2010年06月30日

人気スターのパク・ヨンハ自殺、遺書は発見されず

人気スターのパク・ヨンハ自殺、遺書は発見されず

6月30日11時49分配信 聯合ニュース

【ソウル30日聯合ニュース】俳優や歌手として活躍していたパク・ヨンハさん(32)が30日午前5時半ごろ、ソウル・江南の自宅で遺体で発見された。

警察によると、自室でビデオカメラ充電器のコードで首をつり、死んでいるのを母親が発見したという。遺書はまだ見つかっていない。遺体はソウル聖母病院の葬儀場に移された。

パクさんは同日夜、胃がん末期の父親の背中や足をさすりながら、家族に「ごめん、ごめん」と言い、午前零時過ぎに自室に戻ったとされる。パクさんは普段から父親を手厚く看病しており、眠れずに睡眠薬を服用してきたとされる。

パクさんは1997年にデビュー。韓流ブームのきっかけとなったドラマ「冬のソナタ」に出演し、人気を博した。その後「オンエアー」「ザ・スリングショット〜男の物語」、映画「作戦〜THE SCAM〜」などに出演し、最近では香港映画「ラブソング(原題:甜蜜蜜)」をリメークした韓国ドラマで、ユン・ウネとともに主人公にキャスティングされた。俳優だけでなく歌手としても活動し、日本や東南アジアで人気を集めていた。

一方、芸能界では2005年に女優イ・ウンジュさん、2007年に女優チョン・ダビンさん、2008年に俳優のアン・ジェファンさんと女優のチェ・ジンシルさん、ことし3月にチェ・ジンシルさんの弟、チェ・ジニョンさんなど、2000年代後半に入りトップスターの自殺が相次いでいる。


精神科医の犯罪を問うのおすすめ記事

患者を自殺に追い込む精神科医を告訴しよう

日本で暗躍するマクゴリーの手下たち(前編)

日本で暗躍するマクゴリーの手下たち(後編)

絵本を使った市場拡大作戦 2

絵本を使った市場拡大作戦

日本の青少年を食い物にする早期介入という戦略

盗人猛々しい精神医学会の宣言

精神医療産業にボロボロにされた日本の20代、30代・・・次のターゲットは10代!!!

シャッターアイランド=日本

末期のうつ病キャンペーンから日本人を守れ


ぜひご覧ください!






manavinoheya at 22:43トラックバック(0) この記事をクリップ!

トラックバックURL