2010年12月03日

日本を薬漬けにする戦略会議?

日本を薬漬けにする戦略会議?
http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55/45191982.html
2008/10/29(水)

精神医療産業の戦略メンタルヘルス

明日から第13回環太平洋精神科医会議が日本で開催されます。日本では2002年に世界精神医学会が横浜で開催されましたが、それ以来の総合的な精神医学に関する会議ということです。

今回の会議の会長である野田文隆氏は以下のように述べています。
http://prcp2008.org/pdf/prcp13th_circular_ja.pdf

今回のメインテーマは「変貌する環太平洋精神医学:多文化・多職種協働の精神医学」であり、西洋で発展してきた薬物療法を、東洋の論理観、思考様式、生活様式、習慣、文化、社会、宗教、教育と、どのように融合させて進めることが、精神医療の進歩につながるかについて、活発な議論を予定しています。
要するに、いかにして社会に向精神薬を蔓延させるかについての戦略会議ということです。2002年の世界精神医学会は、学術的な議論の場というより、製薬会社の宣伝会場そのものでした。日本の社会に薬を売り出していくぞという強い意図が感じられましたが、実際そこからうつ病キャンペーンやアンチスティグマキャンペーンが強化され、日本の社会に向精神薬が急速に浸透してきました。

精神論が根強い日本文化に対し、精神医療産業は長期的な戦略を展開してきました。心の問題で薬を飲むことに抵抗があった日本人に対してどのように薬を売りつけることに成功したのでしょうか。その手法は実に見事でした。

彼等は、薬そのものを宣伝するのではなく、病気を宣伝していきました。そして、それらを心の病気ではなく脳の病気だと説明して、薬を飲むことに抵抗をなくさせてきました。中には、全国紙の一面広告で「心のことで薬に頼るのは、良くないことだと思ってました。」というキャッチフレーズの治験広告までありました。

その結果、いつの間にか日本の社会に向精神薬が蔓延するようになりました。
http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55/38302381.html

何度も言いますが、それが本当に人々の心の健康に寄与しているのであれば、私は何も文句はいいません。しかし、実際のところはどうなのでしょうか。「治療薬」がひろがったら、病気は減るはずですが、様々な統計が示すように、むしろ日本人の心の健康状態は悪くなっています。

そもそも、うつ病や双極性障害、統合失調症、発達障害など診断基準があいまいであり、「病気」としての存在自体が疑わしいもの(※そのような「症状」があることを否定しているわけではない)を、診断や治療が可能な病気として普及し、あたかも薬を飲めば解決するかのように宣伝すること自体が詐欺的です。

多くの日本人がその宣伝に見事に騙されました。薬を飲めば何とかなると信じて飲み続けて余計に悪化した人はどれだけいるのでしょうか。また、うつ症状などに本当に苦しんでいる人もいる一方、自分の今までの失敗をうつ病やAC、ADHD、アスペ、PTSDなど、「病気」「障害」のせいにしてしまう人が増えました。

誰でもそうですが、何か失敗をすると、周囲に対してだけではなく、自分自身に対しても言い訳を探そうとするものです。そのような人間の弱みに付け込む戦略とも言えます。「あなたのせいではなく、病気のせいなんです」「子どもが落ち着きないのは、あなたのしつけが悪かったのではない」「薬で楽になれる」・・・このようなことを言われたら救われる気持ちになりますが、それは巧妙な罠でもあります。病名をつけられたら、自分を苦しめてきた病気を見つけ出してくれた医者をありがたく思い、医者や薬に依存していくことになります。

また、精神科医の診断の恣意性に目をつけ、病気を装って診察を受け、まんまと転売・乱用目的の向精神薬を入手したり、診断書を書いてもらって合法的に休暇や年金をGetしたりする輩も増えました。

このようにして日本社会に向精神薬が蔓延し、医療や福祉が本来あるべき方向から逸れて行ってしまっています。今回の環太平洋精神科医会議は、その方向に加速させていくための会議でしょうか。もしも心ある学会であれば、少なくとも誤診や誤処方が蔓延する精神医療の現場を見直し、安易に病名や薬を普及する現状を批判するくらいのことをしても良いものですが。


ちょうど、読売新聞では今日から精神科の誤診に焦点を当てたシリーズの連載が始まります。聞くところによると、担当の記者は、当初は統合失調症そのものを特集する予定だったそうですが、これほどまでに誤診や誤処方が蔓延している実態を知り、急遽、誤診自体をテーマにすることに変えたということのようです。「精神科セカンドオピニオン」の本に目を通したことがきっかけだったそうです。

正直このシリーズがどこまで本質的な問題に突っ込むことができるかわかりません。しかし、このような問題に目を向けたというのは大きな意義があります。このブログをご覧になっている皆様も、是非記事を読み、その感想を読売新聞医療情報部に送って下さい。誤診や誤処方による被害の経験がある方は、是非これを機会に担当記者に送って下さい。反響が大きくなればなるほど、この問題への関心が高まり、マスコミがさらに動き出すようになるでしょう。


読売新聞医療情報部への意見・情報はこちらまで
FAX:03-3217-8985
iryou@yomiuri.com


***********************************
精神医療現場での被害の報告を受け付けています。
特に、その被害に関して何らかの行動(刑事告発、民事訴訟、内部告発、行政交渉、マスコミへの周知、法律改正の働きかけなど)を起こしたいという方、一度ご相談下さい。
特に情報を集めている事例
・子どもの被害事例(投薬や受診の強要、不当な診断、向精神薬の副作用など)
・抗うつ剤(特にSSRI)を服用後に自殺行動を起こした事例
・精神科医からの暴力や性的虐待事例
・診療報酬などの不正請求事例思い当たることがあれば、こちらまでご報告下さい。
kebichan55@yahoo.co.jp


※この記事は「精神科医の犯罪を問う」というブログの2008年10月29(水)の記事を許可を得て転載させていただいています

http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55/45191982.html

メンタルランキング参加中クリックよろしくお願いします

∞メンタルナビ∞ランキングエントリー中!
心 心の病 心の病気

病院 入院 精神療法

カウンセリング 心理学

心療内科 学校 教育

家族 メンタルクリニック
精神分析 精神鑑定 会社
仕事 精神障害 パキシル
向精神薬 抗うつ剤 健康

臨床心理士 介護 福祉

仕事 趣味 ペット 園芸

大学 大学院 車 先生

教師 子育て 育児 新聞

テレビ メディア 食事

ニュース 悩み 生き方

相談 早期発見早期治療

うつ病 パニック障害

社会不安性障害 自殺対策
心理学 医療過誤 薬

精神科医 薬剤師 人権

本 ビデオ 書籍 医療

読書 知識 自然 幸せ

電気ショック 夏休み

いじめ 休日 自殺 企業

看護士 自助グループ

裁判 弁護士 法律 患者

薬物依存症 虐待 論文

アルコール依存症 外国

買い物依存症 日本 夢

ギャンブル依存症 倫理

発達障害 レジャー

スポーツ 安全 危険

塾 運動 鬱病 内科

医者 体 身体 電気

ホームページ 携帯 経済
パソコン 政治 心の闇

犯罪 事件 映画 交通

後遺症 マスコミ 苦しみ

メンタルヘルス 心のケア
PTSD 心の傷 癒し 宣伝

支援 講演会 製薬会社

ワークショップ CD 庭 恋愛 結婚

雑誌 精神保健福祉士

実習 事故 宗教 睡眠薬

不眠症 ストレス 人生

ストレス社会 人工 出産
更年期障害 男性 女性

自律神経失調症 老人 信頼
お金 信頼関係 失業

挫折 回復 仲間 不登校

引きこもり 学会 詐偽

医療ミス 成長 病気

リタリン 食品 ダイエット
診察 コミュニケーション
スキル 対人関係 情報

人間関係 ドライブ 景色

心理カウンセラー

カウンセリングルーム

保護者 父兄 授業

面談 試験 テスト

ブログ インターネット
教師 職場 本 書籍

読書 ホテル アロマ

セロトニン仮説 薬物療法
対処療法 摂食障害

統合失調症 ADHD 保健婦

保健室 疲労 過労 命

パチンコ 競馬 たばこ

報道 放送 NHK 生き方

ダイエット 心理テスト

トラウマ 心的外傷 写真
サラリーマン OL 社長

ニート対策 気分障害

境界性人格障害

ボーダーライン 希望

パキシル リタリン

強迫神経症 体調 AC

ワーキングプア 派遣社員
ジェイゾロフト CM 教授
落ち込み 窃盗癖 嗜癖

アディクション 親子関係
アダルトチルドレン

母子密着 共依存症

家庭内暴力 権威

薬剤性パーキンソン

薬剤性精神病 役所 議員

非行 厚生労働省 未来

将来 NPO法人 医療荒廃

ダイエット 学会 学術誌
機能不全家族 第一人者

季節 梅雨 気候 医療費

健康チェック 保険

多重人格 料理 芸能界

有名人 メンタルヘルス

習い事 習慣 文化

小学生 中学生 高校生

大学生 思春期 心の世紀

心の専門家 セラピスト

セラピー 世界 海外

副作用 真実 心療内科

メンタルクリニック

薬物依存 精神医学

更年期障害 自殺対策

自殺予防 精神分析

精神鑑定 凶悪犯罪

凶悪事件 医療過誤

発達障害支援 過食症

パニック障害

躁うつ病 双極性障害

過眠症 催し 講演会

勉強会 家族会

お知らせ 少年犯罪

ギャンブル依存 夏休み

抗うつ薬

社会問題 精神保健福祉士
PSW ソーシャルワーカー

ジプレキサ ハルシオン

性犯罪 性暴力 いじめ

児童虐待 レイプ 国会

被害者の会 命の電話

精神保健福祉センター

離婚 幼稚園 保育園

保育士 看護士 テスト

試験 セロトニン

ジプレキサ アカシジア

医師会
DV シェルター 性的虐待
犯罪被害者 被害者の会

自助グループ 悩み相談

うつ病 躁鬱病

強迫神経症

医師会 シンポジウム


ドキュメンタリー

ウツ病 アスペルガー

道徳 倫理 リストカット
オーバードーズ

OD 療育

さいとうクリニック

斎藤学

町沢静夫

トラックバックURL