2007年03月29日

大島へ!3

先々週くらいに、大島に行ってきました。

夜発の船に揺られて、大島についたのは朝6時!
朝日がとってもきれいでした。

レンタカーを借りて、大島一周道路へ。

地図に載っている、いろんなものを見落としながら最初にたどり着いたのは、

「地層切断面」

一緒に行った人はバームクーヘンに例え、
私はミルクレープに例えました。

そんな場所です。


筆島という岩を見たり、
歌になっているという波浮港へ立ち寄ったりした。

そんなランランなドライブ中、まだ朝早いということもあるかもしれないけど、
誰も歩いてる人がいなかった。


ちょっとすごかったのが
「砂漠」

大島に砂漠があるなんて知らなかった!

月と砂漠ラインのくねくね道を登っていくと
駐車場らしき拓けたところに到着。

どうやらここからは歩きらしい。

車を降りてみると、なんと雪が積もっていました!

風も強くて、辛かったけど、砂漠展望台というところに行ってみると、
すーーーーごく綺麗な風景がありました。

雲の間から光の線が海にいくつもつながっていて、絵みたいだった。

砂漠は雪で白くなって、壮大な感じがした。

砂漠の上から見下ろすような場所だったんだけど、
下まで近いのか遠いのか距離感が全くわからなかった。

おもしろいところでした。

しかし風強いし、広いし、寒いしで、あやうく遭難しそうになりました。


あとこの旅で印象に残っているのは、
三原山登山。

登山と言うほど大きい山ではないけど。

西部劇を思い出させるような草原にニョキッと出ている三原山。
日本のエアーズロック。

溶岩の流れたあとが黒くはっきりとわかりました!

40分掛かって頂上に到着。

おぁ富士山発見!!
本土が見えるってなんか不思議だ。


火山口を横目に歩いていると、人だかりを発見。
じつはここには溶岩が固まった中が空洞になってできた洞くつがあるというのだ。


今回のメインイベントです。

この週末だけ公開。逃したらいかん!

軍手とヘルメットを着用して、即席探検隊!!

溶岩の中には、はしごを2つ乗り継いで、降りていきました。

入り口は狭くて暗くて怖かった。

中は、ゴジラの皮膚みたいだった。


無事下山して、お土産屋さんでたくさん試食して、
大島在住の友人おすすめの「あしたばフランク」を食べました。


この旅のメインを無事堪能し、帰りの船の時間まで残すところあと2時間。

お昼を諦めて、三原山の見える温泉へ。

冷えて疲れた体をのんびりと癒しました。


さあ港へいこう!

という私達に声をかける人が。。

なんと、去年から大島に仕事で住んでいる友人が!!

今日はたまたまお休みということで、わざわざ見送りに来てくれました。

ゆっくり話す暇はなかったけど、おいしいお土産くれました。
ありがちょね


出発5分前の合図に、慌てて乗り込む私達。

笑顔で手を振る友人。

ミス大島らしき3人娘もニコニコでした。


知らない人が紙テープを渡してくれた。


こんどはもっとゆっくりしに行きたいな。




manatsunotaiyo73 at 21:25│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字