高校の時に交換留学に興味があったけれど

それ以上に看護学に興味があったため

日本での看護・医療の勉強の方がもっと興味深かったため

日本で教育を受けました。

その後、日本の看護大学を卒業して、

臨床経験を積みたかったため、

1年、2年、3年...と経過を重ねていく中で

このまま病棟の看護師を続けていた先に

見えるものが何かがわかってきたため

ならば20代の内に留学をしてみよう、と思うようになり

調べて実行しました。

その当時、周りの子たちは結婚ラッシュ。

20代の内に結婚をしておかないと自分の株が下がるよ、

子どもが産めなくなるよ、

などなどの様々な理由を耳にしました。


ふと冷静にそういった言動を

その場から離れて引いてみてみると

私にはあまり興味のないことであったため

せっせと貯金をして留学の準備をしていました。

アメリカに留学をしてみたところ、

周りの人たちの中では

高校を卒業してから

すぐにアメリカに来て

大学で勉強をし始めた人たちも結構おり、

同じ年齢でも、彼ら彼女らの場合、

既に教育も確立させ、就職もし、

中にはご結婚されており

アメリカで安定した家庭を築いている人たちも結構いました。

彼ら彼女らと、私の大きな違いは

留学したいと思ったタイミングが違う点です。

彼ら彼女らは高卒後の10代後半から留学を目指して実行した、

一方の私は20代の社会経験後に留学をした

つまり、私はほぼ10年遅れてから

彼ら彼女らのように

アメリカで1からやり直しをしました。

日本で看護師として働いて、

それでも海外に行きたいなら行こうと決めていた上に、

病棟での患者さんとの関わり合いから疑問に思ったことを学ぶために

留学をしたいと思ったため、

10代ではなく、20代の時期が

自分にとっての最適なタイミングだったと思っています。


日本にいると、どうしても

もう数年で30歳になるんだから、

何ら保証もない中で、海外に行こうだとか

これから学生になるだなんて、どうかしている、など

否定から入るコメントも多いと思います。

うちの父にはよく言われました。苦笑

やはり親心なのかもしれませんね。

しかし、

せっかく自分の中で興味の炎が燃え始めている中で

どうやってその炎を消すことができるのでしょうか。

年齢を理由に

否定してくる人、批判してくる人には

彼ら彼女らなりの見解があると思います。

けれども、その方たちがするアドバイスが

自分の人生にとって正しいのか否かと言われたら、

それは危ういところです。

なぜならば、そのような方たちの発言には

経験不足によるものもあれば、

視野の狭さもあれば、

自由にまだ動けるこれから留学をしようと試みている相手を見て、

目標を達成して欲しくないがゆえに批判してみたり

不安を掻き立ててみたり、

様々な

彼ら彼女らなりの 心境と心情の基に発言しているからです。

自分の人生は誰も責任を取ってくれません。

たとえ産み育ててくれた両親であったとしても、それは同じこと。

ならばしっかり自分の頭で考えて、

自分の意思(志)決定身体を動かして、

やったことのないことを行動に起こすことは

不安が募る可能性は高いものの、

目指すものがあるならば

年齢は関係なくやってみたらいいと

私は思っております。

ちなみに、私がアメリカの病院で初めて就職した時の

新人プログラムに6人採用されたのですが

その中の1人は51歳の妻子持ちの男性の方でした。

彼は20年以上レストランでシェフをされていたそうです。

彼の奥様のことを優先にし、子供の成長を待ち、

そしていよいよ自分のやりたいことができる時期が来た

と思ったそうです。

料理人から看護師に転換する勇気、

そしてチャレンジは素敵だなと感じました。


年齢を気にしていたら

せっかくのやれるかもしれない可能性が失われます。

失われてもいいのならば、

年齢を理由に諦めるのもありなのかもしれませんが

もし将来

自分がいつか死ぬ場面が来た時に

果たして

「あの時、年齢を気にして諦めたことを選択して 正解だった」

もしくは

「年齢が気になったため、諦めて安定を求めて、後悔のない人生で良かった」

と言えるのでしょうか。

もし、少しでも留学のことを考えているならば

もしくは別の新しいことをしようか悩んでいる際には

とにかく行動あるのみだと思います。


留学に関して言えば、

英語力の構築(英語のスコア獲得)

そしてなるべく貯金をしておき、

年齢が若いほど奨学金をもらえる機会は多いため

一日でも早く留学への行動に出た方が

待ち続けて延期し続けよりも

後々有利な状態になると思います。

個人的な意見として、他の子たちをみていると

10代の時に留学をしていると、

結構メリットはあるんだなぁと感じることもありましたが

何よりも自分が納得した時期に決断して行動するのが

大事だといえそうです。


年齢は数値に過ぎないため、

年齢を言い訳にする前に、

どんどん行動してみて欲しいです。

きっと何か気になったり、

やってみたいという興味が出た時が

各々の最適な時期なのだと思います。

それが必ずしも、

10代の頃に感じることとは限らず、

20代で思い始めることもあれば

30代になってから決断することも十分あり得ることであり、

40代であっても全く諦める必要はなく、

50代でも挑戦し続けることは素敵なことであり、

60代であってもそれ以上であっても

自分にとっての最善な選択なら

年齢を理由に諦めることは

非常に勿体ないな、と個人的には思っております。


最後に、昨日、無事にグループプロジェクトを提出しました。

朝になって先生が私たちに対して評価点数と、メッセージを

ウェブサイトにポストしてくれていました。

無事に終わってホッとしてます。

GP
写真をクリックすると拡大されます。

グループメンバーのことはコメントを控えたいと思います。

少なくとも、自分を信じて最善を尽くせたことはいい学びになりました。

今回はいろんな意味で、

より一層、自分で自分に発破をかける

モチベーション維持かつ

ストレスマネージメントの大切さを学ぶことができました。

さて次なる目標は

3月にBLS & ACLSを更新すること!

コツコツ地道にやっていきます。



ブログランキング・にほんブログ村へ