今回はアメリカのナースプラクティショナーの試験は

州ごとに行われるとの情報を目にし、

その情報を書かれた方が

おそらくアメリカの正看護師の情報とNPの情報を

混合されているのかなと思い、

自分なりにアメリカのRNとNPの両方の資格を取得した経験に基づき

しっかりとした情報提供ができたらいいなと思い

この記事を書かせて頂いてます。


アメリカのナースプラクティショナーの試験は

アメリカの正看護師の試験 NCLEX-RNとは違い

州ごとに行われるわけではありません

もちろん、アメリカは広大ゆえに、

同じアメリカであっても

州によって沢山、異なった法律、制度があるのは否めないことです。

その為、正看護師の試験 NCLEX-RNに関しては

州ごとに実施されているのですが

ナースプラクティショナーの場合は異なります


私の例をご紹介すると、

ナースプラクティショナーの大学院へ通っている間に

規定の必須科目の授業

P Classes 

フィジカルアセスメント Physical Assessment
病理学 Pathophysiology
薬理学 Pharmacology

を受け、

それぞれの専門にそった授業を取りつつ

(急性期、プライマリー、ファミリー、小児など)

規定の時間数の実習をこなします。

そして、修士号取得のための

卒業論文を提出するか

もしくは

学校のよっては

修士号の卒論と同等とみなされる試験(ペーパー)を受け、

無事に合格し、看護学修士を取得すれば

自分の通っていた学校の属している州の

ナースプラクティショナーの資格を取得することができます。

ただ注意として、

もしご自分がA州のNPの学校の通っていたならば

A州のNPの資格は取れるけれど

B州でNPの資格も取れる訳ではありません。

B州の看護協会Board of Nursingに問い合わせて

移行する際には 何が必要かを確認する必要があると思います。

(私はまだやったことはないため、詳細は知りません。)

つまり、このナースプラクティショナーの資格という点でいえば

州ごとの取得となるわけですが

別にナースプラクティショナーの資格試験を受ける必要はありません

後から知ったことなのですが

ナースプラクティショナーの大学院によっては

NP大学院卒業

→ Board Certification Exam合格

→自分の通っていた州のNP資格取得の申請

という流れもあるそうです。


私の場合、

NPの大学院を卒業した段階で

学校側が書類を用意してBoard of Nursingに送ってくれて

申請手続きの支払いを自分で済ませたら、

卒業後から8週間くらいの間にNP資格が取得できていました。

おそらく州によっても、

どのNP大学院に通ったのか(オンライン VS. キャンパス通学)によっても

もしかしたら流れが違うのかもしれませんね。


ではNPナースプラクティショナーの

認定試験 Board Certification Examとは何か?

これは全米規模、つまり全ての州のナースプラクティショナーの大学院を

卒業した人たち、もしくは卒業は近づいている人たちが

RN正看護師の資格を持っており、

少なくとも修士号の学位を取得している(予定である)人たちが

受験資格を得て受ける

いわば日本でいう大学受験の際の

センター試験のような全国規模のです。

そのためナースプラクティショナーの試験といわれたら

このBoard Certification Exam NP認定試験のことを指すわけです。

各州ごとではなく

全米規模のナースプラクティショナーの認定試験
ですので

ご注意下さい。

この試験に合格すると

晴れて

認定ナースプラクティショナーCertified Nurse Practitionerとなります。

下記のサイトに行くと

上部にはナースプラクティショナーの学校の広告がありますが、

画面をスクロールダウンすると

ステップ1から4まで

認定ナースプラクティショナーになる流れが書かれてあり

参考になると思います。



最後に、アメリカのNPになるために正看護師RN経験が

多いに越したことはないのでしょうが

別に1年だけ、もしくは1年未満でも

ある一定のNPの専攻であれば、

出願することは可能です。

これは日本でNPになるために求められる

正看護師の経験が5年必要である点とは大部違うと言えます。

こうした情報は、直接ご自分で、出願したい看護大学院のスタッフに

Emailをして確認することが

一番正確かつ最新の情報を得られると思うので

ご興味があれば大学院にEmailで連絡することを強くお勧めします。

せっかくアメリカのNPのことについて書いて下さる方がいるのであれば

もっと正確な情報を流して下さることを心から願います。

もちろん最終的な判断はネットで情報を検索する

私たち一人ひとりの責任ではあると思うのですが。

Komb
かなり酸っぱいアメリカンなコンブチャは勉強中に頭をすっきりさせてくれます。




ブログランキング・にほんブログ村へ