aj うつ病・精神科・心療内科医療被害・カウンセリング被害の実態を知る:2012年10月 - livedoor Blog(ブログ)

2012年10月

2012年10月31日

マスコミが報じない福島の現実、浪江町の避難民10人中6人が白血病で死亡

manavinoheya at 21:38トラックバック(0) この記事をクリップ!

2012年10月30日

精神科被害情報の募集

※ブログ「八咫烏(やたがらす)」の記事を紹介します。


精神科被害情報の募集







manavinoheya at 21:18トラックバック(0) この記事をクリップ!

2012年10月29日

みなさん体調は大丈夫ですか?焼却炉のフィルターをくぐり抜ける放射能

manavinoheya at 21:18トラックバック(0) この記事をクリップ!

2012年10月27日

首都圏に於ける壮絶な低線量被爆症状の数々、いよいよか!

manavinoheya at 21:18トラックバック(0) この記事をクリップ!

2012年10月26日

向精神薬と凶悪事件の関係実態解明に日弁連も動いた

向精神薬と凶悪事件の関係実態解明に日弁連も動いたhttp://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55/47799749.html

2009/4/16(木)

精神科の治療と凶悪犯罪事件

ここ数日、書類送検された角田鉄太郎医師や、有罪判決を受けた崎浜盛三医師など、精神科医の問題がマスコミに取り上げられています。そして、今日の東京新聞では、向精神薬と犯罪について再び特集が組まれています。

東京新聞の記事によると、日弁連は、SSRIなど向精神薬の服用者による殺人や傷害、暴行事件の弁護経験について全国約2万7千人の会員弁護士にアンケートを行うことを決めたようです。薬剤の犯行への影響が疑われる事件を発掘し、実態を解明することを目的とするようです。

また、特集記事では、数々な不可解な事件について、処方されていた向精神薬の具体的な薬剤名が挙げられています。

福岡男児殺害事件:パキシル、トリプタノール、ハルシオン、マイスリー、デパス

川崎男児投げ落とし事件:パキシル、レスリン、ドグマチール、トフラニール

京都塾講師小6女児刺殺事件:ルボックス、リスパダール、タスモリン
ドン・キホーテ放火事件:パキシル

愛知県立てこもり発砲警察殺傷事件:アサシオン、ソラナックス

薬剤の副作用そのものの危険性という問題がある一方、これだけ被害が広がっている背景には、精神科医のずさんな診療の実態があります。前述した角田鉄太郎医師は、NHKの取材に対して「精神科医というものをわかってない」と批判し、適当に話をすることが診察というのですか?というリポーターの質問に対して「精神科ってそういうものよ」と臆面もなく答えていました。

でも実は、彼の発言は大多数の精神科医の特質を突いています。本当に患者の状態(特に副作用の影響)を検査・観察することなく、適当に話をして漫然と向精神薬を処方する。患者が悪化しようが自殺しようが事件を起こそうが責任を取ることはありません。

精神科ってそういうものよ

***********************************
精神医療現場での被害の報告を受け付けています。
特に、その被害に関して何らかの行動(刑事告発、民事訴訟、内部告発、行政交渉、マスコミへの周知、法律改正の働きかけなど)を起こしたいという方、一度ご相談下さい。
特に情報を集めている事例
・子どもの被害事例(投薬や受診の強要、不当な診断、向精神薬の副作用など)
・抗うつ剤(特にSSRI)を服用後に自殺行動を起こした事例
・精神科医からの暴力や性的虐待事例
・診療報酬などの不正請求事例思い当たることがあれば、こちらまでご報告下さい。
kebichan55@yahoo.co.jp



※この記事は「精神科医の犯罪を問う」というブログの2009年4月16(木)の記事を許可を得て転載させていただいています

http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55/47799749.html


メンタルランキング参加中クリックよろしくお願いします

∞メンタルナビ∞ランキングエントリー中!
心 心の病 心の病気

病院 入院 精神療法

カウンセリング 心理学

心療内科 学校 教育

家族 メンタルクリニック
精神分析 精神鑑定 会社
仕事 精神障害 パキシル
向精神薬 抗うつ剤 健康

臨床心理士 介護 福祉

仕事 趣味 ペット 園芸

大学 大学院 車 先生

教師 子育て 育児 新聞

テレビ メディア 食事

ニュース 悩み 生き方

相談 早期発見早期治療

うつ病 パニック障害

社会不安性障害 自殺対策
心理学 医療過誤 薬

精神科医 薬剤師 人権

本 ビデオ 書籍 医療

読書 知識 自然 幸せ

電気ショック 夏休み

いじめ 休日 自殺 企業

看護士 自助グループ

裁判 弁護士 法律 患者

薬物依存症 虐待 論文

アルコール依存症 外国

買い物依存症 日本 夢

ギャンブル依存症 倫理

発達障害 レジャー

スポーツ 安全 危険

塾 運動 鬱病 内科

医者 体 身体 電気

ホームページ 携帯 経済
パソコン 政治 心の闇

犯罪 事件 映画 交通

後遺症 マスコミ 苦しみ

メンタルヘルス 心のケア
PTSD 心の傷 癒し 宣伝

支援 講演会 製薬会社

ワークショップ CD 庭 恋愛 結婚

雑誌 精神保健福祉士

実習 事故 宗教 睡眠薬

不眠症 ストレス 人生

ストレス社会 人工 出産
更年期障害 男性 女性

自律神経失調症 老人 信頼
お金 信頼関係 失業

挫折 回復 仲間 不登校

引きこもり 学会 詐偽

医療ミス 成長 病気

リタリン 食品 ダイエット
診察 コミュニケーション
スキル 対人関係 情報

人間関係 ドライブ 景色

心理カウンセラー

カウンセリングルーム

保護者 父兄 授業

面談 試験 テスト

ブログ インターネット
教師 職場 本 書籍

読書 ホテル アロマ

セロトニン仮説 薬物療法
対処療法 摂食障害

統合失調症 ADHD 保健婦

保健室 疲労 過労 命

パチンコ 競馬 たばこ

報道 放送 NHK 生き方

ダイエット 心理テスト

トラウマ 心的外傷 写真
サラリーマン OL 社長

ニート対策 気分障害

境界性人格障害

ボーダーライン 希望

パキシル リタリン

強迫神経症 体調 AC

ワーキングプア 派遣社員
ジェイゾロフト CM 教授
落ち込み 窃盗癖 嗜癖

アディクション 親子関係
アダルトチルドレン

母子密着 共依存症

家庭内暴力 権威

薬剤性パーキンソン

薬剤性精神病 役所 議員

非行 厚生労働省 未来

将来 NPO法人 医療荒廃

ダイエット 学会 学術誌
機能不全家族 第一人者

季節 梅雨 気候 医療費

健康チェック 保険

多重人格 料理 芸能界

有名人 メンタルヘルス

習い事 習慣 文化

小学生 中学生 高校生

大学生 思春期 心の世紀

心の専門家 セラピスト

セラピー 世界 海外

副作用 真実 心療内科

メンタルクリニック

薬物依存 精神医学

更年期障害 自殺対策

自殺予防 精神分析

精神鑑定 凶悪犯罪

凶悪事件 医療過誤

発達障害支援 過食症

パニック障害

躁うつ病 双極性障害

過眠症 催し 講演会

勉強会 家族会

お知らせ 少年犯罪

ギャンブル依存 夏休み

抗うつ薬

社会問題 精神保健福祉士
PSW ソーシャルワーカー

ジプレキサ ハルシオン

性犯罪 性暴力 いじめ

児童虐待 レイプ 国会

被害者の会 命の電話

精神保健福祉センター

離婚 幼稚園 保育園

保育士 看護士 テスト

試験 セロトニン

ジプレキサ アカシジア

医師会
DV シェルター 性的虐待
犯罪被害者 被害者の会

自助グループ 悩み相談

うつ病 躁鬱病

強迫神経症

医師会 シンポジウム


ドキュメンタリー

ウツ病 アスペルガー

道徳 倫理 リストカット
オーバードーズ

OD 療育

さいとうクリニック

斎藤学

町沢静夫

2012年10月25日

降雨とともに急上昇する環境放射能

※ブログ「院長の独り言」の記事を紹介します。


降雨とともに急上昇する環境放射能






manavinoheya at 21:35トラックバック(0) この記事をクリップ!

2012年10月24日

【抗ガン剤の悪夢】 ―ガンは治せず、延命せず 5

〇本の紹介〇

抗ガン剤の悪夢 ―ガンは治せず、延命せず

著者:船瀬俊介:

発行:花伝社 発売:共栄書房

定価:2,000円+税

発売日:2011年09月22日
紹介:

戦慄の抗ガン剤治療その実態と医療関係者のホンネ患者だけではない、看護師も家族もあぶない超猛毒は放射性物質なみ衝撃の『取り扱いマニュアル』

それでも抗ガン剤治療を受けますか?

目次

第1章 超猛毒! 看護師もあぶない――戦慄の「取り扱いマニュアル」第

2章 悪魔の抗ガン剤――猛毒性の数々を知ってください

第3章 「イレッサ」800人の死 悲しみと怒り……

第4章 あなたのガンは”ガンもどき”だ!

第5章 ガンになったら、いくらかかるのか?

第6章 悪魔とダンスを踊る医師たち――最強発ガン物質が”抗ガン剤”に!

第7章 告発! ”悪魔の抗ガン剤”……勇気あるひとびと

第8章 クスリで病気は治せない――うちなる自然治癒力

著者プロフィール船瀬俊介(フナセシュンスケ)1950年、福岡県に生まれる。九州大学理学部入学、同大学を中退し、早稲田大学第一文学部社会学科を卒業。地球環境問題、医療・健康・建築批評などを展開。『買ってはいけない』(金曜日)、『原発マフィア』、『健康住宅革命』、『抗ガン剤で殺される』(以上、花伝社)、『クスリを飲んではいけない!?』(徳間書店)など著書多数。 上記内容は本書刊行時のものです。


〇医療について参考になるサイト

医猟地獄の犠牲になるな 次はあなたが殺される

manavinoheya at 21:30トラックバック(0) この記事をクリップ!

2012年10月23日

関西が危ない!!関西の水源にガレキ&もしも白血病になったら入院だけで370万

manavinoheya at 21:28トラックバック(0) この記事をクリップ!