DNPって何ですか?

このDNPはDoctor of Nursing Practiceと言います。

看護の学位の中で最高レベルにあたるものの1つです。

その中の1つということは他にもあるのでしょうか?

はい、いくつかあります。

今回はあえて看護界で最高レベルの学位の主流である

Ph.DとDNPだけに絞って語っていきましょう。

まず初めにPh.DとDNPは全く違うものだとお伝えしたいので

Ph.Dのことから話します。

これは Ph.D とは Doctor of Philosophy と言います。

この学位は どの分野であっても学術的な最高レベルの学位になります。

例えば、

看護学を専攻する場合にはDoctor of Philosophy (Ph.D) in Nursing 

生物学専攻ならDoctor of Philosophy (Ph.D) in Biology.

文学専攻ならDoctor of Philosophy (Ph.D) in Literature.

つまり看護のみならず、

他分野の最高レベルの学術的なレベルがPh.Dであると言えます。

現在、友達数人がこのPh.D in Nursing に通っているのですが

話を聴いていると、

「とにかく勉強が好きな人がたくさん集まっている」と言ってました。笑

何か1から自分でデータ収集をして日々感じる疑問を

研究テーマとして分析してみたい、改善策を

自分で編み出したいと思っていらっしゃる

パイオニア(開拓者)のような方にお勧めです。

また将来、教鞭を執る方たち、研究に従事していきたい方たち

にも向いていると言えます。


では、DNPの場合にはどうか?

このDNPはよくよく見ると
 
Doctor of Nursing Practice と書かれていますよね。

つまりDNP=NP(ナースプラクティショナー)とは一概に言えません

このDNPとは学位のことを指しており、

日本語でいうところの看護実践博士号であり、

ナースプラクティショナーという資格のことを指していません。

ではどのような人たちがDNPの学位を取得できるのか?

アメリカの看護大学院のサイトに行くと、

主に3種類のコースが目につきます。

1)ナースプラクティショナーの資格をもっており、

かつ修士号(MSN)を持っている人がDNPを取るコース。

2)ナースプラクティショナーではなく

正看護師 RN としてマネージャー(主任や師長)レベルで働いている人たち、

専門看護師 CNS の領域で活躍している人たち、

Certified Registered Nurse Anesthetist (CRNA) 麻酔看護師の方たちや、

助産師さんであるCNM (Certified Nurse Midwife) の方たち

看護教育の修士を保持されている方たち

なども進学することができます。

もちろんマネージャーレベルでなくても入学資格はあります。

何を研究したいかが鍵のようです。

ゆえに、看護学士 BSN を持っていれば

看護学修士号 MSN がなくても入学条件が満たされており

臨床での経験を重視されている傾向があります。


3)ナースプラクティショナーや麻酔看護師になりたい、かつDNPも取得したい場合、

この看護学士 BSNから直接DNPになれるコースが急激に増えています。

つまりMSNは要されないですぐにDNPとなるわけです。

通常、フルタイムの学生であればDNPのコースは最短で3年で取れます。

この場合には、正看護師でBSNだった人たちが

3年後にはナースプラクティショナーもしくは麻酔看護師の資格が取れるのみならず

学位が最高レベルであるDNPの看護臨床博士を授与することができます。

今までならMSNで2~3年通って

ナースプラクティショナーや麻酔看護師になっていたのが

今ではDNPというコースだけで3年のみでOK。

もちろんパートタイム学生として少数のクラスをゆっくり取る場合には、

おそらく3年+αになるとは思います。

既にアメリカでの労働許可がある方ならできることだといえるのですが

留学生として学生ビザ(F1 Visa)で通う場合、
 
  学校によっては学生ビザでは受け付けないという学校もあります。

  しかし、規制を出してくる学校もあれば、

  留学生でも受け入れるという学校もあるので

  諦める必要は全くないと思います。


さて、このDNPの学位を取るのに一体何をしたら学位授与できるのか?

私もやったことがないのでわからないのですが

調べたり、修士学生だった頃、DNPの学生がいたので聞いたところ

自分が興味のある研究テーマを働いている現場に重視しているそうです。

既存する最新の根拠に基づいた論文を調べ上げて

そこから自分の働いている現場で問題となっていることを

どうしたら改善できるかを

研究論文や理論を用いてどう改善できるかなどをすると言っていました。

現場でデータ収集を取り、

介入前と介入後にどのような結果が出たか、

つまり臨床の現状をさらに良くしていきたい、

それにはどう研究を現場に投入するか。

研究を行うという上でどちらの学位も変わりはないのですが

Ph.Dの方が学術的なものであり

DNPの方が臨床に即したものだと言えそうです。

(もちろんPh.Dの方たちの中でも職場の問題点を上げた

    研究をされている方たちもいます。)


DNPの学位を授与するのに必要なものは

合計の臨床実習時間が1000時間近く

(MSNでは500時間以上なのですが)

求められるということからもDNPは臨床重視なことがわかるかと思います。

ちなみにDNPの場合、

DNPプロジェクトという学位取得のための卒論を書くそうです。


余談になりますが、

私が当時、アメリカのナースプラクティショナーの大学院に入るのに

選択肢として修士号のナースプラクティショナーのコース(MSN)にするか

それとも博士号のナースプラクティショナーのコース(DNP) にするか

悩んだことがあります。

私立大学に3年間通えるかいろんな因子を考えて、

まずはMSNでナースプラクティショナーになれたらいいなと思い、

公立大学だけ2校 受験しました。

資金的なもの、そして看護師の資格のことなどいろいろ考えた上での結果です。

 最後に、

こちらのサイトがDNPまでの流れが簡潔に書かれてあります。

英語が得意な方やそうでなくても翻訳機能で一読されたら

さらにDNPのことがわかるかと思います。

AACNという看護組織からのものです。



なぜ今回この記事を書こうかと思ったか。

それはある方が全く違う回答でDNPのことを説明されていたためです。

実のところ、アメリカの看護の世界で働いている人たち、

かつアメリカ人であっても

DNPのことをわかっていない方たちがいます。

私もナースプラクティショナーのプログラムに入るまでは

なんだかよくわからなくて、とりあえず長い期間学校に行くってことかな?

くらいにしか思っていませんでした。笑

この記事を読んで

DNPとPh.Dは違うということをわかっていただけたら幸いです。

大学院の中にはDNP/Ph.D コースもあります。

これはDNPとPh.Dの両方の学位を授与することができるコースです。

一体どのくらいの年数がかかるのでしょうか。。。

以前書いた記事もご参考下さい。




さて、いよいよ来週はアメリカ ではThanksgiving 感謝祭。

店内ではTurkey 七面鳥が販売されてます。

残念ながら、今年はコロナゆえに、パーティーもなく

感謝祭もあっけないものになりそうです。

正直、自分の時間が必要過ぎて

逆にパーティーなどの集まりがないことが幸いしてます。

参加しようと思えばできるのかもしれませんが

この大事な時期に感染のリスクは取りたくないので

おとなしく家で勉強と書類と~。

あぁ1日が24時間では足りない!(なんでブログ書いとるねん)

TJ

最後まで読んで下さり 有難うございました。




ブログランキング・にほんブログ村へ