aj うつ病・精神科・心療内科医療被害・カウンセリング被害の実態を知る:2012年12月 - livedoor Blog(ブログ)

2012年12月

2012年12月31日

呼吸するだけで被爆>呼気の影響は食べ物の10倍

manavinoheya at 21:15トラックバック(0) この記事をクリップ!

2012年12月30日

隔離・拘束14,575人/日、死亡1,500人/月 精神科病院の実態が明らか 5

隔離・拘束14,575人/日、死亡1,500人/月 精神科病院の実態が明らかに

2009/1/14(水) 午前 6:59

各種統計情報メンタルヘルス

厚生労働省が精神科病院に関する驚くべき調査結果を公表しました。この調査は、毎年6月30日時点での精神科医療施設の状況を調べる「精神保健福祉資料調査」であり、調査結果を国立精神・神経センター精神保健研究所の「改革ビジョン研究ホームページ」で公開されています。

http://www.ncnp.go.jp/nimh/keikaku/vision/data.html#a1

しかし、この調査は大々的に公表されているものではないため、ほとんどの人がその存在すら知りません。上記HPで公開されるまでは、厚生労働省の図書館にでも行かない限り、一般人がその結果を見ることすらできませんでした。

最新の調査結果は平成18年6月30日時点のものであるということからわかるよう、この調査は集計に非常に時間がかかっています。各自治体が全ての精神科病院から全ての調査項目について回答を得るのにまず時間がかかります。そして、国の方で各自治体から上がってきた数値を何度も見直し、再調査するなどして結局2年以上かけてしまうのです。

問題なのは、それだけ時間と手間をかけながら、得られた結果が有効に分析・評価・活用されておらず、現場にもほとんどフィードバックされていないことです。貴重な統計情報ですが、内輪の報告で終わってしまったら全く意味がありません。

実は、この統計結果を分析すると、我が国の精神保健に重大な問題が起きていることがわかります。それを示す重要な情報があるのですが、残念なことにこれについて特に評価、分析されてはいないようです。仕方がないので私が指摘するしかありません。

それは、精神科病院での行動制限が急増しているということです。

日本は、精神科病床数も人口あたりの精神科病床数も世界で最も多い「精神病院大国」として知られています。欧米諸国の政策と逆行するように、精神科病院を増やし、精神障害者を隔離・収容してきた結果、精神障害者は不必要に長期に入院させられ、精神科病院内では違法な隔離や拘束、殺人、暴力、レイプなど、犯罪や虐待、人権侵害が野放しにされてきました。ところが、人権侵害につながりやすい行動制限について、政府は長年実態を把握すらして来ませんでした。

ようやく国は平成15年の精神保健福祉資料調査から、隔離患者と身体拘束を受けている患者の実数を調べるようになりました。つまり、今回公表された調査(平成18年)で、合計4回、4年分の調査結果が集まったことになります。その結果を分析すると、行動制限を受けている患者数が急増していることが判明したのです。以下は、私が情報をまとめたものです。

平成15年には、「隔離室の隔離患者数」は7741人、「身体的拘束を受けている患者数」は5109人でしたが、平成18年では、それぞれ8567人(826人の増加)、6008人(899人の増加)となっています。また、その数が年々増加していることがわかります。

これは一体何を意味するのでしょうか。

身体拘束が省令で原則禁止とされた介護保険施設では、国や各自治体の積極的な取り組みにより、実態調査が進められ、身体拘束の数が減少しています。ところが、行動制限を最小化にすることが推奨されているものの、原則禁止となっていない精神科病院では、むしろ行動制限を受けている患者が増えているということになります。

考えられることは以下の3つでしょう。

々埓の指導力が低下している

医療従事者の質が下がり、安易な行動制限がされている

5淦期患者の実数が増えている

一時期、国立の精神科病院内で拘束された患者が死亡するという事件をきっかけに、行動制限の問題について関心が高まっていたことがありましたが、すっかりほとぼりが冷めてしまいました。行政からは、行動制限最小化に向けた積極的な指導や熱意が伺えません。それに伴い、現場では安易な行動制限が増えたのでしょうか。

見過ごせないのはの可能性です。新型抗うつ剤(SSRI)が市場に出回ったのは1999年からですが、それ以降どんどん医療現場で使われるようになってきました。この種の薬剤は衝動性亢進を引き起こす危険性が指摘されています。突然暴れ出したり自殺を図ったりすることがありますが、そういう患者は行動制限で対応されることになるでしょう。

精神科/心療内科クリニックが急増し、尋常でない多剤大量処方をする質の低い医療機関も珍しくありません。無責任に危険な投薬を繰り返す精神科医に壊された患者が入院するようになり、行動制限を受けているのかもしれません。

安易な行動制限は死に直結します。大阪の精神科病院では、患者が違法に拘束された後死亡するという事件が発覚しました。東京と千葉では、病院内で火災が起きた際、職員が隔離室の鍵を開けずに避難したことから入院患者が死亡するという事件が起きています。監察医は、身体拘束を受けていた患者が、肺塞栓症を起こして突然死している実態を報告しています。

問題は物理的な拘束だけではありません。介護保険施設や各種障害者施設で原則禁止とされている身体拘束には「行動を落ち着かせるために、向精神薬を過剰に服用させる」という、いわゆる化学的拘束も定義として含まれています。これは、精神科病院でしばしば行われていることであり、特に多剤大量処方で患者を過鎮静している日本の精神医療現場には国内外から批判が集まっています。にもかかわらず、このような化学的拘束は、禁止されるどころか十分な実態調査すらされていません。

しばしば化学的拘束に使用される抗精神病薬に関しては、危険な副作用が判明しています。厚生労働省は1月9日、全ての抗精神病薬に対して、高齢患者の死亡率を高めることについて警告を発したばかりです。

http://www.info.pmda.go.jp/kaitei/kaitei20090109.html#7

「外国で実施された認知症に関連した精神病症状(承認外効能・効果)を有する高齢患者を対象とした17の臨床試験において、非定型抗精神病薬投与群はプラセボ投与群と比較して死亡率が1.6〜1.7倍高かったとの報告がある。また、外国での疫学調査において、定型抗精神病薬も非定型抗精神病薬と同様に死亡率の上昇に関与するとの報告がある。」という注意が医薬品添付文書に含まれるようになりました。

上記精神保健福祉資料調査には、退院患者に関する統計も含まれており、精神科病院では、1ヶ月間で1500人(1年で約18000人)の患者が死亡退院していることが判明しています。また、1ヶ月間の調査期間で退院できた患者のうち、1年以上入院していた患者は4158人ですが、そのうち死亡退院は902人(約17%)です。つまり、1年以上入院すると、6人に1人は死亡して退院するという計算になります。

なぜ時代に逆行して、精神科病院での行動制限が急増しているのでしょうか。なぜ精神科病院で患者が死亡するのでしょうか。どれだけの患者が化学的拘束されているのでしょうか。なぜ患者に対する暴力、虐待、違法拘束、人権侵害がなくならないのでしょうか。これらを早急に調べ、患者の命と尊厳を守る必要があります。

***********************************
精神医療現場での被害の報告を受け付けています。
特に、その被害に関して何らかの行動(刑事告発、民事訴訟、内部告発、行政交渉、マスコミへの周知、法律改正の働きかけなど)を起こしたいという方、一度ご相談下さい。
特に情報を集めている事例
・子どもの被害事例(投薬や受診の強要、不当な診断、向精神薬の副作用など)
・抗うつ剤(特にSSRI)を服用後に自殺行動を起こした事例
・精神科医からの暴力や性的虐待事例
・診療報酬などの不正請求事例思い当たることがあれば、こちらまでご報告下さい。
kebichan55@yahoo.co.jp


※この記事は「精神科医の犯罪を問う」というブログの2009年1月14(水)の記事を許可を得て転載させていただいています

http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55/46434343.html


メンタルランキング参加中クリックよろしくお願いします

∞メンタルナビ∞ランキングエントリー中!
心 心の病 心の病気

病院 入院 精神療法

カウンセリング 心理学

心療内科 学校 教育

家族 メンタルクリニック
精神分析 精神鑑定 会社
仕事 精神障害 パキシル
向精神薬 抗うつ剤 健康

臨床心理士 介護 福祉

仕事 趣味 ペット 園芸

大学 大学院 車 先生

教師 子育て 育児 新聞

テレビ メディア 食事

ニュース 悩み 生き方

相談 早期発見早期治療

うつ病 パニック障害

社会不安性障害 自殺対策
心理学 医療過誤 薬

精神科医 薬剤師 人権

本 ビデオ 書籍 医療

読書 知識 自然 幸せ

電気ショック 夏休み

いじめ 休日 自殺 企業

看護士 自助グループ

裁判 弁護士 法律 患者

薬物依存症 虐待 論文

アルコール依存症 外国

買い物依存症 日本 夢

ギャンブル依存症 倫理

発達障害 レジャー

スポーツ 安全 危険

塾 運動 鬱病 内科

医者 体 身体 電気

ホームページ 携帯 経済
パソコン 政治 心の闇

犯罪 事件 映画 交通

後遺症 マスコミ 苦しみ

メンタルヘルス 心のケア
PTSD 心の傷 癒し 宣伝

支援 講演会 製薬会社

ワークショップ CD 庭 恋愛 結婚

雑誌 精神保健福祉士

実習 事故 宗教 睡眠薬

不眠症 ストレス 人生

ストレス社会 人工 出産
更年期障害 男性 女性

自律神経失調症 老人 信頼
お金 信頼関係 失業

挫折 回復 仲間 不登校

引きこもり 学会 詐偽

医療ミス 成長 病気

リタリン 食品 ダイエット
診察 コミュニケーション
スキル 対人関係 情報

人間関係 ドライブ 景色

心理カウンセラー

カウンセリングルーム

保護者 父兄 授業

面談 試験 テスト

ブログ インターネット
教師 職場 本 書籍

読書 ホテル アロマ

セロトニン仮説 薬物療法
対処療法 摂食障害

統合失調症 ADHD 保健婦

保健室 疲労 過労 命

パチンコ 競馬 たばこ

報道 放送 NHK 生き方

ダイエット 心理テスト

トラウマ 心的外傷 写真
サラリーマン OL 社長

ニート対策 気分障害

境界性人格障害

ボーダーライン 希望

パキシル リタリン

強迫神経症 体調 AC

ワーキングプア 派遣社員
ジェイゾロフト CM 教授
落ち込み 窃盗癖 嗜癖

アディクション 親子関係
アダルトチルドレン

母子密着 共依存症

家庭内暴力 権威

薬剤性パーキンソン

薬剤性精神病 役所 議員

非行 厚生労働省 未来

将来 NPO法人 医療荒廃

ダイエット 学会 学術誌
機能不全家族 第一人者

季節 梅雨 気候 医療費

健康チェック 保険

多重人格 料理 芸能界

有名人 メンタルヘルス

習い事 習慣 文化

小学生 中学生 高校生

大学生 思春期 心の世紀

心の専門家 セラピスト

セラピー 世界 海外

副作用 真実 心療内科

メンタルクリニック

薬物依存 精神医学

更年期障害 自殺対策

自殺予防 精神分析

精神鑑定 凶悪犯罪

凶悪事件 医療過誤

発達障害支援 過食症

パニック障害

躁うつ病 双極性障害

過眠症 催し 講演会

勉強会 家族会

お知らせ 少年犯罪

ギャンブル依存 夏休み

抗うつ薬

社会問題 精神保健福祉士
PSW ソーシャルワーカー

ジプレキサ ハルシオン

性犯罪 性暴力 いじめ

児童虐待 レイプ 国会

被害者の会 命の電話

精神保健福祉センター

離婚 幼稚園 保育園

保育士 看護士 テスト

試験 セロトニン

ジプレキサ アカシジア

医師会
DV シェルター

2012年12月29日

茨城・小中学生の心臓に異常が認められるケースが急増

manavinoheya at 17:22トラックバック(0) この記事をクリップ!

2012年12月28日

哀れなチンパンジー(精神安定剤の犠牲に)

仮福真琴さんのブログに精神薬について気になる記事があったので紹介させて頂きます。

仮福真琴さんのブログは参考になる記事がたくさんあるのでぜひ読んでみて下さい。

…ここからは仮福真琴さんのブログの記事を転載させて頂いています………


哀れなチンパンジー(精神安定剤の犠牲に)

http://blogkarifuku.digit-01.com/?eid=900786

2009.02.19 Thursday

私の友人の「とむくるず」さんから、メッセージを頂きました。
精神安定剤の犠牲になったアメリカのチンパンジーの話しです。


ABC以外のアメリカの三大ネットワークであるCBSもNBCも皆このチンパンジーの事件を今朝のモーニングショーで取り上げていたそうです。お茶にザナックスを混ぜたものをチンパンジーに飲ませた後で事件は起こったと皆報じていたそうです。
人間でも、当然このようなことが起こります。
医者の出した薬でも、いろいろある副作用は公に出てきません。
皆さん、正しい知識を得て、家族や自分の身は自分で守りましょう。

次の2月16日付のニューヨークタイムズ紙が伝えた興味深い記事を、「とむくるず」さんが、要約してくれましたので、紹介させていただきます。

*********** Woman Mauled by Chimp Is Still in Critical Conditionの要約(後半は「とむくるず」さんのご意見) ***********

「コネチカット州スタンフォード市でペットとして飼われていたチンパンジーが何年も顔見知りだった55歳の女性を襲った後で警察官に射殺されるという事件が起きました。女性は救急車で病院に運ばれましたが、複雑骨折や顔を引きちぎられており、重体で生命が危ぶまれています。

チンパンジーは体重90キロのオスで年齢は14歳。テレビのコマーシャルに出たり、町では人気者のチンパンジーで、今まで暴力を振るったことなど一度もありませんでした。飼い主の70歳の女性の話によると、チンパンジーはこの日落ち着かない状態で、台所にあった鍵を取って自分でドアーを開けて外に出てしまいました。飼い主が家に連れ戻そうとしたのですが、言う事を聞かないため、お茶に精神安定剤のザナックス(Xanax)を混ぜたものを飲ませたそうです。

飼い主の女性は友人で今回犠牲者になった55歳の女性に助けを求めて電話しました。この友人女性が到着し、乗ってきた車から出た途端にチンパンジーが猛烈な勢いで彼女に襲いかかったそうです。飼い主はチンパンジーをこの友人から引き離そうとしましたが、90キロのチンパンジーの力は強くとても無理。飼い主は警察に電話して助けを求めました。

警察のパトカーが到着すると、チンパンジーはパトカーのドアを開けて運転席にいた警察官に襲いかかりました。逃げる事もできず、警察官は止むを得ず腰にあった拳銃を何発かチンパンジーに向け発射しました。その後チンパンジーは林に逃げ込み行方不明になりました。地面にあった血の跡を追って行くと、それは飼い主の家の中まで続いていました。家の中にはチンパンジーがいつもそこで暮していた檻になった囲いやベッドその他があります。チンパンジーはそこで死んでいました。

警察は飼い主が起訴されることはないだろうと言っています。専門家や検察にも説明して飼い主が起訴されることのないようにしたいと担当した警察官は言っています。これは現代における悲劇だともこの警察官は述べました」

お茶に混ぜて飲ませたという精神安定剤のザナックス(Xanax)というのはアメリカにおける商品名で、一般名はアルプラゾラム(alprazolam)というベンゾディアゼピン系の催眠鎮静剤です。ザナックスは日本ではコンスタン(武田薬品)とソラナックス(ファイザー、大日本住友)という商品名で売られていますが全く同じものです。精神安定剤(トランキライザー)は抗不安薬とも呼ばれていますが、これは製薬会社が薬が良く売れるようにとつけた名称で、精神の安定どころか、却って精神を苛立ててしまうことも良くあるようです。製薬会社や精神科医はこれを奇異反応とか逆説的反応(paradoxical reactions)と呼んで滅多にない副作用と言っていますが、実際にはかなり頻繁に起こっているようです。「精神安定」とか「抗不安」という言葉に皆騙されています。

飼い主がチンパンジーに以前からザナックスを飲ませていたのか、今回初めてお茶に混ぜて飲ませたのか、この記事だけではわかりませんが、ザナックスが何らかの影響をチンパンジーに与えたのだろうと考えるのは極めて合理的な推論であろうと思われます。


向精神薬の新薬承認のためのプロセスで、臨床治験と呼ばれる人体実験の前段階の動物実験ではラットとかマウスしか使いません。人間の脳はラットやマウスの脳とは比べ物にならない位高度で複雑です。ラットやマウスを使っただけでは薬の人間の脳に与える微妙な変化は何も判りません。犬の脳はラットやマウスよりも発達しています。さらにチンパンジーの脳は動物の中でもゴリラと並んでもっとも人間に近いものでしょう。

ザナックスはアメリカでも処方箋薬ですから、チンパンジーの飼い主が何故ザナックスを持っていたのかもこの記事からは判りません。ザナックスは十数年前から副作用の問題性が指摘されているアメリカでもいわくつきの薬です。

NHK衛星放送で本日放送されたアメリカのABCのテレビ放送でもこの事件を取り上げていましたが、野生動物を家庭で飼う事の是非に焦点があてられ、薬の問題に触れていないのは変だと思いました。(製薬会社はテレビ局の大広告主)


只、ザナックスという薬の商品名までアメリカの警察が発表したのは評価できます。日本でも異常と思われる犯罪や自殺事件などの裏で向精神薬が何らかの影響を与えていた例が多数ある筈ですが、日本の警察は何と言う名の薬を飲んでいたのか一切発表しません。製薬会社に対する遠慮があるように思えます。製薬会社や製薬会社から支援されている政治家が警察に何らかの圧力をかけているのかも知れません。
*********************************

……転載ここまで…………

メンタルランキング参加中クリックよろしくお願いします

∞メンタルナビ∞ランキングエントリー中!
心 心の病 心の病気

病院 入院 精神療法

カウンセリング 心理学

心療内科 学校 教育

家族 メンタルクリニック
精神分析 精神鑑定 会社
仕事 精神障害 パキシル
向精神薬 抗うつ剤 健康

臨床心理士 介護 福祉

仕事 趣味 ペット 園芸

大学 大学院 車 先生

教師 子育て 育児 新聞

テレビ メディア 食事

ニュース 悩み 生き方

相談 早期発見早期治療

うつ病 パニック障害

社会不安性障害 自殺対策
心理学 医療過誤 薬

精神科医 薬剤師 人権

本 ビデオ 書籍 医療

読書 知識 自然 幸せ

電気ショック 夏休み

いじめ 休日 自殺 企業

看護士 自助グループ

裁判 弁護士 法律 患者

薬物依存症 虐待 論文

アルコール依存症 外国

買い物依存症 日本 夢

ギャンブル依存症 倫理

発達障害 レジャー

スポーツ 安全 危険

塾 運動 鬱病 内科

医者 体 身体 電気

ホームページ 携帯 経済
パソコン 政治 心の闇

犯罪 事件 映画 交通

後遺症 マスコミ 苦しみ

メンタルヘルス 心のケア
PTSD 心の傷 癒し 宣伝

支援 講演会 製薬会社

ワークショップ CD 庭 恋愛 結婚

雑誌 精神保健福祉士

実習 事故 宗教 睡眠薬

不眠症 ストレス 人生

ストレス社会 人工 出産
更年期障害 男性 女性

自律神経失調症 老人 信頼
お金 信頼関係 失業

挫折 回復 仲間 不登校

引きこもり 学会 詐偽

医療ミス 成長 病気

リタリン 食品 ダイエット
診察 コミュニケーション
スキル 対人関係 情報

人間関係 ドライブ 景色

心理カウンセラー

カウンセリングルーム

保護者 父兄 授業

面談 試験 テスト

ブログ インターネット
教師 職場 本 書籍

読書 ホテル アロマ

セロトニン仮説 薬物療法
対処療法 摂食障害

統合失調症 ADHD 保健婦

保健室 疲労 過労 命

パチンコ 競馬 たばこ

報道 放送 NHK 生き方

ダイエット 心理テスト

トラウマ 心的外傷 写真
サラリーマン OL 社長

ニート対策 気分障害

境界性人格障害

ボーダーライン 希望

パキシル リタリン

強迫神経症 体調 AC

ワーキングプア 派遣社員
ジェイゾロフト CM 教授
落ち込み 窃盗癖 嗜癖

アディクション 親子関係
アダルトチルドレン

母子密着 共依存症

家庭内暴力 権威

薬剤性パーキンソン

薬剤性精神病 役所 議員

非行 厚生労働省 未来

将来 NPO法人 医療荒廃

ダイエット 学会 学術誌
機能不全家族 第一人者

季節 梅雨 気候 医療費

健康チェック 保険

多重人格 料理 芸能界

有名人 メンタルヘルス

習い事 習慣 文化

小学生 中学生 高校生

大学生 思春期 心の世紀

心の専門家 セラピスト

セラピー 世界 海外

副作用 真実 心療内科

メンタルクリニック

薬物依存 精神医学

更年期障害 自殺対策

自殺予防 精神分析

精神鑑定 凶悪犯罪

凶悪事件 医療過誤

発達障害支援 過食症

パニック障害

躁うつ病 双極性障害

過眠症 催し 講演会

勉強会 家族会

お知らせ 少年犯罪

ギャンブル依存 夏休み

抗うつ薬

社会問題 精神保健福祉士
PSW ソーシャルワーカー

ジプレキサ ハルシオン

性犯罪 性暴力 いじめ

児童虐待 レイプ 国会

被害者の会 命の電話

精神保健福祉センター

離婚 幼稚園 保育園

保育士 看護士 テスト

試験 セロトニン

ジプレキサ アカシジア

医師会
DV シェルター 性的虐待
犯罪被害者 被害者の会

自助グループ 悩み相談

うつ病 躁鬱病

強迫神経症

医師会 シンポジウム


ドキュメンタリー

ウツ病 アスペルガー

道徳 倫理 リストカット
オーバードーズ

OD 療育

さいとうクリニック

斎藤学

町沢静夫

2012年12月27日

実は単なる胃腸粘膜のヒバク>最近流行りの嘔吐や下痢を「ノロウイルス」の一言で片付けようとしている

manavinoheya at 21:18トラックバック(0) この記事をクリップ!

2012年12月25日

め息しか出ないXmas.呼吸器被爆を軽視したがる人々について。「低線量被爆」への疑問。

manavinoheya at 14:50トラックバック(0) この記事をクリップ!

2012年12月24日

>バス関係者〉千葉県船橋市で、バスに乗車中のお客さんが車中で突然死する現象が続いている

manavinoheya at 21:18トラックバック(0) この記事をクリップ!