September 2004

September 30, 2004

やられたわー

fdb81a96.jpgまた同じ画像かよ!
いや良く見るとちと違います。
今晩(もう昨日だけど)の番組表です。
小泉新内閣で消えた「クローズアップ現代」、今日やってました。
って聞いてないがな!
回覧で「次いつ放送ですか?」と書いたのにちっとも返事ないやんけ。
気付いたらもう20:00過ぎてたってば!
これで見とらんのはイカンとは言わせないぞ。

話しは飛んで本日の晩飯。
5人で繰り出して焼き肉食い放題に行きました。
小学生まで肉は最も苦手な食材だったので(ただし挽肉は除く)
食い放題だからといってそんなに心ときめくわけではありません。
それでもかなり食ったね。訳分からん部位中心に。
鶏ヒップやらソーセージやら。もういらん!ちゅうねん。
後輩があれもこれもと皿に盛ってくれるもんだから
「いい加減にせい!」と半ギレ状態で食ってました。
もともと肉嫌いってのもあると思うんだけど
カルビなんかの油の多いものは苦手です。
くにゃくにゃした食感のものはできればパス。てっちゃんとか。
でも豚バラ肉は好きだったりすんだよね。
ラーメン屋でもチャーシュー重視です。こいつがダメだと全て台無し。

manboh4566 at 01:04コメント(0)トラックバック(0)今日のワタクシ 

September 28, 2004

それにしても

この時間帯のlivedoor Blogは重い!
編集が全く思い通りにできん。
投稿は何度やってもはね返される。
怖いのは後で自分のBlog開いて見ると、はね返されたはずの投稿が
いつの間にか何重にも登録されてしまっていること。
画面を貼付けた投稿だとなお悲惨です。
気付いてみたらあっという間に使用容量をバカ食いしているのです。
余分な投稿を消しても添付画像がまだ残っているので
思うように使用容量が減ってくれません。
そこで画像登録を削除しようとすると
この時間は混み合っていてまったくダメ。
投稿がままならないってのはBlogにとっては致命的なんじゃないのか?
うわーやっぱヤプログとかにしとけば良かったかなあ・・・。

manboh4566 at 23:48コメント(5)トラックバック(0)何だかなあ 

肩すかしですわー

6162ddea.jpg本日(あ、もう前日か)の19:30、NHK総合の番組「クローズアップ現代」。
今回なんと我が社が登場するとなっ!?
原油高騰に対する各社の対応をテーマに、うちが取材を受けたらしいです。
何でまたうちが…ちょっと不思議。
全社に回覧が廻り、こいつはチェックせなあかんと、この日は仕事もさっさと切り上げ、晩飯も帰宅途中の店で適当にかっ込んで、チャリンコを飛ばし家まで直行したのでした。

時間は既に19::30を5分ほど過ぎていて「こりゃやばいか?」と思いながらTVのスイッチをON。
そこで待ち受けていたものは7時のニュースの天気予報でした。
「あ〜台風が来てるから少し延長してるのかな」と、気長に待ちつつ家にも宣伝の電話。
しかし延長にしては長い。ニュースの進行も何食わぬ雰囲気で淡々と進んでる。
そうこうしているうちに20:00が過ぎ・・・
さすがにおかしいと思いYahoo!の番組表を見たのだが、特にプログラムが変わった様子はない。
それでもどうしても納得がいかず、NHKのサイトを見たら答えが分かりました。
7時のニュースが思い切り2時間枠に拡大されていたのでした。
話題は第2次小泉内閣一辺倒。…やられました。

その後会社に残っていた連中から飲みの誘いのメールが。
こちらは飯も食ったしすっかり部屋で落ち着いてしまったので、もう家を出て飲みに繰り出す気等さらさら無し。
てか、眠気さえただよう始末。
しかし彼ら(メールは一人からだけなんだけど)はしつこい。
「美女揃いの飲みだぞ」って、だいたい面子わかっとるがな。
直接電話もかかってきたけど出る気無し。
あいつ逆ギレしてっかなあ。
でもこちらにしたって、いつでも軽くほいほい出てくると思われたら困るわい。
そのうちホントにうとうとしてしまいました。

部屋から職場までチャリで10分もかからない環境って、どう考えてもメリットの方が多いんだけど、こういった都合良い扱いされるのはヤですな。
遅刻なんてした日にゃ肩身の狭いこと狭いこと。
ま、これは遠い近い関係ないことですが。
こういうこと書くと決まって寝坊するんだよね。
締めていかな。気合いだ!

manboh4566 at 02:00コメント(2)トラックバック(0)会社、仕事 

September 27, 2004

ぽわ〜ん

今日はまあそんな一日。
特に話題もないので昨日までのことでも書きましょうかね。

金曜は名古屋の出張を終え、近鉄でゆっくり帰ろう(交通費浮かす意味もあり…)と名鉄の食品街で弁当を買って(近鉄の駅弁は今イチ。関係者いたらスミマセン)改札まで行ってみたら、なんと大雨で運行停止中。
四日市までしか行けないときたもんだ。
結局「なんじゃそれ〜!」と、駅の反対サイドの新幹線ホームまで長い移動を強いられました。
大阪に戻ってみたら一滴の雨も降ってないぞ。何なんだまったく。
とりあえずコンビニに寄りつつ徒歩で家路に着きました。

で、翌朝ハッと気付くのでありました。
「やばっ!自転車、駅に置きっぱなしだった!」
金曜日、慌てて新大阪駅まで自転車でかっ飛ばして行ったことをすっかり忘れていたのでした。
並の駅なら問題ないのですが、あそこは駐輪場があってないような所。
いつもある隅っこに停めていくのですが、ここは大阪。
パクられ率が非常に高いのです。まずビニール傘をコンビニの傘立てに入れておくのは自殺行為。
ぶっちゃけそれほど安い自転車でないので、現場でブツを発見するまではドキドキもんでした。
そして出かけついでにクリーニング屋で洗濯物を受け取り。
基本的に土曜日しか受け取るチャンスがないので忘れないで良かったわー。
それから…そうか、DVD見てたわけだな。

今晩は久々に糸こん料理。料理っていうか汁ものだけどね。
さすがに物足りないのでおかゆも炊いてしまいました。
まあおかずは飯の友にとどめたんでいいでしょう。

余談で土日のスポーツについて。
気付いてみたら渋井さん、Qちゃんの記録抜かしてたんだねえ。
琢磨はあの位置から6位入賞と、良くがんばりました。
シューマッハはあれだけ無茶苦茶なレースでもファステスト取っちゃうんだから、やっぱりたいしたもんだな。
あとはレッズ!ガンバによう勝った!ブッッッフ様様!
大阪に住んどきながらちょいと微妙だけど・・・。
大宮もここんとこ勝ちが続いててええどー。

manboh4566 at 02:02コメント(2)トラックバック(0)後日談 

September 26, 2004

たまには見るんです

本当は予定外だったんですが、今日は立て続けに2本レンタルDVDを見たので急遽カテゴリーに加えました。

まず一本目!
今や時の人、M.ムーア監督の「Bowling for Columbine」。
今更な感がありますが、ずーっと見ようと思いながら見ておりませんで。
いや一度借りたことはあったんですが、見ずに返してしまったのです。
店員に「一度借りられてますが…?」と聞かれてドキリといたしました。
こういう情報が名簿会社に流れていくのだろうか。おお恐っ。

肝心の映画ですが、詳しくは下記リンクの方を参考に。
http://www.eiga.com/special/bowlingfor/index.shtml
http://wandering-wind.jp/mt3/mt-tb.cgi/438
こちらが解説するよりずっと参考になりますから。
とにかく感心するというか、「へえ」の連続です。
コロンバイン高校の銃撃事件のみならず、アメリカの銃社会が抱える問題を、数多くのインタビューを交えながら鋭くえぐった内容になっています。
こと銃による死亡者に関しては数が少ない日本ですが、マスメディアの有り様や社会の風潮は「病んだ」アメリカのそれへと確実に近づいているように思えます。
つい最近刑を執行された宅間容疑者の事件や、未成年者のおこす悲惨な事件の数々。
アメリカ程犠牲者は出ていないにしても、銃以外の手段でムーア氏の言う「恐怖を植え付けられた環境」のほころびが既に発露しているではないですか。
ムーア氏は、年間たった39名しか銃による死亡者を出さない日本(ちなみにアメリカは一万人超)について、「信じられない」とコメントし、社会構造を中心に関心を持っているようでしたが、その実像に遭遇したら一体どう感じるでしょうか。
何だか重々しい雰囲気になってしまいましたが、実に計算された編集でユーモアも盛り込まれ、あっという間に見終わってしまった印象。
ドキュメンタリーはどうも…という方にも見てほしいです。

次、2本目!
D.リンチ監督の「Eraserhead(完全版)」。
ワタクシのボスにさんざん勧められていた映画です。
やっと見ることができました。これ置いてある店、あまりないんですよね。
彼の映画デビュー作らしいです。1972年から製作に着手し、1977年にやっと公開という渾身の作品です。
映像はモノクロ。エレファントマンに通じるものを感じさせますが、もっと閉鎖的な世界に満ち満ちています。
ストーリーは、ある工場勤めの男が、付き合っている女性との間に出来た奇形児を発端に、結婚から別居、子供の病気、あげくには妄想の世界へと迷い込んでしまうというものです。
…何て書いてますが、パッケージを見て「なるほどな」と思うだけで、ただ映画を見ただけではあまりの難解さに「?」が5つくらい並んでしまいます。
全体に暗い映像で(時折フラッシュのように思い切り明るくなる場面も少しあり)台詞もほんの少しだけ。
「未来世紀ブラジル」以来の取っ付きにくさ、かっとび感を覚えました。
妄想か現実かの境目がごちゃまぜになってしまう点で、両者は似ています。
ただ前者は明確なオチがあるのですが、この作品についてはその部分が曖昧なまま終幕を迎えてしまいます。
「ツインピークス」にハマった人ならいけるのかな?
自分はそれを見ていないので何とも言えないのがつらいところです。
パッケージでは「デビュー作にして最高傑作」だそうな。
こいつは手強いです。上級者向けだと思われます。

あー今回はさらりと行こうとしたのに、結局長くなっちゃったなあ。

manboh4566 at 03:54コメント(2)トラックバック(0)映画・動画・TV・本 

September 25, 2004

恍惚の記憶

行ってきました。キリンジ@なんばHatch。
これから見に行かれる方もいらっしゃると思いますので、
ネタバレしない程度で感想を。

まずは疲れました(オイ)。
立ち見は足首から下がだるだるになってダメなんです。
と言いながら行くライブの大半が立ち見。Mなのか?
Hatchはやはり箱としては中々の広さですね。
舞台も広い。300番台でしたがかなり前まで行けました。
選曲はですね…えーまずはファンが平等に楽しめる内容になってます。と、ここまでね。
初めてライブで観る曲もありました。
こういうルーチン外のライブってそうそう機会がないと思うので、行ける方は逃さず行くべし!と思います。
あと真城さん、そばで見たら意外にかわいい方だと分かりました。

さて、今回はここからが本番。前置きなげーぞ。
「偏狭」というからにはキリンジはメジャー過ぎるので。
今までライブ鑑賞数は決して多くはないのですが、
過去最高の体験は3、4年程前のMagma来日ライブです。
場所は渋谷のライブハウスだと思うのですが、はっきりと思い出せません。とにかく客の入りはぎっしりでした。

Magmaは70年代初期から活動を続けているフランスのバンド。
ジャンルでいうとジャズロックが一般的な括りですが、そこから一歩はみ出したアバンギャルドな音楽をやっています。
歌詞はフランス語ではなく、彼らが創作した「コバイア語」なる言語。この時点で既に普通じゃありません。
意味の分からん半ば呪文じみたコーラスとヘビーかつハイテンション&テクニカルな演奏で客を圧倒します。
このライブでの感動はいわゆる「メロディーにうるうる」とか「歌声にめろめろ」といった種類とは異質のものです。
あくまで演奏・パフォーマンスの迫力一辺倒、怒濤の押しなのです。
この日ワタクシは半トランス状態まで昇華いたしました。
お目当てだった「Kohntarkosz」を演奏してくれなかったのが唯一残念な点でしたが、まさか動くMagmaをリアルタイムで体験できるとは…これだけで感動ものでした。

一応このバンドのおすすめの一枚を。
「THEATRE DU TAUR CONCERT 1975 - TOULOUSE」。
全盛期のライブアルバムです。ハッキリ言ってスタジオ録音など屁の河童なテンションです。
ジャケ写はもしものことがあると何なので、モザイクかけましたがヤバいかな…。
でもこれ、国内盤はとっくに廃盤みたいです。
輸入盤もここのところ見かけません。
まあ、これ見て買う人もそういるとは思えませんが。

※やっぱりモザイク解除で載せました。
concert_1975

manboh4566 at 00:38コメント(6)トラックバック(0)音ネタ(洋楽) 

September 23, 2004

きたきたイチロー

上から順にカテゴリーを埋めていこうと思っていましたが、音楽については明日以降にとっておきます。
というのも明日晩がキリンジライブだから。

そんなわけで、今回はスポーツについて。
もともとガキの頃からスポーツを見るのは大好き。
見る方かよ!と突っ込まれ覚悟で暴露しますと、
古くは輪湖(輪島、北の湖の略ね)時代の大相撲、
レークプラシッド冬季オリンピックあたりから記憶があります。
王選手のホームラン記録達成もリアルタイムで見てるはず。

今年もスポーツの話題が目白押しでした。
アテネオリンピックは言うまでもなく、
サッカーのアジアカップ、ユーロ2004、佐藤琢磨のF1参戦復帰、そしてプロ野球のスト…。
そんな中、今一番気になるのは好調浦和レッズの動向と、イチローのシーズン最多安打記録更新であります。

例年イチローは8、9月というシーズン後半にスタミナ切れから調子を落とす傾向があり、今年もそれが懸念されていました。
しかし今年のイチローは違う!
8月は7月に続いて月間50本安打を達成。
9月も序盤は好調で、記録更新は楽勝かと思われました。
ところが最近10試合程は音無しの試合が軒並み連続。
気付いてみたら残り12試合で19本という、常人にはやや厳しい状況に追い込まれていました。
やはりプレッシャーと疲れがここにきて出てきたかと思いきや、
今日は何と5の5という固め打ち!
残り11試合で14本打てばシスラーの記録に並ぶことになります。
これはかなり現実的な数字ですね。残り試合数>安打数となればほぼ決まり。
ほとんどが単打というのが見方によっては物足りないかもしれませんが、そんなことはこの際どうでも良いでしょう。

おっとっと、何だか普通のスポーツ新聞紙面みたいになっちゃった。
余談ですが、日本のプロ野球に目を向けると広島の嶋選手も注目です。
セ・リーグ初の200本安打が期待されてます。
それから…あーいやエンドレスになってくるのでこの辺でやめとこ。

結論。ビバ浦和レッズ!今年こそリーグ制覇だ!

manboh4566 at 00:56コメント(4)トラックバック(0)運動競技 

September 22, 2004

ソースの国にて

大阪とくれば何といっても「粉もの」。
つまりお好み焼き、たこ焼き(焼きそばも含む?)の類ですな。
各家庭に1台、たこ焼き器が存在するというのも、あながち嘘ではないようです。
かく言う我が部屋にも1台のたこ焼き器が…。
実は景品でもらったものでして、使い道に困ってます。

昨年の「裏」忘年会では我が部屋に10人程が押しかけ、たこ焼きパーティーとなりました。(そのときは他の者がたこ焼き器を持参してきました)
そこで同僚がずっこけて、思い切りG5ちゃんのキーボードに蛸をぶちまけてくれました。
おいおい、高いんだから気を付けてくれよ!
もう2度とこの部屋でどんちゃん騒ぎをするつもりはありません。
その他、行きつけの飲み屋の半分近くがお好み焼き屋だったりします。

いわば大阪は粉もの=ソースの食文化が発達しているゾーン。
一方前に住んでいた名古屋はご存知の通り味噌文化。
何てったってくるくる寿司の串カツが味噌カツですから。
おっと少し脱線しましたが、このソース。
何故か、というかやっぱり「中濃ソース」がスーパーで売っていない。
実はソースって意外と地盤がはっきり別れてまして…。
関東はブルドック、中京はコーミかカゴメ、関西はイカリにオリバーってな具合。後はオタフクが全国的。
各スーパーを廻りましたが、名古屋〜大阪にかけて、結局中濃ソースを一度も見つけることができませんでした。
そもそも関東人以外はその存在すら知らないことがほとんど。
正直言ってウスターはじょぼ〜っと醤油のように扱いづらく、とんかつソースは甘ったるくてどちらも今イチ。
関西で納豆が随分と普及してきているのだから、ソースも関東ものが流れてきてほしいなあ。
とにかく断然ブルドック派。こいつばかりは譲れません。
かと思ったら意外と弁当に添付されてるのがブルドックだったりする…。
いや、市場ってのは複雑なものです。

そんな我が厨房にあるソースは、カゴメのとんかつソースです。
(おい!と突っ込むなかれ。だって売ってないんだもん)
随分前に買ったのにちっとも無くならん。
考えてみたら家ではフライをほとんど食ってないんだなあ。
じゃあそんなにこだわることないよな。っておい。

manboh4566 at 01:33コメント(6)トラックバック(0)関西ネタ(過去形…) 

September 21, 2004

あ、いけね。改めて開設の解説

前回ごあいさつとか書いときながら、このブログについての説明が何もなかったことに気付いた。
そう言いながら語る程のものは特になく…。
それでも何かしら情報がないと訳分からんよね。
とりあえずこれまでのあらましとでも言おうか、タイトルの由来じみたものを紹介せねばなるまい。

まずは2年前の3月。
東京から本社の所在する名古屋への転勤が最初の異動であった。
ここで部署をまとめる役を担わされたことになる。
上の者も本社での私の飛躍を期待していたのであろう。
しかし元々人をまとめる能力に欠ける私は、見事にそれを裏切り(別に悪事を働いた訳ではないんよ)部署管理を後輩社員に譲る形となり、1年前の6月に大阪へ転勤となったのであった。
なかば島流し状態!?
半分はもう少し気持ちにゆとりの持てる職場へ、という親心もあったようだ。
しかし本人にしてみればプライドずたずただあね。
今年に入っても同じような人事があった。
この辺については別の機会に書くとする。

…まあ、ここまで見ると散々な過程ではあるが、今では大阪での職場の雰囲気、独り暮らしの生活をそれなりに楽しんでいる。
とはいえ愚痴りたいこともないことはないので、その辺の投稿も自然と増えていくであろう。
ともかく大阪にきてもう1年と3ヶ月が過ぎたことになる。
関東と関西、同じ日本でも対と言えるような文化の中、私個人の感じたままを綴っていきたい所存である。
プロフィールはおいおい書いていく中で少しずつ暴露されると思うので、ここでは省略。

以上をもって、ぼちぼちスタート。
写真もたまには入れなきゃなあ。って誰が見るんだろう。

manboh4566 at 02:36コメント(4)トラックバック(0)ごあいさつ 

September 20, 2004

祝! 開設!

ここ最近良く目に耳にするブログって一体何じゃ?と、ちょい気になっていた。
とあるチャットで聞いてみたところ、日記のような掲示板のような…
とにかくお気軽・手軽に簡易サイトが作れる、という代物らしい。

一応クリエイターとしての肩書きで飯を食っている以上、サイトの一つや二つ持っていにゃあ面子が立たんと思っていたワタクシには思いもよらぬ朗報である。

とはいえあくまで制限されたの環境の下。
とびっきり個性のあるページや思い通りのイメージ表現、いわゆる「クリエイターらしい」サイトを作ろうというのは虫が良すぎる。
テキストとイメージ画像だけでどれだけのものができるのか。
とにかくやってみなきゃ始まらん。

日頃のためこんだものを掃き出す意味もあり、ついつい忘れがちなあんなことこんなことを書き残す意味もあり。

というわけでここにひっそりと開設を宣言。
ゆくゆくは傍らに眠るGoLiveのフル活用を目指して・・・。

ちなみにライブドアを選んだのは、社長とワタクシが似ているという声を受けてのものである。
ほんのちょっとミーハーな理由もあるけどね。

manboh4566 at 16:21コメント(12)トラックバック(0)ごあいさつ 
Profile

まーぼ

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ