米国ナースプラクティショナー(DNP)になるために

アメリカナースプラクティショナー(NP)&看護学修士号(MSN)取得、全米統一NP Certification(認定証)試験合格。今年から公衆衛生学+看護博士課程(DNP)のプログラムに進学することを決意しました。

カテゴリ: 授業@生物統計学

以前、通っていた修士学のナースプラクティショナーの大学院でも

よくグループワークの課題になると

必ずやれない理由を言い続けるメンバーがいました。

最も多い言い訳は

「今日も明日も夜勤だから課題をやる暇がない」とのこと。

多くのクラスメイトは付属病院の正看護師として働いてる子たちであり、

その子たちは病院の従業員であるがゆえに、

大学院の学費をかなり免除して貰えているため

必ず週に2日間12時間は働かないといけないようでした。

もし、最低限の必須科目だけを取るのであれば

通常の授業は火曜日、水曜日の

早朝から夕方、時には夜までの丸一日で済むクラススケールになっていました。

しかし、更に自分の興味によって追加で授業を取っている人は

各学期にもよりますが

月曜日から金曜日まで授業がある人たちもいました。

私も実習がない時はそのうちの一人でした。

研究・実験室の仕事や、

ティーチングアシスタントとして学部生に教えると、

どうしても月曜日から金曜日、

時には土曜日や日曜日も

研究に参加して下さる患者さんが

週末の方が都合がいいと言って来たならば

キャンパスに足を運んでせっせと働いていました。

週末のキャンパスは通常のようにごった返しておらず、

のんびりした気分で過ごすことができ、結構好きでした。

付属病院で働いている子たちも、

もちろん大変なのはわかるのですが

それでも、はっきりと

「忙しいから」とだけ言われてグループワークの放棄をするのを見ていると

なんと上手くシステムを利用しているんだろう、と

別の意味で関心しておりました。

「看護師として働いていないんでしょ?」という態度を取られ、

こちらが、ティーチングアシスタントとして

永遠にかかる採点や添削も知る由もなく、

実験もテキトーにやれば病院の看護師の労働に比べたら

ラクなのでは?と思わるようで

グループワークの重荷が自然と自分の方に来ることも

結構ありました。

ハッキリいって、どの職場、どの立場にも、

それぞれの苦労というものは絶対にあると思います。

きっと看護師としてのみ働いてきた人には

多職種の大変さなどもわからないのだろう、と痛感しました。

おそらく私も日本にずっといて、

看護師としてのみで働いていたら

クラスメイトのような態度になっていたかもしれません。

それでも、経験不足かつ固定概念だけで話されると、

You should put yourself in my shoes という

言葉が頭をよぎります。

私の立場にもなって考えてみて欲しい、

とでも言いましょうか。

”Put yourself in someone else's shoes"

=相手の立場になってみる


そもそもお金を貰うってことは

それなりの責任が発生するわけですから。

私はこのキャンパス内の仕事のお陰で

授業料は半額に抑えることができました。


また、ティーチングアシスタントになってみて

人に教えることの大変さ、

入念なパワーポイントなどの準備、

学生の質問への対応をオフィス時間にしたり、Emailで返信したり、

毎回ある小テストの採点や、エッセイの採点、などなど

こういうことを大学院生ってするのか、と

教えてもらう側から教える側になることで

どれだけ教授やインストラクターたちが

大変なのかを垣間見ることができ

良い人生経験だったと思っております。

そんなこんなで、

言い訳をしてやろうとしない

アメリカ人のナースの子たちに出会った経験から、

自分がどんなに大変であっても、

やはり何等かの貢献はしないことが

逆に不快でもありました。

個人的には何もしないで

他人任せで高得点を取る人たちの行動って

学問の場にしても、職場においても

一事が万事なのではないかと感じます。

念のため、勿論、ものすごくやる気満々な子たちも沢山いました。

それもそれで凄すぎて、

こんな子たちが世の中にはいるのか!と圧巻しておりました。


さて話は戻って、今回の生物統計学の授業でも

またグループでのプロジェクト。

もやもやしていたものが終わってすっきりしたので

愚痴にはならず書けそうなので

記録として残しておこうと思います。


前回のプロジェクトで貢献するチャンスがなかった

急性期ナースプラクティショナーの子が

提供してくれた案とデータを基に、

数日間、どうしたら、うまくこのデータの問題背景をもっていけるのか、

を考えたものの、2日間考えても、あまり明確な案が出て来ないために

メンバーに連絡して、

「このデータは良さそうだけど、

 でもどうやって問題背景を書き上げていくのがいいのかな?」

と問うものの、返答なし。

チーン。。。。

これはもしや、やれない言い訳を出し始めるパターンなのでは。。





はい、その通り。

予感的中でした。




やれない言い訳を皆がしてくるものだから

甘えられている&使われているのが明確に伝わってくるのですが

そんな言い訳する時間があるなら

頭と手を動かした方が健全だと思うのですが。

私としては、臨床現場での問題を想定して、

過程を各ステップごとに踏む練習ほど

少しだけ手間のかかるかもしれないけれど

意味があってこの授業を取っているわけで、

今後の研究には欠かせない学びのチャンスを

率先してやりたくないのかな?

と学ぶ情熱の温度差の違いを感じました。

他の子たちは

「正直もう、どーでもいいんだー。」とか、

「先生も私たちがプロジェクトを提出したとしても、

 この計算の過程を、やり直さないと思うから

 テキトーでいいんじゃない。」

と言い始め

こちらは課題のことをききたくて、

意見を求めたのだけれど、

やりたくない言い訳コメントが

出てくる 出てくる。笑

なんだかそんなメンバーたちの幼さに

逆に笑えてしまえて

いつまでも彼女たちを待っていても

何も拉致が空かないため

じゃあこんなにやる気がないなら、

私が内緒で(怠慢防止のため)全部してしまおう!と

2日間コツコツ文献を読みながら書き上げていきました。

クラスメイトたちも

もしかしたら動いてくれるという

淡い期待をしつつも

全くもってまだ何もしていない状況に

今日に至っておりました。

本当なら100%自分だけで終わらせることもできたのですが、

あえて全てを文章化せず、

計算過程と結果を簡潔に残して

APAスタイルのフォームを作り、

問題背景、結論、参考文献も入れておき、

夕方になってクラスメイトたちが

送ってきたメッセージは言い訳ばかり。

「今朝、コロナのワクチンを打ってきたから今週末は課題できない」とか

「私も今日打ってきたの。今後24時間は何もしないで皆同意よね?」

そのメッセージを受け取った瞬間に。

ガツンと

「ところで、私ね、やっぱりあのデータからだと

 あまり問題背景が浮かばなかったから

 アメリカ疾患予防管理センター【CDC】で調べたデータを基に

 文献も拾ってきて

 ペーパーとパワーポイントを

 ほぼ完成した状態で作っといたから

 Google Docでシェアするよう今から送るから

 ワクチン打ったのはわかるけど、

 しっかり週末目を通して、

 必要なら直してね!」

と返信しておきました。

すると皆、大喜び。

そりゃそうだろう、な。

Thank you for doing that! などなど。笑


少なくとも提出期間までには

3日間はあるので、

きっとイヤイヤばかり言う

駄々っ子ナースプラクティショナーたちも

重い腰を上げて修正して

終わらせてくれることでしょう。

彼女たちはネイティブなため、

私の英語もきっと直してくれるだろうという思惑もあったのですが。


因みに、昨日、

この授業のインストラクターからメールがあり、

グループのメンバーの評価をするように、

と評価法が送られてきました。

この週末の反応をみて、

厳しくつけていきます。笑


同じことを提供されたときに、

その目の前のことを

どう捉えて、

どう行動するか、

その積み重ねが未来を作るのではないかと思っております。

「えー、グループワーク?面倒くさい。だるーぃ」と受け止めるのか

「これは学べるいいチャンス!チームワークを固めよう!」とするか。

他人のモチベーションは変えられないこともありますが

自分のモチベーションは気持ち一つでどうにでもなる。

地道な苦労と努力

そして、

もっと学びたいという情熱のお陰で

第二カ国語である英語を用いて

なんとか アメリカ社会で生きて残れております。

今週末は気が楽だ~。嬉しい。





ブログランキング・にほんブログ村へ

無事に試験勉強を終え、期限より早めに期末試験を受けました。

これなら求められている最低限の成績は無事達成。

はぁ~良かった。

あとはグループワークの

ペーパーとパワーポイントのみ。

このグループワークはとりあえず、

しっかりシェアするためにも

まずは自分を宛てにして進めていこうと思います。


今週の月曜日は大統領の日で休日であったため、

その休みを利用してクラスメイトたちに

やることリストを共用しておいた方が

グループの認識も高まるかなと思って

とりあえず簡単にやるべきリストを書き上げ

それをメールだけしておきました。

このメールが有効的だったのか、

今日になって

前回は全くグループワークに貢献していなかった

成人高齢者急性期ナースプラクティショナーの子が

「こういうテーマでデータ収集して計算したらどうか?」と

皆に連絡をくれました。

以前のエピソードはこちら




とりあえず、残りのグループワークに力を入れるためにも

自分だけ片づけられることを

早めに終わらせておきたかったので

無事に期末試験が終わって良かったです。



今までに巷では R というものを

耳にはしていたのですが、

この生物統計学の授業を機に

進んで何か自分で先に勉強できないかな?と思い

調べたところ

ハーバード大学の無料のコースを発見。

それがなんと昨日から始まったようです。

終了証が欲しい際には

200ドル以上支払う必要があるようですが

全く必要性を感じないため、

ただ単にどんな授業であるのか興味があるため

無料で授業を受けるために登録してみました。

一体ハーバード大学の授業の小テストってどんな感じなのか

理解度を測るためにもやってみようかな?と思ってます。

リンクはこちら2タイプあるようです





また、将来通うであろう博士課程の大学院からは

健康診断の書類を提出したり、

BLSとACLSなどもアップロードする必要があり、

学校が始まってちょうど忙しくなるのかな、

という時期に有効期限が切れそうなため、

直前までリニューアルをするのを待つよりは

早めに更新して、

少しでも先のストレスを軽減しておこうと思います。

入学したら相当大変なのでは、と想像しております。


因みに、2回目のModernaコロナワクチン接種後は

2日目だけは軽度の倦怠感と注射部位の痛みはあったものの

3日目も、4日目も、5日目も何ら変調はなく

非常に快調です。

恐れていた重症度の高い副作用とは

無縁の状態のお陰であったため

しっかりと勉強に集中でき、

ワクチン接種をしたことすら忘れかけているほどでした。


日本もいよいよワクチン接種開始ですね。

マスコミの操作による恐怖心を掻き立てる偏った情報ではなく

しっかりと最新の科学的な根拠に基づいた知識が

広がっていることを願います。


アメリカではバイデン大統領が

アメリカの全ての人たちに

8月までにはワクチン接種が可能となると

ニューヨークタイムズには書かれております。

リンク


アメリカも公立の学校が州ごとのガイドラインで

徐々に開校している&開校の許可が出ているようですし

今年の夏頃には

次第にパンデミックという言葉も消えていくほどの

落ち着いた状態になっていくのでしょうか。


最後に、日本で報道されているかわかりかねますが

現在、コロナもまだ軽視できないものの

テキサスなどでは嵐により大停電が起こり、

大変なことになっております。

電気が通らず、暖房も使えず、約10人ほど亡くなられたそうです。

ご冥福お祈りいたします。



何時、どんなことが起こるか予測は不可能なため

とにかく今日もコツコツと

目の前の課題に向かって

自分のできることをやっていこうと思います。



ブログランキング・にほんブログ村へ

今勉強している統計学で分かりにくい部分がある時に、

役立つなと思ったサイトを紹介したいと思います。

その名もKhan Academy カン・アカデミー。

先日勉強していた内容の一つにChi-Square カイ・スクエアーの内容があり、

なるほどね~と、わかりやすく説明されていて助かりました。



このKhan Academyには

米国看護師試験NCLEX-RN用に

解剖や生理学、主となる臓器の説明シリーズもあれば、

MCATなどのアメリカの医学大学院の準備試験用のもの、

更にはサイエンス(有機化学や生物など)や

世界史やアート、などもあるようです。

自分さえその気になれば、

今や学校に行かなくとも、

ネット環境さえ整えば

受動的に学ぶ時代から、

主体的に学べる時代なんだと痛感してます。

テクノロジーは学びたい人にとっても便利な時代ですね!

知らないことを知るのはやはり面白いなと感じてます。

特にこの生物統計学の知識は

今後の学問にも大きく貢献してくれる気配を感じてます。




ブログランキング・にほんブログ村へ

今のクラスの内容が段々と難しくなってきました。

すぐに理解できない部分もあるため、

何回か読んだり問題を解いてやっと理解しています。

学部レベルの統計とはまた違った、

大学院レベルの生物統計学は単なる計算だけでなく、

その後の結果の意味合いや解釈も必須であり、

これから研究をする上では欠かせないプロセスと言えそうです。

しっかりこの授業が終わる頃には理解できていますように。

さて、このクラスの中で、先生が割り振った小グループがあります。

このグループメンバーで課題を提出するのですが

一人の子はとにかく病院でナースプラクティショナーとして

平日は働き詰めであり、

あまり勉強をする時間がないらしく、

内容を理解するまでに至っていない雰囲気があり、

全くもって余裕がないのがわかります。

そのため、もう一人の小児科のナースプラクティショナーの子と

私がほとんど課題を終わらせ、

それでも同じ問題の計算でも

答えが同じにならない部分があるため、

じゃあ、この急性期のNPの子にもやってもらって、

どちらが妥当か決めてもらおう、

となっていたのですが、

この急性期のナースプラクティショナーの子が

やはり内容を把握しきれていないようで、

「どちらの計算もきっと合っていると思うから、それでいいと思う」と言ってました。

「いや、それはないっしょ」と突っ込みどころが満載なのですが、

まぁフルで働きながら、

このとんでもなく時間の取られる短期の集中講義を取っていたら、

思わずそう言いたくなる気持ちもわかります。

でも他力本願にならないって誓約書にサインしてなかったっけ?と

頭をかしげたくもなりました。


私も自分なりの最善を尽くして、

小児科NPの子が教えてくれたソフト MiniTab

https://www.minitab.com/en-us/



を使うようにしたら、計算は確かに同じ数値になったりと、

知らなかったことを知ることができたり、

でもそれには予想以上に時間がかかったりと、

週末はひたすら理解して、とにかくなんとか課題を終わらせられるように

集中して勉強をしていました。

因みに、このMiniTabは30日間のトライアルで無料で使えるようにと

登録したのですが、かなり便利で目から鱗です。


正直なところ、グループワークをする方が

一人で淡々と書き上げるペーパー以上に難しさを感じます。

気を揉むと言いましょうか。

それぞれのメンバーにも特性があるからなのでしょう。

きっと先生からしてみれば、

3人分のペーパーや、各々のパワーポイントと評価よりは

グループで1つの方が採点しやすいのでしょうけどね。

学生は学生でまた違った大変さがあるものです。

いろんなグループ内のドラマはあるものの、

あまり他の子たちに頼りすぎないで、

自分が学びたいから、

学ばないと次に進めないから

この授業を取っているわけで

嫌でもリーダーシップを取らないといけない状況になりつつあり、

不安がちな小児科NPの子には質問があればすぐに返答し、

多忙で手がつけられていない急性期のNPの子には

とにかくわかっていることをどんどん情報提供していき、

なんとか1つの形となり、宿題を提出することができました。

また、大学院のウェブサイトからアップデートをしたものの、

アップデートしたパワーポイントの中の

チャートなどが上手く表示されないため、

グループの中の心配症小児科NPの子のことも考慮して、

かつ、提出した証拠を共有するためにも

皆のEmailをCCし、

再度先生へ直接パワーポイントを送っておきました。

そしたら数分で先生から

”I got it! Thank you"

と迅速な返信が来ました。

さて、次回はパワーポイントではなく、

課題形式はペーパーになります。

APAフォーマットかぁ。

内容が理解できていないと書けそうもないお題なため、

しっかりコツコツ勉強していきます。

どうかメンバー全てが無事に この授業を終了できますように。




ブログランキング・にほんブログ村へ

今現在の生物統計学の授業で、グループプロジェクトがあります。

1グループごと3人の配分になっており、

私のグループは皆、ナースプラクティショナーです。

一人の子は小児ナースプラクティショナー。

別の子はICUで働く急性期ナースプラクティショナー。

早速、今週末には宿題があり、

それを提出する必要があるのですが

その中で学校側からある誓約書に署名をするようにと言われました。

何かと言えば、宿題をするにあたり、

必ずお互いのコミュニケーションの返信は

24時間以内にすること、他人の意見を尊重すること、

午前2時以降はテキストメッセージや電話はしないこと、

宿題は提出期限の7日前からしっかり把握し、

個々に完成させるのは金曜日まで、

もし自分の配分された部分ができない場合には

事前に他のメンバーに連絡をすること。

更には、宿題は土曜日にはグループ全体で完成させ、

日曜日には提出できるようにし、

期限は月曜日にすること。

なんとこの総合評価のポイントもかなり高くて、

しっかりやりなさいというのがよく伝わってきます。

今のところは、Z scoreとか T testなど基本的なことなため

なんとか解明できるかな?と予測します。

ダメな時にはクラスメイトに訊いたらいいのでしょうし。

かつて、看護大学の頃も、ナースプラクティショナーの大学院の頃も

グループプロジェクトは他力本願の

アメリカ人のクラスメイトもいたため

ここまで厳しく明確に書かれている書類を見ると

しっかりやろう!という気になります。

逆を返すと、そこまで怠けて何もしない人がいて、

かつて学校側に文句を言った人たちが多かったのかな?

という裏も考えてしまいます。

大学院レベルまで来て、

誰かに言われないとやらない、という受け身的なレベルの人って

あまりいない気もしますが、正直なところ。

まぁ高校の頃の私は全く能動的でもなく、

どんなに言われても 興味のないことは

全く勉強しませでしたが。

お陰で成績表には、様々な数字(私の高校は1~10評価でした)

が見え隠れしてました。

人間ってこんなにも変わるものなんですね。笑


ということで、

今日はまだ9日前だけれど

早速今晩から開始させて

なんとかグループ課題に貢献していけるよう

自分なりにしっかりと理解をして

課題をこなしてみようと思います。

Vege
様々な色合いのカリフラワーに遭遇しました。




ブログランキング・にほんブログ村へ

今取っているBiostatistics 生物統計学のクラスメイトの

大半は医療従事者です。

内訳としては

麻酔看護師(Nurse Anesthetist)

専門看護師(CNS)

集中治療室 ICUのマネージャー

看護教育者

病棟の看護師

地域のメンタルヘルスカウンセラー

保健師

ナースプラクティショナー(NP)

などです。

これから大学院を進学をされる方で

この統計のクラスが必要だから取得されているようです。

皆同じような事情と状況。

自己紹介の書き込む部分があるのですが

ICU歴20+年でマネージャーをしていて、

これから臨床看護博士課程 DNP に行く2児の母でもある方は

彼女の書き込みを読んでいるだけでも、

かなり説得力のある論弁されており、

他のコロナによる人手不足のICUなどで

トラベルナース(派遣ナース)をされている方なども

最新のコロナの病棟に関する情報共有されており

とても充実した情報を知ることができて勉強になります。

思わず感心してしまったのは、

この2児の母でもあるICUのマネージャーさんは

「普段のストレスフルな臨床現場のストレスから離れるために

 大学院へ通うことにした」

って書いてあったのですが、

こちらからすると

「余計にストレスたまりませんか?」と

突っ込みを入れたくなるのですが。

しかし、なんとなく彼女の言わんとしていることも察することができます。

おそらく自分だけの時間で、何かに集中するって大事ですしね。

とても素敵なロールモデル的な方だなと感じました。

責任感のある仕事も、子育ても、博士課程の勉強もバリバリこなすなんて。

きっと自分にも厳しく、仕事のできる方なのでしょう。

この授業を通じて世の中には本当にいろんな人たちが

自分なりの道を歩んで頑張っているんだなぁと励まされます。

アメリカのコロナによる死亡者数の拡大と

大統領選挙も不完全燃焼な部分がある中での

新大統領就任となる上に、

悶々と暗い気持ちにもなりやすい

人肌恋しい冬の季節でもありますが、

この修羅場を越えたら

きっと暖かい春がやってくると信じて

進んでいけたらと思ってます。

最後に、昨日打ったコロナワクチンの注射部位の痛みは

だいぶ軽減しました。

ペインスケールで言えば10のうち5くらいだったのが

今では 腕を動かせば2、何もしなければ0まで下がった感じがします。

それ故に、腕もしっかり挙手できるだけの

可動域 ROM (Range of Motion) が改善中。

電車の吊り皮には掴まれるはず。

ただ、今は少しだけ頭が痛いのですが

それはコロナワクチンのせいなのか

天候のせいなのか

それとも

出され始めた課題の量と小テストの山が原因なのかは

不明なところであります。

私の場合、学問に王道はない、

という言葉に賛同する凡人なため

今回も継続的な努力で地道にやっていきたいと思います。

Stat
現在 使っている古本 かつレンタルしている統計学本です。
まだ難しいレベルにいっておらず、基礎的なことであるため、ありがたや~




ブログランキング・にほんブログ村へ

↑このページのトップヘ