米国ナースプラクティショナー(NP)になるために

アメリカの看護大学院に通っていました。Board certified ナースプラクティショナー になれるように勉強中。日々のこと、勉強のこと、アメリカの看護大学院に入るまでの過程、アメリカの医療職や日常について、研究や、将来の仕事のことなど、順序は関係なく、気ままに書いていきます。

カテゴリ: アメリカのいろいろ

アメリカのナースプラクティショナー組織からメールが来ました。

アメリカで初めてナースプラクティショナーを発足した方が

ロレッタ・フォード Loretta C. Fordさんという方で

もともとは小児科医が足りていないことから

ナースプラクティショナーという役割が始まり、

最初のナースプラクティショナーのスペシャリティーは小児科でした。

今ではいろんな専門性が増えており、

ナースプラクティショナーも医療界では活躍しているといえます。

因みに、コロラド州にて最初のナースプラクティショナーのプログラムが立ち上げられました。

その方から直接、ある組織のメールを通じてメッセージが来ており、

なんと今年で100歳になるそうです。

誕生日は12月28日で現在は99歳。

素晴らしいご活躍とパワフルさに感化されてます。

まだ先になりますが、非常におめでたいことだと思います。

やや早めではありますが

百寿のお誕生日、おめでとうございます、ロレッタさん。




ブログランキング・にほんブログ村へ

日本でもハロウィーンやクリスマスなどは盛大にお祝いされていますが

アメリカのように Thanksgiving Dayはなく、

祝うことはまずないと思います。

先週末、日本にいる親に、

「来週はいよいよThanksgiving Day 感謝祭だよ」、と伝えたら

「え?それって明日なの?」なんて言われたりして。

「いやいや、今年は11月26日の木曜日になるよ。
 
 毎年11月の第4週目の木曜日って決まっているんだよ」

なんてやり取りをしていました。

お店にもおひとり様用の七面鳥が売り始めております。

Meal

七面鳥は 私の個人的な意見になりますが、

鶏肉のささ身のような白身の肉の食感であるため 結構 気に入ってます。

今日、トランプ氏 がホワイトハウスに連れてこられた七面鳥に向かって

話しかけている映像を拝見し、

なぜか子どものようなあどけなさが垣間見られたのが印象的です。笑

今までずっとお世話になってきている

ホストファミリー達にお礼のカードを渡したくて

そして本当にわずかながらのプレゼントを準備しました。

Tk
彼ら彼女らは十分にいろんなものを持っていらっしゃるため

何かする必要もないかなとは思ったのですが、

やはり感謝祭の時期になると

今までずっと支えてきてくれている人たちに

なんらかの形で家族のように関わりたくなるものです。

もちろん今年は離れて暮らしているホストファミリー達に会いに行けないけれど、

せめてもの気持ちの表れ、といいましょうか。

別に感謝祭が「感謝をする日」なのではないので、あしからず。

印象として、感謝祭は、日本でいうところの元旦のような感じがします。

親戚や遠くに住んでいる家族一同が集まって

ワイワイと食事を共にするとでもいいましょうか。

その反面、アメリカの元旦ってかなり呆気なくて

1月2日からは普通に仕事も学校も開始なことが多いですからね。

因みに、今年はコロナの件数、死亡数が急上昇中なため

帰省は控えるようにと警告されています。

それでもある空港ではかなりの人が集まっており、

おそらく明日がピークになるのではとのことです。

今朝、読んだニュースをご紹介します。



記事をご覧になればわかると思うのですが、

 コロナ病棟での看護師 (RN) 不足なため

とにかく人手を集めるために 

サウスダコタ州 では週に$6200。

ノースダコタ州 では週に$8000支払う病院もあるそうで、

今の為替でいうと

1週間で日本円の83万6000円になるそうです。

それでも帰省される方が多いとなれば、

また感染者が増えるのではないかと懸念しております。

唯一の希望はCovid-19 に対する ワクチンが

いよいよ12月中旬ら接種できるようになるとのことです。

まずは医療者従事者優先と言われてます。



ブログランキング・にほんブログ村へ

アメリカの野球チームの中でフロリダ州のマイアミには

マーリンズ Marlinsというプロのチームがあります。

かつてはイチローこと鈴木一朗も2017年までは所属していたチーム。

このチームがこの度、歴史的に初めて

女性のジェネラルマネージャーを選びました。

Kim Ng キム・エヌさん とおっしゃるようです。


彼女は野球界に置いて、裏方として様々な活躍をしてきた人。

この上記の記事によると、最も近年でMLB メジャーリーグ野球 の

野球界のシニアー・バイス プレジデントを9年間勤めてきているそうです。

彼女は野球界のマネージメント(経営)において、

アジア系アメリカ人の中で最高位のランキングを保持しているのだとか。

例えば、今まではアシスタント(補佐)マネージャーとして

ニューヨークヤンキースやロサンゼルスドジャースなどでも働いており、

チームの勝利を導いた形跡があるようです。

女性であっても活躍できるアメリカのこういった環境は

本当に素晴らしいと思います。

女性だろうが男性だろうがその人に能力と実績があるならば

チャンスがある国なんだなと感じました。

もちろん今でも女性というだけで、

雇用時のお給料が男性よりも低いという話は聞きますが

そういった時代も段々と変わってくるのかと思います。

女性の生き方の多様性とでもいいましょうか。

さて、この記事にあるESPNというスポーツ番組の人が語っていたのは

通常は野球のプレーヤーとしての経験のある方たちが

マネージャーになる傾向にあるものの、

野球は結局のところ 数学 だからと言っていたのが印象的でした。

野球を見るのが好きなので、これからどこかで彼女の姿が見れるかな?

因みに、こんなコロナ渦中でどんよりとしている最中、

野球のメジャーリーグ界でもワールドシリーズが行われておりました。

今回チームを勝利に導いたロバーツRoberts さんは

日本の沖縄、那覇で生まれているそうです。

たぶん米軍基地でかな?

なんだか来年の野球界が楽しみです。

ではまた現実逃避はやめて、やるべきリストを片付けに戻りましょう。





ブログランキング・にほんブログ村へ

11月8日からの1週間はナースプラクティショナーの週となっているようです。



アメリカではナースプラクティショナーのみならず、

様々な医療者(呼吸療法士やメディカルアシスタントなどなど)の

特別な週が設けられており、興味深いな、と感じております。

一つ一つの職業に対して、認識してもらえる特別な1週間があることで

各々のモチベーションアップにも繋がると思うので、とてもいいことだと思います。

さて、こちらのAANP(American Association of Nurse Practitioners) という

ナースプラクティショナーの組織のサイトにいくと

NP Fact Sheet (https://www.aanp.org/about/all-about-nps/np-fact-sheet) といったものがあり、

その内容を少しだけ訳すと

現在のナースプラクティショナーの状況としては

平均年齢は47.3歳で

82.9%の人たちが常勤のナースプラクティショナーとして

メディケア(65歳以上、もしくは障害を抱えている方たち)の患者さんに対して働いており

82.9%の人たちはメディケイドという生活保護対象となっている患者さんを診ている。

ナースプラクティショナーの主な役割としては

健康の維持増進、疾患の予防、健康教育、カウンセリング、

また患者さんたちに対して、

より知的な健康かつ生活スタイルを選択できるように導いている役割がある

などが説明書きされております。


私が通っていたアメリカのナースプラクティショナーの授業にも

この 健康の維持増進 に関する授業が第1学期目にあり、

その授業は全てのナースプラクティショナーの学生が取る授業だったのですが、

その時に、とても素敵な成人高齢者急性期ナースプラクティショナーの先生が

工夫をして授業を1コマ教えて下さりました。

この先生の専門は循環器だったのですが、

教え方が非常に魅力的だったのを今でも覚えております。

その後、コースごとに専門授業に分かれたため、プライマリーケア専攻である私は

この時以外には彼女から教わることはなかったのですが。


さて、その先生は、『ジェパディ!』というアメリカで

おそらく40年くらい(調べたところ1984年からのようです)

ずっと放映されてきたクイズ番組の方法を取り入れていたのですが、

当時、NPの学生だった私には、何の番組のことかわからずにいました。

独特な音楽が流れ、それでアメリカ人のクラスメイトたちは

『ジェパディ!』であることがわかっていたようで

私には全くもってチンプンカンプン。

後々テレビでそういった番組があることを知ったのですが

この長年 ファシリテーターとして勤めていた司会者アレックス・トレベックさんが

今日、すい臓がんで亡くなられたそうです。

去年、すい臓がんが見つかり既にステージが進んでおり、

抗がん剤などの治療を受けながらも、

この番組の司会を続けていくと宣言していたのを覚えております。

それでも癌の診断を受けてからは鬱に悩まされ、

家族の支えを受けながらも生き抜いていった方です。

もともとはアメリカ人ではなく、カナダのオンタリオ州出身だそうです。

とにかくいつも冷静で、賢く、どんな問題のトピックスでも語り切れる人だと

テレビにアクセスができる&見れる時間ができるようになってから、知りました。


今日のニュースで言われていたのは、1日に5本の収録があり、

彼は入念な準備を重ねて、発音の間違いのないよう最新の注意をしていたようです。

何か一つのことに熱心に取り組み、それを限りある寿命だとわかりながらも

やり切ったアレックスさんの生き方に憧れます。

相当な癌による痛みとの戦いだったきいていたので、大変だっただろうと思います。

今までお疲れ様でした。

どうぞ安らかにお眠り下さい。




さて、アメリカは段々とサンクスギビング(感謝祭)の雰囲気が盛んになってきました。

このポットは七面鳥(Turkey) 専門のもののようです。

七面鳥はニワトリよりも大きいため、このくらいの大きさがないと

きっと、しっかり料理ができないのでしょう。

おそらく年に一度だけ使うのかな?

このポットに載っている料理を見ているだけでよだれが出てきます。

TK




ブログランキング・にほんブログ村へ

朝からどのニュース番組も大統領選挙の話で持ち切り。



この大統領選挙が今年2020年の中で最もストレスが募る日だと

ニュースキャスターが言っていた。

フィラデルフィアの当日の朝もこのように列を連なって投票に来ている人たちがいる。



どうやら今日の朝7時から投票することができらしい。

この下の画像によると、

夜の8時までにしっかり列に並んでいれば、投票はできるとのこと。

やはり投票権はアメリカ市民にとっての権利であるからだろう。

画像はこちら


アメリカの今後4年を大きく左右する今回の大統領選に対する

不安感を募る人たちのためにニュースでは以下のことを勧めている。

”Election Anxiety" というらしい。

抗不安薬もしくはβーブロッカーを内服できる人ならば 

今日限り 処方するのも一つの手?なんて思ったりして。

Ele3

散歩、ヨガ、運動がいいとここには書いてある。

確かに薬に頼らないでもやれることは沢山ある。

なぜか最後の欄に、「祭日の買い物を始めると」書いてあるのかは謎だけれど。笑

買い物がストレス発散、不安軽減に繋がるといいたいのかな。

もしくは違いことに焦点をあてたらいいと言っているのかもしれない。

または、コロナで打撃を受けているビジネスの人たちの 一押しがあったのか?!


では書類・パワーポイント作成に戻りますか。

私には、これが一番の不安感を緩和する方法




ブログランキング・にほんブログ村へ

今日は朝、嬉しいことがあった。

それはDaylight Saving Time が終わったため、1時間時計が後戻りとなり

本当なら朝8時なところが、朝7時といった具合。

その代わり、毎年3月には1時間早くなる、という調整も生じてくるのだけれど。

最近は、朝が暗かったため、これを機に朝が明るくなってくる。

その代わりもちろん夕方は早く暗くなってしまう。

それでも個人的には今のこの1時間の差は結構大きいと感じている。

さて、スーパーでも、ニュースでも、道端でも、選挙を意識していることがかなり伺える。

アメリカ人のクラスメイトたちもこぞって投票してきたという画像や写真を流している。

そして昨日まではハロウィーンだったそれ用のキャンディー類は

全て30%引きになっていた。

コスチュームも もちろん割引。

ケーキコーナーでは おそらくあまり気にして作っていないのだと思うけれど、

共和党の赤と、民主党の青なのか?

単にSesame Street のエルモとクッキーモンスターなのだと思うのだけれど。

Pp2

また、パスタを買おうと思い、麺類のコーナーをよく見ていたら

マルちゃんのラーメンを発見。

そしてなんと25セント。

すっかり寒くなってきたこの季節の夜食にはもってこいの食品。

まさか1ドルショップよりも安いものが手に入るとは。
Pp1
さてまた明日の朝から文章作成頑張ろう。

もちろん勉強も時間を見ながらやっている。

コツコツ焦らず頑張ろう。



ブログランキング・にほんブログ村へ

以前までは アメリカの正看護師の免許は、

2年ごとの更新の度に クレジットカードのサイズの免許が郵送されていた。

しかし、現在はエコを考えて更新後、免許のカードを郵送することがなくなり、

直接Board of Nursing(看護協会)のウェブサイトにアクセスし

そこから免許がネット上で見られるようになっている。

必要時には、自分でプリントアウトをするなり、PDFファイルとして保存し、

それを実習先や雇用先に提出することもある。

さて、いよいよ今年の12月末までに更新をしなければならない時期がやって来た。

それは忘れていなかったものの、念には念をとでも言おうか、

Board of Nursingから葉書が届き、更新を忘れないようにとの連絡が来た。

最近はBoard of Nursingのサイトで自分のステータスを見ていなくて、

今日見てみたら 少し驚いた。

というのも、早い時期にナースプラクティショナーの資格が下りていたからである。

このナースプラクティショナーの資格は、

アメリカの看護大学院でナースプラクティショナーの課程を終えると

学校側が書類を送ってくれて、

また私たち学生もアプリケーション代を支払うことになるのだけれど、

それが済むと、資格が発行される。

たしかに つい先日、ナースプラクティショナーの資格とファニシングナンバーの

2つの賞状が郵送され受け取ったばかりだった。

まるで日本の正看護師や保健師の資格である、賞状のようなものだった。

そして懸念していたことが起こった。

なんとまだ最近 NPの資格を取ったばかりなのに

もう更新の時期だとのことで、支払いを迫られた。


初期のナースプラクティショナーのアプリケーションと

ファニシングナンバーという薬を処方する際の番号の申請をした時には

合計額が900ドルだった。

まだ1年も経っていない上に、

更にはナースプラクティショナーとして働いていないのに

正看護師の資格が更新の時期だから、それに合わせてナースプラクティショナーの資格も

更新しなさいとのことだった。

なんたるボッタ■■ なんだろう。

このナースプラクティショナーの資格の場合、

更に継続教育の申請をしなければならないのか懸念していたものの

それは必要なく、正看護師の資格の更新の時だけ必要であることがわかった。


おそらくビジネス的な考えなのだろうと思わされたのは

正看護師の更新代の方が高くて、

ナースプラクティショナーの資格の更新代の方が安かった。苦笑

(ただしこの場合、ファニシングナンバーは別料金の際のことを話しております。)

アメリカの正看護師さんたちは、働く場所や経験にもよるけれど

ナースプラクティショナーよりもお給料がいい人たちが結構いる。

正看護師で十分な収入があり、キャリアもあり、なぜわざわざ苦労して

ナースプラクティショナーの学校に行き、

経験豊富な大病院やベテラン病院(退役軍人の政府の管轄にある病院)、

有名な医療機関(カイザー)などで働く正看護師の給料よりも安くて

責任感も重いナースプラクティショナーになるのか、

意味を見出せないとの話も耳にする。

たしかにいろんな見方があるから、その人たちの言っていることもわかる。

私の通っていた学校の先生たちが言っていたのは、

最初の10年はとにかく期待はできないけれど

最終的に継続して働いていると良くなるとのことだった。

きっとこれは個人差もあるのかもしれない。

お金のために働くのか、自分のスキルアップのために働くのか、

目標や価値観に近いものがどちらなのか、などによって選択肢も変わるのだと思う。

また、正看護師の方が更新料が高い理由として考えられるのは

総体的な正看護師の人数の方が圧倒的にNPよりも多いから、

そちらを高く使用という魂胆もあって免許の更新料が高いのかな?とも感じた。

今回は、正看護師、保健師、ナースプラクティショナーの資格、

そしてファニシングナンバーの合計更新額は およそ600ドルちょっとだった。


今回、正看護師の更新にあたり、CE (Continuing Education)という継続教育のコースに

使用したのは学校の成績証明書。

最近2年以内のCEのクレジットを提出することになっており、

アメリカの看護大学、看護大学院の授業1つだけでもCEのノルマは達成できる。

また看護の専攻ではなくても、Community Collegeなどで取ったサイエンスの科目であれば

適応することもあるため、もしアメリカで看護以外の専攻を学校で取得している際には

わざわざ 改めてどこかにお金を払ってコースを取る必要はない。

成績証明書だけBoard of Nursingのサイトでアップデートすれば十分。

また、無料でもCEの単位、時間を稼ぐことができるサイトもある。

こちらの記事で紹介してあります。宜しければ参考までにどうぞ。

ひとたび正看護師になってアクティベイトをして、

特に犯罪や飲酒運転で捕まるなどを起こさなければ、

アメリカの看護師の免許を維持することは難しくない印象を受けている。

おそらく病院などでフルタイムで働いている看護師さん達であれば

きっとCEのコースを提供されるのではないかと思う。

更新料は本当にばかにならないと思った。

He
可愛らしいシャンプーとコンディショナー。





ブログランキング・にほんブログ村へ

今日はよく練習問題を解いた。

友達から頂いたオンラインの問題。

合計1000問以上ある。

基本として解いてきた別の参考本&練習問題よりも難しい。

クラスメイトが

「このオンラインの問題を解くと自信がなくなるから

    途中で解くのをやめた。でも合格した。」と話してくれた。

彼女の言っている意味がわかる。

このオンラインの問題の難易度には、かなりのばらつきがあり、

簡単なものもは目をつぶってでも解けるようなものであるものの、

難易度の高いものは かなり時間がかかる。そして間違えている。泣


クラスメイト達の感想をきいていると、

「そこまで勉強しなくても大丈夫だよ」という子たちもいれば、

「難しかった~。練習問題に似ている本番の問題は30%くらいしか出なかった。」

という人もいる。

主観が入るため、一体 誰の発言を信じたらいいのかわからない。

少なくとも、私の場合、「そこまで勉強しなくてもいい」、とは

鷹をくくることはできない。

すっかり気持ちは試験モードなため、できる限りとにかく1問でも多く解きたい。


このオンラインの問題のいいところは、とにかく解説が詳しい。

マニアックな話になってしまうのだが、

たとえば、

Hydrochlorothiazide  (HCTZ) ハイドロクロルサイアザイトと発音する(私的には)が

日本語ではヒドロクロロチアジドと言う高血圧の薬がある。

この最もよくある副作用は何か?

答えはHypokalemia 低カリウム症なのだが、

解説にはかなり細かく

なぜかこのHCTZという利尿薬がこの副作用を起こすのかを

生理学を交えて細かく書いており単に頭に詰め込むのではなく

その根拠は何なのか?がよくわかる説明となっていた。

もしこのHCTZという利尿薬を

一日に25㎎ 内服すると 血中のカリウムが 0.4㎎/dL下がり、

50㎎ 内服すると 血中のカリウムが 0.7㎎/dL 減少し。。。。。

と更なる情報まで書かれてあった。
 
確かに試験に受かるためだけなら、このプラスαな情報はいらないのかもしれない。

しかしいずれ臨床に出ることになったら、知っていて損にはならないこと。


さて、今回のタイトル、

二次性高血圧はどういった疾患で起こるのか?の覚え方を紹介したいと思う。

この問題は、おそらくNCLEX-RN(アメリカの正看護師の試験)

でも勉強する内容だと思う。

改めて、アメリカのナースプラクティショナー認定試験に出てくる二次性高血圧の問題。

『ABCDE』を覚えていこうとのコツが書かれてあった。

A: Apnea:無呼吸  
  
Aldosteronism:アルドステロン症

B: Bruits:血管雑音 (in renal artery 腎動脈にて) 
   Renal artery stenosis: 腎臓動脈狭窄  

C: Catecholamine :カテコールミン (excess 過剰)
     Coarctation of the aorta :大動脈狭窄
     Cushing syndrome: クッシング症候群

D: Drug :薬
     Diet :食事 

E: Erythropoietin :エリスロポエチン(excess 過剰) 
     Endocrine disease :内分泌疾患 



正直 D はあまり役に立たないかなとも思ったけれど、

主となる上記の疾患がわかっていることが解答を導いてくれると感じた。


実際の練習問題としては、

この中で、二次性高血圧の原因とならないものはどれか。

1)アジソン病

2)睡眠時無呼吸症候群

3)クッシング症候群

4)腎動脈狭窄

 このABCDEがわかれば簡単に答えがわかるはず!?


さて、話は変わって こちらは秋らしい色をしたラビオリ。

Pa1
今日は勉強の合間の唯一の楽しみに、このラビオリとサイドに野菜を添えて昼食とした。
(単なる手抜き)
Pa2
最後に、昨日退院をしたトランプ大統領がどのような治療を受けてきているのかが

朝ニュースで流れていた。やはり医師はまだ退院はしない方がいいと勧めていたとのこと。



どうやら来週行われる第二回目の大統領候補のディベートには出る気 満々のようである。

しかし、バイデン候補はトランプ大統領がまだコロナに感染しているなら

ディベートはするべきではないと発言している。

もし決行するなら、せめて救急カートと緊急対応のできる医療者が

ディベートのステージの後ろで待機していた方がいいような気がする。




ブログランキング・にほんブログ村へ


↑このページのトップヘ