aj うつ病・精神科・心療内科医療被害・カウンセリング被害の実態を知る:2011年08月 - livedoor Blog(ブログ)

2011年08月

2011年08月28日

精神科医は子どもに何をしているのか 抗うつ薬 抗うつ剤の副作用

精神科医は子どもに何をしているのか

傑作(2) 2007/5/15(火) 午後 3:46精神科の治療と凶悪犯罪練習用
 衝撃的な事件が起きた。17歳の高校生が母親の首を殺害し、その後切断した頭部を持って警察に出頭するという異常な事件だ。報道では、高校生は精神科に通院歴があり、捜査員に「恨みではない。殺すのは誰でもよかった」などと述べているとされている。

 このように、精神科に通院歴のある人が凶悪事件を起こす度に、精神障害者だからこのような犯罪をしたという意見が出てくる。それは正しい表現なのだろうか。見落とされがちな要素がある。それは、精神科で治療を受けた後にこのような事件を起こしているということである。つまり、精神科にかからずに悪化したのではなく、精神科にかかって悪化したということである。

 治療がうまくいけば、こんな事件を起こすはずがない。結果からすると、病気を悪化させたというよりも、凶暴で冷徹な人格を作り出したというのが正しいかもしれない。では、精神科の治療が、患者を凶暴化させたりすることはあり得るのだろうか。

 精神科で処方される抗うつ剤や安定剤、中枢神経興奮剤などの向精神薬には、危険な副作用が多く指摘されている。医薬品添付文書に記載されている副作用を見ると、「興奮」「錯乱」「激越」「幻覚」「せん妄」「誇大性」「敵意」「攻撃的」「自殺企図」などと書かれている。これらの副作用の出現頻度は低いかもしれない。しかし、何百万人が向精神薬を服用している現在、その副作用の影響下にいる人々の数は到底無視できない数になるはずである。

 実際、全日空機ハイジャック機長殺害事件の犯人のように、処方された抗うつ剤によって凶暴化する事例も出てきている。その他にも、動機が不可解な事件の多くには、精神科の治療が関係している。大阪池田小児童殺傷事件を起こした宅間元死刑囚は、抗うつ剤「パキシル」を処方されていた。寝屋川小学校教師殺傷事件を起こした当時17歳の少年は、抗うつ剤を処方されていた。宇治小6女児刺殺事件を起こした塾講師の大学生は、抗うつ剤「デプロメール」を2倍に増量された直後、事件を起こした。川崎男児投げ落とし事件の犯人は、重いうつ症状で入院し、抗精神病薬などを処方されて退院した後、殺人衝動が抑えられなくなったとしている。

 今回事件を起こした高校生は、どのような経緯で精神科に通い始めたのだろうか。そして、そこでどのような治療を受けていたのだろうか。18歳未満の患者に対して自殺行動を強めるリスクがあり、一時18歳未満への処方について禁忌措置がとられたが、昨年に精神医学会の圧力で禁忌解除された抗うつ剤「パキシル」が処方されていなかっただろうか。事件の真相を明らかにする上で、治療が彼に及ぼした影響を調べる必要がある。

 1991年頃から、抗うつ剤プロザック服用後に起こった自殺や殺人事件について、被害者や遺族らが声を上げるようになった。それ以降、被害の訴えは続き、各国政府機関は近年になってようやく、自殺行動や突然死、異常行動などの危険な副作用について警告を発するようになってきている。また、米国では、凶悪事件に関して、犯人が服用していた向精神薬の製造元に対して、事件の責任を問い、遺族に損害賠償を支払うよう命じた裁判の判決も出ている。

 最近は、うつ病や発達障害の早期発見、早期治療がさかんに叫ばれ、精神科に行く子どもが増えている。しかし、実際の治療現場では問題も多く、不当な診断や治療、薬の副作用などの被害が度々報告されているる。18歳未満に対して自殺のリスクを高める恐れのある抗うつ剤について、副作用の説明もなく、中学生や高校生に与えられている事例や、子どもをおとなしくさせるために、突然死や幻覚、依存症などの危険な副作用のあるリタリンを強要されたりする事例などが報告されている。

 不登校や多動、自傷行為など、子どもの問題行動があったからといって、専門家にみてもらえば全て問題が解決するとは限らない。むしろ、今回の事件のように、悪化すらさせられる事例もある。現在、発達障害者支援や自殺対策などを理由に、学校でも精神科受診が勧められる体制が整えられつつある。しかし、専門家を妄信し、診断や治療のリスクや問題点を知らせず、安易に精神科の早期受診を勧める態度は非常に危険である。

 一体精神科医は子どもに何をしているのか。なぜ精神科にかかり、凶悪な事件を起こす人格に変貌するのか。市民には知る権利がある。捜査機関や報道関係者には、精神科の治療という観点からもこの事件について切り込み、不安に怯える市民に真相を知らせることを期待する。
抗不安薬国内シェアNo.1「デパス」
副作用:依存性、興奮、刺激興奮、錯乱

抗うつ剤国内シェアNo.1「パキシル」
使用上の注意:18歳未満の患者で、自殺念慮、自殺企図のリスクが増加するとの報告がある
副作用:激越、興奮、錯乱、幻覚、せん妄、神経過敏、感情鈍麻

統合失調症治療剤国内シェアNo.1「リスパダール」
重要な基本的注意:興奮、誇大性、敵意等の陽性症状を悪化させる可能性がある
副作用:不安・焦躁、興奮、抑うつ、妄想、幻覚、自殺企図、性欲異常、

中枢神経興奮剤国内シェアNo.1「リタリン」
重要な基本的な注意:連用により薬物依存を生じることがある
副作用:興奮、不機嫌・不快感、注意集中困難、易怒・攻撃的、行為心迫、幻覚、妄想
***********************************
精神医療現場での被害の報告を受け付けています。
特に、その被害に関して何らかの行動(刑事告発、民事訴訟、内部告発、行政交渉、マスコミへの周知、法律改正の働きかけなど)を起こしたいという方、一度ご相談下さい。
特に情報を集めている事例
・子どもの被害事例(投薬や受信の強要、不当な診断、向精神薬の副作用など)
・抗うつ剤(特にSSRI)を服用後に自殺行動を起こした事例
・精神科医からの暴力や性的虐待事例
・診療報酬などの不正請求事例思い当たることがあれば、こちらまでご報告下さい。
kebichan55@yahoo.co.jp

※この記事は「精神科医の犯罪を問う」というブログの2007年5月15日の記事を許可を得て転載させていただいています

http://mobile42.search.tnz.yahoo.co.jp/fweb/0523VaDQf5ZCA9X7/cC?_jig_=http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55/32346978.html

メンタルランキング参加中クリックよろしくお願いします

∞メンタルナビ∞ランキングエントリー中!
心 心の病 心の病気

病院 入院 精神療法

カウンセリング 心理学

心療内科 学校 教育

家族 メンタルクリニック
精神分析 精神鑑定 会社
仕事 精神障害 パキシル
向精神薬 抗うつ剤 健康

臨床心理士 介護 福祉

仕事 趣味 ペット 園芸

大学 大学院 車 先生

教師 子育て 育児 新聞

テレビ メディア 食事

ニュース 悩み 生き方

相談 早期発見早期治療

うつ病 パニック障害

社会不安性障害 自殺対策
心理学 医療過誤 薬

精神科医 薬剤師 人権

本 ビデオ 書籍 医療

読書 知識 自然 幸せ

電気ショック 夏休み

いじめ 休日 自殺 企業

看護士 自助グループ

裁判 弁護士 法律 患者

薬物依存症 虐待 論文

アルコール依存症 外国

買い物依存症 日本 夢

ギャンブル依存症 倫理

発達障害 レジャー

スポーツ 安全 危険

塾 運動 鬱病 内科

医者 体 身体 電気

ホームページ 携帯 経済
パソコン 政治 心の闇

犯罪 事件 映画 交通

後遺症 マスコミ 苦しみ

メンタルヘルス 心のケア
PTSD 心の傷 癒し 宣伝

支援 講演会 製薬会社

ワークショップ CD 庭 恋愛 結婚

雑誌 精神保健福祉士

実習 事故 宗教 睡眠薬

不眠症 ストレス 人生

ストレス社会 人工 出産
更年期障害 男性 女性

自律神経失調症 老人 信頼
お金 信頼関係 失業

挫折 回復 仲間 不登校

引きこもり 学会 詐偽

医療ミス 成長 病気

リタリン 食品 ダイエット
診察 コミュニケーション
スキル 対人関係 情報

人間関係 ドライブ 景色

心理カウンセラー

カウンセリングルーム

保護者 父兄 授業

面談 試験 テスト

ブログ インターネット
教師 職場 本 書籍

読書 ホテル アロマ

セロトニン仮説 薬物療法
対処療法 摂食障害

統合失調症 ADHD 保健婦

保健室 疲労 過労 命

パチンコ 競馬 たばこ

報道 放送 NHK 生き方

ダイエット 心理テスト

トラウマ 心的外傷 写真
サラリーマン OL 社長

ニート対策 気分障害

境界性人格障害

ボーダーライン 希望

パキシル リタリン

強迫神経症 体調 AC

ワーキングプア 派遣社員
ジェイゾロフト CM 教授
落ち込み 窃盗癖 嗜癖

アディクション 親子関係
アダルトチルドレン

母子密着 共依存症

家庭内暴力 権威

薬剤性パーキンソン

薬剤性精神病 役所 議員

非行 厚生労働省 未来

将来 NPO法人 医療荒廃

ダイエット 学会 学術誌
機能不全家族 第一人者

季節 梅雨 気候 医療費

健康チェック 保険

多重人格 料理 芸能界

有名人 メンタルヘルス

習い事 習慣 文化

小学生 中学生 高校生

大学生 思春期 心の世紀

心の専門家 セラピスト

セラピー 世界 海外

副作用 真実 心療内科

メンタルクリニック

薬物依存 精神医学

更年期障害 自殺対策

自殺予防 精神分析

精神鑑定 凶悪犯罪

凶悪事件 医療過誤

発達障害支援 過食症

パニック障害

躁うつ病 双極性障害

過眠症 催し 講演会

勉強会 家族会

お知らせ 少年犯罪

ギャンブル依存 夏休み

抗うつ薬

社会問題 精神保健福祉士
PSW ソーシャルワーカー

ジプレキサ ハルシオン

性犯罪 性暴力 いじめ

児童虐待 レイプ 国会

被害者の会 命の電話

精神保健福祉センター

離婚 幼稚園 保育園

保育士 看護士 テスト

試験 セロトニン

ジプレキサ アカシジア

医師会
DV シェルター 性的虐待
犯罪被害者 被害者の会

自助グループ 悩み相談

うつ病 躁鬱病

強迫神経症

医師会 シンポジウム


ドキュメンタリー

ウツ病 アスペルガー

道徳 倫理 リストカット
オーバードーズ

OD 療育

2011年08月26日

緊急のお願い (リンク、転載お願いします)

精神科医の犯罪を問うのおすすめ記事

緊急の呼びかけ

中川メンタルクリニック院長第二回公判傍聴記

薬害を超える早期介入被害

うつ病診療の驚愕の実態

声を上げ、歴史を動かそう

精神医療は、メンタルヘルスを悪化させている最大の要因です

9月3日は睡眠(薬)の日

精神病院をなくした国イタリア

精神科医の摘発

アリ地獄から軍隊アリへ

これも双極性障害キャンペーン???

若者の自殺ルートを解明せよ

精神科医が不眠症の患者さんを苦しめる

精神科受診や向精神薬服用を勧める岩手県知事への質問状

大災害は精神医療産業にとってビジネスチャンスです

ベンゾジアゼピン処方の国際比較

双極性障害の時代

中川メンタルクリニック院長初公判を傍聴して

情報の評価

統計まとめ

自閉症の子どもには睡眠薬?

緊急に情報を集めています

なぜ精神病院は対象外???

隔離収容+多剤多量処方+MBM+予防精神医学+アウトリーチ=?

生活保護と精神医療

自殺対策は、精神科医の危険な投薬の規制から

池田小児童殺傷事件から10年

盗人に鍵を預ける

御用学者

時代が変わる〜今こそ声を上げる時です

韓国芸能界の悲劇

原発問題を通して精神医療問題を見る

精神科医によるこころのケア戦略

アイドルの自殺から浮かび上がるこころのケアの問題

双極性障害キャンペーンは患者の利益の為か?

NHKと製薬会社の関係

双極性障害宣伝番組の茶番

こどもの日:子どもたちの健やかな成長を願って

こころのケアの押し売り

こころの専門家が伝える誤った情報

それ見たことか!とは言いたくない

精神科特需で始まる新年度

睡眠薬と肺塞栓症

地震から一週間

子どもの薬漬けの実態が明らかに!!!

精神科医療機関の違法行為、犯罪について報告して下さい

国連の勧告を無視する日本ADHD学会

モスクワの空港自爆テロと精神医学

最初のターゲットは多剤多量処方

精神医学は科学としての節度を放棄した

より良い精神医療という幻想

向精神薬の副作用を報告しよう

睡眠キャンペーンに効果なし

優生思想→保安処分→早期介入

悪魔の取引:支援と引き換えにした精神障害のレッテル

今日はいのちの日のようです

向精神薬依存に追い込まれる十代の子どもたち

今年の集大成です

こんなのありました

この子に“心の薬”は必要か

精神科医はどのようにして親や教師を啓発(洗脳?)するか

早期介入の実現に向けて全国行脚する精神科医

児童青年医学会で発表を控えていた児童精神科医が逮捕される

東京クリニック元院長に有罪判決

魔法の薬の正体

いよいよ判決

野村総一郎氏と製薬会社との関係

野村総一郎氏と製薬会社との関係

野村総一郎氏と製薬会社との関係

問われる精神科医療

国民に知らされないうつ病の真実:精神科医にうつ病対策を任せてよいのか?

激増する行動制限

歴史は繰り返される

そもそもうつ病対策という発想自体が誤り

根拠のない診断、投薬に苦しむ子どもたち

「薬漬け」は誤解ですか?

大至急!!緊急の呼びかけ

患者を自殺に追い込む精神科医を告訴しよう

日本で暗躍するマクゴリーの手下たち(前編)

日本で暗躍するマクゴリーの手下たち(後編)

絵本を使った市場拡大作戦 2

絵本を使った市場拡大作戦

日本の青少年を食い物にする早期介入という戦略

盗人猛々しい精神医学会の宣言

精神医療産業にボロボロにされた日本の20代、30代・・・次のターゲットは10代!!!

シャッターアイランド=日本

末期のうつ病キャンペーンから日本人を守れ


ぜひご覧ください!



manavinoheya at 21:30トラックバック(0) この記事をクリップ!

2011年08月25日

声を上げ、歴史を動かそう

精神科医の犯罪を問うのおすすめ記事

声を上げ、歴史を動かそう

精神医療は、メンタルヘルスを悪化させている最大の要因です

9月3日は睡眠(薬)の日

精神病院をなくした国イタリア

精神科医の摘発

アリ地獄から軍隊アリへ

これも双極性障害キャンペーン???

若者の自殺ルートを解明せよ

精神科医が不眠症の患者さんを苦しめる

精神科受診や向精神薬服用を勧める岩手県知事への質問状

大災害は精神医療産業にとってビジネスチャンスです

ベンゾジアゼピン処方の国際比較

双極性障害の時代

中川メンタルクリニック院長初公判を傍聴して

情報の評価

統計まとめ

自閉症の子どもには睡眠薬?

緊急に情報を集めています

なぜ精神病院は対象外???

隔離収容+多剤多量処方+MBM+予防精神医学+アウトリーチ=?

生活保護と精神医療

自殺対策は、精神科医の危険な投薬の規制から

池田小児童殺傷事件から10年

盗人に鍵を預ける

御用学者

時代が変わる〜今こそ声を上げる時です

韓国芸能界の悲劇

原発問題を通して精神医療問題を見る

精神科医によるこころのケア戦略

アイドルの自殺から浮かび上がるこころのケアの問題

双極性障害キャンペーンは患者の利益の為か?

NHKと製薬会社の関係

双極性障害宣伝番組の茶番

こどもの日:子どもたちの健やかな成長を願って

こころのケアの押し売り

こころの専門家が伝える誤った情報

それ見たことか!とは言いたくない

精神科特需で始まる新年度

睡眠薬と肺塞栓症

地震から一週間

子どもの薬漬けの実態が明らかに!!!

精神科医療機関の違法行為、犯罪について報告して下さい

国連の勧告を無視する日本ADHD学会

モスクワの空港自爆テロと精神医学

最初のターゲットは多剤多量処方

精神医学は科学としての節度を放棄した

より良い精神医療という幻想

向精神薬の副作用を報告しよう

睡眠キャンペーンに効果なし

優生思想→保安処分→早期介入

悪魔の取引:支援と引き換えにした精神障害のレッテル

今日はいのちの日のようです

向精神薬依存に追い込まれる十代の子どもたち

今年の集大成です

こんなのありました

この子に“心の薬”は必要か

精神科医はどのようにして親や教師を啓発(洗脳?)するか

早期介入の実現に向けて全国行脚する精神科医

児童青年医学会で発表を控えていた児童精神科医が逮捕される

東京クリニック元院長に有罪判決

魔法の薬の正体

いよいよ判決

野村総一郎氏と製薬会社との関係

野村総一郎氏と製薬会社との関係

野村総一郎氏と製薬会社との関係

問われる精神科医療

国民に知らされないうつ病の真実:精神科医にうつ病対策を任せてよいのか?

激増する行動制限

歴史は繰り返される

そもそもうつ病対策という発想自体が誤り

根拠のない診断、投薬に苦しむ子どもたち

「薬漬け」は誤解ですか?

大至急!!緊急の呼びかけ

患者を自殺に追い込む精神科医を告訴しよう

日本で暗躍するマクゴリーの手下たち(前編)

日本で暗躍するマクゴリーの手下たち(後編)

絵本を使った市場拡大作戦 2

絵本を使った市場拡大作戦

日本の青少年を食い物にする早期介入という戦略

盗人猛々しい精神医学会の宣言

精神医療産業にボロボロにされた日本の20代、30代・・・次のターゲットは10代!!!

シャッターアイランド=日本

末期のうつ病キャンペーンから日本人を守れ


ぜひご覧ください!

manavinoheya at 22:57トラックバック(0) この記事をクリップ!

2011年08月24日

中川メンタルクリニック院長初公判を傍聴して

精神科医の犯罪を問うのおすすめ記事

中川メンタルクリニック院長初公判を傍聴して

情報の評価

統計まとめ

自閉症の子どもには睡眠薬?

緊急に情報を集めています

なぜ精神病院は対象外???

隔離収容+多剤多量処方+MBM+予防精神医学+アウトリーチ=?

生活保護と精神医療

自殺対策は、精神科医の危険な投薬の規制から

池田小児童殺傷事件から10年

盗人に鍵を預ける

御用学者

時代が変わる〜今こそ声を上げる時です

韓国芸能界の悲劇

原発問題を通して精神医療問題を見る

精神科医によるこころのケア戦略

アイドルの自殺から浮かび上がるこころのケアの問題

双極性障害キャンペーンは患者の利益の為か?

NHKと製薬会社の関係

双極性障害宣伝番組の茶番

こどもの日:子どもたちの健やかな成長を願って

こころのケアの押し売り

こころの専門家が伝える誤った情報

それ見たことか!とは言いたくない

精神科特需で始まる新年度

睡眠薬と肺塞栓症

地震から一週間

子どもの薬漬けの実態が明らかに!!!

精神科医療機関の違法行為、犯罪について報告して下さい

国連の勧告を無視する日本ADHD学会

モスクワの空港自爆テロと精神医学

最初のターゲットは多剤多量処方

精神医学は科学としての節度を放棄した

より良い精神医療という幻想

向精神薬の副作用を報告しよう

睡眠キャンペーンに効果なし

優生思想→保安処分→早期介入

悪魔の取引:支援と引き換えにした精神障害のレッテル

今日はいのちの日のようです

向精神薬依存に追い込まれる十代の子どもたち

今年の集大成です

こんなのありました

この子に“心の薬”は必要か

精神科医はどのようにして親や教師を啓発(洗脳?)するか

早期介入の実現に向けて全国行脚する精神科医

児童青年医学会で発表を控えていた児童精神科医が逮捕される

東京クリニック元院長に有罪判決

魔法の薬の正体

いよいよ判決

野村総一郎氏と製薬会社との関係

野村総一郎氏と製薬会社との関係

野村総一郎氏と製薬会社との関係

問われる精神科医療

国民に知らされないうつ病の真実:精神科医にうつ病対策を任せてよいのか?

激増する行動制限

歴史は繰り返される

そもそもうつ病対策という発想自体が誤り

根拠のない診断、投薬に苦しむ子どもたち

「薬漬け」は誤解ですか?

大至急!!緊急の呼びかけ

患者を自殺に追い込む精神科医を告訴しよう

日本で暗躍するマクゴリーの手下たち(前編)

日本で暗躍するマクゴリーの手下たち(後編)

絵本を使った市場拡大作戦 2

絵本を使った市場拡大作戦

日本の青少年を食い物にする早期介入という戦略

盗人猛々しい精神医学会の宣言

精神医療産業にボロボロにされた日本の20代、30代・・・次のターゲットは10代!!!

シャッターアイランド=日本

末期のうつ病キャンペーンから日本人を守れ


ぜひご覧ください!



manavinoheya at 23:00トラックバック(0) この記事をクリップ!

2011年08月20日

精神医療は、メンタルヘルスを悪化させる最大の要因です

精神科医の犯罪を問うのおすすめ記事

精神医療は、メンタルヘルスを悪化させている最大の要因です

9月3日は睡眠(薬)の日

精神病院をなくした国イタリア

精神科医の摘発

アリ地獄から軍隊アリへ

これも双極性障害キャンペーン???

若者の自殺ルートを解明せよ

精神科医が不眠症の患者さんを苦しめる

精神科受診や向精神薬服用を勧める岩手県知事への質問状

大災害は精神医療産業にとってビジネスチャンスです

ベンゾジアゼピン処方の国際比較

双極性障害の時代

中川メンタルクリニック院長初公判を傍聴して

情報の評価

統計まとめ

自閉症の子どもには睡眠薬?

緊急に情報を集めています

なぜ精神病院は対象外???

隔離収容+多剤多量処方+MBM+予防精神医学+アウトリーチ=?

生活保護と精神医療

自殺対策は、精神科医の危険な投薬の規制から

池田小児童殺傷事件から10年

盗人に鍵を預ける

御用学者

時代が変わる〜今こそ声を上げる時です

韓国芸能界の悲劇

原発問題を通して精神医療問題を見る

精神科医によるこころのケア戦略

アイドルの自殺から浮かび上がるこころのケアの問題

双極性障害キャンペーンは患者の利益の為か?

NHKと製薬会社の関係

双極性障害宣伝番組の茶番

こどもの日:子どもたちの健やかな成長を願って

こころのケアの押し売り

こころの専門家が伝える誤った情報

それ見たことか!とは言いたくない

精神科特需で始まる新年度

睡眠薬と肺塞栓症

地震から一週間

子どもの薬漬けの実態が明らかに!!!

精神科医療機関の違法行為、犯罪について報告して下さい

国連の勧告を無視する日本ADHD学会

モスクワの空港自爆テロと精神医学

最初のターゲットは多剤多量処方

精神医学は科学としての節度を放棄した

より良い精神医療という幻想

向精神薬の副作用を報告しよう

睡眠キャンペーンに効果なし

優生思想→保安処分→早期介入

悪魔の取引:支援と引き換えにした精神障害のレッテル

今日はいのちの日のようです

向精神薬依存に追い込まれる十代の子どもたち

今年の集大成です

こんなのありました

この子に“心の薬”は必要か

精神科医はどのようにして親や教師を啓発(洗脳?)するか

早期介入の実現に向けて全国行脚する精神科医

児童青年医学会で発表を控えていた児童精神科医が逮捕される

東京クリニック元院長に有罪判決

魔法の薬の正体

いよいよ判決

野村総一郎氏と製薬会社との関係

野村総一郎氏と製薬会社との関係

野村総一郎氏と製薬会社との関係

問われる精神科医療

国民に知らされないうつ病の真実:精神科医にうつ病対策を任せてよいのか?

激増する行動制限

歴史は繰り返される

そもそもうつ病対策という発想自体が誤り

根拠のない診断、投薬に苦しむ子どもたち

「薬漬け」は誤解ですか?

大至急!!緊急の呼びかけ

患者を自殺に追い込む精神科医を告訴しよう

日本で暗躍するマクゴリーの手下たち(前編)

日本で暗躍するマクゴリーの手下たち(後編)

絵本を使った市場拡大作戦 2

絵本を使った市場拡大作戦

日本の青少年を食い物にする早期介入という戦略

盗人猛々しい精神医学会の宣言

精神医療産業にボロボロにされた日本の20代、30代・・・次のターゲットは10代!!!

シャッターアイランド=日本

末期のうつ病キャンペーンから日本人を守れ


ぜひご覧ください!

manavinoheya at 20:49トラックバック(0) この記事をクリップ!

2011年08月19日

うつ病診療の驚愕の実態

精神科医の犯罪を問うのおすすめ記事

うつ病診療の驚愕の実態

声を上げ、歴史を動かそう

精神医療は、メンタルヘルスを悪化させている最大の要因です

9月3日は睡眠(薬)の日

精神病院をなくした国イタリア

精神科医の摘発

アリ地獄から軍隊アリへ

これも双極性障害キャンペーン???

若者の自殺ルートを解明せよ

精神科医が不眠症の患者さんを苦しめる

精神科受診や向精神薬服用を勧める岩手県知事への質問状

大災害は精神医療産業にとってビジネスチャンスです

ベンゾジアゼピン処方の国際比較

双極性障害の時代

中川メンタルクリニック院長初公判を傍聴して

情報の評価

統計まとめ

自閉症の子どもには睡眠薬?

緊急に情報を集めています

なぜ精神病院は対象外???

隔離収容+多剤多量処方+MBM+予防精神医学+アウトリーチ=?

生活保護と精神医療

自殺対策は、精神科医の危険な投薬の規制から

池田小児童殺傷事件から10年

盗人に鍵を預ける

御用学者

時代が変わる〜今こそ声を上げる時です

韓国芸能界の悲劇

原発問題を通して精神医療問題を見る

精神科医によるこころのケア戦略

アイドルの自殺から浮かび上がるこころのケアの問題

双極性障害キャンペーンは患者の利益の為か?

NHKと製薬会社の関係

双極性障害宣伝番組の茶番

こどもの日:子どもたちの健やかな成長を願って

こころのケアの押し売り

こころの専門家が伝える誤った情報

それ見たことか!とは言いたくない

精神科特需で始まる新年度

睡眠薬と肺塞栓症

地震から一週間

子どもの薬漬けの実態が明らかに!!!

精神科医療機関の違法行為、犯罪について報告して下さい

国連の勧告を無視する日本ADHD学会

モスクワの空港自爆テロと精神医学

最初のターゲットは多剤多量処方

精神医学は科学としての節度を放棄した

より良い精神医療という幻想

向精神薬の副作用を報告しよう

睡眠キャンペーンに効果なし

優生思想→保安処分→早期介入

悪魔の取引:支援と引き換えにした精神障害のレッテル

今日はいのちの日のようです

向精神薬依存に追い込まれる十代の子どもたち

今年の集大成です

こんなのありました

この子に“心の薬”は必要か

精神科医はどのようにして親や教師を啓発(洗脳?)するか

早期介入の実現に向けて全国行脚する精神科医

児童青年医学会で発表を控えていた児童精神科医が逮捕される

東京クリニック元院長に有罪判決

魔法の薬の正体

いよいよ判決

野村総一郎氏と製薬会社との関係

野村総一郎氏と製薬会社との関係

野村総一郎氏と製薬会社との関係

問われる精神科医療

国民に知らされないうつ病の真実:精神科医にうつ病対策を任せてよいのか?

激増する行動制限

歴史は繰り返される

そもそもうつ病対策という発想自体が誤り

根拠のない診断、投薬に苦しむ子どもたち

「薬漬け」は誤解ですか?

大至急!!緊急の呼びかけ

患者を自殺に追い込む精神科医を告訴しよう

日本で暗躍するマクゴリーの手下たち(前編)

日本で暗躍するマクゴリーの手下たち(後編)

絵本を使った市場拡大作戦 2

絵本を使った市場拡大作戦

日本の青少年を食い物にする早期介入という戦略

盗人猛々しい精神医学会の宣言

精神医療産業にボロボロにされた日本の20代、30代・・・次のターゲットは10代!!!

シャッターアイランド=日本

末期のうつ病キャンペーンから日本人を守れ


ぜひご覧ください!

manavinoheya at 21:50トラックバック(0) この記事をクリップ!

2011年08月16日

震災後の心のケア=精神科治療 それ見たことか!とは言いたくない

精神科医の犯罪を問うのおすすめ記事

それ見たことか!とは言いたくない

精神科特需で始まる新年度

睡眠薬と肺塞栓症

地震から一週間

子どもの薬漬けの実態が明らかに!!!

精神科医療機関の違法行為、犯罪について報告して下さい

国連の勧告を無視する日本ADHD学会

モスクワの空港自爆テロと精神医学

最初のターゲットは多剤多量処方

精神医学は科学としての節度を放棄した

より良い精神医療という幻想

向精神薬の副作用を報告しよう

睡眠キャンペーンに効果なし

優生思想→保安処分→早期介入

悪魔の取引:支援と引き換えにした精神障害のレッテル

今日はいのちの日のようです

向精神薬依存に追い込まれる十代の子どもたち

今年の集大成です

こんなのありました

この子に“心の薬”は必要か

精神科医はどのようにして親や教師を啓発(洗脳?)するか

早期介入の実現に向けて全国行脚する精神科医

児童青年医学会で発表を控えていた児童精神科医が逮捕される

東京クリニック元院長に有罪判決

魔法の薬の正体

いよいよ判決

野村総一郎氏と製薬会社との関係

野村総一郎氏と製薬会社との関係

野村総一郎氏と製薬会社との関係

問われる精神科医療

国民に知らされないうつ病の真実:精神科医にうつ病対策を任せてよいのか?

激増する行動制限

歴史は繰り返される

そもそもうつ病対策という発想自体が誤り

根拠のない診断、投薬に苦しむ子どもたち

「薬漬け」は誤解ですか?

大至急!!緊急の呼びかけ

患者を自殺に追い込む精神科医を告訴しよう

日本で暗躍するマクゴリーの手下たち(前編)

日本で暗躍するマクゴリーの手下たち(後編)

絵本を使った市場拡大作戦 2

絵本を使った市場拡大作戦

日本の青少年を食い物にする早期介入という戦略

盗人猛々しい精神医学会の宣言

精神医療産業にボロボロにされた日本の20代、30代・・・次のターゲットは10代!!!

シャッターアイランド=日本

末期のうつ病キャンペーンから日本人を守れ


ぜひご覧ください!

manavinoheya at 22:00トラックバック(0) この記事をクリップ!

2011年08月15日

中川メンタルクリニック院長第二回公判傍聴記

精神科医の犯罪を問うのおすすめ記事

中川メンタルクリニック院長第二回公判傍聴記

薬害を超える早期介入被害

うつ病診療の驚愕の実態

声を上げ、歴史を動かそう

精神医療は、メンタルヘルスを悪化させている最大の要因です

9月3日は睡眠(薬)の日

精神病院をなくした国イタリア

精神科医の摘発

アリ地獄から軍隊アリへ

これも双極性障害キャンペーン???

若者の自殺ルートを解明せよ

精神科医が不眠症の患者さんを苦しめる

精神科受診や向精神薬服用を勧める岩手県知事への質問状

大災害は精神医療産業にとってビジネスチャンスです

ベンゾジアゼピン処方の国際比較

双極性障害の時代

中川メンタルクリニック院長初公判を傍聴して

情報の評価

統計まとめ

自閉症の子どもには睡眠薬?

緊急に情報を集めています

なぜ精神病院は対象外???

隔離収容+多剤多量処方+MBM+予防精神医学+アウトリーチ=?

生活保護と精神医療

自殺対策は、精神科医の危険な投薬の規制から

池田小児童殺傷事件から10年

盗人に鍵を預ける

御用学者

時代が変わる〜今こそ声を上げる時です

韓国芸能界の悲劇

原発問題を通して精神医療問題を見る

精神科医によるこころのケア戦略

アイドルの自殺から浮かび上がるこころのケアの問題

双極性障害キャンペーンは患者の利益の為か?

NHKと製薬会社の関係

双極性障害宣伝番組の茶番

こどもの日:子どもたちの健やかな成長を願って

こころのケアの押し売り

こころの専門家が伝える誤った情報

それ見たことか!とは言いたくない

精神科特需で始まる新年度

睡眠薬と肺塞栓症

地震から一週間

子どもの薬漬けの実態が明らかに!!!

精神科医療機関の違法行為、犯罪について報告して下さい

国連の勧告を無視する日本ADHD学会

モスクワの空港自爆テロと精神医学

最初のターゲットは多剤多量処方

精神医学は科学としての節度を放棄した

より良い精神医療という幻想

向精神薬の副作用を報告しよう

睡眠キャンペーンに効果なし

優生思想→保安処分→早期介入

悪魔の取引:支援と引き換えにした精神障害のレッテル

今日はいのちの日のようです

向精神薬依存に追い込まれる十代の子どもたち

今年の集大成です

こんなのありました

この子に“心の薬”は必要か

精神科医はどのようにして親や教師を啓発(洗脳?)するか

早期介入の実現に向けて全国行脚する精神科医

児童青年医学会で発表を控えていた児童精神科医が逮捕される

東京クリニック元院長に有罪判決

魔法の薬の正体

いよいよ判決

野村総一郎氏と製薬会社との関係

野村総一郎氏と製薬会社との関係

野村総一郎氏と製薬会社との関係

問われる精神科医療

国民に知らされないうつ病の真実:精神科医にうつ病対策を任せてよいのか?

激増する行動制限

歴史は繰り返される

そもそもうつ病対策という発想自体が誤り

根拠のない診断、投薬に苦しむ子どもたち

「薬漬け」は誤解ですか?

大至急!!緊急の呼びかけ

患者を自殺に追い込む精神科医を告訴しよう

日本で暗躍するマクゴリーの手下たち(前編)

日本で暗躍するマクゴリーの手下たち(後編)

絵本を使った市場拡大作戦 2

絵本を使った市場拡大作戦

日本の青少年を食い物にする早期介入という戦略

盗人猛々しい精神医学会の宣言

精神医療産業にボロボロにされた日本の20代、30代・・・次のターゲットは10代!!!

シャッターアイランド=日本

末期のうつ病キャンペーンから日本人を守れ


ぜひご覧ください!



manavinoheya at 22:27トラックバック(0) この記事をクリップ!

2011年08月12日

NHKと製薬会社の関係

精神科医の犯罪を問うのおすすめ記事

NHKと製薬会社の関係

双極性障害宣伝番組の茶番

こどもの日:子どもたちの健やかな成長を願って

こころのケアの押し売り

こころの専門家が伝える誤った情報

それ見たことか!とは言いたくない

精神科特需で始まる新年度

睡眠薬と肺塞栓症

地震から一週間

子どもの薬漬けの実態が明らかに!!!

精神科医療機関の違法行為、犯罪について報告して下さい

国連の勧告を無視する日本ADHD学会

モスクワの空港自爆テロと精神医学

最初のターゲットは多剤多量処方

精神医学は科学としての節度を放棄した

より良い精神医療という幻想

向精神薬の副作用を報告しよう

睡眠キャンペーンに効果なし

優生思想→保安処分→早期介入

悪魔の取引:支援と引き換えにした精神障害のレッテル

今日はいのちの日のようです

向精神薬依存に追い込まれる十代の子どもたち

今年の集大成です

こんなのありました

この子に“心の薬”は必要か

精神科医はどのようにして親や教師を啓発(洗脳?)するか

早期介入の実現に向けて全国行脚する精神科医

児童青年医学会で発表を控えていた児童精神科医が逮捕される

東京クリニック元院長に有罪判決

魔法の薬の正体

いよいよ判決

野村総一郎氏と製薬会社との関係

野村総一郎氏と製薬会社との関係

野村総一郎氏と製薬会社との関係

問われる精神科医療

国民に知らされないうつ病の真実:精神科医にうつ病対策を任せてよいのか?

激増する行動制限

歴史は繰り返される

そもそもうつ病対策という発想自体が誤り

根拠のない診断、投薬に苦しむ子どもたち

「薬漬け」は誤解ですか?

大至急!!緊急の呼びかけ

患者を自殺に追い込む精神科医を告訴しよう

日本で暗躍するマクゴリーの手下たち(前編)

日本で暗躍するマクゴリーの手下たち(後編)

絵本を使った市場拡大作戦 2

絵本を使った市場拡大作戦

日本の青少年を食い物にする早期介入という戦略

盗人猛々しい精神医学会の宣言

精神医療産業にボロボロにされた日本の20代、30代・・・次のターゲットは10代!!!

シャッターアイランド=日本

末期のうつ病キャンペーンから日本人を守れ


ぜひご覧ください!


manavinoheya at 23:06トラックバック(0) この記事をクリップ!

2011年08月09日

放火殺人事件は睡眠薬の離脱症状による衝動的行為か!?

放火殺人事件は睡眠薬の離脱症状による衝動的行為か!?
http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55/44808821.html
2008/10/6(月)

精神科の治療と凶悪犯罪事件

15人が死亡し、結果として過去最大級の無差別大量殺人となった個室ビデオ店放火殺人事件に関して新たな情報が出てきました。
「睡眠薬飲めず不安定」 捜査当局、精神鑑定を検討

 15人が死亡した大阪市浪速区の個室ビデオ店放火殺人事件で、無職小川和弘容疑者(46)が「いつも飲んでいた睡眠薬を飲めなかったため犯行時は精神的に不安定だった」と供述していることが5日、捜査関係者の話で分かった。

 浪速署捜査本部の調べに「個室で死のうと決意した」と話すなど、衝動的な犯行とみられることが既に分かっており、捜査当局は刑事責任能力を確認するため精神鑑定を検討。供述や証拠を精査し、本鑑定するか簡易鑑定するかを判断する。

 小川容疑者がことし1−2月ごろ「戸籍を売って金をつくった」と周辺に話していることも判明。捜査本部は動機の背景にある経済的困窮を示す事実とみている。5日、小川容疑者の大阪府東大阪市の自宅マンションを家宅捜索した。

 供述によると、精神的に不安定で日常的に睡眠薬を飲んでいたが、事件の数日前から個室ビデオ店などを転々として自宅に戻らなかったため薬が飲めず、いつもより不安定だったという。

 これまでの調べなどでは、小川容疑者は事件の約1週間前、自宅前を下着姿で歩く様子が目撃され、約1カ月前にも同じ格好で他人の家に上がり込むなど不可解な行動があった。

2008/10/06 02:06
【共同通信】

ちょうど前回向精神薬の副作用に関して取り上げたところでしたが、睡眠導入剤にも「異常行動」「自殺企図」「殺人」「錯乱状態」「譫妄」などの副作用が報告されていました。
http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55/44750026.html

実は、日本は睡眠薬や抗不安薬の処方量が異常に多いことで知られています(世界でも突出しています)。中でもベンゾジアゼピン系の薬が安易に処方されていますが、これは常用量でも依存症になり、急な断薬で離脱症状を引き起こすという危険性が以前から指摘されています。その危険性や、処方のされ方の問題については以下をご覧下さい。
http://www.npojip.org/newspaper/asahi/20010616.htm

http://www.npojip.org/newspaper/asahi/20010623.htm

おそらく、本人は自分で何をしたかよくわかっていないでしょう。そして、容疑者のそのような様子が報道されるにつれ、被害者や遺族はますますどこに怒りをぶつけてよいか分からないと思います。当然ですが、たとえ睡眠薬の副作用の影響下にあったとしても、今後精神科医が責任能力がないと判断しようとも、これを直接引き起こした本人に一番の責任があり、その責任をとるべきであるのは間違いありません。しかし、ここまで事件が大きくなった背景を解明しないといけません。今後は個室ビデオ店側の防火体制の不備についての捜査が中心となるとは思いますが、容疑者に施されていた治療の実態も調べ、その治療の責任を問う必要があります。実際、同様の事件が他にも起きているため、根本的な原因が究明されない限り悲劇の連鎖は止まらないでしょう。


神奈川・綾瀬の障害者施設放火:所有の女を起訴 「殺人」は見送り

 神奈川県綾瀬市の知的障害者施設「ハイムひまわり」が全焼し入居者3人が死亡した火災で横浜地検は3日、施設建物の所有者で近くに住む志村桂子容疑者(64)を現住建造物等放火罪で横浜地裁へ起訴した。

志村被告は殺人容疑でも逮捕・送検されたが、地検は「殺意を裏付ける証拠が不十分」などとして、殺人罪での起訴を見送った。

 殺人罪について地検は▽動機に殺意があったか疑問▽事件直後に自ら119番している−−ことを重視、不起訴処分とした。志村被告は精神科に通院歴があり「軽度のうつ」と診断されていたため鑑定留置していたが、刑事責任は問えると判断した。【池田知広】

毎日新聞 2008年10月4日 東京朝刊


こんな事件もあります。

神奈川・相模原の息子殺害:2人殺害容疑、母きょうにも起訴−−横浜地検

 神奈川県相模原市の自宅で1月、長男(当時29歳)と次男(同24歳)を殺害したとして、母親の同市上鶴間7、無職、吉本やす子容疑者(57)が殺人容疑で逮捕された事件で、横浜地検は3日にも吉本容疑者を殺人罪で起訴する方針を固めた。吉本容疑者は約8カ月間、精神鑑定のため鑑定留置されていた。地検は刑事責任能力を問えると判断したとみられる。

 調べでは、吉本容疑者は1月17日午後、自宅近くの交番に「息子2人を殺しました」と自首。県警相模原南署員が自宅で遺体を確認し殺人容疑で緊急逮捕した。引きこもりの長男の首を包丁で刺し、知的障害のある次男も首を絞めて殺害した疑いが持たれている。

 吉本容疑者は05年3月、東京都品川区の保育園副園長を「家族の介護のため」と退職。事件の約1カ月前から計9回、保健所や交番に息子の相談を持ちかけていた。事件20日前には「不眠が続き具合が悪くなった」と精神科で投薬治療を受けたという。逮捕直後は「長男が意味不明なことを言いだし、他人に危害を加えると思った。自分が逮捕されれば次男は独りになり、ふびんに思い殺害した」などと供述していた。【池田知広】

毎日新聞 2008年10月3日 東京朝刊


こんな不安定な世の中ですから、人生に困難を抱えて不安になることは当たり前の話です。その不安を解消する解決策は、不安をもたらしている問題を解決できるよう、個人の能力を高めたり社会を改善したりすることです。精神科を受診すれば問題が解決すると思い込んでいる人が多いのですが、それは幻想に過ぎません。

多くの場合、精神科医のできることは、その不安に対してレッテルを貼り、それをごまかす薬を出すだけです。例えば、悪臭を放つ汚物が近所にあって苦しんでいる場合、本当の解決策は単にその汚物に直面して処理することですが、精神医療的解決策は「とりあえず臭覚を麻痺させる薬を出しておきますので様子をみてみましょう」というものです。問題に直面させず、それを認識させないようにします。これではむしろ別の問題が発生するのは明らかです。

善意で他人に精神科受診を勧める人がいますが、そのような人々は精神科の治療の実態を知っておくべきでしょう。

***********************************
精神医療現場での被害の報告を受け付けています。
特に、その被害に関して何らかの行動(刑事告発、民事訴訟、内部告発、行政交渉、マスコミへの周知、法律改正の働きかけなど)を起こしたいという方、一度ご相談下さい。
特に情報を集めている事例
・子どもの被害事例(投薬や受診の強要、不当な診断、向精神薬の副作用など)
・抗うつ剤(特にSSRI)を服用後に自殺行動を起こした事例
・精神科医からの暴力や性的虐待事例
・診療報酬などの不正請求事例思い当たることがあれば、こちらまでご報告下さい。
kebichan55@yahoo.co.jp


※この記事は「精神科医の犯罪を問う」というブログの2008年10月6(月)の記事を許可を得て転載させていただいています

http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55/44808821.html

メンタルランキング参加中クリックよろしくお願いします

∞メンタルナビ∞ランキングエントリー中!
心 心の病 心の病気

病院 入院 精神療法

カウンセリング 心理学

心療内科 学校 教育

家族 メンタルクリニック
精神分析 精神鑑定 会社
仕事 精神障害 パキシル
向精神薬 抗うつ剤 健康

臨床心理士 介護 福祉

仕事 趣味 ペット 園芸

大学 大学院 車 先生

教師 子育て 育児 新聞

テレビ メディア 食事

ニュース 悩み 生き方

相談 早期発見早期治療

うつ病 パニック障害

社会不安性障害 自殺対策
心理学 医療過誤 薬

精神科医 薬剤師 人権

本 ビデオ 書籍 医療

読書 知識 自然 幸せ

電気ショック 夏休み

いじめ 休日 自殺 企業

看護士 自助グループ

裁判 弁護士 法律 患者

薬物依存症 虐待 論文

アルコール依存症 外国

買い物依存症 日本 夢

ギャンブル依存症 倫理

発達障害 レジャー

スポーツ 安全 危険

塾 運動 鬱病 内科

医者 体 身体 電気

ホームページ 携帯 経済
パソコン 政治 心の闇

犯罪 事件 映画 交通

後遺症 マスコミ 苦しみ

メンタルヘルス 心のケア
PTSD 心の傷 癒し 宣伝

支援 講演会 製薬会社

ワークショップ CD 庭 恋愛 結婚

雑誌 精神保健福祉士

実習 事故 宗教 睡眠薬

不眠症 ストレス 人生

ストレス社会 人工 出産
更年期障害 男性 女性

自律神経失調症 老人 信頼
お金 信頼関係 失業

挫折 回復 仲間 不登校

引きこもり 学会 詐偽

医療ミス 成長 病気

リタリン 食品 ダイエット
診察 コミュニケーション
スキル 対人関係 情報

人間関係 ドライブ 景色

心理カウンセラー

カウンセリングルーム

保護者 父兄 授業

面談 試験 テスト

ブログ インターネット
教師 職場 本 書籍

読書 ホテル アロマ

セロトニン仮説 薬物療法
対処療法 摂食障害

統合失調症 ADHD 保健婦

保健室 疲労 過労 命

パチンコ 競馬 たばこ

報道 放送 NHK 生き方

ダイエット 心理テスト

トラウマ 心的外傷 写真
サラリーマン OL 社長

ニート対策 気分障害

境界性人格障害

ボーダーライン 希望

パキシル リタリン

強迫神経症 体調 AC

ワーキングプア 派遣社員
ジェイゾロフト CM 教授
落ち込み 窃盗癖 嗜癖

アディクション 親子関係
アダルトチルドレン

母子密着 共依存症

家庭内暴力 権威

薬剤性パーキンソン

薬剤性精神病 役所 議員

非行 厚生労働省 未来

将来 NPO法人 医療荒廃

ダイエット 学会 学術誌
機能不全家族 第一人者

季節 梅雨 気候 医療費

健康チェック 保険

多重人格 料理 芸能界

有名人 メンタルヘルス

習い事 習慣 文化

小学生 中学生 高校生

大学生 思春期 心の世紀

心の専門家 セラピスト

セラピー 世界 海外

副作用 真実 心療内科

メンタルクリニック

薬物依存 精神医学

更年期障害 自殺対策

自殺予防 精神分析

精神鑑定 凶悪犯罪

凶悪事件 医療過誤

発達障害支援 過食症

パニック障害

躁うつ病 双極性障害

過眠症 催し 講演会

勉強会 家族会

お知らせ 少年犯罪

ギャンブル依存 夏休み

抗うつ薬

社会問題 精神保健福祉士
PSW ソーシャルワーカー

ジプレキサ ハルシオン

性犯罪 性暴力 いじめ

児童虐待 レイプ 国会

被害者の会 命の電話

精神保健福祉センター

離婚 幼稚園 保育園

保育士 看護士 テスト

試験 セロトニン

ジプレキサ アカシジア

医師会
DV シェルター 性的虐待
犯罪被害者 被害者の会

自助グループ 悩み相談

うつ病 躁鬱病

強迫神経症

医師会 シンポジウム


ドキュメンタリー

ウツ病 アスペルガー

道徳 倫理 リストカット
オーバードーズ

OD 療育

さいとうクリニック

斎藤学

町沢静夫