アメリカの野球チームの中でフロリダ州のマイアミには

マーリンズ Marlinsというプロのチームがあります。

かつてはイチローこと鈴木一朗も2017年までは所属していたチーム。

このチームがこの度、歴史的に初めて

女性のジェネラルマネージャーを選びました。

Kim Ng キム・エヌさん とおっしゃるようです。


彼女は野球界に置いて、裏方として様々な活躍をしてきた人。

この上記の記事によると、最も近年でMLB メジャーリーグ野球 の

野球界のシニアー・バイス プレジデントを9年間勤めてきているそうです。

彼女は野球界のマネージメント(経営)において、

アジア系アメリカ人の中で最高位のランキングを保持しているのだとか。

例えば、今まではアシスタント(補佐)マネージャーとして

ニューヨークヤンキースやロサンゼルスドジャースなどでも働いており、

チームの勝利を導いた形跡があるようです。

女性であっても活躍できるアメリカのこういった環境は

本当に素晴らしいと思います。

女性だろうが男性だろうがその人に能力と実績があるならば

チャンスがある国なんだなと感じました。

もちろん今でも女性というだけで、

雇用時のお給料が男性よりも低いという話は聞きますが

そういった時代も段々と変わってくるのかと思います。

女性の生き方の多様性とでもいいましょうか。

さて、この記事にあるESPNというスポーツ番組の人が語っていたのは

通常は野球のプレーヤーとしての経験のある方たちが

マネージャーになる傾向にあるものの、

野球は結局のところ 数学 だからと言っていたのが印象的でした。

野球を見るのが好きなので、これからどこかで彼女の姿が見れるかな?

因みに、こんなコロナ渦中でどんよりとしている最中、

野球のメジャーリーグ界でもワールドシリーズが行われておりました。

今回チームを勝利に導いたロバーツRoberts さんは

日本の沖縄、那覇で生まれているそうです。

たぶん米軍基地でかな?

なんだか来年の野球界が楽しみです。

ではまた現実逃避はやめて、やるべきリストを片付けに戻りましょう。





ブログランキング・にほんブログ村へ