2020.12更新
FullSizeRender

館山でクリーンアップダイビング
ダイビング後に、空いている時間に、海岸でゴミ拾いをするビーチクリーンアップダイビング。
台風の影響で打ち上がった海岸のゴミをみて、2017年10月23日台風21号から館山に滞在している仲間と始めました。 そのままにしていると、いずれは海のゴミとなり、マイクロプラスティックとなり、魚が食べ、人にも影響してくる!と
ダイバーとして、日頃楽しませてもらっている海に感謝の気持ちをこめて・・

〜 海岸清掃のみ参加の方へ 〜
●現地集合・現地解散でご参加ください。
現地までは、自家用車・路線バス・レンタル自転車・レンタカーなどでのご参加となります。
宿泊ご希望の方は、民宿やペンション、ホテルをご予約いただき、館山も楽しんでいただけると嬉しいです。
マナティーズが企画するビーチクリーンアップはダイビング活動が中心であることをご理解頂き、各自が自己完結でボランティア参加をお願いしています。

〜 夏の暑い日の参考に 〜
●日差しの強い日、汗をかいて熱中症や脱水症状に気をつけてください。
●冬の寒い日は、海の風で風邪ひかないように、あたたかい恰好もご用意ください。 ●対策として、小まめに飲み物を取り、小まめに休憩を入れて下さい。
夏の注意 ●真夏の太陽の高い日中は作業を控え、朝夕などを中心に!ダイビング後のサンセットビーチクリーンアップ活動を推奨しています。

〜 ゴミ拾いに向けての注意とやり方など 〜
●海のゴミを入れる赤い(又は青い)館山市のビニール袋が必要です。
指定の袋にいれてない海のゴミを坂田のゴミ捨て場に置かないでください。

●ゴミの分別の徹底をお願いします
1・ビン
2・カン(スプレー缶は別)
3・その他(プラスティックゴミ、ロープ、汚れたペットボトルなど)
4・危険金属(スプレー缶含む)
5・せともの
6・大きなゴミ(ブイや漁具など)
分別がきちんとされていない袋は館山市のゴミ収集車さんが持っていってくれません。
館山市の収集協力があってこの活動は成り立っています。このことをご理解頂き、分別には注意をお願いします。

●ゴミは可能な限り砂を落として、回収袋に入れてください。(自分が持ち運ぶ時にも軽くなり楽ちんですよ。砂はとても重たい)

●流木や海藻などは自然のものなので、回収しなくても自然に還ってもらいましょう。


●持ち物参照
・軍手(ダイビンググローブでも可)・長靴(ダイビングブーツでも可)・汚れても良い服・ムギワラ帽子(夏は特に)など
トング(腰を曲げずにゴミを拾えます)、ビニール手袋(水の中のゴミも拾いやすいです)、リュック(飲み物、携帯、上着などを入れて両手があけられる)があると便利です。 ・飲み物(夏に向けて脱水症状にならないように各自注意をお願いします。)
・お昼ご飯(各自準備してもらうか?みんなで近くに食べに行くか?前日までにお知らせしますが、基本的に自由にお考え下さい)

●海岸清掃の傷害保険などはいりませんので、必要な方は各自でお入りください。 ケガのないように、脱水症状にならないように、自己責任にてご参加いただけるようお願い申し上げます。

担当 マナティーズ山崎

090-6656-5367 今までのビーチクリーンアップ活動記録
(タイムリーに追いついてませんが、記録として少しずつアップしていってます)
http://blog.livedoor.jp/manatees1/archives/cat_50031249.html
IMG_7525

IMG_7246



クリーンアップダイビングについてのお問合せ・・ ダイビングツアー&マナティースイムツアーのお問合せは・・ マナティーズ http://manatees.jp/