留学を考えている人もいろんな背景があり、

どのようなことが将来、海外でやってみたいのかも

もちろん多種多様だと思います。

英語力を付けたいのか、

海外生活をしてみたいのか、

何か学びたいものがあり、海外でないとないものがあるから渡航するのか、

それともいずれは海外で就職をしたいから行くのか、

誰か良い人がいないかな?と思って気軽にくるのか、

日本での生活に疲れたから、楽しむために海外に来てみるのか、

などなど。

いろんな想いと希望があると思います。

別にどんなきっかけでも自分の意思であるなら、

それでいいのだと思います。

私は日本の病院で看護師として働いていた時、

英語を勉強することはありませんでした。

それにも関わず

最終的な留学目的は

アメリカの大学院で勉強したい、と思い

働いている間、貯金を続けて

勢い任せで渡米しました。

日本では限られた情報と英語力だったため、

自分でも予測が全くできず

期待もあれば不安もある中での単身渡米でした。

当時、留学歴は全くありませでした。

小学校から看護大学まで日本語でずっと教育を受けてきました。

帰国子女に憧れていたり、交換留学生に興味をもったりしたものの

両親はパスポートすら持っていないような家庭だったため

家庭環境は海外向きでもなんでもなかったと思います。

ただただ好奇心で自分で考えて自分で計画して

やっと人生初の留学を決意したのは日本で社会人になってからです。

仕事はやりがいはあったため

そのまま続けるのに不満はありませんでした。

しかし、あえて辞めて、何もわからないまま

一人で計画をして行動して、

いろんなものをかなり失いましたが

それでも 渡米しようと決めて、諦めないで行動したことは

今でも一切 後悔はなく、良かったと思ってます。



私の場合、渡米してから最初に行った学校は

語学学校

でした。

留学の中でも最も簡単な方法。

誰でもできます、資金があってビザさえ取れれば。


私の場合、語学学校の時期は

何も知らないアメリカの地で

英語もおぼつかなかったため

クラスメイトの留学生同士で

ワイワイするのは気持ちの上でも楽でした。


しかし、

もし過去の留学を考えていた頃の自分の会えたなら

今の私からのアドバイスは

将来の大学院への進学を考えているなら、

たぶん

「語学学校には行かないで、すぐにCommunity Collegeに入った方が良いよ」です。

もちろん英語力があれば

語学学校に通う必要もなく

すぐにTOEFLとGREそしてNCLEX-RNを受けて高得点を取って

大学院に入れて良かったのでしょうけど。

私は英語の勉強をしていませんでしたのでね、日本では。


アメリカのナースプラクティショナーの大学院には

母国でしっかり英語の高得点をTOEFLで取り、

「アメリカでの留学はナースプラクティショナーの大学院が初めてなんだぁ」

という子たちもいました。

話をきいてみたら、母国にいた時から

英語を使いながら働いていたとか、

もともとアメリカに留学するつもりで

早くから準備をしていたとか、

看護大学の教育も自国では英語で行ったなど、

英語に浸かる環境があったことも伺えました。

人それぞれ、いろんな経路で目標に到達することを

やはり誰もが努力をしているんだなぁと感じました。


さて、私はといえば

日本で大学を出ていたけれど

英語の貧しさに直面し

Community Collegeに行くのもありかな、と思うようになりました。

留学生ゆえに働けないため、勉強を選ぶ以外の道はありませんでした。

やはり自分の英語力がものすごく壁であり、

その国にはその国なりのやり方があるんだろうと痛感しました。


アメリカに踏み込んだ瞬間からは、

ずっと勉強ばかり始めてきているため

なぜ自分はこんなに勉強を日が暮れてもしているんだろう、

海外生活を満喫したいと思ってきている人たちは楽しそうだな~

なんて横目で羨ましい想いもありました。

しかし、達成するまでどのような道のりを歩いたらいいかわからないけれど

どうしてもという強い想いでもある確固たる目標があったため、

どんなことが起こっても

ブレないで、

その信念に沿って

かなりの遠回りを繰り返していますが

今現在に至るのだと思います。



どんな形であろうとも、ある一定期間海外に留学するということは

誰にも奪われることのない人生経験であり

一度だけでもいいから、

日本から出てみると、

自分自身が外国人という立場になるため、

いろんなことが違って見えるといいチャンスだと感じます。

もちろん中には、その土地にご縁があって、移住なさる方もいるかと思います。

それゆえに 「何がいいかなんて本当のところ 誰にも わかない」気がします。

どんな始まりだっていい。

とにかく行動することが次なる道を開いていくと言えそうです。


でも、もし私のように進学をしたいという思いが強い場合

また機会があるなら合法的に少しでも働いてみたいと思うのであれば

(OPTという学生ビザの下に発行される労働許可証が1~3年間取れます)

語学学校を選ぶメリットは少ない かと感じます。

それも個人差があるため、

私の書いていることは単なる一人の意見ですので

そう思わない人も多々いるとは思います。(責任は取りかねません)

また、このOPTとは

自分がCommunity CollegeやUniversity, Grad School(大学院)で専攻していたものと

関連性がある仕事に就くことになります。

OPTを取得する手続きは簡単であるため、

別にエージェントに頼まなくても自力でやることができると思います。

単に、CollegeやUniversityにある留学課(International Student Center)に行って

そこには必ず係りとなっているスタッフがいるため、

その方と面接をしてアメリカ政府に提出する書類を揃えるだけです。

お金を要求されることは一切ありません。

学校のスタッフですから、当然かと思います。


唯一、アメリカ政府に払う OPTの許可を申請する費用はかかりますが、

要はビザを取得するのと同じようなものなので。


例として、もしアメリカの歴史学を専攻していた人が、

NCLEX-RNに受かって看護師の資格をActivateできたとしても

看護師としてアメリカで働けるかは微妙なところです。

学校で取得した専攻と、仕事に関連性がないからです。

サイエンス専攻、そしてもちろん看護学専攻であれば

看護師として働けると思います、留学生であっても。


では、この語学学校とアメリカのCommunity Collegeの大きな違いは何か

語学学校の場合クラスメイトは留学生のみですが、

Community Collegeは留学生もいますが、アメリカ人も多く

彼と対等に同じ授業を受けることになる、

といった点です。

また、Community Collegeといっても、

一度、大学を卒業してから

改めてキャリアチェンジのために来る人もいるため

本当にいろんなタイプの学生がいて、

彼らからも学ぶことがあり、

とても有意義でした。

クラブ活動などもあり、アメリカ人の学生とも交流ができ、

もしリーダーシップを発揮したければ

Honor Society(名誉ある部活?学生が運営する組織のようなもの)もあり、

いずれ4年制の大学に編入したい人や、

大学に編入はしないで、必要な授業だけ受けて、

そのまま大学院に出願する人たちもいるため

こうした学業プラスαのクラブ活動は

もちろん簡単ではないのですが、

それ以外の進学の際に、とてもプラスとなります。

これは 語学学校ではないことです。


更には、今になってこちらのCommunity Collegeに

行きなおして良かったと思ったのは

Community Collegeで取得してきた授業、

解剖学や生理学、栄養学、化学、生物、微生物、数学、英語などの授業は

4年制の大学への進学のみならず

大学院進学への、可能性をグッと上げてくれました。


Community Collegeにも授業の一環として

ESL(英語を第二か国語とする人たちの)クラスがあり、

それらは全てアメリカの正規の学校の成績表に載ります。

宿題は多く、真面目にやらないと落第する人もいたくらいでしたが

アメリカのナースプラクティショナーの大学院の授業よりは簡単です。



ただ、一つ添えておきたいことがあるのですが

語学学校と言っても、大学付属の Extensionと言われるESLの学校があるのですが、

その場合は結構厳しいと耳にしてます。

私が通っていた語学学校はかなり安かったのですが

そこに転校してきた子の中で、もともとExtensionにいた子も多く、

彼らが言っていたのは、試験も多く、英語の宿題も山積みで、

先生も厳しく、宿題を終わらせるのに

いつも夜中の2時くらいまでかかったとのことでした。

それゆえに語学学校といってもレベルはピンキリなのだといえます。


さて、

Community Collegeに入るのは

アメリカ人や高校をアメリカで卒業した人なら 簡単に入れます。

それ故に、

昔はよく「アメリカの大学に入るのは簡単」

と言われていたのだと思います。

アメリカにもいろんなタイプのColleges, Universities があるため

一概に「簡単に入学できる」と言えるか否かは、

経験者でないと、その区分けがわからないのではないかと思います。


今や『アメリカのある一定の大学は入学が簡単』

と言う時代ではない気がします。

どこでもいい、専攻科目は何でもいい、となれば

入学が厳しくはない大学もあるのは事実かとは思いますが

Community Collegeに通ってみて

周りでは 競争率の高い4年制大学への編入を

考えている人たちも多かったため

本当に厳しいんだなぁと痛感しました。

もちろんCommunity Collegeに通う他の理由の一つは

やはり学費が4年制大学よりも

圧倒的に値段が安く、お手頃なのはあるかと思います。

アメリカ人の子たちは仕事を掛け持ちながら

学校に通っている人がほとんどな印象でした。

私は留学生という立場上、

アメリカ人や永住権を持っている方たちができることができなかったため

授業料は留学生の場合アメリカ人の払う額の10倍かかりました。

アメリカ人のクラスメイトたちは途中で辞退する子たちも多かったのですが、

留学生の場合は授業の単位が12以上保持する必要があり、

もし12単位以下であれば、合法的にアメリカに滞在することができません。

つまり日本に戻ることになります。


正直なところ、アメリカに来るまで上記のようなことは

全く知る余地もなく、アメリカのCollegeに入ってから、

教育システムの違いを知りました。

私もCommunity Collegeって単なる短大?とか

アメリカって大学入るの簡単なんでしょ、と思っておりました。

今では 「無知ほど怖いものはない」と反省してます。

日本の看護大学は大変さはあれど、

アメリカよりは、なんとかなる授業ばかりでしたが

(少なくとも私の場合、試験はいつも一夜漬けばかりでした)

アメリカの場合は口が裂けても簡単とは言えません!!!

一夜漬けなんてしたことがないです。

おそらく全て英語で行うという点でも

日本語でずっと教育を受けて来た日本人としては

ハンディになるのかと思います。


因みにCommunity Collegeの場合に関しては

入学試験がありません。

別に高校の時にF(落第点)だろうが、どんな成績を取ろうと関係なし。

本当に誰でも入れます。

ただし、留学生の場合、TOEFLのスコアが40点台が必要だった気がします。

例えば最近の情報として

こちらのCommunity CollegeではTOEFL 45、IELTS 5.0 などが要求されるようです。

https://www.bmcc.cuny.edu/admissions/international/apply/

個人的な意見になりますが、

どんなに語学学校で下から数えて早くても

TOEFL 40点台はそこそこ取れてしまうなと感じました。

45点が求められている場合、

1つのセクションにつき25点中、

12点が取れていたら12点 ⅹ4セクション=48 点になります。 

別にReading 12点、Listening 11点、Speaking 9点、Writing 13点 でも

合計45点になります。

もしも、英語が大嫌い、大の苦手であり

この点数に達しない場合には、

語学学校(大学付属のものでなくてもOK) に通うと、

その語学学校の最高レベルのクラスに行くと

(誰でもエレベーター式で行けるため、簡単かつ確実です)

その語学学校と提携しているCommunity Collegeがいくつかあるため

TOEFL45点が取れなくても、最終的にCommunity Collegeに入れるという

裏技もあります。

あまり構えなくても、できなくても、

必ずどこかで目標に繋がる道というものはあるものです。

諦めなければ。

Community Collegeに入る際、

最初に課されることとして、

数学と英語のレベル分け試験があります。

コンピューター室に連れて行かれ、そこがテストセンターとなっており、

その結果で入学時に どの英語と数学のクラスを取るかが決まります。

Replacement Test と言われています。

参考までにシアトルにあるCommunity Collegeの情報を見つけました。



その他のクラスの場合は、どのくらいクラスがあいているか、

また、そのクラスを取る前に、要求されているクラスはしっかり取得しているか

などの因子があります。

もし数学が得意なら、すぐにCollegeレベルの数学のクラスが取れるのですが

もし不得意でも、それぞれのステップ(高校レベルのもの)があるため、

いずれCollegeレベルに到達し

卒業のレベルに達することは難関ではありません。

また、英語力も、もし得意でいいスコアを輩出したならば

すぐにCollegeレベルのクラスを取ることができます。

Community Collegeを卒業するにあたって、

いくつかの数学と英語の授業を取って

落第しない成績(C:70%以上 、GPA 2.0)さえとれば 誰でも卒業できます。


振り返ってみると決して私の経験は 無駄だったとは いえませんが、

もしもっと日本にいた時に情報があったら、

もっと違う方法で学校に行っていたと思います。


それ故に、当時、日本で看護師をしていた自分に出会えたなら

たぶん、語学学校に通うことは勧めないで

Community Collegeにすぐ通うようにしていたと思います。


もし将来、看護の大学や大学院に行きたいと思うのであれば、

もちろん英語力が問われますが

始めの第一歩として語学学校に通うことを考えているならば、

どこか頭の中でCommunity Collegeに入る方が将来性が広がるということを

お伝えしたいと思い書いてみました。

私の経験からのコメントです。

Community CollegeはUniversity よりも学費は安く、

さらには、卒業ができたら1年間働けるOPTが貰えます。

でも語学学校では不可能なわけです。

これは結構大きな差だと言えそうです。

しかし、もし既に英語力が 大学や大学入学レベルに達している方なら

すぐに直接大学、大学院に出願することが一番だとは思います。

少なくとも 私のような遠回りには ならないで済みますので。

苦労の過程も悪いものではないと個人的には思ってます。

少なくとも 継続的な惜しみない努力学びたいという情熱があるから

なんとかここまでやってこれている私の感想です。



注:私はエージェントはないため、プロとしてのアドバイスをすることはできません。
  一個人の経験による綴りになっているので、ご理解宜しくお願いします。
 

サンタクロースもいろいろな人種が。
アジア系、ラテン・ヒスパニック系、アメリカンインディアン系なども
そのうち出て来るのかな?!


Santa two




ブログランキング・にほんブログ村へ