私が尊敬してやまないDr. Fauciも受けたコロナワクチン。



様々な方面からこのCovid-19ワクチンのことが議論されています。

接種するなんてまだ開発されて間もないものだから危険だ、とか

今までのワクチンとは違ってmRNA(メッセンジャーRNA)のワクチンは

家畜などには投薬してきたものの、

人体にするのはこのコロナのワクチンが初めてだから

これはある意味、人類に対する実験なのではとか、

ワクチン大反対のサイエンス専門の教授の映像も

親があまりにもワクチンに反発するため、見たことがあります。

日本よりも圧倒的に

アメリカの半端ないコロナ症例件数、コロナによる死亡率の上昇、

無症状の人たちが知らぬ間にふりまくCovid-19ウィルス、

65歳以下の高齢者ではない年齢層でも

致死の可能性が高いウィルスが多い国で過ごしていると

誰もがかかる可能性のある猛威ともいえるCovid-19を

他人事のようには全く思えず、

日本に住んでいる人たちと温度差を感じます。

もちろん最近は日本での件数も上昇しているとのことですが。

アメリカという土地で過ごしていると目の当たりにしていると

また、医療の現場に何等かの形で携わるとなると、

ワクチン接種が避けられない部分もあります。

たしか数週間前に

フロリダの産婦人科医の方がワクチン接種後に亡くなったそうで、

特に健康面では問題のない50代の男性医師だったそうですが

それがコロナワクチンによって起こったものなのか否かを

徹底調査されているとのことです。

詳細が知りたい方はこちらの記事をご覧ください。



いろんな意見が飛び交う中、

私は、コロナワクチンを受けることになりました。

やっと回ってくる今回のワクチンはModerna。

Dr. Fauciもこれを受けたそうです。

Modernaは効果が94.1%で、もう一方のPfizerは95%、とやや高いようです。

私の場合、

単に予定が合う日はModernaが提供される日だからなのですが。



このYouTubeはかなり見ごたえがあり、

3つの種類のコロナワクチンのメカニズム(どのように抗体ができるかなど)や

どのようにワクチンの効果があると証明されたかの研究の過程

(参加者の人数や場所、何がエンドポイントだったか、など)が

分かりやすく説明されています。

また、常に情報は変わるため

もしご興味のある方は

最新のCDCが出している

コロナワクチンの情報は参考になるかと思います。



今まで様々な予防接種をアメリカに来てからもしましたが

特に副作用に悩むことは一度もなく過ごしています。

今回は一体どうなることか。

ワクチン接種は自分のためだけではなく、

公衆衛生の観点からも有用性が唱えられそうです。

あのワクチン開発に参上した

ビル・ゲイツも家族全員で受けると話しているそうです。

また先ほど調べて知ったのですが

このPfizerのCEOってPhD かつ医師ではなく、獣医さんなんですね!

(だからmRNAワクチンの長けている?!根拠なしの勝手なつぶやきです。)

どうか今年こそはCovid-19によるパンデミックが落ち着きますように。

そのためにもワクチン接種はパンデミック緩和の第一歩だと

個人的には思っています。

ちなみにこのModernaのCEOの方は

このコロナが消えることはなく、

今後の社会は、この種のコロナウィルスと共存していくことに

努めていく必要があると話されています。



ブログランキング・にほんブログ村へ