Board Examの勉強の中で

口内炎 (口腔粘膜炎) に効く薬を一度は耳にしたけれど、

まさか 本当にそういったものが存在することは、知りませんでした。

実習先で処方したプリセプターは一人もいなかったなぁ。

その薬の名は

『ミラクル・マウスウォッシュ』もしくは『マジック・マウスウォッシュ』と言います。

こんな おちゃらけな名前でいいのかな、と思ったのが最初の印象。


このミラクル・ウォッシュは市販薬のものもあれば、

処方によって手に入るものもあります。

日本にもあるのかな??

人生で何度も口内炎になったことはあるけれど、

特にこれといった薬を処方してもらうことは一度もなく

そのうち治ると思って放っておいていたため

こうした何気ない症状に対しても薬があることを知り

改めて 不確かなことを詳しく 知るのは面白いと思いました。

口内炎でもかなり深刻なものもありますからね。

特に、がん患者さんに対して使われていると説明書きがされており

治療に伴う副作用の中に深刻な口内炎を訴えて来た方たちを思い出しました。


この ミラクル・マウスウォッシュ には

リドカイン塩酸塩 + ジフェンヒドラミン(抗ヒスタミン)+ マーロックス という制酸薬が

1:1:1の割合で配合されております。


なんと、愛する犬を飼われている方にも朗報があります。

同じ名前の『ミラクル・マウスウォッシュ』が存在するようです。

配合されているものは違う上に、

人間の場合には、ミラクル・マウスウォッシュ OR マジック・マウスウォッシュは

飲むものではなく、口の中で少し溜めておいて吐き出すというのが用途ではありますが

犬の場合には 別の用途(口内炎ではなく)で売っているようです。

ちなみにこの愛犬用の商品の場合には、飲み水に入れてそのまま飲めるそうです。

口臭が取れたり、歯磨きも必要なく、歯も白くなると書かれております。笑


これを使用すれば アメリカの犬たちもの

口を開けた時に 白い歯がキラッと輝かしいものになるのかもしれませんね。



ブログランキング・にほんブログ村へ