photo 100EFRとはエマージェンシー・ファースト・レスポンスの略語です。
CPR&ファーストエイド&AED(自動体外式除細動器)の使い方などの講習で、簡単にいうと、救急トレーニングです。
医療技術の進歩や様々な変化に合わせて、改善され続ける救急蘇生法でもあるので、定期的なトレーニングが必要ですね!
目の前で起こってしまったことに、そこに居た人の初期ケアを知らないよりは知っておきたいと思うダイバーやダイバーでない方々にも是非受講していただきたいと思うコースです。

今回のEFR&AED講習を出張でアニーちゃん人形とAED機械を持って、高いマンションのご自宅まで行って来ました。よって、普段のトレーニングは最初の写真のような小綺麗なところではありませんので、ご了承ください。
出張講習(AEDやOWの学科講習)は人数や場所(移動実費が必要だったり)によりけりなので、直接ご相談ください。

今回は私達は田町まで自転車で人形もってお伺いしました。今回このコースに参加された方はレスキューダイバーになるためのステップとして参加しました。お時間もあまりなく講習時間も取れないということで、事前学習をお願いしてもらっていたのですが、勉強している期間に、偶然にも木の茂みに人が倒れていた人を発見してしまったそうです。こんな救急場面に出くわす事なんて無いのに何故今なんだろう?って思いながら教材を読んでいたその方はマニュアル通りに「大丈夫ですか?」声をかけたそうです。
反応がないので「私は救急トレーニングを受けています。何かお手伝いすることができますか?」そう言おうと思った瞬間に、あれっ!?まだトレーニングを受けてないって我に返ったそうです 笑何にも反応がないので、人生で初めて110番に電話したそうです。場所や状況を説明していると、気の茂みに倒れていた人はゆっくり起き上がってフラフラしながら歩いて行ってしまった。とってもひどい酔っぱらい(ただの酔っ払い?)だったということです。
講習の教科書みているのこの瞬間にこんな110番に電話することが起こるなんて、面白いね!という話でした。

image001-aedAED(自動体外式除細動器):
心臓の鼓動が不安定だったり、心室細動と言われる細かく震えるように鼓動している方には、早期に除細動を行う事が非常に重要です。
AEDは、患者の心臓に電気ショックを与える装置で、最近では公共施設や空港などに設置され、誰でも使用可能な状況となっています。 救急隊が到着する前にこれを使用することが出来れば、命が助かる確率は大幅にUPします。


photo 95なんと私達のホームグランドの坂田のシークロップにも、AED(自動体外式除細動器)設置されていて、公共機関にもどんどん増えてきてます。

←写真は坂田のボートの上にあるAED。

救急トレーニングを受けてみようかな〜って思った方はご相談くださ〜い。



Sticker_2『スクーバダイビングクラブ マナティーズ』http://www.din.or.jp/~manatees/
〒160-0002 東京都新宿区坂町15-17 03-5367-1277 
千葉の坂田(ばんだ)&東伊豆の北川(ほっかわ)などがホームグランド。
冬(1月〜2月)フロリダ・クリスタルリバー・マナティースイムツアー毎年開催。