アメリカの日時、2月26日の金曜日、

セントラル時間、朝9時から4時間ほど

アメリカの心臓血管予防看護協会

Preventative Cardiovascular Nurses Association 

の毎年開催する

シンポジウムがあるそうです。

このシンポジウムはちょっと変わっており

4月、5月にもまた別のテーマであるようです。

全てオンラインです。

2月26日のものに関しては

薬理学を中心としたシンポジウムが開催されるようです。

日本時間であれば、2月27日の土曜日、夜中の0時から開始になるかと思います。



2月のみならず

4月8日、9日の二日間にもセッションがあり、

5月6日、7日には実技ワークショップもあると書かれてあります。

上記の講義・セッションは全て録画されるため

万一見れなかったとしても

9月7日までの期間であれば、

これらの講義などを視聴できようです。

https://pcna.net/professional-development/annual-symposium/registration/

因みにこのシンポジウムの継続時間は

ナースの免許などを更新する上で必要な時間としても使えるものです。


私は会員登録はしていないのですが、

もし会員でなくても参加できます。

しかし、年会費を支払えば、

それぞれのシンポジウムの参加費が20ドル割引されるそうです。

アメリカ国外(日本など)からの会費であれば

年間25ドルだそうです。

特典としては以下の通りです。

メリットとしてはオンラインから患者教育などに

使える資料などがダウンロードできるようです。

また奨学金の機会もあるそうです。

デメリットは、循環器看護ジャーナル の購入は

この25ドルの支払には含まれていないとのことです。

”Nurses and other health care providers residing outside of the United States and Canada can take advantage of PCNA membership at a discounted rate. International Membership benefits include all of the professional benefits except ordering of printed patient educational materials. International members can download patient materials online, however. This membership does include a subscription to the Journal of Cardiovascular Nursing.

 Scholarships are available to cover the cost of International Membership for individuals seeking financial assistance. ”



学生の場合には、年会費が65ドルだと書かれており

12単位までならば学生割引の値段で

シンポジウムなどが格安になるそうです。

私自身は、今週金曜日に行われる薬理学のセッションのみだけに

参加してみることにしました。

内容は以下の通りです。
  • The Science and Clinical Application of Cannabinoids
  • Pharmacologic Management of Depression in Adults with CVD
  • Pharmacologic Management of Patients with Complex Co-Morbidities: Preventing the Progression of CKD
  • Thyroid Disorder and its Relationship to Cardiovascular Diseases
  • Reducing LDL-C and Cardiovascular Risk With PCSK9 Inhibitors

上記を要約すると

心疾患を抱える方の鬱や、

腎不全の進行を食い止めるための薬理学的な介入方法、

大麻の科学的かつ臨床的適正、

甲状腺障害とそれに関連した循環器疾患について、

更にはPCSK9阻害薬により悪玉コレステロールと心疾患のリスクの減少

について話されるそうです。

おそらく急性期の現場であれ、

プライマリーケアの現場であれ、

心臓血管疾患の専門 Cardiology の現場であれ、

教育担当をされている方であれ、

役立つ知識と言えそうです。

無駄な知識などないと思いますし!


また、個人的にはボチボチACLSのおさらいを始めて

3月中旬までには受ける予定でおります。

ACLS

アメリカに来た当初は非常に難しく感じていたこのコース。

アメリカの車の免許を取ったばかりの中、

ACLSを英語で受けるのも初めて、

試験に受かるのかも不安でわからない上、

行ったことのない場所に一人でレンタカーを借りて

睡眠2時間の目の下にクマができた状態で受けに行ったのでした。

今だったらUberなどでルンルンと行けたんだろうなぁ。

英語力、特にスピーキング力とヒアリング力も、

土地感覚も、

英語で自己学習したACLSの知識も、

全てギリギリな危うい中、

チャレンジしてきたものが

身となり血となり、今でも忘れられない経験だったのを覚えております。

なかなかドジな内容ですが良かったら どうぞ  


この実体験からも、最初から何でも上手くいくわけがないという証明です。笑

日々必死になってアメリカ生活を送り続けてきたなと、しみじみ感じております。




ブログランキング・にほんブログ村へ