日本でもハロウィーンやクリスマスなどは盛大にお祝いされていますが

アメリカのように Thanksgiving Dayはなく、

祝うことはまずないと思います。

先週末、日本にいる親に、

「来週はいよいよThanksgiving Day 感謝祭だよ」、と伝えたら

「え?それって明日なの?」なんて言われたりして。

「いやいや、今年は11月26日の木曜日になるよ。
 
 毎年11月の第4週目の木曜日って決まっているんだよ」

なんてやり取りをしていました。

お店にもおひとり様用の七面鳥が売り始めております。

Meal

七面鳥は 私の個人的な意見になりますが、

鶏肉のささ身のような白身の肉の食感であるため 結構 気に入ってます。

今日、トランプ氏 がホワイトハウスに連れてこられた七面鳥に向かって

話しかけている映像を拝見し、

なぜか子どものようなあどけなさが垣間見られたのが印象的です。笑

今までずっとお世話になってきている

ホストファミリー達にお礼のカードを渡したくて

そして本当にわずかながらのプレゼントを準備しました。

Tk
彼ら彼女らは十分にいろんなものを持っていらっしゃるため

何かする必要もないかなとは思ったのですが、

やはり感謝祭の時期になると

今までずっと支えてきてくれている人たちに

なんらかの形で家族のように関わりたくなるものです。

もちろん今年は離れて暮らしているホストファミリー達に会いに行けないけれど、

せめてもの気持ちの表れ、といいましょうか。

別に感謝祭が「感謝をする日」なのではないので、あしからず。

印象として、感謝祭は、日本でいうところの元旦のような感じがします。

親戚や遠くに住んでいる家族一同が集まって

ワイワイと食事を共にするとでもいいましょうか。

その反面、アメリカの元旦ってかなり呆気なくて

1月2日からは普通に仕事も学校も開始なことが多いですからね。

因みに、今年はコロナの件数、死亡数が急上昇中なため

帰省は控えるようにと警告されています。

それでもある空港ではかなりの人が集まっており、

おそらく明日がピークになるのではとのことです。

今朝、読んだニュースをご紹介します。



記事をご覧になればわかると思うのですが、

 コロナ病棟での看護師 (RN) 不足なため

とにかく人手を集めるために 

サウスダコタ州 では週に$6200。

ノースダコタ州 では週に$8000支払う病院もあるそうで、

今の為替でいうと

1週間で日本円の83万6000円になるそうです。

それでも帰省される方が多いとなれば、

また感染者が増えるのではないかと懸念しております。

唯一の希望はCovid-19 に対する ワクチンが

いよいよ12月中旬ら接種できるようになるとのことです。

まずは医療者従事者優先と言われてます。



ブログランキング・にほんブログ村へ