以前までは アメリカの正看護師の免許は、

2年ごとの更新の度に クレジットカードのサイズの免許が郵送されていた。

しかし、現在はエコを考えて更新後、免許のカードを郵送することがなくなり、

直接Board of Nursing(看護協会)のウェブサイトにアクセスし

そこから免許がネット上で見られるようになっている。

必要時には、自分でプリントアウトをするなり、PDFファイルとして保存し、

それを実習先や雇用先に提出することもある。

さて、いよいよ今年の12月末までに更新をしなければならない時期がやって来た。

それは忘れていなかったものの、念には念をとでも言おうか、

Board of Nursingから葉書が届き、更新を忘れないようにとの連絡が来た。

最近はBoard of Nursingのサイトで自分のステータスを見ていなくて、

今日見てみたら 少し驚いた。

というのも、早い時期にナースプラクティショナーの資格が下りていたからである。

このナースプラクティショナーの資格は、

アメリカの看護大学院でナースプラクティショナーの課程を終えると

学校側が書類を送ってくれて、

また私たち学生もアプリケーション代を支払うことになるのだけれど、

それが済むと、資格が発行される。

たしかに つい先日、ナースプラクティショナーの資格とファニシングナンバーの

2つの賞状が郵送され受け取ったばかりだった。

まるで日本の正看護師や保健師の資格である、賞状のようなものだった。

そして懸念していたことが起こった。

なんとまだ最近 NPの資格を取ったばかりなのに

もう更新の時期だとのことで、支払いを迫られた。


初期のナースプラクティショナーのアプリケーションと

ファニシングナンバーという薬を処方する際の番号の申請をした時には

合計額が900ドルだった。

まだ1年も経っていない上に、

更にはナースプラクティショナーとして働いていないのに

正看護師の資格が更新の時期だから、それに合わせてナースプラクティショナーの資格も

更新しなさいとのことだった。

なんたるボッタ■■ なんだろう。

このナースプラクティショナーの資格の場合、

更に継続教育の申請をしなければならないのか懸念していたものの

それは必要なく、正看護師の資格の更新の時だけ必要であることがわかった。


おそらくビジネス的な考えなのだろうと思わされたのは

正看護師の更新代の方が高くて、

ナースプラクティショナーの資格の更新代の方が安かった。苦笑

(ただしこの場合、ファニシングナンバーは別料金の際のことを話しております。)

アメリカの正看護師さんたちは、働く場所や経験にもよるけれど

ナースプラクティショナーよりもお給料がいい人たちが結構いる。

正看護師で十分な収入があり、キャリアもあり、なぜわざわざ苦労して

ナースプラクティショナーの学校に行き、

経験豊富な大病院やベテラン病院(退役軍人の政府の管轄にある病院)、

有名な医療機関(カイザー)などで働く正看護師の給料よりも安くて

責任感も重いナースプラクティショナーになるのか、

意味を見出せないとの話も耳にする。

たしかにいろんな見方があるから、その人たちの言っていることもわかる。

私の通っていた学校の先生たちが言っていたのは、

最初の10年はとにかく期待はできないけれど

最終的に継続して働いていると良くなるとのことだった。

きっとこれは個人差もあるのかもしれない。

お金のために働くのか、自分のスキルアップのために働くのか、

目標や価値観に近いものがどちらなのか、などによって選択肢も変わるのだと思う。

また、正看護師の方が更新料が高い理由として考えられるのは

総体的な正看護師の人数の方が圧倒的にNPよりも多いから、

そちらを高く使用という魂胆もあって免許の更新料が高いのかな?とも感じた。

今回は、正看護師、保健師、ナースプラクティショナーの資格、

そしてファニシングナンバーの合計更新額は およそ600ドルちょっとだった。


今回、正看護師の更新にあたり、CE (Continuing Education)という継続教育のコースに

使用したのは学校の成績証明書。

最近2年以内のCEのクレジットを提出することになっており、

アメリカの看護大学、看護大学院の授業1つだけでもCEのノルマは達成できる。

また看護の専攻ではなくても、Community Collegeなどで取ったサイエンスの科目であれば

適応することもあるため、もしアメリカで看護以外の専攻を学校で取得している際には

わざわざ 改めてどこかにお金を払ってコースを取る必要はない。

成績証明書だけBoard of Nursingのサイトでアップデートすれば十分。

また、無料でもCEの単位、時間を稼ぐことができるサイトもある。

こちらの記事で紹介してあります。宜しければ参考までにどうぞ。

ひとたび正看護師になってアクティベイトをして、

特に犯罪や飲酒運転で捕まるなどを起こさなければ、

アメリカの看護師の免許を維持することは難しくない印象を受けている。

おそらく病院などでフルタイムで働いている看護師さん達であれば

きっとCEのコースを提供されるのではないかと思う。

更新料は本当にばかにならないと思った。

He
可愛らしいシャンプーとコンディショナー。





ブログランキング・にほんブログ村へ