2017年5月22日にマナティーズにお電話くれた、沖縄の専門学校生ひがさん。
電話でお聞きした番号を書き間違えていたらしく、折り返しすると言ったのに、電話が繋がりません。
お店にかけて頂いた電話番号は表示もされなく、こちらからのアクションをしてあげたいのにできない状態となってしまいました。
宜しければ、もう一度お電話ください。
マナティーズ 山崎由紀子

この日の朝。
マナティーズのお店に電話あったのですが、その電話が転送され携帯で受けました。
『マナティー保護のインターンシップをやってませんか?』
との問い合わせ。
「結果から先に言うと、うちではマナティー保護のインターンシップはやってませんが、
マナティーのお話はできると思います。
今はちょうどタイミング悪いので、夕方かけ直してください。」

夕方電話もらったとき、これまたタイミング悪く出かけなくてはいけなくて
「ごめん。あと2時間くらいしたらお店に戻るのでもう一回連絡くれる?」

そして、彼女は言われた通りに3回目の電話をくれので
「今日は3回も電話させてごめんね。こちらからかけ直すから、電話番号教えて」
と言って番号を控えてかけ直したら、繋がりません。。。。
あーあ。
わたしが番号を、手で書いたのが控え間違えたのでしょう。。。。。

マナティー保護のインターンシップをしたいとまで思ってくれてる若い芽。
何か役に立てることがあったかもしれないのに、本当にごめん。
そばにいたゴトーくん。
「ひどーーい。なんどもかけ直させて、最後電話もくれないって思われてるよー。」
あれから電話なるたびに
「ひがちゃん?」って出る前に言って気にしているマナティーズです。

沖縄の専門学校生でマナティー好きのヒガさんにお会いすることができた方、
いつもの雑な山崎のミスなので、良ければまた連絡くださいとお伝えくださーい。
きっとマナティーが好きで、マナティーのために行動しようとしたことを応援させてくださーい。
少しは何か役に立てるかもしれませんので、笑。

やま

image