2008年06月09日

秋葉原通り魔:無差別の凶刃「許せぬ」 悲しみの遺族

秋葉原通り魔:無差別の凶刃「許せぬ」 悲しみの遺族

 東京・秋葉原で8日起きた通り魔事件で、無差別に襲われた被害者たちは、 東京都内の救急病院に次々と運び込まれたが、8日夜までに7人が亡くなった。「無念だったはず」。遺族らは怒りと悲しみにくれた。
 ◆大学生、武藤舞さん(21)
 通学していた北区立浮間中によると、武藤さんはテニス部に所属し、3年時には都大会にも出場した。テニス部の顧問だった荒木秀治教諭は9日、取材に「誰からも好かれる子だった。『人違いであってほしい』と思ったが本当に残念」と話した。都立日比谷高時代の同級生だった男子大学生(22)は「ムードメーカーだった。悔しい気持ちでいっぱい」と事件への怒りをあらわにした。武藤さんは東京芸大の音楽学部に進み、音響や録音の技術を学んでいた。
 ◆無職、中村勝彦さん(74)
 今年3月に引退するまで東京都府中市で夫婦で歯科医院を開いていた。当日は、秋葉原に長男とパソコンなどの買い物のため出かけたという。妻(74)は「無念としか言いようがない。まだ主人はやりたいことがたくさんあったと思います。たぶん、子どもたちや孫の将来を心配し、こういうことが二度とないようにと思ってるかなと思います」と悲しみを押し殺して語った。

 ◆大学生、藤野和倫(かずのり)さん(19)
 父親によると「友達とパソコンの部品を見に行く」と午前中から出かけたという。両親は9日午前1時過ぎ、都内の病院からタクシーで帰宅した。父親は「あまりにも突然のことで悔しくて仕方ありません。悪い夢を見ているよう」と言葉を詰まらせた。
 ◆調理師、松井満さん(33)
 神奈川県厚木市の小学校時代の担任だった浅見照枝さん(58)は「荷物を持っていたりすると『手伝うよ』と言ってくれるような、優しくて繊細なお子さんだった。なぜこんな事件に巻き込まれたのか」と肩を落とした。
 ◆無職、小岩和弘さん
(47)

 遺族は警視庁を通じてコメントを出した。「大切な家族をこのような事件で突然失った思いは、皆様のご推察とたがうことはないと存じます。とにかく今は憔悴(しょうすい)し、夜も眠ることができません。私達は故人をしのんで静かに見送りたいと存じます。一切の取材についてお受けできかねますので、どうか主意をおくみとりいただきたく存じます」と記されていた。
 ◆会社員、宮本直樹さん(31)
 埼玉県蕨市の自宅アパートには9日午前11時前、父親という男性が訪れた。室内にいったん入った後の帰り際、「残念だ。こういうことが二度と起きない社会になって欲しい」と怒りを込めた。
 ◆大学生、川口隆裕さん(19)
父で会社員の健さん(53)によると、隆裕さんは友人ら4人で買い物に出掛けて事件に遭った。健さんは「夢であってほしい。悔しい気持ちでいっぱい。たとえ生活などがいかに苦しい状況であっても、八つ当たりのように人を殺したりしてはいけない。同情の余地はない」と話した。

毎日新聞 2008年6月9日 11時54分(最終更新 6月9日 18時20分)


事件を起こした犯人の精神科主治医に責任はないのかhttp://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55/39763045.html
傑作(0) 2008/2/1(金) 午後 0:30精神科の治療と凶悪犯罪事件 Yahoo!ブックマークに登録
2月になりました。先月は色々な事件が起こりました。以下に挙げるのは、精神科の治療を受けながら、逆に悪化し、不可解な事件や自殺という結果になった主な事例です。
1月5日:東京都品川区の商店街で、高校2年生の男子生徒が両手に包丁を持ち、通行人5人に襲いかかり、2人に軽傷を負わせた。男子生徒は数年前から精神科に通院していた。

1月9日:青森県八戸市において、18歳の長男が43歳の母親、15歳の次男、13歳の長女を刃物で殺害し、アパートに放火した。長男は中学生の時に精神科に入院したことがあり、最近も精神科に通院し、薬を飲んでいた。

1月9日:衆議院議員西村真吾氏の26歳の長男が、衆議院赤坂宿舎20階の自室ベランダから飛び降り、死亡した。長男は前日に慶応大学精神科を受診し、強いうつ状態と言われ、処方された薬を服用していた。

1月14日:徳島県徳島市において、37歳の長女が64歳の母親と30歳の弟を包丁で首などを刺して殺害し、34歳の妹にも重傷を負わせた。長女は2005年9月頃から不安障害で精神科に通っていた。

1月16日:神奈川県相模原市において、57歳の女性が、自宅で29歳の長男と24歳の次男を殺害した。女性は、昨年12月に精神科にかかるようになり、投薬治療を受けていた。

1月18日:東京都文京区の路上で、42歳の女が、友人2人と遊んでいた小1女児に突然包丁で切りつけ、全治1ヶ月の重傷を負わせた。女は、精神科の病院に入院するなどしていた。

1月21日:埼玉県坂戸市の12階建てマンションから、26歳の双子姉妹が飛び降り、死亡した。2人は精神科に通院していた。

1月29日:神奈川県藤沢市で、33歳の主婦が11階建てマンションの11階通路から6歳と3歳の我が子を投げ落とした後、自らも飛び降りた。全員が死亡した。主婦はうつ病と診断され、昨年4月から通院し治療を受けていた。事件が起きる度に思うのですが、彼らを治療していた主治医の責任がなぜ問われないのでしょうか。もちろん、事件を起こしたからには、本人に責任があります。たとえ精神科医が「心神喪失で責任能力がない」と判定しようとも、それは本人が引き起こしたものであり、全てが他人や他の要素のせいで済まされる問題ではありません。

とはいえ、主治医は対価を受け取り、彼らを「治療」していたのです。これは治療の失敗以外の何者でもありません。しかも、「うまく治療することができなくて病気が悪化し、病気の影響で事件を起こした」というレベルの問題ではなく、「治療行為が積極的に異常行動を引き起こした」可能性すらあります。

現在の司法制度では、訳のわからない精神鑑定に基づく責任能力の有無ばかりが争点となり、なぜこんな事件を起こしてしまったかという本質的な原因の究明に結びついていません。つい先日新たな精神鑑定の結果が出た会津若松の高校生母親殺害事件をとってみても、鑑定医によって結論が正反対になるなど、客観性や再現性に欠ける精神鑑定が司法をいたずらに混乱させ、マスコミを喜ばせているだけです。

主治医は一体どんな気持ちでニュースを聞いているのでしょうか。以前にこんな話を聞いたことがあります。患者が自殺したことを、職員がその患者の主治医であった精神科医に伝えたところ「あー、そうなんだ」で終わってしまったそうです。この精神科医のように、まるで他人事のように思い、責任をひとかけらも感じていないのでしょうか。

事件の背景に精神科の危険な治療、あるいはずさんな治療があるとすれば、なぜ誰もその部分に焦点を当て、責任を追及しないのでしょうか。

実は、精神科の入院中に一時外出していた患者が見ず知らずの通行人を突然刺し殺した事件について、亡くなった青年の両親が、事件の背景にあった病院のずさんな治療の実態に目を向け、その責任を追及する民事裁判を起こされています。
http://www.rosetta.jp/news/kyojin2.html

上記リンク先には非常に勉強になる情報が多くあります。裁判の経過も詳細に報告されていて、被告側である精神科病院のずさんな治療の実態や公判における破綻した論理などがよくわかります。また、心神喪失者の行為を罰しないとしている刑法第39条の具体的問題点が理解できます。

原告の矢野夫妻は、犯人が入院していた病院の情報を求めているようです。
http://www.rosetta.jp/news/kyojin.html

香川県高松市の以和貴会いわき病院について、何かご存知の方は、是非上記リンク先から情報提供をお願いします。

***********************************
精神医療現場での被害の報告を受け付けています。
特に、その被害に関して何らかの行動(刑事告発、民事訴訟、内部告発、行政交渉、マスコミへの周知、法律改正の働きかけなど)を起こしたいという方、一度ご相談下さい。
特に情報を集めている事例
・子どもの被害事例(投薬や受診の強要、不当な診断、向精神薬の副作用など)
・抗うつ剤(特にSSRI)を服用後に自殺行動を起こした事例
・精神科医からの暴力や性的虐待事例
・診療報酬などの不正請求事例思い当たることがあれば、こちらまでご報告下さい。
kebichan55@yahoo.co.jp


※この記事は「精神科医の犯罪を問う」というブログの2008年2月1日の記事を許可を得て転載させていただいています

http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55/39763045.html

メンタルランキング参加中クリックよろしくお願いします

∞メンタルナビ∞ランキングエントリー中!
心 心の病 心の病気

病院 入院 精神療法

カウンセリング 心理学

心療内科 学校 教育

メンタルクリニック
精神分析 精神鑑定 会社
仕事 精神障害 パキシル
向精神薬 抗うつ剤 健康

臨床心理士 介護 福祉

大学 大学院 車 先生

教師 子育て 育児 新聞

テレビ メディア 食事

ニュース 悩み 生き方

相談 早期発見早期治療

うつ病 パニック障害

社会不安性障害 自殺対策
心理学 医療過誤 薬

精神科医 薬剤師 人権

本 ビデオ 書籍 医療

読書 知識 自然 幸せ

電気ショック 夏休み

いじめ 休日 自殺 企業

看護士 自助グループ

裁判 弁護士 法律 患者

薬物依存症 虐待 論文

アルコール依存症 外国

買い物依存症 日本 夢

ギャンブル依存症 倫理

発達障害 レジャー

スポーツ 安全 危険

塾 運動 鬱病 内科

医者 体 身体 電気

ホームページ 携帯 経済
パソコン 政治 心の闇

犯罪 事件 映画 交通

後遺症 マスコミ 苦しみ

メンタルヘルス 心のケア
PTSD 心の傷 癒し 宣伝

支援 講演会 製薬会社

ワークショップ CD 庭 恋愛 結婚

雑誌 精神保健福祉士

実習 事故 宗教 睡眠薬

不眠症 ストレス 人生

ストレス社会 人工 出産
更年期障害 男性 女性

自律神経失調症 老人 信頼
お金 信頼関係 失業

挫折 回復 仲間 不登校

引きこもり 学会 詐偽

医療ミス 成長 病気

リタリン 食品 ダイエット
診察 コミュニケーション
スキル 対人関係 情報

人間関係 ドライブ 景色

心理カウンセラー

カウンセリングルーム

保護者 父兄 授業

面談 試験 テスト

ブログ インターネット
教師 職場 本 書籍

読書 ホテル アロマ

セロトニン仮説 薬物療法
対処療法 摂食障害

統合失調症 ADHD 保健婦

保健室 疲労 過労 命

パチンコ 競馬 たばこ

報道 放送 NHK 生き方

ダイエット 心理テスト

トラウマ 心的外傷 写真
サラリーマン OL 社長

ニート対策 気分障害

境界性人格障害

ボーダーライン 希望

パキシル リタリン

強迫神経症 体調 AC

ワーキングプア 派遣社員
ジェイゾロフト CM 教授
落ち込み 窃盗癖 嗜癖

アディクション 親子関係
アダルトチルドレン

母子密着 共依存症

家庭内暴力 権威

薬剤性パーキンソン

薬剤性精神病 役所 議員

非行 厚生労働省 未来

将来 NPO法人 医療荒廃

ダイエット 学会 学術誌
機能不全家族 第一人者

季節 梅雨 気候 医療費

健康チェック 保険

多重人格 料理 芸能界

有名人 メンタルヘルス

習い事 習慣 文化

小学生 中学生 高校生

大学生 思春期 心の世紀

心の専門家 セラピスト

セラピー 世界 海外

副作用 真実 心療内科

メンタルクリニック

薬物依存 精神医学

更年期障害 自殺対策

自殺予防 精神分析

精神鑑定 凶悪犯罪

凶悪事件 医療過誤

発達障害支援 過食症

パニック障害

躁うつ病 双極性障害

過眠症 催し 講演会

勉強会 家族会




トラックバックURL