくはなかったです。

しかし、先生はかなり厳しかったため、語学学校とは雲泥の差だと感じました。

ただ、語学学校でも大学付属の Extensionと言われるESLの学校があるのですが、

その場合は結構厳しいと聞いてます。


Community Collegeに入るのは

アメリカ人や高校をアメリカで卒業した人なら 簡単に入れます。

それ故に、

昔はよく「アメリカの大学に入るのは簡単」と言われていたのだと思います。

でもアメリカにもいろんなタイプのColleges, Universities があるため

一概に「簡単に入学できる」と言えるか否かは、

経験者でないと、その区分けがわからないのではないかと思います。

おそらく今や『アメリカのある一定の大学は入学が簡単』

と言う時代ではない気がします。

どこでもいい、専攻科目は何でもいい、となれば

たぶんそこまで厳しくはない大学もあるのは事実かとは思いますが

Community Collegeに通ってみて

周りでは 本当に競争率の高い4年制大学への編入を

考えている人たちも多かったため

本当に厳しいんだなぁと痛感しました。

もちろんCommunity Collegeに通う他の理由の一つは

やはり学費が4年制大学よりも

圧倒的にお手頃なのはあるかと思います。

皆、アメリカ人の子たちは仕事を掛け持ちながら

学校に通っている人がほとんどな印象でした。

今は留学生に対しても、アメリカ人に対しても、

Community Collegeであれ、どんどん学費が上がってますが

かつて昔は無料だったそうです。

また、いくつかのCommunity Collegeに行ってみて、

Community Collegeの間でも、レベルの差はあると痛感しました。

先生の質や学生のモチベーションや質なども含めて。

たとえ、初日のクラスが教室に入りきらないくらいの学生がいたとしても

Community Collegeでは途中で辞退できる期間があり、

気づいたら半分になっているということもあります。

学生が先生と合わない、だとか、

最初に第一回目の試験を受けてみて、

点数が悪かったからこのまま続けてもA(90%以上)が取れないからやめるとか

クラスメイトもいろんな形でどんどん来なくなっている子たちもいました。

逆にとてもモチベーション高くやっている子たちもいました。

私は留学生という立場上、アメリカ人ができることができなかったため

授業料は留学生の場合アメリカ人の払う額の10倍かかったため

何が何でもどんな点数であれ、最後まで取り続けていました。

また、途中で辞退するといっても、授業のUnitsが12以上でなければ

留学生の場合、合法的にアメリカに滞在することができません。

18単位とっていて、うまくいかないなどの理由から辞退する際には

6単位までなら落とせるけれど、その代わり、早くそれをやらないと

お金を捨てることにはなるけれど、12単位は守れるため、

アメリカに滞在することはできることになります。


正直なところ、アメリカに来るまで上記のようなことは

全く知らず、アメリカのCollegeに入ってから、

こうしたこと、そして教育システムの現状を知りました。

私もCommunity Collegeって単なる短大?とか

アメリカって大学入るの簡単なんでしょ、と思っておりました。

無知ほど怖いものはないですね。

日本の看護大学は大変さはあれど、

アメリカよりは、なんとかなる授業ばかりでしたが

(少なくとも私の場合、試験はいつも一夜漬けばかりでした)

アメリカの場合は口が裂けても簡単とは言えません

一夜漬けなんてしたことがないです。

おそらく全て英語で行うという点でも

日本語でずっと教育を受けて来た日本人としては

ハンディになるのかと思います。


因みにCommunity Collegeの場合に関しては

入学試験がありません。

別に高校の時にF(落第点)だろうが、どんな成績を取ろうと関係なし。

本当に誰でも入れます。

ただし、留学生の場合、TOEFLのスコアが40点台が必要だった気がします。

例えば最近の情報として

こちらのCommunity CollegeではTOEFL 45、IELTS 5.0 などが要求されるようです。

https://www.bmcc.cuny.edu/admissions/international/apply/

個人的な意見になりますが、

どんなに語学学校で下から数えて早くても

TOEFL 40点台はそこそこ取れてしまうなと感じました。

45点が求められている場合、

1つのセクションにつき25点中、

12点が取れていたら12点 ⅹ4セクション=48 点になります。 

別にReading 12点、Listening 11点、Speaking 9点、Writing 13点 でも

合計45点になります。

もしも、英語が大嫌い、大の苦手であり

この点数に達しない場合には、

語学学校(大学付属のものでなくてもOK) に通うと、

その語学学校の最高レベルのクラスに行くと

(誰でもエレベーター式で行けるため、簡単かつ確実です)

その語学学校と提携しているCommunity Collegeがいくつかあるため

TOEFL45点が取れなくても、最終的にCommunity Collegeに入れるという

裏技もあります。

あまり構えなくても、できなくても、

必ずどこかで目標に繋がる道というものはあるものです。

諦めなければ。

Community Collegeに入る際、

最初に課されることとして、

数学と英語のレベル分け試験があります。

コンピューター室に連れて行かれ、そこがテストセンターとなっており、

その結果で入学時に どの英語と数学のクラスを取るかが決まります。

Replacement Test と言われています。

参考までにシアトルにあるCommunity Collegeの情報を見つけました。



その他のクラスの場合は、どのくらいクラスがあいているか、

また、そのクラスを取る前に、要求されているクラスはしっかり取得しているか

などの因子があります。

もし数学が得意なら、すぐにCollegeレベルの数学のクラスが取れるのですが

もし不得意でも、それぞれのステップ(高校レベルのもの)があるため、

いずれCollegeレベルに到達し

卒業のレベルに達することは難関ではありません。

また、英語力も、もし得意でいいスコアを輩出したならば

すぐにCollegeレベルのクラスを取ることができます。

Community Collegeを卒業するにあたって、

いくつかの数学と英語の授業を取って

落第しない成績(C:70%以上 、GPA 2.0)さえとれば 誰でも卒業できます。


振り返ってみると決して私の経験は 無駄だったとは いえませんが、

もしもっと日本にいた時に情報があったら、

もっと違う方法で学校に行っていたと思います。


それ故に、当時、日本で看護師をしていた自分に出会えたなら

たぶん、語学学校に通うことは勧めないで

Community Collegeにすぐ通うようにしていたと思います。


もし将来、看護の大学や大学院に行きたいと思うのであれば、

もちろん英語力が問われますが

始めの第一歩として語学学校に通うことを考えているならば、

どこか頭の中でCommunity Collegeに入る方が将来性が広がるということを

お伝えしたいと思い書いてみました。

私の経験からのコメントです。

Community CollegeはUniversity よりも学費は安く、

さらには、卒業ができたら1年間働けるOPTが貰えます。

でも語学学校では不可能なわけです。

これは結構大きな差だと言えそうです。

しかし、もし既に英語力が 大学や大学入学レベルに達している方なら

すぐに直接大学、大学院に出願することが一番だとは思います。

少なくとも 私のような遠回りには ならないで済みますので。

苦労の過程も悪いものではないと個人的には思ってます。

少なくとも 継続的な惜しみない努力学びたいという情熱があるから

なんとかここまでやってこれている私の感想です。



注:私はエージェントはないため、プロとしてのアドバイスをすることはできません。
  一個人の経験による綴りになっているので、ご理解宜しくお願いします。
 

サンタクロースもいろいろな人種が。
アジア系、ラテン・ヒスパニック系、アメリカンインディアン系なども
そのうち出て来るのかな?!


Santa two




ブログランキング・にほんブログ村へ

アメリカのナースプラクティショナー組織からメールが来ました。

アメリカで初めてナースプラクティショナーを発足した方が

ロレッタ・フォード Loretta C. Fordさんという方で

もともとは小児科医が足りていないことから

ナースプラクティショナーという役割が始まり、

最初のナースプラクティショナーのスペシャリティーは小児科でした。

今ではいろんな専門性が増えており、

ナースプラクティショナーも医療界では活躍しているといえます。

因みに、コロラド州にて最初のナースプラクティショナーのプログラムが立ち上げられました。

その方から直接、ある組織のメールを通じてメッセージが来ており、

なんと今年で100歳になるそうです。

誕生日は12月28日で現在は99歳。

素晴らしいご活躍とパワフルさに感化されてます。

まだ先になりますが、非常におめでたいことだと思います。

やや早めではありますが

百寿のお誕生日、おめでとうございます、ロレッタさん。




ブログランキング・にほんブログ村へ

今、進めていることがなかなかうまくいかない。

本当にどうしたらいいのかわからなくて、

昨日は頭が上手く回らなくて放心状態だった。

全ての教育者が、学生を励ましたり、支えたり、

応援する人たちばかりではないことを更に痛感した。

それでも、いい先生たちとの出会いはあるため、

いろんな経験ができているのはありがたい。

今は、別の方法でいろいろ進めているものの、

どうしてもネックなことが生じてしまい

それが一体どうなってしまうかで、

自分の将来が変わっていく気がする。

勉強したいけれど、それ以上に優先度が上がってしまった、山のような問題。

挫けている場合ではないものの、心的にかなり凹んだため、

空回りしている部分もある。

でも、悩んでいても何も状況は変わらないため、とにかく仕方ないから

否が応でも現実を受け止めて、とにかく動いている。

時間、期限が迫ってきている。

しっかり深呼吸して、気持ちを整えて、必ず道はあると言い聞かせているところ。

チャレンジしたことのないことをやろうとしているゆえに、

保証はないしどうなるかもわからない。

かなり緊張はするけれど、でもやっぱりやってみようと思っている。

とにかく、閉ざされつつある今の状況を少しでも上向きにしていきたい。

なんだかこういう時ほど、周りが優しく感じる。

たまたま友達が連絡をくれたり、他の人が小さな幸せを分けてくれたり。

本当にありがたい。いろんな人に支えられているんだなと感じる。

だからこそ、めげている場合ではないんだと思った。

とにかく、自分の凹んだ気持ちに負けないように。

あとどのくらいしたら終わるのか。

今年いっぱいかかってしまいそうだけど、仕方ない。それが優先だから。

自分だけではコントロールできない部分が多いこともあり

無力さを感じる部分もある。

何でもそうだと思うけれど、何かやったことのないことに

チャレンジするのはラクなことでないと体感している。

でも、それでもやってみる。




ブログランキング・にほんブログ村へ

あまり人の悪口だとか陰口は好きではないので

悪いことがあったり、腑に落ちない腹立たしいことであっても

なるべく深く考え込まないで、気持ちと頭を切り替えるようにしているのですが

今日は人生の中でもかなりワースト5に入るくらい衝撃的な出来事があり

本当にビックリしてしまい、開いた口が塞がらなかったです。

特別な日に、とてもショッキングなことがあったため、一生忘れないと思います。

逆にその人の言動を観察して、今までのことも含めて感じたことは

その方は、きっとご自分が幸せに感じることがあまりないから

他人にも協力できないし、そんなことをするくらいなら

潰すことを選ぶんだなとわかりました。

もちろん口調では良い感じに言って下さり

「私はあたなのことを娘のように思っているから こう言っているんだ」と。


架空な例え話になるのですが

私が「イギリスに留学したい」と決めたとします。

イギリスに行くのにビザがないと行けないため、

大使館に行き

ビザを発行して欲しい、とお願いするとしましょう。


そしたら、その大使館の方が

「そんなことしたら危ないから、

イギリスに行くのは諦めて、

ノルウェーに行った方がいいですよ」と助言してくる。


「イギリスに行く意味はない上に、

時間もお金も無駄になるだけです。

私はもう過去に 何人もの人が

そう言っているのをきいてきた。

でもノルウェーに行ったら、

その後のチャンスはあるし、

もっとできる幅が広がるから、

お金をかけていくなら

100%ノルウェーに行くことを勧めます。

それ故に、もしあなたがノルウェーに行くというならば

ビザは発行しましょう」、といった感じです。

加えて、念押しのように

「今まで私は誰一人に対して

”イギリスに行くためのビザ” は発行したことがないです」

とまで言われました。

自分が今まで頑張ってきて、

いよいよ条件がそろって来たかなという段階で

全く自分の目指していることとは

180度 違うアドバイスをされたら、どう感じるか。


ノルウェーに行くとなったら英語力はもちろんのこと

プラスαでやるべきことがでてきます。

そこで私が訊いたのは

「ではその準備期間、そして留学できるビザも発行されて、

いざノルウェーに行ってから、留学を終えられるのに、

もっと時間がかかるとなったら、どうすればいいのですか?」でした。

すると、その方は

「そういう時は、日本に戻って、日本にいる間に

全部自習して、いざノルウェーに留学するだけの準備が整ったら

苦労も少なく、短期で卒業ができるだけの能力がついていることでしょう。

ノルウェーの学校でのカリキュラムはその頃には簡単に感じると思うから

心配する必要はない」

と断言されました。


本当に本当にビックリしました。


単刀直入に言うと

「あんたなんかのために協力するわけないでしょ」ってことです。


あと、その方は、

私がこれからやろうとしていることを したことがないため、

言っていることに情報不足なこともあり、

その方があたかも論理的に語っているつもりなのはわかりましたが

それをあえて指摘するのも時間の無駄だと思い、

ただ流して聴く側にまわっておりました。

この方はこんなにも知らないのかぁ、

もっといろいろ知ってる人で理解できる人かと思っていたと

正直私の期待が大きかっただけに

しょんぼりしてしまいました。


因みにその方は、

イギリスにも留学したことがない上に、

ノルウェーにも行ったことすらないのです。

なかなか幸せでない人、人生に満足していない人というのは

他人のために協力できる器はないんだなと痛感します。

しかし今回は、

彼女こそは!と思っていたくらい適した人の一人であったため、

依頼をしたのですが。

私のように過去の学生から頼まれることは絶対にあると思うのですが、

とにかく私には対しては協力しないって決めていた感じがしました。

当時は真逆のことを言ってくれていたため、

お願いできるものかと思っていたのですが

わからないものですね。

お陰でいい人生勉強になりましたし。反面教師だなと感じてます。

詳しいことが今は書けないのですが、

そんな予期しないこと、その方からの反応があっても、

正直、自分の人生はその人の助けがなくても

他の方法で進めて行けると思っているので

すぐに切り替えていこうという精神面は鍛えております。

きっとその方にもいろんな事情があったのかもしれません。

人間は感情のある生き物ですから、

もしかしたらタイミングが悪かったかもしれないですし。

他人は変えられない。

自分がどんどんそうした変化球を投げられても

ボールに当たることなく交わしていく必要がありそうです。

今日はうまくいかなかったけれど、そんなボコボコとした障害のある道を進むのも

人生ありかなと感じてます。

Tree
ミニクリスマスツリー




ブログランキング・にほんブログ村へ

ナースプラクティショナーの大学院を卒業したら

どこか看護学会に自分の論文を発表したいと思っており

全くスムーズに事は進むことなく、月日が経ち、報われない労力も使い、

それでも やっと今日、

提出したパワーポイントも訂正は求められることなく採用となった。

本当なら別の学会で発表したかったけれど

コロナゆえにキャンセルになったり

最初は採用するという連絡すらこなくて不消化な日々だった上に、

更なる壁にぶつかり

一体、自分は何をこんなにも1人でもがいているのだろうと

逆に苦笑してしまうこともあった。

この学会発表って誰かに頼まれたわけでもなく、

単なる自分の満足度を上げるようなもの。

百歩譲って、誰か学会の方たちが少しでも興味をもってくれたら

更にやった甲斐はあるとは思うけれど、正直それはあまり期待してない。

別に誰かに評価して欲しいという期待もなく、

教授が点数をつけるものでもないため かなり気が楽。

自分がやっていることを自分で

「いや~挫けないで頑張ったよな~」くらいに思っているだけ。笑

上手くいかなかったエピソードなどは こちらです




論文を制作するといっても様々なレベルやデザインがある。

私の研究デザインはシステマティックレビューなため

自分で何か1からデータ収集を始めて、分析をしてきたわけではないけれど

でも、いくつもの文献を分析するという方法もなかなか面白いと思った。

せっかく修士学生の間に

時間と労力をかかてやり続けて来たからには

何らかの形にしたいと思っていた。

やや気を揉みながら、学会から「やり直しです」との連絡が来たら

またそれに時間が取られるなぁと思いながら過ごしていたものの、

その心の準備を時間配分も考えていたものの、

「確定した」との連絡を頂き、心が軽くなりました。

やっとだ。

感慨深いものがある。


さて、残りの日も、自分で課した別の様々な課題があるため

コツコツやっていこう。

いろいろ念入りにやっているけれど、どうなることか。

ダメならまた別の計画を立てて、できるまで やり続ければいいだけのこと。

That's about it 




ブログランキング・にほんブログ村へ

↑このページのトップヘ